福岡のイベント・祭り情報 

2017年4月~5月

ふくおかサポートねっと

2017年4月

 いちご狩り

2016年12月中旬~2017年5月中旬
宗像市/玄海いちご狩り山口農園

安全な栽培方法で育てられた「さちのか」や「あまおう」のいちご狩りです。
※完全予約制(当日可能の場合有)です。

問合せ先:玄海いちご狩り山口農園 TEL 090-4995-1056
詳細は・・玄海いちご狩り山口農園Webサイト

 いちご狩り

2017年1月21日(土)~5月中旬
久留米市/中野果実園、フルーツファーム樹蘭(田主丸町)

自然農法栽培のいちご狩りが楽しめます。
いちごの真っ赤な実とは対照的に真っ白ないちごの花が咲くと、農家は蜜蜂をハウスの中に放し、蜜蜂による受粉を行います。蜜蜂はデリケートで農薬やストレスに弱いため、いちごは低農薬で安全な果物と言われています。耳納山麓の気候に育まれた甘く赤いいちごをお楽しみください。
試食もあります。

◆中野果実園(1月21日~)
【時間】 8:00~17:00
【品種】 あまおう、とよのか、さちのか、紅ほっぺ
【料金】 1月/小学4年生~大人2,500円、小学生3年生以下2,000円
     2月/小学4年生~大人2,000円、小学3年生以下1,500円
     3月/小学4年生~大人1,500円、小学3年生以下1,200円
◆フルーツファーム樹蘭(2月1日~)
【時間】 10:00~16:00
【品種】 あまおう、さちのか、紅ぽっぺ、さがほのか
【料金】 大人(中学生以上)1,700円、子ども1,200円、幼児1,000円

問合せ先:久留米観光コンベション国際交流協会 田主丸事務所  TEL 0943-72-4956
詳細は・・ほとめきの街久留米Webサイト

 津留いちご園 いちご狩り

津留いちご園

2017年2月1日(水)~5月末まで
筑後市/津留邦政いちご園

津留邦政いちご園は、いちごの有名ブランド「かおり野」「紅ほっぺ」のいちご狩りが楽しめる農園です。「かおり野」はあっさりとしたみずみずしい甘さ、「紅ほっぺ」はしっかりとした強い甘さが特長です。
いちごが持つ本来の甘みとみずみずしさを、たっぷり味わってください。

【料金】 2月以降/小学生以上1,300円、3歳以上650円 (60分間食べ放題)
     4月以降/小学生以上1,200円、3歳以上600円 (60分間食べ放題)

問合せ先:津留邦政いちご園 TEL 090-7928-1826
詳細は・・津留邦政いちご園Webサイト

動く 春の観光キャンペーン

宗像春の観光キャンペーン

イメージ

2017年3月18日(土)~5月28日(日)
宗像市/道の駅むなかた他 市内各施設

宗像市内のいろいろな施設で、食べる・泊まる・買う・遊ぶ・体験のカテゴリーから約130のお得なメニューを提供。この時だけの限定メニューも登場し、春の宗像をお得に満喫できます。また、宗像市内の日帰り温泉の特集あり!
詳しくは宗像市内の核施設に配置しているキャンペーン冊子「むなタビ」、または「muna-tabi」で検索。
*冊子配置および告知等は3月上旬から随時開始予定。

問合せ先:宗像観光情報コーナー(道の駅むなかた内) TEL 0940-62-3811
ご参考・・宗像観光情報Webサイト

見る 九州歴史資料館 パネル展
  「保存科学成果展-古賀市船原古墳遺物埋納坑調査の最前線 2016~2017-」

古賀市船原古墳遺物埋納坑調査の最前線

2017年3月22日(水)~6月18日(日)
小郡市/九州歴史資料館 文化情報広場

近年、全国的に注目を集めている古賀市船原古墳では、遺物埋納坑出土馬具を中心に様々な科学的調査を進めています。
今回はCT調査や保存処理などにより明らかとなった遺物埋納坑出土資料のうち、九州初の発見である「馬冑(ばちゅう)」を中心とした最新情報をパネルで紹介します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】   無料

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
詳細は・・九州歴史資料館Webサイト

花 海の中道フラワーピクニック2017

2017年3月25日(土)~5月7日(日) 9:30~17:30.
福岡市/国営海の中道海浜公園(東区)

今年は、30回目を記念して、福岡の伝統工芸である「博多織」をモチーフにした新たな花壇が登場します。また、毎年好評を得ている、「花の海」を思わせる150万本の瑠璃色のネモフィラ(4月中旬~5月上旬)は、この春も一番の目玉となります。 さらに、75品種20万球のカラフルなチューリップ(3月下旬~4月中旬)も、絶好の写真スポットです。
期間中は週末を中心に、「ポニーの乗馬体験」や、ヤギやヒツジとふれあえる「動物ふれあい広場」など動物ふれあいイベントを開催します。人気のキャラクターがやってくるステージショーやクラフトイベントなども行われますので、ご家族揃ってお出かけください。

問合せ先:海の中道管理センター TEL 092-603-1111
詳細は・・国営海の中道海浜公園Webサイト

 くるめ食の八十八ヶ所巡礼の旅 遍路その八

2017年3月25日(土)~10月31日(火)
久留米市/各参加店舗

ご当地グルメの達人が特別に企画したお店を巡るツアー。軒数に応じて景品がもらえます。

【参加店のジャンル】
1.麺類(ラーメン、うどん、ちゃんぽん、パスタなど)
2.ごはんもの(定食、どんぶり、カレーなど)
3.鉄板料理(ぎょうざ、お好み焼き、焼きそば、たこ焼きなど)
4.焼きとり、居酒屋
5.甘味、喫茶、パスタ、ピザ

問合せ先:B級グルメの聖地久留米実行委員会事務局(久留米商工会議所内)  TEL 0942-33-0214

見る 北九州市立小倉城庭園 4月のイベント

孔雀羽模様御召銘仙単衣長着

孔雀羽模様御召銘仙単衣長着 橋本コレクション

2017年4月
北九州市/北九州市立小倉城庭園

VIVID 銘仙 ~20世紀前半のファッショナブル着物~
大正から昭和にかけて人気を博した銘仙の着物と、銘仙を着こなす女性たちの絵画を紹介します。
【日時】 4月16日(日)~6月18日(日)
【開館時間】 4月~10月まで9:00~18:00 (受付は閉館30分前まで)
【入館料】  一般300円、中高生150円、小学生100円

問合せ先:北九州市立小倉城庭園 TEL 093-582-2747
詳細は・・北九州市立小倉城庭園Webサイト

動く 平尾台自然観察センター 4月のイベント

平尾台

2017年4月
北九州市/平尾台自然観察センター(小倉南区)

七ツ森巨木観賞登山(健脚コース)
七ツ森にあるスダジイの巨木を観にいく登山です。
【日時】 4月29日(土) 8:30~16:00 *雨天中止
【対象】 小学4年生以上 *小中学生は、要保護者同伴
(無料、30名、要事前申込。申込多数の場合は抽選)
【参加申込締切】 4月19日(水)
【開館時間】 9:00~17:00
【休館日】  月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始 ただし夏休み期間中は無休
【入館料】  無料

問合せ先:平尾台自然観察センター TEL 093-453-3737
詳細は・・平尾台自然観察センターWebサイト

動く 平尾台自然の郷 4月のイベント

パラグライダー

2017年4月
北九州市/平尾台自然の郷(小倉南区)

パラグライダー1日体験
基礎学習後にハーネスを装着して実践。うまく風をつかめば数秒間空中散歩が味わえます。
【日時】 4月29日(土・祝) 10:00~13:00
【定員】 先着10名(18歳以上で体重40キロ以上の方)
【料金】 4,000円(税込)
ブラス・フェスティバル in 平尾台
学生ブラスバンドが平尾台に大集合。マーチングや野外コンサートで競演。
【日時】 4月30日(日) 10:00~16:00 *雨天時は 5月3日(水・祝)に順延
【定員】 なし
【料金】 観覧無料
【開館時間】 9:00~17:00 (12月~2月は10:00~16:00)
【休館日】  火曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始
【入園料】  無料

問合せ先:平尾台自然の郷 TEL 093-452-2715
詳細は・・平尾台自然の郷Webサイト

花 筥崎宮神苑花庭園 ぼたんしゃくやく花まつり

2017年4月1日(土)~5月7日(金)  9:30~17:00
福岡市/筥崎宮神苑花庭園(東区)

国指定重要文化財の楼門や一の鳥居を構える筥崎宮(はこざきぐう)の境内にある、筥崎宮神苑花庭園は、四季折々の花と枯山水を楽しめる、本格的な回遊式日本庭園です。

●ぼたん  /4月上旬~下旬・・・春は豪華大輪
●しゃくやく/4月上旬~5月上旬・・・真紅の花が色鮮やか
【入苑料】 500円  *父兄同伴の場合、中学生以下無料

問合せ先:筥崎宮社務所 092-641-7431
詳細は・・筥崎宮Webサイト

花 くるめ緑花センター 春の植木まつり

くるめ緑花センター 春の植木まつり

2017年4月1日(土)~5月7日(日) 9:00~17:00
久留米市/くるめ緑花センター(善導寺町)

春の植木まつりとしてオークション等を開催します。
また、センター内でスタンプラリーを行います。

*オークションは4月23日(日)13時から、道の駅くるめイベント広場で開催予定です。

問合せ先:くるめ緑花センター TEL 0942-47-2581

見る 久留米市美術館 「川端康成 美と文学の森」

古賀春江《煙火》

古賀春江《煙火》1927年 公益財団法人川端康成記念会

2017年4月1日(土)~5月21日(日)
久留米市/久留米市美術館

『伊豆の踊子』、『雪国』などの名作を残し、日本人初のノーベル文学賞に輝いた川端康成(1899-1972)は、美術に大変造詣が深く、コレクターでもありました。
そのコレクションは、油彩画、日本画、工芸など、さまざまな分野に及び、同時代の作家の作品から縄文時代まで、幅広い時代にまたがっています。また美術作品について語る彼の言葉は、その神髄に触れるもので、我々の心の声を代弁してくれます。
この展覧会では、約90点の川端コレクション(原稿、書簡、愛用品などを含む)を核に他館から借用の作品約20点、その他初版本などを紹介するとともに、古賀春江や東山魁夷らをはじめとする画家たちとの交友、彼の文学に登場する画家や作品にも注目します。

第1章)人となり
その代表作、書簡、肖像画などによって、川端の人となりを紹介。
第2章)美術家との交流
2-1 装幀本とその原画によって、絵画と文学の交響を見ていく。
安田靫彦=『川端康成全集』(1948年)、山本丘人=『山の音』(1949年)、岡鹿之助=『舞姫』(1951年)、小林古径=『千羽鶴』(1952年)、小磯良平=「古都」(1961-62年)など。
2-2 古賀春江、高田力蔵、東山魁夷ら:とくに交友の深かった画家たちを紹介。
第3章)川端コレクション
川端自身の言葉とともにコレクションを紹介。
第4章)絵画と文学
4-1 川端の眼:梅原龍三郎、坂本繁二郎、青木繁、岸田劉生ら:川端が注目した画家たちを紹介。
4-2 川端の絵画世界:川端作品に登場する画家や美術作品に注目し、彼の美術体験が作家活動の糧となっている様を明らかにする。
「抒情歌」(1932年)=古賀春江、「日も月も」(1952年)=鎌倉近代美術館・ブリヂストン美術館、「いつも話す人」(1953年)=古賀春江、「東京の人」(1954年)=梅原龍三郎、「女であること」(1956年)=山本丘人・ブリヂストン美術館など。
第5章)川端と九州
川端と九州に注目、おもに九州に取材した作品=「波千鳥」(1952年、1953年、大分)と「たまゆら」(1964年、宮崎)を紹介。

【休館日】  月曜日(5月1日は開館)
【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
【観覧料】  一般1,000円(800円)、65歳以上700円(500円)、大高生500円(400円)
       中学生以下無料、前売券600円
       *( )内は15名以上の団体料金
       *前売券はチケットぴあ、ローソン各店にて販売中

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131
ご参考・・久留米市美術館Webサイト

【関連イベント】
美術講座 「川端康成と古賀春江」
【日時】 5月13日(土) 14:00~15:30
【会場】 本館1階多目的ルーム
【講師】 森山秀子(久留米市美術館副館長兼学芸課長)
【定員】 先着70名
【料金】 無料 *ただし、本展覧会のチケットが必要

動く 太宰府市文化ふれあい館 「古代大宰府と管内諸国展」

2017年4月1日(土)~7月17日(月・祝)
太宰府市/太宰府市文化ふれあい館

奈良時代、九国三島からなる九州地域を統轄した大宰府。北部九州を中心に、国府や国分寺、税制などを通して見たその管内支配のあり方を紹介します。

【休館日】  毎週月曜日 *祝日の場合は翌平日
【開館時間】 9:00~17:00
【入場料】  無料

問合せ先:太宰府市文化ふれあい館 TEL 092-928-0800
ご参考・・太宰府市文化ふれあい館Webサイト

花 第60回 久留米つつじまつり

久留米つつじまつり

2017年4月5日(水)~5月5日(金・祝) 9:00~17:00
久留米市/久留米百年公園

日本三大植木まつりに数えられる植木市。
生産農家より持ち込まれる久留米つつじをはじめ、一般観賞樹、果樹、花、盆栽などを販売します。
モデル庭園・盆栽の展示や、オークション、各種講習会、専門家によるみどりの相談所などイベントが盛りだくさんです。また、毎週日曜・祝日は和太鼓演奏会(雨天中止)が行われます。お弁当の販売もあります。

問合せ先:同実行委員会事務局(久留米市植木農業協同組合) TEL 0942-47-1875
     会場(期間中のみ) TEL 0942-33-8316

見る 北九州市立美術館 分館 「再興第101回院展」

宮北千織(同人)《華》

宮北千織(同人)《華》

2017年4月7日(金)~5月7日(日)
北九州市/北九州市立美術館 分館(リバーウォーク北九州5F)(小倉北区)

日本美術院は1898(明治31)年、岡倉天心が中心となって創設した在野の美術団体です。積極的な活動を行った天心の没後は、横山大観らが中心となって1914(大正3)年に再興しました。同年から始まった再興院展は、戦時中を除く今日まで毎年開催され、100回を超える歴史ある日本画の展覧会として広く知られています。多くの画家が創設から続く研究重視の理念に基づき、日々の研鑽を重ねながら新たな日本画の創造に挑戦しその成果を発表してきた歩みは、明治以降の日本画の歴史と大きく重なっています。
第101回目となる本展では、日本美術院同人作家の新作31点をはじめ、受賞作品、および九州出身・在住作家の入選作品を含む73点を展示します。
日本の伝統を受け継ぎながら、新たな時代を進む院展による日本画の現在をどうぞお楽しみください。

【休館日】  会期中無休
【開館時間】 10:00~18:00 *入館は17:30まで
【観覧料】  一般1,000(800)円、高大生600(400)円、小中生400(300)円
       *( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
       *障害者手帳を提示の方は無料
       *年長者施設利用証(北九州市交付)の提示で2割減免

問合せ先:北九州市立美術館分館 TEL 093-562-3215
詳細は・・北九州市立美術館Webサイト

見る 第14回 紫川こいのぼりまつり

こいのぼり掲揚

2017年4月9日(日)~5月13日(土)
北九州市/桜橋付近(小倉南区)

平成16年4月から青少年の健全育成を願って掲げられてきた桜橋のこいのぼり。当初は長行と広徳の自治連合会により行われていましたが、現在では長尾と徳力も加わり、毎年多くの方に親しまれています。
また、今年はフォトコンテストを開催します。ふるってご応募ください。

掲揚するこいのぼりはすべてご家庭で使われなくなったものを寄付いただいたものです。
*ご家庭で眠っているこいのぼりがありましたら、ぜひご寄付をお願いいたします。
 着払いにて常時募集中!

