福岡のイベント・祭り情報 

2017年10月~11月

ふくおかサポートねっと

2017年10月

 くるめ食の八十八ヶ所巡礼の旅 遍路その八

2017年3月25日(土)~10月31日(火)
久留米市/各参加店舗

ご当地グルメの達人が特別に企画したお店を巡るツアー。軒数に応じて景品がもらえます。

【参加店のジャンル】
1.麺類(ラーメン、うどん、ちゃんぽん、パスタなど)
2.ごはんもの(定食、どんぶり、カレーなど)
3.鉄板料理(ぎょうざ、お好み焼き、焼きそば、たこ焼きなど)
4.焼きとり、居酒屋
5.甘味、喫茶、パスタ、ピザ

問合せ先:B級グルメの聖地久留米実行委員会事務局(久留米商工会議所内)  TEL 0942-33-0214

見る 芦屋歴史の里 企画展「引き札展」

2017年7月19日(水)~11月26日(日)
芦屋町/芦屋歴史の里

ポスター・チラシの源流で、伝統的絵柄の美しい印刷物「引き札」を展示します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:00~17:00(入館は16:30まで)
【入館料】   大人200(100)円、小学生100(50)円、未就学児無料
       *( )内は15人以上の団体料金

問合せ先:芦屋歴史の里(芦屋町教育委員会) TEL 093-222-2555
ご参考・・芦屋町Webサイト

見る 筑前町立大刀洗平和記念館 企画展「少年飛行兵と予科練生」

筑前町立大刀洗平和記念館 企画展「少年飛行兵と予科練生」

2017年7月22日(土)~12月13日(水)
筑前町/筑前町立大刀洗平和記念館

戦中、優秀な航空機搭乗員の早期育成のため若年のうちから教育する制度が設けられ、厳しい訓練が行われていました。
少年飛行兵(陸軍)は約4万5千人、予科練生(海軍)は約24万人を数えましたが、航空特攻において前者は約430人、後者は約1,600人が命を落としています。
大空に憧れを抱いて軍に志願し、航空機搭乗員を目指した少年たち。今に残る資料から「少年飛行兵と予科練生」の存在と軌跡を伝え、二度とこのような悲劇が繰り返されないよう後世に語り継ぎます。

【開館時間】 9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】  会期中無休
【入館料】  大人500円、高校生400円、小中学生300円
       *15名様以上団体割引(各100円引)
       *障がい者割引あり

問合せ先:筑前町立大刀洗平和記念館 TEL 0946-23-1227
詳細は・・筑前町立大刀洗平和記念館Webサイト

見る 久留米市美術館 「じっと見る ブリヂストン美術館収蔵作品より」

関根正二《子供》

関根正二《子供》1919年 ブリヂストン美術館蔵

2017年7月29日(土)~11月5日(日)
前期=7月29日(土)~9月24日(日)、後期=9月28日(木)~11月5日(日)

久留米市/久留米市美術館 本館2階

本展では、画家・彫刻家が時に厳しく、時に悩み、時に楽しく、時に静かにじっと見つめて熱心に表現したものを、「人物」「自然」「馬」「静物」「都市」「見えないもの」の6つのグループに分けてご紹介します。ギリシア陶器から日本と西洋の近現代美術まで、石橋財団の幅広いコレクションより約130点を展示します。