問合せ先:長行市民センター TEL 093-452-3651
詳細は・・長行市民センター(紫川にこいのぼりを掲げる会)Webサイト

見る 九州芸文館 近代工芸の先駆者「豊田勝秋・その門人展」

九州芸文館 近代工芸の先駆者「豊田勝秋・その門人展」

2017年4月11日(火)~5月7日(日)
筑後市/九州芸文館

近代工芸の道を切り拓き、戦後九州の工芸家達を牽引し続けた豊田勝秋。黒々とした重厚な鋳銅作品を特徴にもつ彼の作品、および門人たちの作品を展示します。

【開場時間】 10:00~17:00 *入場は16:30まで
【休館日】  月曜日(ただし3月20日(月・祝)は開館し、翌21日(火)休館)
【観覧料】  一般500円、学生300円
       *小学生以下、65歳以上、障碍者・介助者は無料

問合せ先:九州芸文館 TEL 0942-52-6435
詳細は・・九州芸文館Webサイト

見る 九州国立博物館 日タイ修好130周年記念 特別展 「タイ~仏の国の輝き~」

タイ~仏の国の輝き~

金象

金象
アユタヤー時代 15世紀初 チャオサームプラヤー国立博物館

2017年4月11日(火)〜 6月4日(日)
太宰府市/九州国立博物館

タイは、国民の95%が仏教を信仰する仏教国。
仏教は、ひとびとの日々の暮らしに寄り添い、長い歴史の中で多様な仏教文化が花開きました。
重厚で独特な趣を宿した古代彫刻群、やわらかな微笑みをたたえる優美な仏像たち、仏塔に納められた眩いばかりの黄金の品々、仏教の宇宙観にもとづき荘厳された仏堂の輝き。13世紀半ばから200年続いたスコータイ王朝の時代の仏像からは、面長で穏やかな顔立ち、繊細な指など、タイの美意識がご覧いただけます。
本展覧会では、タイ族の国が興る以前の5世紀頃までさかのぼり、古代の多様な信仰の世界を今に伝える仏像から19世紀の美術品まで、その造形美術を通して、そこに生きている理想に迫ります。
また、琉球王国の外交文書を記録した史料には、1425年からのタイとの交易に関する記述が残されており、琉球を介した日本との交流は600年もの歴史があることが分かっています。朱印船貿易によってタイには日本人町が形成され、往時には1,000人~1,500人の日本人が住むほど盛んだった日本とタイとの文化交流の歴史についてもたどります。
日タイ修好130周年の節目に、両国が総力を結集して開催する展覧会です。タイ王国門外不出の名宝と、選りすぐりの仏教美術の数々を一堂に集め、仏教がタイの文化形成に果たした役割をひもといていきます。
どうぞお見逃しなく!
(総出陳件数141件、うち100件がタイ王国からの出品)

【休館日】  毎週月曜日 ただし、5月1日(月)は開館
【開館時間】 9:30~17:00  *入館は16:30まで
【観覧料】  一般1,600円(1,400円)、高大生1,000円(800円)、小中生600円(400円)
       *( )内は前売りおよび団体(有料の方が20名以上の場合)、
        満65歳以上の方、キャンパスメンバーズの方の料金
        (生年月日がわかるもの(健康保険証・運転免許証等)・学生証・教職員証等要提示)
       *障害者手帳等ご持参の方とその介護者1名は無料
       *上記料金で4階「文化交流展(平常展)」もご覧いただけます。

問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(8時~22時、年中無休)
詳細は・・九州国立博物館Webサイトへ、公式Webサイトへ、特集ページ

【関連イベント】
リレー講座 「見たい 行きたい よかタイ!」
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【定員】 先着280名(事前申込不要、当日受付)
【料金】 無料 *本展観覧券もしくは半券の提示が必要
<第1回>【日時】 5月6日(土) 14:00~15:30
     【講師】 「山田長政 アユタヤーの日本人」 望月規史(九州国立博物館研究員)
          「タイのごちそう決定版!- ラーマ2世王の饗宴詩 - 」
          山田均氏(公立大学法人名桜大学教授)
<第2回>【日時】 5月13日(土) 14:00~15:30
     【講師】 「仏陀の足跡を求めて」 小泉惠英(九州国立博物館学芸部長)
          「輝ける仏の国 タイ」 原田あゆみ(九州国立博物館特別展室長)

見る ディズニープリンセスとアナと雪の女王展

2017年4月14日(金)~6月11日(日)
福岡市/福岡県立美術館(中央区)

輝く力は、あなたの中にある。
ディズニーのプリンセス作品は、1937年に公開の世界初の長編アニメーション映画「白雪姫」から始まりました。プリンセスたちは、物語の主人公としてだけではなく、パワーを秘めた1人の女性としていきいきと輝いています。いつの時代も、その時の希望と憧れの女性像を描いてきたディズニーのプリンセス作品は、アニメーションにとどまらず、音楽、ミュージカル、実写映画にまで広がっています。
本展では、「白雪姫(白雪姫)」「シンデレラ(シンデレラ)」「オーロラ姫(眠れる森の美女)」「アリエル(リトル・マーメイド)」「ベル(美女と野獣)」「ジャスミン(アラジン)」「ラプンツェル(塔の上のラプンツェル)」そして「アナとエルサ(アナと雪の女王)」の9人のプリンセスを取り上げます。
今回は、ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する史料を収集・保存する米国の「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」や「ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリー」のコレクションから、アートやセル画、実写映画、テーマパークのドレスや小道具、マケット(模型)、フィギュアなど貴重なアイテム、その他資料を一同に展示致します。
また、臨場感あふれる”光と氷のプロジェクション演出”とともに、世界25ヵ国の言語で歌いつながれた「Let It Go」を鑑賞できる「アナと雪の女王」特別映像シアターは、本展覧会でしか体験できない特別な空間となっています。
「なぜプリンセスたちは幸せになれたのか?」
プリンセスたちの”個性と内面に秘めた強さ”に焦点を当て、ひとりひとりの魅力に迫ります。
1人の女性としての生き方を示すプリンセスたちから、自分自身の輝く力を見つけてみてください。

【休館日】  月曜日 (ただし、5月1日(月)は開館)
【開館時間】 10:00~18:00  *入場は17:30まで
【観覧料】  一般1,500円(1,300円)、高大生1,200円(1,000円)、4歳~中学生800円(700円)
       *( )内は前売り、65歳以上、または20人以上の団体
       *3歳以下無料

問合せ先:福岡県立美術館 TEL 092-715-3551
詳細は・・福岡県立美術館Webサイトへ、公式Webサイト

花 八女黒木大藤まつり

八女黒木大藤まつり

2017年4月15日(土)~5月5日(金・祝) *ライトアップは18:30~22:00.
八女市/素盞鳴神社境内

樹齢600年の歴史を誇る国指定天然記念物「黒木大藤」の開花に伴い、「八女黒木大藤まつり」を開催します。素盞嗚(すさのお)神社境内の美麗な花房を観賞し、物産展(9時~17時)やスタンプラリー(4月23日(日)10時~15時、有料)など会場一帯でのイベントを通じ、春の奥八女路をご堪能ください。
*期間中の18時半~22時にはライトアップを行います。夜の大藤の幻想的な雰囲気もお楽しみください。

問合せ先:八女市黒木支所産業経済課 TEL 0943-42-1115、黒木町観光協会 TEL 0943-42-9190
開花状況は・・黒木町観光協会Webサイト

見る 福岡アジア美術館 ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」

ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」

 

2017年4月15日(土)~5月28日(日)
福岡市/福岡アジア美術館 (博多区)

世界最大級かつ最高峰の美術の殿堂「ルーヴル美術館」
1793年の開館以来、200年以上の長い歴史を持つルーヴル美術館が、「漫画」でルーヴル美術館を表現するという、かつてない新たな試みを立ち上げました。
ルーヴルが欲しがった9番目の芸術、「漫画」
フランス語圏では「バンド・デシネ(BD)」と よばれる漫画文化があり、BDは絵画のように緻密で技巧に富んだ作品が多く、その特徴からフランスでは第9番目の芸術(*)と位置付けられています。21世紀に入り、世界最高峰の美術の殿堂、ルーヴル美術館が現代アートとして漫画に注目し、日本を含む、フランス内外の才能豊かな漫画家たちを招待し、ルーヴルをテーマに自由な表現で作品を描いてもらう「ルーヴル美術館BDプロジェクト」をスタートさせました。
ついに、漫画の国ニッポンへ。
そしてこの度、本プロジェクトの全容を約300点の原画やネーム等の資料・特別映像等で紹介する展覧会が誕生しました。日本からは荒木飛呂彦、谷ロジロー、松本大洋、五十嵐大介、坂本眞一、寺田克也、ヤマザキマリが参加。総勢16人の漫画家たちがそれぞれの独特な世界観で描き出した16通りのルーヴル美術館をご堪能ください。
(*)フランスにおける芸術の序列。第1から8までは順に「建築」「彫刻」「絵画」「音楽」「文学(詩)」「演劇」「映画」「メディア芸術」とされる(諸説あり)。

【休館日】  水曜日、ただし5月3日(水・祝)は開館
【開場時間】 10:00~20:00(最終入場19:30)
       *最終日は18:00まで(最終入場17:30)
【観覧料】  一般1,300(1,100)円、高大生1,000(800)円、小中生600(400)円
       前売ペアチケット(一般券2枚一組)2,000円
       ピンバッチ付前売チケット(数量限定、ローソンチケット限定発売)1,700円
       *( )内は前売、20人以上の団体、満65歳以上の割引料金
       *前売券は4月14日(金)まで発売

問合せ先:東映 TEL 092-291-6792
詳細は・・公式Webサイトへ、公式Twitterへ、公式facebookへ、特集ページ
ご参考・・福岡アジア美術館Webサイト

見る 福岡市博物館 日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展

赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス

《赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス》 後1世紀後半 ナポリ国立考古学博物館蔵 © ARCHIVIO DELL’ARTE - Luciano Pedicini / fotografo

2017年4月15日(土)~6月18日(日)
福岡市/福岡市博物館(早良区)

紀元後79年、ヴェスヴィオ山の噴火という悲劇的な終焉により、時代を瞬時に閉じ込めた南イタリアの古代都市ポンペイの町。18世紀に再発見されたポンペイの遺跡は、古代ローマの人々の豊かな暮らしを今に伝え、世界中を魅了し続けています。1997年に世界遺産に登録され、年間200万人以上の観光客が訪れるポンペイの遺跡は、「秘儀荘」を筆頭とする壁画の美しさで知られ、〈ポンペイの赤〉と呼ばれる特徴的な色彩は、一度目にすると忘れられない鮮やかさです。
本展は、ポンペイの出土品の中でも最も人気の高い壁画に焦点を絞り、壁画の役割と、その絵画的な価値を紹介するものです。貴重な作品約80点を厳選し、古代ローマの人々が好んだモチーフや構図、その制作技法に迫ります。当時の室内を飾った姿そのままに、一連の空間装飾として一部再現展示します。
ポンペイ壁画のまさに決定版ともいえる展覧会を、ぜひご覧ください。

【休館日】  月曜日
【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
【観覧料】  一般1,500円(1,300円)、高大生800円(600円)、小中生500円(300円)
       *( )内は前売、20人以上の団体、満65歳以上の割引料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
詳細は・・公式Webサイトへ、特集ページ
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

【関連イベント】
ギャラリートーク
本展担当学芸員によるギャラリートーク。
【日時】 第2・4水曜日 14:00~ *事前申込不要、ただし本展入場者が対象
【会場】 福岡市博物館 特別展示室

 大中臣神社 将軍藤まつり

大中臣神社 将軍藤まつり

2017年4月16日(日)~5月5日(金・祝)午前中  *ライトアップは21:00まで(予定)
小郡市/大中臣神社

和様唐様の楼門で有名な大中臣神社の境内に咲く藤は、樹齢が650年と推定され、福岡県の天然記念物に指定されています。
この藤は、日本三大合戦の一つである大保原合戦(筑後川の戦い)で負傷した征西将軍懐良親王が、大中臣神社の加護で全快した際に奉納した「将軍藤」と伝えられています。
将軍藤まつりの期間中、約500平方メートルの藤棚から垂れ下がる花がライトアップされる様は豪華絢爛です。

問合せ先:小郡市観光協会 TEL 0942-72-4008
ご参考・・小郡市観光協会Webサイト

 井原山 コバノミツバツツジ

コバノミツバツツジ

2017年4月下旬
糸島市/井原山山頂付近

コバノミツバツツジはツツジ科ツツジ属の落葉低木。高さは2~3メートル程度になります。 本州に分布するミツバツツジに比べて、葉が多少小さいためこの名がつけられています。4月下旬に紅紫色~淡紫色の花が多数咲き、井原山の春を彩ります。 コバノミツバツツジのトンネルを抜けると山頂が見えてきます。

問合せ先:(一社)糸島市観光協会 TEL 092-322-2098

 住吉神社の藤

住吉神社の藤

2017年4月下旬
糸島市/住吉神社

住吉神社の境内には「長寿の藤」といわれる立派な藤棚があります。
その他、宇美八幡宮(糸島市川付)、雉琴神社(糸島市飯原)の藤も見事です。

問合せ先:(一社)糸島市観光協会 TEL 092-322-2098

見る 旧伊藤伝右衛門邸 端午の節句・飯塚2017

旧伊藤伝右衛門邸 端午の節句・飯塚

2017年4月20日(木)~5月23日(火)
飯塚市/旧伊藤伝右衛門邸

つつじが咲き誇る国指定名勝庭園を眺めながら、さわやかな風が大広間を通り抜ける、一年間で最も美しく気持ちの良い旧伊藤伝右衛門邸の邸内で、男の子の健やかな成長を祝う「端午の節句」に合わせ、五月人形などを展示します。

【開場時間】 9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】  期間中無休
【観覧料】  大人300円(240円)、小・中学生100円(80円)
*( )内は20名以上の団体料金
*土曜日に限り高校生以下は無料

問合せ先:飯塚観光協会 TEL 0948-22-3511
詳細は・・旧伊藤伝右衛門邸Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

のがみプレジデントホテルホテルニューガイア飯塚新飯塚ステーションホテルHOTEL AZ 福岡飯塚店
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 福岡よかもんひろば 「恋こがれる街古賀展」 

2017年4月20日(木)~6月16日(金)
福岡市/福岡県庁11階 福岡よかもんひろば(博多区)

今回の古賀展は、古賀市市制20周年の特別企画展となっています。古賀海岸など自然を中心とした景観や、ロマンあふれる古墳をはじめ、古賀市のさまざまな魅力を紹介します。
また、併設のよかもんカフェにて、地元産の食材を使った期間限定メニューを提供します。

問合せ先:古賀市商工政策課商業観光係 TEL 092-942-1176

見る 石垣克子/遠くに、近くに 

2017年4月21日(金)~30日(日)
福岡市/WHITE SPACE ONE(中央区)

石垣克子は1967年沖縄県生まれ 。現在は沖縄のコザを拠点に制作活動を行っています。油彩画やペン画の絵画制作以外にも、写真を使ったインスタレーションや、コルク栓を使った様々な作品を生み出しています。今回は石垣が描く「沖縄の風景」や「黄色い人」のペインティングを中心とした、福岡初の個展を開催します。

問合せ先:WHITE SPACE ONE(齋藤) TEL 090-6178-9180
ご参考・・WHITE SPACE ONE facebook

祭り 御自作天満宮御開扉

御自作天満宮御開扉

2017年4月25日(火)
筑紫野市/御自作天満宮

九州最古の寺「武蔵寺(ぶぞうじ)」の横に位置する御自作天満宮には、菅原道真公が自らの姿を刻んだ木造坐像が奉ってあります。道真公が自ら彫られた坐像は全国的にみても珍しく、この扉が開かれるのは年に3回しかありません。
是非一度、道真公の姿をご覧になってはいかがでしょうか。

問合せ先:筑紫野市観光協会 TEL 092-922-2421

見る 九州歴史資料館 特集展示「船原古墳出土馬冑・ガラス装金銅製辻金具」

2017年4月25日(火)~6月18日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第1展示室

豪華な古墳時代の馬具が大量に見つかり、世紀の発見ともいわれて注目されている、古賀市船原古墳遺物埋納坑。その出土遺物について、古賀市教育委員会と九州歴史資料館が科学的調査と保存修復作業を進めています。中でも、馬のカブトである「馬冑」は、九州初出土、国内でもこれまで2例しか見つかっていません。今回の展示では、この馬冑と、国内初出土の鉛ガラスで装飾された辻金具を併せて公開します。科学的調査成果について紹介している、開催中のパネル展とあわせてご観覧ください。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)
       *中学生以下、満65歳以上の方、障がい者とその介護者1名は無料
       *土曜日は高校生も無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

祭り 高祖神楽

高祖神楽

2017年4月26日(水) 13:00~
糸島市/高祖神社

十数人の氏子の神楽師によって、春は毎年4月26日に高祖神社境内の神楽殿で奉納されています。神楽には面を付けずに採り物を捧げて楽の音にあわせ神楽歌を唱えながら静かに舞う舞神楽と面を付けた数人の神楽師が登場して神話物語を展開させてゆく面神楽の2種12番が奉納されます。

問合せ先:高祖神社 TEL 092-322-7133

花 吉祥寺藤まつり

吉祥寺藤まつり

2017年4月27日(木)~29日(土・祝)
北九州市/吉祥寺周辺(八幡西区)

吉祥寺(きっしょうじ)の開祖である鎮西上人の開山忌に併せ開催されるお祭りです。樹齢160年余と伝えられ、市の保存樹に指定されている藤が、寺の境内を天蓋のように覆い、白紫に染め上げる様は壮観です。
まつり期間中、吉祥寺では吉祥太鼓の演奏などが行われ、周辺には多くの露店が並び、市内外からの見物客で賑わいます。

問合せ先:同実行委員会(香月市民センター) TEL 093-617-0203、吉祥寺 TEL 093-617-0237

祭り 鎮国寺 火渡り柴灯大護摩供

鎮国寺 火渡り柴灯大護摩供

2017年4月28日(金)  御開帳10:00~、火渡り柴燈大護摩供13:00~
宗像市/鎮国寺

秘仏「身代わり不動明王」の御開帳に合わせ、無病息災祈る護摩焚きが行われます。
読経のなか願い事が書かれた護摩木を焚いて所願成就を祈願し、修験者たちが素足で燃え尽きた炭の上を渡ります。その後に一般参詣者も続きます。

問合せ先:鎮国寺 TEL 0940-62-0111
詳細は・・鎮国寺Webサイト

 糸島ハンドメイドカーニバル2017

糸島ハンドメイドカーニバル

2017年4月28日(金)~30日(日)
糸島市/志摩中央公園プロムナード

小物から洋服、手芸資材、雑貨に大型木工品まで見ごたえのある一点物のハンドメイドに出会えて、たくさんの糸島のうまい物ブースも堪能できる「糸島ハンドメイドカーニバル」。一年に2回限りのお楽しみ! ここでしか見れないハンドメイドを見に行きましょう! 屋根もあるため、雨天でも安心して楽しめます。

問合せ先:同実行委員会 TEL 080-4695-2922

 第44回 上野焼春の陶器まつり

上野焼春の陶器まつり

2017年4月28日(金)~30日(日)
福智町/上野の里ふれあい交流会館及び上野焼協同組合加入の13窯

400年以上の歴史を誇る国指定の伝統的工芸品、上野焼。江戸時代には遠州七窯の一つに選ばれるほど茶人に好まれていました。上野焼の魅力といえば「薄づくり」です。重くないが軽すぎない。程よい重量と質感は、手になじむ心地よい存在感を与えます。春の陶器まつりでは、割引商品が並びスタンプラリーや企画展も開催します。上野焼がお手頃価格で購入できますので、是非この機会にお越しください!

問合せ先:上野焼協同組合 TEL 0947-28-5864

動く サニックス ワールドラグビーユース交流大会 2017

サニックス ワールドラグビーユース交流大会

2017年4月28日(金)~5月5日(金・祝)
宗像市/グローバルアリーナ

<大会スケジュール>
◆男子:予選リーグ/4月28日・29日・5月1日
    順位決定トーナメント/5月2日・4日・5日
◆女子:予選リーグ/4月28日 
    順位決定トーナメント/4月29日

問合せ先:グローバルアリーナ TEL 0940-33-8400
詳細は・・公式Webサイト
ご参考・・グローバルアリーナWebサイト

グルメ 尾崎亜美トーク&ライブ with 幻の尾崎牛ナイト

尾崎亜美トーク&ライブ with 幻の尾崎牛ナイト

2017年4月29日(土・祝) 昼の部12:00~、夜の部18:30~  *各3時間
福岡市/福岡東映ホテル 富士の間(中央区)

五感を刺激する音楽×食のコラボレーション企画 心も身体も満たされる1日限りのプレミアムイベント!
尾崎亜美×『幻の尾崎牛』生産者・尾崎社長×東映ホテルチェーン・庄司料理長の、音楽&トーク&絶品料理のコラボレーション企画です。
メインイベントとして、尾崎亜美の名曲の数々をお楽しみいただき、宮崎で生産されている黒毛和牛の最高級ブランド『幻の尾崎牛』をご堪能ください。大人の空間で最高のひとときを!

【ライブ出演】 尾崎亜美、小原礼
【定員】 各回120名
【料金】 昼の部/お一人様12,000円、ペア22,000円
    (ライブ、尾崎牛ランチコース&フリードリンク)
     夜の部/お一人様17,000円、ペア32,000円
    (ライブ、尾崎牛ディナーコース&フリードリンク)

問合せ先:福岡東映ホテル TEL 092-524-2121
詳細は・・福岡東映ホテルWebサイト
ご参考・・尾崎亜美Webサイトへ、小原礼Webサイトへ、尾崎牛Webサイト

祭り 第43回 小倉南区子どもまつり

小倉南区子どもまつり ポニー試乗会

2017年4月29日(土・祝) 10:00~15:30  *雨天決行(内容に変更あり)
北九州市/JRA小倉競馬場(小倉南区)

毎年恒例の春の一大イベント。
キッズダンスなどのステージイベントやロープ渡りなどの「子ども天国」、あそびの広場、チャレンジコーナー、ミニ蒸気機関車、ポニー試乗会、警察車両展示コーナー、消防コーナー、フリーマーケット、バザー販売など、子どもから大人まで楽しめる企画が盛りだくさん!
春のお出かけに、ぜひご家族揃ってお越しください!

問合せ先:北九州市小倉南区役所コミュニティ支援課 TEL 093-951-4111(内線643)
詳細は・・北九州市Webサイト

 商工つつじまつり in 須恵

商工つつじまつりin須恵

2017年4月29日(土・祝) 10:00~15:00
須恵町/健康広場

須恵町の町花「つつじ」をテーマに健康広場では、太鼓演奏やダンスなどのステージ発表、飲食店やフリーマーケットのブース、猟友会がイノシシ肉を振る舞う「じびえサミット」、豪華景品が当たる大抽選会など、さまざまな企画が盛りだくさんでお楽しみいただけます。
今年も、ゲストに須恵町出身の朝の情報番組でおなじみのお姉さんも来場します!
また、皿山公園には、4月下旬から約3万本のつつじが咲き誇ります。まつり当日は、須恵町商工会前から皿山公園までの無料シャトルバスを運行します。
*会場駐車場には限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。(JR須恵中央駅から健康広場まで徒歩で約5分)

問合せ先:須恵町商工会 TEL 092-932-6700

 おんがこどもまつり

おんがこどもまつり

2017年4月29日(土・祝)
遠賀町/遠賀総合運動公園

子どもを対象にした体験コーナーや飲食物の販売コーナー、ステージイベントなどをボランティア団体の協力により開催します。

問合せ先:遠賀町教育委員会 生涯学習課 社会教育係 TEL 093-293-1234

動く 筑紫野市祭 二日市温泉藤まつり

武蔵寺の藤

2017年4月29日(土・祝)
筑紫野市/天拝歴史自然公園、武蔵寺

九州最古の寺として知られる武蔵寺(ぶそうじ)の境内にある樹齢1350年を超える長者の藤の供養をはじめ、隣接する天拝歴史自然公園ではステージイベントや物産即売会など多彩なイベントが行われます。

問合せ先:筑紫野市観光協会 TEL 092-922-2421

動く JR九州ウォーキング 「筑紫野市歴史博物館の見学と「武蔵寺」の藤鑑賞」

藤供養

2017年4月29日(土・祝)
筑紫野市/出発:JR二日市駅

筑紫野市歴史博物館の常設展は、筑紫野の「交易と旅」をテーマに展示しています。また、当日は特別展として「武蔵寺と二日市温泉展」を開催しています。
天拝歴史自然公園では「藤まつり」が開催され、イベントや物産展で賑わいます。武蔵寺の藤棚は、「長者の藤」と呼ばれ、この時期に見頃を迎えます。

【コース】 JR二日市駅スタート~筑紫野市歴史博物館~高取焼~藤まつり会場~御自作天満宮~武蔵寺~二日市温泉~二日市八幡宮~中央通商店街~JR二日市駅(約7キロ)

問合せ先:JR二日市駅 TEL 092-923-3100
詳細は・・JR九州ウォーキングWebサイト

動く 二見ヶ浦 大注連縄掛け

二見ヶ浦 大注連縄掛け

2017年4月29日(土・祝)
糸島市/二見ヶ浦夫婦石

毎年4月末~5月初めの大潮の日、60余人の氏子たちにより、長さ30メートル、重さ1トンの大注連縄(おおしめなわ)が 掛け替えられます。この夫婦岩は櫻井神社の宇良宮のご神体で、高さ11.2メートルと11.8メートル。 古くは竜宮の入り口として親しまれ、海中の鳥居は「櫻井型神明造両袖構」と称する独特の型を しています。

問合せ先:櫻井神社 TEL 092-327-0317

動く 第24回 かち歩き大会

かち歩き大会

2017年4月29日(土・祝)
飯塚市/スタート・ゴール:イイヅカコスモスコモン

コダイム・内野宿など、地域の宝物を見てマイペースで楽しみながらの健康づくり。
長崎街道・シュガーロードにちなんでお菓子文化の発祥の地でスイーツポイントに立ち寄り、お菓子を楽しむなど色々なコースが選べます。
B級グルメin嘉麻の里、同時開催!

【参加料】 A~Cコース 高校生以上1,500円(1,000円)、小・中学生1,000円(500円)
      Dコース 中学生以上2,500円(2,000円)、小学生以下1,500円(事前・当日同一料金)
      *( )内は事前申込料金
      *未就学児(要大人同伴)無料

問合せ先:嘉麻の里 夢・未来を考える会 TEL 090-3733-0077

花 田主丸花と庭の会オープンガーデン

田主丸花と庭の会オープンガーデン

2017年4月29日(土・祝)~5月7日(日) 9:00~16:00
久留米市/田主丸花と庭の会会員18軒(田主丸町)

ギャラリー、レストランを中心に18軒の店舗などが、それぞれ個性豊かなガーデンを一般公開するイベント。期間中、スタンプラリーも開催されます(花苗進呈)。
春の花をお楽しみください。

問合せ先:田主丸花と庭の会(代表) TEL 0943-73-1606

 泊りがけで、出かけませんか。

一棟貸別邸 満天の庭
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

花 石橋文化センター 春のバラフェア2017

石橋文化センター 春のバラフェア

2017年4月29日(土・祝)~5月21日(日) 9:00~17:00  *月曜休館
久留米市/石橋文化センター(野中町)

園内で咲く400品種2,600株のバラが見頃を迎える季節に合わせて、見て、聴いて、香って、触れて、味わって・・・五感でバラを楽しめるイベントを開催します。
また、久留米市美術館1階では、アート作家によるバラをテーマに制作した作品を展示。マルシェ&カフェでは、オリジナリティのある雑貨や飲食物販売ほか、バラにちなんだメニュー等を販売します。

GWイベント:5月3日(水・祝)~7日(日)
メインイベント:5月13日(土)、14日(日)
・ローズアレンジメント展示
・バラの体験コーナー
・バラの園芸相談、植え方・育て方デモンストレーション
・ローズガーデンガイドツアー・コンサート
・マルシェ&カフェ、バラグッズ&バラの書籍販売
・坂本繁二郎旧アトリエ特別公開
毎日開催(月曜休)
・バラ苗販売、春のバラフェアin楽水亭(バラにちなんだケーキや御膳、グッズなど)

問合せ先:石橋文化センター TEL 0942-33-2271(月曜休)
ご参考・・石橋文化センターWebサイト

2017年5月

 いちご狩り

2016年12月中旬~2017年5月中旬
宗像市/玄海いちご狩り山口農園

安全な栽培方法で育てられた「さちのか」や「あまおう」のいちご狩りです。
※完全予約制(当日可能の場合有)です。

問合せ先:玄海いちご狩り山口農園 TEL 090-4995-1056
詳細は・・玄海いちご狩り山口農園Webサイト

 いちご狩り

2017年1月21日(土)~5月中旬
久留米市/中野果実園、フルーツファーム樹蘭(田主丸町)

自然農法栽培のいちご狩りが楽しめます。
いちごの真っ赤な実とは対照的に真っ白ないちごの花が咲くと、農家は蜜蜂をハウスの中に放し、蜜蜂による受粉を行います。蜜蜂はデリケートで農薬やストレスに弱いため、いちごは低農薬で安全な果物と言われています。耳納山麓の気候に育まれた甘く赤いいちごをお楽しみください。
試食もあります。

◆中野果実園(1月21日~)
【時間】 8:00~17:00
【品種】 あまおう、とよのか、さちのか、紅ほっぺ
【料金】 1月/小学4年生~大人2,500円、小学生3年生以下2,000円
     2月/小学4年生~大人2,000円、小学3年生以下1,500円
     3月/小学4年生~大人1,500円、小学3年生以下1,200円
◆フルーツファーム樹蘭(2月1日~)
【時間】 10:00~16:00
【品種】 あまおう、さちのか、紅ぽっぺ、さがほのか
【料金】 大人(中学生以上)1,700円、子ども1,200円、幼児1,000円

問合せ先:久留米観光コンベション国際交流協会 田主丸事務所  TEL 0943-72-4956
詳細は・・ほとめきの街久留米Webサイト

 津留いちご園 いちご狩り

津留いちご園

2017年2月1日(水)~5月末まで
筑後市/津留邦政いちご園

津留邦政いちご園は、いちごの有名ブランド「かおり野」「紅ほっぺ」のいちご狩りが楽しめる農園です。「かおり野」はあっさりとしたみずみずしい甘さ、「紅ほっぺ」はしっかりとした強い甘さが特長です。
いちごが持つ本来の甘みとみずみずしさを、たっぷり味わってください。

【料金】 2月以降/小学生以上1,300円、3歳以上650円 (60分間食べ放題)
     4月以降/小学生以上1,200円、3歳以上600円 (60分間食べ放題)

問合せ先:津留邦政いちご園 TEL 090-7928-1826
詳細は・・津留邦政いちご園Webサイト

動く 春の観光キャンペーン

宗像春の観光キャンペーン

イメージ

2017年3月18日(土)~5月28日(日)
宗像市/道の駅むなかた他 市内各施設

宗像市内のいろいろな施設で、食べる・泊まる・買う・遊ぶ・体験のカテゴリーから約130のお得なメニューを提供。この時だけの限定メニューも登場し、春の宗像をお得に満喫できます。また、宗像市内の日帰り温泉の特集あり!
詳しくは宗像市内の核施設に配置しているキャンペーン冊子「むなタビ」、または「muna-tabi」で検索。
*冊子配置および告知等は3月上旬から随時開始予定。

問合せ先:宗像観光情報コーナー(道の駅むなかた内) TEL 0940-62-3811
ご参考・・宗像観光情報Webサイト

見る 九州歴史資料館 パネル展
  「保存科学成果展-古賀市船原古墳遺物埋納坑調査の最前線 2016~2017-」

古賀市船原古墳遺物埋納坑調査の最前線

2017年3月22日(水)~6月18日(日)
小郡市/九州歴史資料館 文化情報広場

近年、全国的に注目を集めている古賀市船原古墳では、遺物埋納坑出土馬具を中心に様々な科学的調査を進めています。
今回はCT調査や保存処理などにより明らかとなった遺物埋納坑出土資料のうち、九州初の発見である「馬冑(ばちゅう)」を中心とした最新情報をパネルで紹介します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】   無料

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
詳細は・・九州歴史資料館Webサイト

花 海の中道フラワーピクニック2017

2017年3月25日(土)~5月7日(日) 9:30~17:30.
福岡市/国営海の中道海浜公園(東区)

今年は、30回目を記念して、福岡の伝統工芸である「博多織」をモチーフにした新たな花壇が登場します。また、毎年好評を得ている、「花の海」を思わせる150万本の瑠璃色のネモフィラ(4月中旬~5月上旬)は、この春も一番の目玉となります。 さらに、75品種20万球のカラフルなチューリップ(3月下旬~4月中旬)も、絶好の写真スポットです。
期間中は週末を中心に、「ポニーの乗馬体験」や、ヤギやヒツジとふれあえる「動物ふれあい広場」など動物ふれあいイベントを開催します。人気のキャラクターがやってくるステージショーやクラフトイベントなども行われますので、ご家族揃ってお出かけください。

問合せ先:海の中道管理センター TEL 092-603-1111
詳細は・・国営海の中道海浜公園Webサイト

 くるめ食の八十八ヶ所巡礼の旅 遍路その八

2017年3月25日(土)~10月31日(火)
久留米市/各参加店舗

ご当地グルメの達人が特別に企画したお店を巡るツアー。軒数に応じて景品がもらえます。

【参加店のジャンル】
1.麺類(ラーメン、うどん、ちゃんぽん、パスタなど)
2.ごはんもの(定食、どんぶり、カレーなど)
3.鉄板料理(ぎょうざ、お好み焼き、焼きそば、たこ焼きなど)
4.焼きとり、居酒屋
5.甘味、喫茶、パスタ、ピザ

問合せ先:B級グルメの聖地久留米実行委員会事務局(久留米商工会議所内)  TEL 0942-33-0214

花 くるめ緑花センター 春の植木まつり

くるめ緑花センター 春の植木まつり

2017年4月1日(土)~5月7日(日) 9:00~17:00
久留米市/くるめ緑花センター(善導寺町)

春の植木まつりとしてオークション等を開催します。
また、センター内でスタンプラリーを行います。

*オークションは4月23日(日)13時から、道の駅くるめイベント広場で開催予定です。

問合せ先:くるめ緑花センター TEL 0942-47-2581

見る 久留米市美術館 「川端康成 美と文学の森」

古賀春江《煙火》

古賀春江《煙火》1927年 公益財団法人川端康成記念会

2017年4月1日(土)~5月21日(日)
久留米市/久留米市美術館

『伊豆の踊子』、『雪国』などの名作を残し、日本人初のノーベル文学賞に輝いた川端康成(1899-1972)は、美術に大変造詣が深く、コレクターでもありました。
そのコレクションは、油彩画、日本画、工芸など、さまざまな分野に及び、同時代の作家の作品から縄文時代まで、幅広い時代にまたがっています。また美術作品について語る彼の言葉は、その神髄に触れるもので、我々の心の声を代弁してくれます。
この展覧会では、約90点の川端コレクション(原稿、書簡、愛用品などを含む)を核に他館から借用の作品約20点、その他初版本などを紹介するとともに、古賀春江や東山魁夷らをはじめとする画家たちとの交友、彼の文学に登場する画家や作品にも注目します。

第1章)人となり
その代表作、書簡、肖像画などによって、川端の人となりを紹介。
第2章)美術家との交流
2-1 装幀本とその原画によって、絵画と文学の交響を見ていく。
安田靫彦=『川端康成全集』(1948年)、山本丘人=『山の音』(1949年)、岡鹿之助=『舞姫』(1951年)、小林古径=『千羽鶴』(1952年)、小磯良平=「古都」(1961-62年)など。
2-2 古賀春江、高田力蔵、東山魁夷ら:とくに交友の深かった画家たちを紹介。
第3章)川端コレクション
川端自身の言葉とともにコレクションを紹介。
第4章)絵画と文学
4-1 川端の眼:梅原龍三郎、坂本繁二郎、青木繁、岸田劉生ら:川端が注目した画家たちを紹介。
4-2 川端の絵画世界:川端作品に登場する画家や美術作品に注目し、彼の美術体験が作家活動の糧となっている様を明らかにする。
「抒情歌」(1932年)=古賀春江、「日も月も」(1952年)=鎌倉近代美術館・ブリヂストン美術館、「いつも話す人」(1953年)=古賀春江、「東京の人」(1954年)=梅原龍三郎、「女であること」(1956年)=山本丘人・ブリヂストン美術館など。
第5章)川端と九州
川端と九州に注目、おもに九州に取材した作品=「波千鳥」(1952年、1953年、大分)と「たまゆら」(1964年、宮崎)を紹介。

【休館日】  月曜日(5月1日は開館)
【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
【観覧料】  一般1,000円(800円)、65歳以上700円(500円)、大高生500円(400円)
       中学生以下無料、前売券600円
       *( )内は15名以上の団体料金
       *前売券はチケットぴあ、ローソン各店にて販売中

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131
ご参考・・久留米市美術館Webサイト

【関連イベント】
美術講座 「川端康成と古賀春江」
【日時】 5月13日(土) 14:00~15:30
【会場】 本館1階多目的ルーム
【講師】 森山秀子(久留米市美術館副館長兼学芸課長)
【定員】 先着70名
【料金】 無料 *ただし、本展覧会のチケットが必要

動く 太宰府市文化ふれあい館 「古代大宰府と管内諸国展」

2017年4月1日(土)~7月17日(月・祝)
太宰府市/太宰府市文化ふれあい館

奈良時代、九国三島からなる九州地域を統轄した大宰府。北部九州を中心に、国府や国分寺、税制などを通して見たその管内支配のあり方を紹介します。

【休館日】  毎週月曜日 *祝日の場合は翌平日
【開館時間】 9:00~17:00
【入場料】  無料

問合せ先:太宰府市文化ふれあい館 TEL 092-928-0800
ご参考・・太宰府市文化ふれあい館Webサイト

花 第60回 久留米つつじまつり

久留米つつじまつり

2017年4月5日(水)~5月5日(金・祝) 9:00~17:00
久留米市/久留米百年公園

日本三大植木まつりに数えられる植木市。
生産農家より持ち込まれる久留米つつじをはじめ、一般観賞樹、果樹、花、盆栽などを販売します。
モデル庭園・盆栽の展示や、オークション、各種講習会、専門家によるみどりの相談所などイベントが盛りだくさんです。また、毎週日曜・祝日は和太鼓演奏会(雨天中止)が行われます。お弁当の販売もあります。

問合せ先:同実行委員会事務局(久留米市植木農業協同組合) TEL 0942-47-1875
     会場(期間中のみ) TEL 0942-33-8316

見る 北九州市立美術館 分館 「再興第101回院展」

宮北千織(同人)《華》

宮北千織(同人)《華》

2017年4月7日(金)~5月7日(日)
北九州市/北九州市立美術館 分館(リバーウォーク北九州5F)(小倉北区)

日本美術院は1898(明治31)年、岡倉天心が中心となって創設した在野の美術団体です。積極的な活動を行った天心の没後は、横山大観らが中心となって1914(大正3)年に再興しました。同年から始まった再興院展は、戦時中を除く今日まで毎年開催され、100回を超える歴史ある日本画の展覧会として広く知られています。多くの画家が創設から続く研究重視の理念に基づき、日々の研鑽を重ねながら新たな日本画の創造に挑戦しその成果を発表してきた歩みは、明治以降の日本画の歴史と大きく重なっています。
第101回目となる本展では、日本美術院同人作家の新作31点をはじめ、受賞作品、および九州出身・在住作家の入選作品を含む73点を展示します。
日本の伝統を受け継ぎながら、新たな時代を進む院展による日本画の現在をどうぞお楽しみください。

【休館日】  会期中無休
【開館時間】 10:00~18:00 *入館は17:30まで
【観覧料】  一般1,000(800)円、高大生600(400)円、小中生400(300)円
       *( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
       *障害者手帳を提示の方は無料
       *年長者施設利用証(北九州市交付)の提示で2割減免

問合せ先:北九州市立美術館分館 TEL 093-562-3215
詳細は・・北九州市立美術館Webサイト

見る 第14回 紫川こいのぼりまつり

こいのぼり掲揚

2017年4月9日(日)~5月13日(土)
北九州市/桜橋付近(小倉南区)

平成16年4月から青少年の健全育成を願って掲げられてきた桜橋のこいのぼり。当初は長行と広徳の自治連合会により行われていましたが、現在では長尾と徳力も加わり、毎年多くの方に親しまれています。
また、今年はフォトコンテストを開催します。ふるってご応募ください。

掲揚するこいのぼりはすべてご家庭で使われなくなったものを寄付いただいたものです。
*ご家庭で眠っているこいのぼりがありましたら、ぜひご寄付をお願いいたします。
 着払いにて常時募集中!

問合せ先:長行市民センター TEL 093-452-3651
詳細は・・長行市民センター(紫川にこいのぼりを掲げる会)Webサイト

見る 九州芸文館 近代工芸の先駆者「豊田勝秋・その門人展」

九州芸文館 近代工芸の先駆者「豊田勝秋・その門人展」

2017年4月11日(火)~5月7日(日)
筑後市/九州芸文館

近代工芸の道を切り拓き、戦後九州の工芸家達を牽引し続けた豊田勝秋。黒々とした重厚な鋳銅作品を特徴にもつ彼の作品、および門人たちの作品を展示します。

【開場時間】 10:00~17:00 *入場は16:30まで
【休館日】  月曜日(ただし3月20日(月・祝)は開館し、翌21日(火)休館)
【観覧料】  一般500円、学生300円
       *小学生以下、65歳以上、障碍者・介助者は無料

問合せ先:九州芸文館 TEL 0942-52-6435
詳細は・・九州芸文館Webサイト

見る 九州国立博物館 日タイ修好130周年記念 特別展 「タイ~仏の国の輝き~」

タイ~仏の国の輝き~

金象

金象
アユタヤー時代 15世紀初 チャオサームプラヤー国立博物館

2017年4月11日(火)~6月4日(日)
太宰府市/九州国立博物館

タイは、国民の95%が仏教を信仰する仏教国。
仏教は、ひとびとの日々の暮らしに寄り添い、長い歴史の中で多様な仏教文化が花開きました。
重厚で独特な趣を宿した古代彫刻群、やわらかな微笑みをたたえる優美な仏像たち、仏塔に納められた眩いばかりの黄金の品々、仏教の宇宙観にもとづき荘厳された仏堂の輝き。13世紀半ばから200年続いたスコータイ王朝の時代の仏像からは、面長で穏やかな顔立ち、繊細な指など、タイの美意識がご覧いただけます。
本展覧会では、タイ族の国が興る以前の5世紀頃までさかのぼり、古代の多様な信仰の世界を今に伝える仏像から19世紀の美術品まで、その造形美術を通して、そこに生きている理想に迫ります。
また、琉球王国の外交文書を記録した史料には、1425年からのタイとの交易に関する記述が残されており、琉球を介した日本との交流は600年もの歴史があることが分かっています。朱印船貿易によってタイには日本人町が形成され、往時には1,000人~1,500人の日本人が住むほど盛んだった日本とタイとの文化交流の歴史についてもたどります。
日タイ修好130周年の節目に、両国が総力を結集して開催する展覧会です。タイ王国門外不出の名宝と、選りすぐりの仏教美術の数々を一堂に集め、仏教がタイの文化形成に果たした役割をひもといていきます。
どうぞお見逃しなく!
(総出陳件数141件、うち100件がタイ王国からの出品)

【休館日】  毎週月曜日 ただし、5月1日(月)は開館
【開館時間】 9:30~17:00  *入館は16:30まで
【観覧料】  一般1,600円(1,400円)、高大生1,000円(800円)、小中生600円(400円)
       *( )内は前売りおよび団体(有料の方が20名以上の場合)、
        満65歳以上の方、キャンパスメンバーズの方の料金
        (生年月日がわかるもの(健康保険証・運転免許証等)・学生証・教職員証等要提示)
       *障害者手帳等ご持参の方とその介護者1名は無料
       *上記料金で4階「文化交流展(平常展)」もご覧いただけます。

問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(8時~22時、年中無休)
詳細は・・九州国立博物館Webサイトへ、公式Webサイトへ、特集ページ

【関連イベント】
リレー講座 「見たい 行きたい よかタイ!」
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【定員】 先着280名(事前申込不要、当日受付)
【料金】 無料 *本展観覧券もしくは半券の提示が必要
<第1回>【日時】 5月6日(土) 14:00~15:30
     【講師】 「山田長政 アユタヤーの日本人」 望月規史(九州国立博物館研究員)
          「タイのごちそう決定版!- ラーマ2世王の饗宴詩 - 」
          山田均氏(公立大学法人名桜大学教授)
<第2回>【日時】 5月13日(土) 14:00~15:30
     【講師】 「仏陀の足跡を求めて」 小泉惠英(九州国立博物館学芸部長)
          「輝ける仏の国 タイ」 原田あゆみ(九州国立博物館特別展室長)

見る ディズニープリンセスとアナと雪の女王展

2017年4月14日(金)~6月11日(日)
福岡市/福岡県立美術館(中央区)

輝く力は、あなたの中にある。
ディズニーのプリンセス作品は、1937年に公開の世界初の長編アニメーション映画「白雪姫」から始まりました。プリンセスたちは、物語の主人公としてだけではなく、パワーを秘めた1人の女性としていきいきと輝いています。いつの時代も、その時の希望と憧れの女性像を描いてきたディズニーのプリンセス作品は、アニメーションにとどまらず、音楽、ミュージカル、実写映画にまで広がっています。
本展では、「白雪姫(白雪姫)」「シンデレラ(シンデレラ)」「オーロラ姫(眠れる森の美女)」「アリエル(リトル・マーメイド)」「ベル(美女と野獣)」「ジャスミン(アラジン)」「ラプンツェル(塔の上のラプンツェル)」そして「アナとエルサ(アナと雪の女王)」の9人のプリンセスを取り上げます。
今回は、ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する史料を収集・保存する米国の「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」や「ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリー」のコレクションから、アートやセル画、実写映画、テーマパークのドレスや小道具、マケット(模型)、フィギュアなど貴重なアイテム、その他資料を一同に展示致します。
また、臨場感あふれる”光と氷のプロジェクション演出”とともに、世界25ヵ国の言語で歌いつながれた「Let It Go」を鑑賞できる「アナと雪の女王」特別映像シアターは、本展覧会でしか体験できない特別な空間となっています。
「なぜプリンセスたちは幸せになれたのか?」
プリンセスたちの”個性と内面に秘めた強さ”に焦点を当て、ひとりひとりの魅力に迫ります。
1人の女性としての生き方を示すプリンセスたちから、自分自身の輝く力を見つけてみてください。

【休館日】  月曜日 (ただし、5月1日(月)は開館)
【開館時間】 10:00~18:00  *入場は17:30まで
【観覧料】  一般1,500円(1,300円)、高大生1,200円(1,000円)、4歳~中学生800円(700円)
       *( )内は前売り、65歳以上、または20人以上の団体
       *3歳以下無料

問合せ先:福岡県立美術館 TEL 092-715-3551
詳細は・・福岡県立美術館Webサイトへ、公式Webサイト

花 八女黒木大藤まつり

八女黒木大藤まつり

2017年4月15日(土)~5月5日(金・祝) *ライトアップは18:30~22:00.
八女市/素盞鳴神社境内

樹齢600年の歴史を誇る国指定天然記念物「黒木大藤」の開花に伴い、「八女黒木大藤まつり」を開催します。素盞嗚(すさのお)神社境内の美麗な花房を観賞し、物産展(9時~17時)やスタンプラリー(4月23日(日)10時~15時、有料)など会場一帯でのイベントを通じ、春の奥八女路をご堪能ください。
*期間中の18時半~22時にはライトアップを行います。夜の大藤の幻想的な雰囲気もお楽しみください。

問合せ先:八女市黒木支所産業経済課 TEL 0943-42-1115、黒木町観光協会 TEL 0943-42-9190
開花状況は・・黒木町観光協会Webサイト

見る 福岡アジア美術館 ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」

ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」

 

2017年4月15日(土)~5月28日(日)
福岡市/福岡アジア美術館 (博多区)

世界最大級かつ最高峰の美術の殿堂「ルーヴル美術館」
1793年の開館以来、200年以上の長い歴史を持つルーヴル美術館が、「漫画」でルーヴル美術館を表現するという、かつてない新たな試みを立ち上げました。
ルーヴルが欲しがった9番目の芸術、「漫画」
フランス語圏では「バンド・デシネ(BD)」と よばれる漫画文化があり、BDは絵画のように緻密で技巧に富んだ作品が多く、その特徴からフランスでは第9番目の芸術(*)と位置付けられています。21世紀に入り、世界最高峰の美術の殿堂、ルーヴル美術館が現代アートとして漫画に注目し、日本を含む、フランス内外の才能豊かな漫画家たちを招待し、ルーヴルをテーマに自由な表現で作品を描いてもらう「ルーヴル美術館BDプロジェクト」をスタートさせました。
ついに、漫画の国ニッポンへ。
そしてこの度、本プロジェクトの全容を約300点の原画やネーム等の資料・特別映像等で紹介する展覧会が誕生しました。日本からは荒木飛呂彦、谷ロジロー、松本大洋、五十嵐大介、坂本眞一、寺田克也、ヤマザキマリが参加。総勢16人の漫画家たちがそれぞれの独特な世界観で描き出した16通りのルーヴル美術館をご堪能ください。
(*)フランスにおける芸術の序列。第1から8までは順に「建築」「彫刻」「絵画」「音楽」「文学(詩)」「演劇」「映画」「メディア芸術」とされる(諸説あり)。

【休館日】  水曜日、ただし5月3日(水・祝)は開館
【開場時間】 10:00~20:00(最終入場19:30)
       *最終日は18:00まで(最終入場17:30)
【観覧料】  一般1,300(1,100)円、高大生1,000(800)円、小中生600(400)円
       前売ペアチケット(一般券2枚一組)2,000円
       ピンバッチ付前売チケット(数量限定、ローソンチケット限定発売)1,700円
       *( )内は前売、20人以上の団体、満65歳以上の割引料金
       *前売券は4月14日(金)まで発売

問合せ先:東映 TEL 092-291-6792
詳細は・・公式Webサイトへ、公式Twitterへ、公式facebookへ、特集ページ
ご参考・・福岡アジア美術館Webサイト

見る 福岡市博物館 日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展

赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス

《赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス》 後1世紀後半 ナポリ国立考古学博物館蔵 © ARCHIVIO DELL’ARTE - Luciano Pedicini / fotografo

2017年4月15日(土)~6月18日(日)
福岡市/福岡市博物館(早良区)

紀元後79年、ヴェスヴィオ山の噴火という悲劇的な終焉により、時代を瞬時に閉じ込めた南イタリアの古代都市ポンペイの町。18世紀に再発見されたポンペイの遺跡は、古代ローマの人々の豊かな暮らしを今に伝え、世界中を魅了し続けています。1997年に世界遺産に登録され、年間200万人以上の観光客が訪れるポンペイの遺跡は、「秘儀荘」を筆頭とする壁画の美しさで知られ、〈ポンペイの赤〉と呼ばれる特徴的な色彩は、一度目にすると忘れられない鮮やかさです。
本展は、ポンペイの出土品の中でも最も人気の高い壁画に焦点を絞り、壁画の役割と、その絵画的な価値を紹介するものです。貴重な作品約80点を厳選し、古代ローマの人々が好んだモチーフや構図、その制作技法に迫ります。当時の室内を飾った姿そのままに、一連の空間装飾として一部再現展示します。
ポンペイ壁画のまさに決定版ともいえる展覧会を、ぜひご覧ください。

【休館日】  月曜日
【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
【観覧料】  一般1,500円(1,300円)、高大生800円(600円)、小中生500円(300円)
       *( )内は前売、20人以上の団体、満65歳以上の割引料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
詳細は・・公式Webサイトへ、特集ページ
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

【関連イベント】
ギャラリートーク
本展担当学芸員によるギャラリートーク。
【日時】 第2・4水曜日 14:00~ *事前申込不要、ただし本展入場者が対象
【会場】 福岡市博物館 特別展示室

 大中臣神社 将軍藤まつり

大中臣神社 将軍藤まつり

2017年4月16日(日)~5月5日(金・祝)午前中  *ライトアップは21:00まで(予定)
小郡市/大中臣神社

和様唐様の楼門で有名な大中臣神社の境内に咲く藤は、樹齢が650年と推定され、福岡県の天然記念物に指定されています。
この藤は、日本三大合戦の一つである大保原合戦(筑後川の戦い)で負傷した征西将軍懐良親王が、大中臣神社の加護で全快した際に奉納した「将軍藤」と伝えられています。
将軍藤まつりの期間中、約500平方メートルの藤棚から垂れ下がる花がライトアップされる様は豪華絢爛です。

問合せ先:小郡市観光協会 TEL 0942-72-4008
ご参考・・小郡市観光協会Webサイト

見る 旧伊藤伝右衛門邸 端午の節句・飯塚2017

旧伊藤伝右衛門邸 端午の節句・飯塚

2017年4月20日(木)~5月23日(火)
飯塚市/旧伊藤伝右衛門邸

つつじが咲き誇る国指定名勝庭園を眺めながら、さわやかな風が大広間を通り抜ける、一年間で最も美しく気持ちの良い旧伊藤伝右衛門邸の邸内で、男の子の健やかな成長を祝う「端午の節句」に合わせ、五月人形などを展示します。

【開場時間】 9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】  期間中無休
【観覧料】  大人300円(240円)、小・中学生100円(80円)
*( )内は20名以上の団体料金
*土曜日に限り高校生以下は無料

問合せ先:飯塚観光協会 TEL 0948-22-3511
詳細は・・旧伊藤伝右衛門邸Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

のがみプレジデントホテルホテルニューガイア飯塚新飯塚ステーションホテルHOTEL AZ 福岡飯塚店
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 福岡よかもんひろば 「恋こがれる街古賀展」 

2017年4月20日(木)~6月16日(金)
福岡市/福岡県庁11階 福岡よかもんひろば(博多区)

今回の古賀展は、古賀市市制20周年の特別企画展となっています。古賀海岸など自然を中心とした景観や、ロマンあふれる古墳をはじめ、古賀市のさまざまな魅力を紹介します。
また、併設のよかもんカフェにて、地元産の食材を使った期間限定メニューを提供します。

問合せ先:古賀市商工政策課商業観光係 TEL 092-942-1176

見る 九州歴史資料館 特集展示「船原古墳出土馬冑・ガラス装金銅製辻金具」

2017年4月25日(火)~6月18日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第1展示室

豪華な古墳時代の馬具が大量に見つかり、世紀の発見ともいわれて注目されている、古賀市船原古墳遺物埋納坑。その出土遺物について、古賀市教育委員会と九州歴史資料館が科学的調査と保存修復作業を進めています。中でも、馬のカブトである「馬冑」は、九州初出土、国内でもこれまで2例しか見つかっていません。今回の展示では、この馬冑と、国内初出土の鉛ガラスで装飾された辻金具を併せて公開します。科学的調査成果について紹介している、開催中のパネル展とあわせてご観覧ください。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)
       *中学生以下、満65歳以上の方、障がい者とその介護者1名は無料
       *土曜日は高校生も無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

動く サニックス ワールドラグビーユース交流大会 2017

サニックス ワールドラグビーユース交流大会

2017年4月28日(金)~5月5日(金・祝)
宗像市/グローバルアリーナ

<大会スケジュール>
◆男子:予選リーグ/4月28日・29日・5月1日
    順位決定トーナメント/5月2日・4日・5日
◆女子:予選リーグ/4月28日 
    順位決定トーナメント/4月29日

問合せ先:グローバルアリーナ TEL 0940-33-8400
詳細は・・公式Webサイト
ご参考・・グローバルアリーナWebサイト

花 田主丸花と庭の会オープンガーデン

田主丸花と庭の会オープンガーデン

2017年4月29日(土・祝)~5月7日(日) 9:00~16:00
久留米市/田主丸花と庭の会会員18軒(田主丸町)

ギャラリー、レストランを中心に18軒の店舗などが、それぞれ個性豊かなガーデンを一般公開するイベント。期間中、スタンプラリーも開催されます(花苗進呈)。
春の花をお楽しみください。

問合せ先:田主丸花と庭の会(代表) TEL 0943-73-1606

 泊りがけで、出かけませんか。

一棟貸別邸 満天の庭
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

花 石橋文化センター 春のバラフェア2017

石橋文化センター 春のバラフェア

2017年4月29日(土・祝)~5月21日(日) 9:00~17:00  *月曜休館
久留米市/石橋文化センター(野中町)

園内で咲く400品種2,600株のバラが見頃を迎える季節に合わせて、見て、聴いて、香って、触れて、味わって・・・五感でバラを楽しめるイベントを開催します。
また、久留米市美術館1階では、アート作家によるバラをテーマに制作した作品を展示。マルシェ&カフェでは、オリジナリティのある雑貨や飲食物販売ほか、バラにちなんだメニュー等を販売します。

GWイベント:5月3日(水・祝)~7日(日)
メインイベント:5月13日(土)、14日(日)
・ローズアレンジメント展示
・バラの体験コーナー
・バラの園芸相談、植え方・育て方デモンストレーション
・ローズガーデンガイドツアー・コンサート
・マルシェ&カフェ、バラグッズ&バラの書籍販売
・坂本繁二郎旧アトリエ特別公開
毎日開催(月曜休)
・バラ苗販売、春のバラフェアin楽水亭(バラにちなんだケーキや御膳、グッズなど)

問合せ先:石橋文化センター TEL 0942-33-2271(月曜休)
ご参考・・石橋文化センターWebサイト

見る 北九州市立小倉城庭園 5月のイベント

孔雀羽模様御召銘仙単衣長着

孔雀羽模様御召銘仙単衣長着 橋本コレクション

2017年5月
北九州市/北九州市立小倉城庭園

VIVID 銘仙 ~20世紀前半のファッショナブル着物~
大正から昭和にかけて人気を博した銘仙の着物と、銘仙を着こなす女性たちの絵画を紹介します。
【日時】 4月16日(日)~6月18日(日)

こども茶会
茶道を習っている小学生から高校生までの受講生がお点前を披露するお茶会です。
可愛いおもてなしをお楽しみください。
【日時】 5月5日(金・祝) 9:30~14:00(受付時間)
(有料、先着100名 *要申込)
春のJAZZナイト
ライトアップされた日本庭園を背景にジャズを鑑賞します。
【日時】 5月13日(土) 18:00~20:00
【出演】 月山美香 & her friends
(有料、先着80名 *要申込(4月より受付開始))
【開館時間】 4月~10月まで9:00~18:00 (受付は閉館30分前まで)
【入館料】  一般300円、中高生150円、小学生100円

問合せ先:北九州市立小倉城庭園 TEL 093-582-2747
詳細は・・北九州市立小倉城庭園Webサイト

動く 平尾台自然観察センター 5月のイベント

平尾台

2017年5月
北九州市/平尾台自然観察センター(小倉南区)

ガイド散歩
特にテーマを決めず、その時々の自然との出会いを大切に、センタースタッフと共に2時間程度の散歩をするミニ観察会です。ハイキングが初心者の方もお気軽にご参加ください。
【日時】 5月6日(土) 9:30~、13:30~
【対象】 小学生以上(有料、各回先着10名、事前申込不要)
ドキドキ★鍾乳洞探検~青龍窟の巻~
観光化されていない、自然の鍾乳洞を探検するケイビング体験。 全身ずぶぬれ&泥だらけで楽しみましょう。
【日時】 5月14日(日) 9:00~14:30 *小雨決行
【対象】 小学4年生以上 *小中学生は、要保護者同伴
(有料、30名、要事前申込。申込多数の場合は抽選)
【参加申込締切】 5月4日(木・祝)
春の野草観察会
シランに代表される春の野草を観察しながらハイキング。
【日時】 5月17日(水) 10:00~15:00 *小雨決行
【対象】 小学生以上 *小中学生は、要保護者同伴
(無料、30名、要事前申込。申込多数の場合は抽選)
【参加申込締切】 5月7日(日)
アートフラワー講座
平尾台の野草を、布や針金で本物そっくりに作ります。絹布を型紙に合わせて切り、染め、成型してボンドで張り合わせていきます。 アットホームな教室で、楽しくおしゃべりしながら可愛いお花を作りましょう。
【日時】 5月19日(金) 10:00~14:00
【対象】 小学生以上 *小中学生は、要保護者同伴
(有料、10名、要事前申込。申込多数の場合は抽選)
【参加申込締切】 5月9日(火)
周防台展望登山
周防台方面からの展望を楽しむ登山です。
【日時】 5月21日(日) 9:00~15:00 *雨天中止
【対象】 小学生以上 *小中学生は、要保護者同伴
(無料、30名、要事前申込。申込多数の場合は抽選)
【参加申込締切】 5月11日(木)
初夏の虫観察会
初夏の平尾台で見られる虫を観察します。
【日時】 5月27日(土) 9:30~15:00 *雨天中止
【対象】 小学生以上 *小中学生は、要保護者同伴
(無料、30名、要事前申込。申込多数の場合は抽選)
【参加申込締切】 5月17日(水)
【開館時間】 9:00~17:00
【休館日】  月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始 ただし夏休み期間中は無休
【入館料】  無料

問合せ先:平尾台自然観察センター TEL 093-453-3737
詳細は・・平尾台自然観察センターWebサイト

動く 平尾台自然の郷 5月のイベント

平尾台の羊群原

2017年5月
北九州市/平尾台自然の郷(小倉南区)

ふわふわルースター
巨大サイズのエアートランポリン「ふわふわ」で遊ぼう!
【日時】 5月3日(水・祝) 11:00~16:00
【料金】 1回100円
友希天星イリュージョンマジックショー
摩訶不思議、予測不可能な驚異のマジックショー!
【日時】 5月4日(木・祝) 12:00~、15:00~
【料金】 観覧無料
メロンちゃんバルーンアートショー
女の子ピエロ「メロンちゃん」のバルーンアートあり、マジックありのパフォーマンスショー
【日時】 5月5日(金・祝) 12:00~、15:00~
【料金】 観覧無料
Purple Water Live
地元を中心に活動するファミリーバンドライブステージ
【日時】 5月5日(金・祝) 13:00~14:30
【料金】 観覧無料
BMXショー
競技用自転車によるパフォーマンスショー
【日時】 5月5日(金・祝) 12:45~、14:30~
【料金】 観覧無料
宇宙戦隊キュウレンジャーショー
宇宙戦隊キュウレンジャーが平尾台にやってくる!
【日時】 5月7日(日) 12:00~、15:00~
【料金】 観覧無料
【開館時間】 9:00~17:00 (12月~2月は10:00~16:00)
【休館日】  火曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始
【入園料】  無料

問合せ先:平尾台自然の郷 TEL 093-452-2715
詳細は・・平尾台自然の郷Webサイト

見る アクロス福岡 匠ギャラリー 「久留米絣 山村省二とその弟子たち展」 

2017年5月1日(月)~7日(日) 10:00~18:00(初日12:00から、最終日16:00まで)
福岡市/アクロス福岡2階 匠ギャラリー(中央区)

約200年の歴史を持つ久留米絣の高度な技術は、国の重要無形文化財に指定されています。新作の着尺をはじめ、身近に使える洋服や小物、博多祇園山笠の法被、日本伝統工芸展の入選作などを展示します。

【実演】久留米絣の機織り実演
【体験】久留米絣の機織り体験/無料

問合せ先:アクロス福岡文化観光情報ひろば TEL 092-725-9100
ご参考・・アクロス福岡Webサイト

グルメ 第25回 エツ漁解禁と感謝祭

エツ料理

2017年5月1日(月)~7月20日(木)  感謝祭=5月1日(月)10:00開会
久留米市/感謝祭:エツ大師堂、エツ料理は町内の料理店にて提供(城島町)

毎年5月1日に、エツ漁が解禁されます。エツは日本で唯一有明海にしか生息しない貴重な魚で、エツ漁は筑後川の初夏の風物詩です。(漁の安全とエツの生息できる環境を守り続け豊漁を祈願し、幻の魚としないようエツ解禁に伴う感謝祭が毎年5月1日に開催されます。)
*エツ漁ができるのは5月1日から7月20日まで。
*エツは脂がのる6月からが特に美味しい!

【エツ料理が食べられるお店】
●えつの豊 TEL 0942-62-2320 ●平和亭 TEL 0942-62-6694 ●海鮮寿し処たか山 TEL 0942-62-2082 ● 大磯 TEL 0942-62-6274 ●呉竹 TEL 0942-62-6672 ● かねひろ TEL 0942-62-2523 ● 居酒屋からす TEL 0942-62-2383  ●みずほ庵 TEL 0942-27-3055

問合せ先:エツ感謝祭実行委員会(久留米南部商工会内) TEL 0942-64-3649

動く 第56回 博多どんたく港まつり

博多どんたく港まつり

2017年5月3日(水・祝)~4日(木・祝)
福岡市/福岡市内一帯

ゴールデンウィーク期間中、毎年、国内最大級200万人を超える人出で賑うおなじみの祭り。博多松囃子行列を先頭にしたどんたくパレードや、市内各所でのステージイベントで終日賑います。
今年は、4年ぶりに観光桟敷席が復活! 眺めの良いスタンド席からご覧いただけます!
眺めがいい! 早くからの場所取りの必要なし! ゆっくり座って、パレードを観ることができる! 車いすの方も観やすい席!

【観光桟敷券】 前売3,000円、当日3,500円(全席自由)
*2日(火)16:30~20:30には、福岡国際センターで前夜祭が行われます(入場無料、要整理券。整理券は4月19日(水)10:00から配布)。

問合せ先:福岡市民の祭り振興会事務局 TEL 092-441-1170
詳細は・・博多どんたく港まつりWebサイト

動く 木屋瀬芸術祭

木屋瀬芸術祭

2017年5月3日(水・祝)~5日(金・祝)
北九州市/長崎街道木屋瀬宿記念館、旧長崎街道筋(八幡西区)

地域に残る文化の伝承や地域活性化を目的に開催されています。
3日:木屋瀬中学校吹奏楽部演奏会、子どもたちによる地元太鼓の競演など
4日:こやのせ座落語会、ハンギングバスケット、筑前六宿シンポジウムなど
5日:筑前郷土芸能連絡会など
3日~4日:ぜんざいの接待、作品展、お茶席など
3日~5日:バザー

問合せ先:長崎街道木屋瀬宿記念館 TEL 093-619-1149
ご参考・・長崎街道木屋瀬宿記念館Webサイト

動く 民陶むら祭り

小石原焼

小石原焼

2017年5月3日(水・祝)~5日(金・祝).
東峰村/小石原焼伝統産業会館

飛びカンナ、はけ目といった独特の技法の小石原焼は素朴な温かさで親しまれています。
それぞれの窯元の店先に、所狭しと並べられた、たくさんの皿やお碗、壷などは、この日に合わせて窯出しされたもので、いつにも増して手頃な価格で手に入れることができます。

問合せ先:同運営委員会 TEL 0946-74-2121
ご参考・・東峰村観光情報サイト

 第36回 飯塚新人音楽コンクール

飯塚新人音楽コンクール

2017年5月3日(水・祝)~5日(金・祝)、6月5日(日)
飯塚市/飯塚コスモスコモン

遠賀川筋の人情と、音楽土壌に恵まれた福岡県の中心のまち飯塚で始めたこのコンクールは、心温かいきめ細やかな運営と、ハイレベルの内容をモットーに、秀れた新進演奏家の発掘育成と、地域音楽文化の充実を更に目指していきます。
本選に先立ち5月3日・4日・5日に予選が行われます。
世界で活躍できる音楽家を目指し本選出場の枠を争います。

【実施部門】 ピアノ部門(予選5/3・4)/声楽部門(予選5/4・5)
       *応募者数により、声楽部門は5/5のみになることもあります。
【料金】   予選/500円、
       本選/前売:一般1,000円、学生500円、当日:一般1,200円、学生700円

問合せ先:同開催事務局(飯塚コミュニティセンター内) TEL 0948-22-3274
詳細は・・公式Webサイト

グルメ 九州ビアフェスティバル2017小倉

九州ビアフェスティバル2017小倉

2017年5月3日(水・祝)~7日(日) 10:00~18:00 *最終日は17:00まで
北九州市/西日本総合展示場 新館 「ワールドマーケット&ツーリズム2017」会場内(小倉北区)

北九州市小倉に全国のクラフトビールが集結!
北海道から沖縄まで人気クラフトビールメーカーのイチオシ銘柄が大集合!
会場では「ワールドマーケット&ツーリズム2017」が開催されており、世界の魅力的なグッズやグルメを紹介するマーケットエリアと、全国の旅の楽しさや地産地消の食材・食品の魅力を発信するツーリズム(観光・PR)エリアからなる 九州初の体験型観光展を堪能できます。

【料金】 入場料800円、ビールチケット500円~

問合せ先:同実行委員会 TEL 092-841-6336
詳細は・・公式Webサイト

 八女上陽新茶まつり 

新茶

2017年5月3日(水・祝)~7日(日)
八女市/ほたると石橋の館(上陽町)

上陽町はホタルの名所でもあり、また、福岡県域規模では唯一の茶品評会である「福岡県茶共進会」の玉露部門・煎茶部門では年間上位入賞者を出すほどの八女茶・上陽茶の産地でもあります。
期間中は、そうした上陽町の誇る「新茶」を楽しめるとともに、新茶試飲即売会や茶摘み体験、お茶の淹れ方教室といったイベントのほかに、粉茶ソフトクリームなどの奥八女の自然に育まれた味を堪能することができます。

お茶摘み体験
【日時】 5月6日(土) *要事前予約
【参加料】大人2,500円、小学生以下1,500円
お茶の淹れ方教室
【日時】 5月7日(日) *要事前予約
【参加料】500円

問合せ先:ほたると石橋の館 TEL 0943-54-2150
ご参考・・ほたると石橋の館Webサイト

動く ヤマメ釣りまつり

ヤマメ釣りまつり

2017年5月3日(水・祝)~7日(日)
糸島市/白糸の滝

毎年新緑の美しい5月の連休に開催されるヤマメ釣りまつり。
釣ったヤマメはその場で塩焼きにできます。そうめん流しも始まります。
心地よい水と緑に囲まれて、家族や友人たちと一緒にヤマメとの勝負をお楽しみください。

問合せ先:白糸の滝ふれあいの里 TEL 092-323-2114

動く 宗像ユリックス 24時間 EKIDEN

2017年5月6日(土)~7日(日)
宗像市/宗像ユリックス芝生広場周回ジョギングコース

宗像ユリックス南側芝生広場周回ジョギングコース(1周850メートル)を舞台に、24時間走った距離を競います。ぜひ応援に来てください。

問合せ先:宗像ユリックス TEL 0940-37-1311
ご参考・・宗像ユリックスWebサイト

 博多湾パノラマ広場開園記念 海の中道芸術花火2017

2017年5月13日(土) 14:00開場、19:45花火スタート、20:40終了  *予備日=翌日
福岡市/国営海の中道海浜公園 博多湾パノラマ広場(東区)

花火と音楽のマリアージュ
国営海の中道海浜公園・博多湾パノラマ広場の開園(3月末予定)を記念して、日本を代表する超一流の花火プログラマーと超一流の花火師による日本製の花火を使用しての芸術花火を開催します。
開場と同時にフードコートがオープンし、九州有名料理店の屋外グルメや志賀島グルメが味わえるほか、17時から(予定)はアトラクションも楽しめます。
*10,000発、尺玉24発を予定

【料金】 中学生以上3,500円、小学生500円、プレミアム席7,000円

問合せ先:同事務局 TEL 092-710-7211
詳細は・・公式Webサイト

動く 筑後市まち歩きツアー 「平家伝説~夫を求めて恋のくに」

筑後市まち歩きツアー 「平家伝説~夫を求めて恋のくに」

2017年5月13日(土) 10:00~11:30
筑後市/集合:二本松公民館

筑後市の白滝神社には、平家落人伝説が残っています。また薩摩街道が通っていたことから、山頭火の句碑が立てられています。このような歴史ある地域を、筑後市観光ボランティアガイド「恋のくに案内人」と一緒にまち歩きしませんか。

【コース】 二本松公民館→ 白滝神社・玉靍霊社→ 山頭火句碑→ 薩摩街道道標→ 郷場(約2キロ)
【定員】  10名 *要事前予約
【参加料】 500円(保険料含む)

問合せ先:筑後市観光協会 TEL 0942-53-4229

動く ちくごシアワセ女旅「和食のスーパーフード・大麦料理教室」

ちくごシアワセ女旅「和食のスーパーフード・大麦料理教室」

2017年5月13日(土) 10:30~13:30
筑後市/九州芸文館

筑後市の特産品「麦」は、食物繊維が豊富な和食のスーパーフードです。そんな麦の様々な製品を開発する筑後市の企業「麦のいしばし」の栄養士さんに、自宅でも作りたくなる大麦料理を習いませんか。 これであなたも麦美人!

【定員】  20名 *要事前予約
【参加料】 3,000円(作った料理とお土産付き)

問合せ先:ちくご恋たびプロジェクト委員会(筑後市観光協会) TEL 0942-53-4229
詳細は・・ちくごシアワセ女旅Webサイト

 ユネスコ無形文化遺産登録記念イベント ”祭 WITH THE KYUSHU”

祭 WITH THE KYUSHU

2017年5月13日(土)~14日(日)
13日=10:00~21:00(特別巡行18:00~20:00)
14日=10:00~18:00(特別巡行13:00~14:50)
福岡市/山・鉾・屋台特別巡行=福岡市役所周辺道路
    九州・沖縄観光PRイベント=福岡市役所西側ふれあい広場

これまで、地域で永く大切に受け継がれてきた九州の五つの祭り。その功績が世界で認められ全国33件の国指定重要文化財とともに、平成28年11月30日(日本時間12月1日)に「ユネスコ無形文化遺産」に登録されました。 
今回のユネスコ登録を記念し、「博多祇園山笠行事」「戸畑衹園大山笠行事」「唐津くんちの曳山行事」「日田祇園の曳山行事」「八代妙見祭の神幸行事」が永い祭りの歴史で、初めて福岡に集合し、祭りの活力で九州全体を更に活性化させるべく”九州の山・鉾・屋台特別巡行”を行います。
また、「WITH THE KYUSHU」の観点で、九州・沖縄の観光を促進するPRイベントを併せて開催します。

九州の祭り 山・鉾・屋台特別巡行 ~祭りの歴史上初めて!!~
<内容>
・福岡市役所周辺道路を利用した特別巡行(2日間)
・式典(戸畑衹園大山笠五段上げ披露)・各都市市長表敬
・福岡市役所敷地内での山・鉾・屋台展示(開催期間中常設)
*雨天の場合、一部変更あり
<集合する山・鉾・屋台>
●博多祇園山笠行事    舁山笠
●戸畑衹園大山笠行事   幟大山笠・提灯大山笠
●唐津くんちの曳山行事  酒呑童子と源頼光の兜
●日田祇園の曳山行事   平成山
●八代妙見祭の神幸行事  笠鉾「菊慈童」 笠鉾「蜜柑」 亀蛇

WITH THE KYUSHU 九州・沖縄観光PRイベント
●観光・物産ブース~九州の“みどころ”と“名産品”が勢ぞろい
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
●飲食ブース ~九州を代表する”食”が集結
博多餃子(福岡県)、戸畑焼チャンポン(福岡県)、日田やきそば(大分県)、くまモン饅頭・赤牛焼(熊本県)、肉巻きおにぎり(宮崎県)など
●ステージイベント
・くまモン、きくちくんステージ
・ダンスバトル、各都市観光PR、伝統芸能
*PRイベントについては、内容が変更になる可能性があります。

問合せ先:<記念イベントに関して>福岡市経済観光文化局 にぎわい振興課 TEL 092-711-4328
     <戸畑衹園大山笠行事に関して>
     北九州市戸畑区役所総務企画課(戸畑衹園山笠振興課) TEL 093-871-1501(内線262)
     <唐津くんちの曳山行事に関して>
     唐津駅総合観光案内所 TEL 0955-72-4963、唐津市生涯学習文化財課 TEL 0955-72-9195
     <日田祇園の曳山行事に関して>
     日田まつり振興会事務局 TEL 0973-22-8210、日田祇園山鉾振興会 TEL 0973-24-6453、
     日田市観光協会 TEL 0973-22-2036
     <八代妙見祭の神幸行事に関して>
     八代妙見祭保存振興会 TEL 070-5819-8246、八代市文化振興課 TEL 0965-33-4533

花 味坂ポピー祭り

味坂ポピー園

2017年5月13日(土)~14日(日) 10:00~17:00
小郡市/味坂ポピー園

約23,000平方メートルの農地いっぱいにポピーの花が咲き誇ります。最盛期の週末に行われるポピー祭りには、地元特産物コーナーや地域団体によるお弁当、食べ物の店なども出店されます。
春のピクニックにお出かけしてみてはいかがでしょうか。
*見頃は5月上旬~中旬頃

問合せ先:(一社)小郡市観光協会 TEL 0942-72-4008

見る シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展

BLACK BEAR

© Dick Bruna

2017年5月13日(土)~7月2日(日)
福岡市/三菱地所アルティアム(中央区)

約500点の作品から
ディック・ブルーナが約60年かけて求め続けたスタイル 「シンプル」の正体に迫ります

絵本「ミッフィー(うさこちゃん)」シリーズで知られ、2017 年2月に惜しまれながら亡くなったオランダ人絵本作家、ディック・ブルーナ。
グラフィックデザイナーとしての顔ももつブルーナは、ペーパーバックシリーズ「ブラック・ベア」を代表とする温かみのある名作を数多く残してきました。
作品に共通する特徴は「シンプル」であること。余分なものを極力削ぎ落としつつ、独自のユーモアや情感を織り込む「シンプルさ」が常に作品に潜んでいます。
本展では、ブルーナの作品を線や色、形などテーマに分けて紹介します。なぜブルーナは、シンプルであることにこだわり続けたのでしょうか。
本展では200冊を超えるペーパーバック、約40点のデザイン原画やスケッチ、ミッフィーやボリスなどの絵本原画約30点にポスターの複製などを加えた約500点を展示し、ブルーナの「シンプル」を紹介します。
また、「シンプルの明日」というテーマで、日本のデザイン界で活躍する気鋭の4組(KIGI/groovisions/ 中村至男/ ミントデザインズ)が、グラフィック、プロダクト、ファッションなどのジャンルで、ブルーナ作品からインスピレーションを受けた新作を発表します。
作品を際立たせる「シンプル」の正体とは何か、本展でその魅力に迫ってみてください。

【休館日】 5月16日(火)、6月20日(火)
【時間】  10:00~20:00
【入場料】 一般400(300)円、 学生300(200)円、高校生以下無料
      *( )内は前売料金/チケットぴあ・10名以上の団体料金
      *再入場可
      *アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD (イムズカード)会員無料

問合せ先:三菱地所アルティアム TEL 092-733-2050
詳細は・・三菱地所アルティアムWebサイト

【関連イベント】
菊地敦己× 中村至男 オープニングトーク
本展のアートディレクションを手がけたデザイナーの菊地敦己と出展デザイナーの中村至男による「シンプルの正体」に迫るトークセッション。
【日時】 5月14日(日) 開場13:30、開演14:00~(90分程度)
【会場】 セミナールームA(イムズ10F)
【話し手】 菊地敦己、中村至男
【定員】 60名(自由席、先着順)
【料金】 500円 *要事前申込、*4月21日(金)より三菱地所アルティアムにて受付開始

動く 第21回 宝満つばきマラソン大会

2017年5月14日(日) 9:00開会  *小雨決行
筑紫野市/筑紫運動広場

600メートル、800メートル、1,500メートル、小学生チーム対抗リレー・10 分の1マラソン、中学校対抗リレー・10 分の1マラソン、420人リレー・フルマラソン世界記録に挑戦! の6種目。

【参加資格】 筑紫野市民、および市内通勤・通学者
【参加料】  無料
【申込受付】 2017年4月1日(土)~21日(金)

問合せ・申込先:筑紫野市体育協会 TEL 092-925-4801
詳細は・・筑紫野市体育協会Webサイト

祭り 第23回 筑前人形感謝祭

筑前人形感謝祭

2017年5月14日(日) 受付10:00~11:00、祭典11:00~12:00
飯塚市/曩祖八幡宮社務所

長年愛用した人形やぬいぐるみに別れを告げて供養する「筑前人形感謝祭」は5月第2日曜に、飯塚市宮町の曩祖(のうそ)八幡宮で行われます。この祭典は、ご家族様に愛されたお人形をお清めし、お焚き上げを行う神事です。寄せられた雛人形や五月人形、ぬいぐるみなどを祭壇に飾り付け神事を行い、ご神火でたき上げます。傷みが少ない人形などについては「黒い瞳の人形使節」として、留学生や世界各地の施設・学校に寄贈されています。

問合せ先:曩祖八幡宮社務所 TEL 0948-22-0511

動く 第18回 グローバルアリーナリレーマラソン大会

グローバルアリーナリレーマラソン大会

2017年5月14日(日) 11:00スタート  *雨天決行
宗像市/グローバルアリーナ

1周2キロをタスキをつなぎ21周します。小学生チームから家族・職場仲間部門等いろんな部門にて参加できます。楽しく走ってみませんか。

【定員】  250チーム  *定員に達し次第締め切り
【参加料】 大人1名2,680円、小人1名(中学生以下)1,130円
      *ランネットご利用の場合はプラス100円
【参加申込締切】 2017年4月25日(火)必着 *事務局締切
         2017年4月17日(月) *インターネット締切

問合せ先:グローバルアリーナ TEL 0940-33-8400
詳細は・・FネットWebサイトへ、ご参考・・グローバルアリーナWebサイト

動く 新立山に登ろう ガールズ登山体験

新立山に登ろう ガールズ登山体験

2017年5月14日(日) *予備日21日(日)
宗像市/正助ふるさと村

女性ガイドがご一緒します。登山道は整備が行き届いており非常に登りやすく、頂上は360度の眺望が望めます。
お一人様も歓迎! お友達同士・母娘でご一緒にどうぞ。
*特製のお弁当付き。女性限定

問合せ先:正助ふるさと村 TEL 0940-35-1100
ご参考・・正助ふるさと村Webサイト

祭り 福井神楽

福井神楽

2017年5月14日(日) 11:00~
糸島市/白山神社

五穀豊穣・家内安全・無病息災・大漁を祈願して奉納される里神楽。市の無形民俗文化財の指定も受けており、全23演目が舞われます。神楽面14面のさまざまな表情も見所のひとつ。

問合せ先:福井白山神社 TEL 092-326-5916

動く 第33回 飯塚国際車いすテニス大会 JAPAN OPEN 2017

飯塚国際車いすテニス大会 JAPAN OPEN

2017年5月16日(火)~21日(日)
飯塚市/筑豊ハイツテニスコート、県営筑豊緑地テニスコート

国際テニス連盟(ITF)から全米オープンなど世界四大大会に次ぐスーパーシリーズ(SS)に格付けされているアジア最高峰の車いすテニス大会です。
身体障害者間のスポーツの交流、相互理解を深めるための意義のある国際交流の場となっています。すべてがボランティアによって運営されています。

問合せ先:同事務局 TEL 0948-25-7144
詳細は・・公式Webサイト

見る 九州歴史資料館 パネル展 「ユネスコ無形文化遺産『山・鉾・屋台行事』」

2017年5月16日(火)~7月23日(日)
小郡市/九州歴史資料館 文化情報広場

昨年度、ユネスコの無形文化遺産に登録された、我が国が誇る無形民俗文化財「山・鉾・屋台行事」。福岡県の「博多祇園山笠」「小倉祇園太鼓」を中心に、その魅力についてパネルで紹介します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】   無料

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

見る アクロス福岡 匠ギャラリー 「第6回 小石原焼伝統工芸士展」 

2017年5月17日(水)~21日(日) 10:00~18:00(最終日16:00まで)
福岡市/アクロス福岡2階 匠ギャラリー(中央区)

約350年の伝統がある小石原焼。幾重にも重なる飛び鉋や、花びら模様の刷毛目など、伝統技法を守りつつ新しい技法にも挑戦しています。民芸の趣旨を基本に「用の美」を追求した、伝統工芸士の技をご覧ください。(約300点展示)

【実演】ロクロを使った制作実演

問合せ先:アクロス福岡文化観光情報ひろば TEL 092-725-9100
ご参考・・アクロス福岡Webサイト

動く 黒崎よさこい祭り

黒崎よさこい祭り

2017年5月20日(土)~21日(日) 20日=13:00~19:30、21日=9:00~20:00
北九州市/曲里の松並木公園ほか(八幡西区)

「街に元気を!人に元気を!」を合言葉に、八幡西区黒崎にて黒崎よさこい祭りを開催します。
第9回目となる今年は、5月20日(土)を前夜祭、21日(日)を本祭として行われます。
前夜祭では地元を中心とした合唱やダンスなど様々な団体のパフォーマンス、本祭では九州・中国地方各地から80を超えるよさこい連が集結し、メイン会場となる曲里の松並木公園ほか黒崎一円で華麗なる演舞を繰り広げます。今回も「ふれあい通り」での演舞が行われ、商店街ではマルシェやバザーなど様々な催し物が行われます。
また、今回は旧八幡市制100周年記念協賛大会として、八幡東区の八幡中央区商店街でも開催します。

問合せ先:副都心黒崎開発推進会議 TEL 093-642-1001

祭り 風治八幡宮 川渡り神幸祭

風治八幡宮 川渡り神幸祭

2017年5月20日(土)~21日(日)
田川市/彦山川周辺(伊田)

福岡県指定無形民俗文化財第1号に登録されている風治八幡宮の「川渡り神幸祭」。
。永禄年間(1558年~1570年)、伊田村に疫病が流行した際、村の氏神である同社にその終息を祈願し、成就のお礼として奉納されたことに始まるもので、以来今日まで450余年の歴史を誇る福岡県五大祭りの一つです。
2台の神輿と11台の山笠が、華麗かつ熱気あふれる競争を繰り広げながら彦山川を渡る、勇壮なお祭りです。

問合せ先:田川市建設経済部 たがわ魅力向上課 TEL 0947-44-2000
ご参考・・公式Webサイト

動く 八幡西エコフェスタIN洞南・黒崎クリーンアップキャンペーン

八幡西エコフェスタIN洞南

2017年5月21日(日) 10:00~15:00 *黒崎クリーンアップキャンペーンは17:00まで
北九州市/八幡西エコフェスタIN洞南=スピナマート穴生店 駐車場
     黒崎クリーンアップキャンペーン=曲里の松並木公園(八幡西区)

地域ごみゼロ運動のPRと地域の市民のエコ意識向上への啓発活動を通して、環境・資源保護やきれいなまちづくりを目指します。古紙・ペットボトル・缶の回収や忘れ物傘の販売、ガラポン抽選会などが行われます。
また、今年は同日開催の「黒崎よさこい祭り」に合わせ、「黒崎クリーンアップキャンペーン」と題して、黒崎地区のごみ拾いを実施します。
他都市から多くの来場者が集まるこの日に、環境未来都市・北九州市を広くアピールします。

問合せ先:洞南四地区活性化委員会(北九ネット内) TEL 093-641-7570

動く 長崎街道黒崎宿東構口まつり

長崎街道黒崎宿東構口まつり

2017年5月21日(日) 10:00~15:00
北九州市/田町ちびっ子広場(八幡西区)

長崎街道黒崎宿の東の出入口「東構口」があった歴史ある田町の歴史を学ぶイベントです。長崎街道のパネル展示のほか、折尾神楽や地域劇団による踊りなどのステージイベントがあります。
さらに、今回は、今年3月に黒崎城跡が福岡県文化財に指定されたことをお祝いする記念セレモニーを行います。

問合せ先:黒崎第九自治区会 TEL 090-6636-0385

動く 耳納連山山開き

2017年5月21日(日) 11:00~
久留米市/鷹取山山頂

鷹取山山頂(802メートル)で山の安全祈願式典と餅まきが行われます。
また、登山された方には記念の手ぬぐいを差し上げます。

問合せ先:(公財)久留米観光コンベンション国際交流協会 田主丸事務所 TEL 0943-72-4956

動く グリーンフェスティバル 2017

グリーンフェスティバル

2017年5月21日(日) 9:00~15:30
久留米市/福岡県緑化センター(田主丸町)

身近な緑とふれあう場を提供し、緑と自然の大切さをPRするイベントが盛りだくさんです。ハンギングバスケットコンクールや寄せ植え造り、花苗と花木のプレゼント、木工体験コーナーなど緑をテーマにした楽しいイベントが行われます。

【イベント】
・オープニング
・森の音楽会(久留米広域消防音楽隊の演奏など)
・地域活動サークル発表会
・森林観察会 森林セラピー体験(バスハイク)
・地域材木工品の展示と木工体験(マイチェアー作り、丸太切り競争、チェーンソーアート製作展示)
・緑化木、農産物等地域特産物の展示・販売
・子供樹木探偵団(場内の樹木スケッチ)
・植物観察会
・緑のスケッチ大会(園内)
・ふれあい動物園
・ハンギングバスケットコンテスト
・森林環境税関係のパネル展示
・緑化木、花苗の配布(アンケート協力者に引換券配布)
・モデル庭園展示
・緑化相談
・子どもに人気のキャラクターショー
・ビンゴゲーム(アンケート協力者に引換券配布)
・フリーマーケットの出店

【料金】 入場無料 *ハンギングバスケット、木工体験材料費必要

問合せ先:福岡県緑化センター TEL 0943-72-1193

動く 第11回 糸島くるくるマーケット

糸島くるくるマーケット

2017年5月21日(日)
糸島市/志摩中央公園プロムナード

”循環”テーマとしたフリーマーケット。糸島の地域活動や事業所の取り組み紹介や、かえっこ×おもちゃ病院、ママ大助かり!おさがりマーケットなどがあります。

問合せ先:公式Webサイト

動く 第6回 踊れ!いとしま

踊れ!いとしま

2017年5月21日(日) 10:00~
糸島市/志摩中央公園

糸島の地で 踊ることから繋がる 人と街
九州各地から様々な踊りのダンスチームが集結! 子どもから大人まで華やかに熱い感動のステージパフォーマンスが次々に繰り広げられます。

問合せ先:同事務局 TEL 090-6295-4632
詳細は・・公式facebook

動く 呑山観音寺 蚤の市「観音市」

観音市

2017年5月21日(日) 10:00~15:00  *毎月第3日曜
篠栗町/呑山観音寺駐車場

観音市は篠栗呑山観音寺の月例観音祭にあわせて開催されるフリーマーケットです。
産地にこだわった野菜や食材、ケーキや焼き菓子、手作り雑貨、アクセサリー、和小物、陶磁器、植木、古着などいろいろなお店が出店します。

*当日は10:30より、観音祭護摩法要が執り行われます。
*JR福北ゆたか線(篠栗線)篠栗駅より西鉄バスが運行いたします。
*ただ今出店者も募集中(出店料1,000円)です。

問合せ先:呑山観音寺 TEL 092-947-6384
詳細は・・呑山観音寺Webサイト

花 第75回 さつき盆栽展

グリーンフェスティバル

2017年5月21日(日)~28日(日) 9:00~17:00
久留米市/田主丸ふるさと会館(JR田主丸駅舎内(田主丸町))

植木苗木の町、田主丸が誇る伝統ある行事で、品評会が行われます。
枝振りを読みながら剪定し、長年かけてひとつの「風景」を作り出す、さつき盆栽の魅力につかれた人々がふるさと会館に、毎年色あでやかな作品を展示します。

問合せ先:久留米観光コンベンション国際交流協会 田主丸事務所 TEL 0943-72-4956

動く 撥川ほたる祭り

撥川ほたる祭り

2017年5月27日(土) 13:30~19:00
北九州市/曲里の松並木公園(八幡西区)

ホタルの生態研究ブース、歌や演奏などのステージ、最新ラリーカー展示、人気キャラクターショー、B級グルメフェスなどの催しが満載で、一日中楽しめます。
お楽しみ抽選会やバザーなども行われます。

問合せ先:ラブリバー撥川ネットワーク TEL 093-642-1001

動く ひたひこウォーキング~春日神社神幸祭と炭坑ゆかりの地を巡るウォーキング~

2017年5月27日(土) 受付8:30~、ゴール15:00まで
田川市/受付:JR田川伊田駅

炭都として栄えたまち田川には、今でも炭坑に関連する建物や風景などが数多くあります。初夏の風物詩、春日神社神幸祭とともに、田川の歴史や文化を堪能してみませんか。

【コース】 JR田川伊田駅→ 篠原茶舗→ 味の番頭田蔵→ 割烹あおぎり→ 田川市石炭・歴史博物館→ 三井寺(平等寺)→ 鷹羽橋→ 春日神社→ 後藤寺商店街→ JR田川後藤寺駅
【参加料】 無料  *事前申込不要

問合せ先:田川市建設経済部 たがわ魅力向上課 TEL 0947-44-2000
詳細は・・JR九州ウォーキングWebサイト

見る 香月・黒川ほたる祭り

香月・黒川ほたる祭り

2017年5月27日(土)~28日(日) 19:00~22:00
北九州市/黒川一帯(八幡西区)

5月下旬から6月上旬にかけて、八幡西区香月地区を流れる黒川の石坂橋から梅崎橋付近は、約5,000匹のゲンジホタルが飛び交います。
祭り期間中は露店の出店などで賑わいます。
*金水橋から石坂橋迄の両岸は交通規制が行われます。

問合せ先:北九州市立香月・黒川ほたる館 TEL 093-618-2727

祭り 春日神社神幸祭

春日神社神幸祭

2017年5月27日(土)~28日(日)
田川市/春日神社、田川後藤寺駅周辺

国指定重要無形民俗文化財「豊前神楽」の一つであり、400余年の歴史を持つ岩戸神楽が奉納され、春日神社の周辺を神輿や女神輿、各地区の山笠が勇壮に駆け抜けます。

問合せ先:田川市建設経済部 たがわ魅力向上課 TEL 0947-44-2000

見る アクロス福岡 匠ギャラリー 「上野焼~心を癒す光と影」 

2017年5月30日(火)~6月4日(日) 10:00~18:00(最終日16:00まで)
福岡市/アクロス福岡2階 匠ギャラリー(中央区)

繊細な透かし彫りによる光と影が魅力のランプシェード。抽象的絵画を思わせる模様や、桜の花びらが舞う模様など、美しい幻想的な世界が広がります。上野焼の伝統と技術を受け継いだ、心安らぐ作品をお楽しみください。

【体験】フリーカップの絵付け体験/1,000円
    *作品は焼成後、着払いにてご自宅にお送りします。

問合せ先:アクロス福岡文化観光情報ひろば TEL 092-725-9100
ご参考・・アクロス福岡Webサイト

見る 九州歴史資料館 推定金光寺跡出土品福岡県新指定記念特集展示
  「骨を蔵(おさ)める-古代・中世の火葬骨壺-」

火葬骨壺

2017年5月30日(火)~7月23日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第1展示室

観世音寺の49の子院のひとつと考えられている推定金光寺跡では、寺の堂舎と見られる礎石建物や庭園跡など、14~16世紀に位置づけられる遺構が確認されました。背後には遺体の火葬所や、遺骨を埋葬した墓も見つかっており、特に出土した骨壷5点は、15世紀の室町時代の当時でも、たいへん貴重であった貿易陶磁です。今回、新たに県指定文化財になったことを記念して、一挙に公開します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)
       *中学生以下、満65歳以上の方、障がい者とその介護者1名は無料
       *土曜日は高校生も無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

見る 九州歴史資料館 特集展示「懐かしの旧福岡県庁(仮)

旧福岡県庁

2017年5月30日(火)~7月23日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第1展示室

福岡県庁はかつて、福岡市天神に建てられていました。大正時代に建てられ、昭和時代後期まで、県民と共に歩んだ建物です。本展ではこの懐かしの旧福岡県庁について、図面や絵葉書、そして模型でご紹介します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)
       *中学生以下、満65歳以上の方、障がい者とその介護者1名は無料
       *土曜日は高校生も無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

 第30回 八女上陽ホタルと銘茶まつり 

八女上陽ホタルと銘茶まつり

2017年5月31日(水)~6月7日(水)  *バザー・イベント日=6月3日(土)~4日(日)
八女市/ほたると石橋の館(上陽町)

平成24年の豪雨災害により、ホタルの幼虫や餌となるカワニナが流されてしまい、ホタルの数が減少してしまいました。しかし、地元の方々の活動により、少しずつホタルが戻りつつあります。今まで皆様に楽しんでいただいた「幽玄なホタルの群生」を見るにはまだ時間はかかりますが、各種催しを準備してみなさまのご来場をお待ちしております。
また、上陽町はホタルの名所でもあり、また、福岡県域規模では唯一の茶品評会である「福岡県茶共進会」の玉露部門・煎茶部門では年間上位入賞者を出すほどの八女茶・上陽茶の産地でもあります。
期間中は、そうした上陽町の誇る「ホタル」と「茶」を楽しめるとともに、イベント日にはバザー・ステージイベントも開催されています。

問合せ先:同実行委員会事務局(上陽支所建設経済課内) TEL 0943-54-2219

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。
 現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る