<展示構成>
人物(第1、2、3室)
画家の自画像、ロダン、ムアの彫刻家による人物表現に始まり、ルノワール、ローランサン、モディリアーニ(後期)、藤島武二、藤田嗣治、岡田三郎助、安井曾太郎など特長的な肖像画をめぐり、山下新太郎、岸田劉生、関根正二らの子どもの名作を展示します。
自然(第4室)
コローの「森」、岡鹿之助の「雪」、酒井抱一(前期)やエミール・ガレの「植物」、モネ、シスレー、藤島武二の「水」の風景などを展示します。
馬(第5室)
古今東西、古来より人間の営みの近くにいた馬のさまざまな表情を、エトルリア《泉水に向かう二頭の馬》、中国の《三彩馬》、マリノ・マリーニ、坂本繁二郎など東西の作品を集めます。後期には、ゴーガン《馬の頭部のある静物》やピカソ《馬》が加わります。
静物(第6室)
セザンヌ、デュフィ、ピカソ、安井曾太郎、梅原龍三郎、坂本繁二郎。そして浜口陽三など。野菜や果物といった、どこにでもある身近な題材を扱いながら、画家たちがそれぞれ独特の技法を生み出していることに注目します。
都市(第7室)
長くパリで活動した藤田嗣治、岡鹿之助。またユトリロ、およびその影響も受けてパリを描いた佐伯祐三。フランスを代表する銅版画家シャルル・メリヨンと梅原龍三郎によるノートルダム大聖堂によりパリを。ゲオルゲ・グロッスにより両大戦間のベルリンを。猪熊弦一郎により戦後のニューヨークを紹介します。
見えないもの(第8室)
エジプトの神々、ギリシャ神話、が描かれた古代美術。聖書に由来するレンブラント、ルオーらの作品。そしてさまざまなモチーフを切り貼りし、独自の世界観を表す古賀春江を展示し、写実によらない画家たちのまなざしを紹介します。

【休館日】  月曜日 *ただし、8月14日、9月18日、10月9日は開館
【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
【観覧料】  一般1,000円(800円)、65歳以上700円(500円)、大学生500円(300円)
       高校生以下無料、前売券600円
       *( )内は15名以上の団体料金
       *上記料金にて、石橋正二郎記念館もご覧いただけます。

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131
ご参考・・久留米市美術館Webサイト

【関連イベント】
ギャラリートーク
【日時】 毎週土曜日(9月23日、9月30日、10月7日を除く)、日曜日 14:00~14:20
【会場】 本館2階エントランス
【料金】 無料 *ただし、本展覧会のチケットが必要

グルメ 朝倉の梨狩り

2017年8月上旬~10月下旬
朝倉市/秋月観光りんご・なし狩り園

出かけて応援! 食べて応援!
朝倉は果物の産地として知られています。澄んだ空気と豊かな水、降り注ぐ太陽の光、そして作り手の愛情が、おいしい果物を育てます。
7月の豪雨被害のなかでも頑張っている朝倉市で、梨狩りをお楽しみください!

秋月観光りんご・ナシ狩り園 TEL 0946-25-1933

問合せ先:あさくら観光協会  TEL 0946-24-6758

動く フルーツ王国開国

フルーツ詰合せ

2017年8月2日(水)~
うきは市/道の駅 うきは

フルーツ王国うきはに今年もフルーツ狩りの季節がやってきました。ぶどう、梨、柿と続くフルーツ狩りが始まります。 皆様お誘いの上、ぜひお越しください。

問合せ先:うきは市観光協会 TEL 0943-77-5611
ご参考・・道の駅うきはWebサイト

 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
ぶどう狩り・梨狩り
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

グルメ 朝倉のりんご狩り

2017年8月中旬~11月下旬
朝倉市/朝倉地区

出かけて応援! 食べて応援!
朝倉は果物の産地として知られています。澄んだ空気と豊かな水、降り注ぐ太陽の光、そして作り手の愛情が、おいしい果物を育てます。
7月の豪雨被害のなかでも頑張っている朝倉市で、りんご狩りをお楽しみください!

アップルランド果樹園 TEL 0946-52-0374
林檎と葡萄の樹 TEL 0946-52-0913
秋月観光りんご・ナシ狩り園 TEL 0946-25-1933

問合せ先:あさくら観光協会  TEL 0946-24-6758

グルメ いちじく狩り

いちじく狩り

2017年8月10日(木)~11月中旬  9:00~17:00
久留米市/2軒のいちじく園(田主丸町)

歳月をかけて取り組んできた自然農法・無農薬栽培の美味しいいちじくが、町内2箇所の農園で楽しめます。
いちじくの原産地はアラビアで、アダムとイヴの物語にも登場し、紀元前三千年頃から栽培される不老長寿の果物として知られています。「無花果」の名のごとく実の中に無数の白い花を咲かせます。いちじくには夏果と秋果があり赤褐色に色づき、頭が割れたものが食べごろとなります。バナナやごぼうの3倍といわれる食物繊維(ペクチン)を含み、消化促進、便秘解消などに効き、世界中で薬として珍重されてきました。最近ではガン抑制成分が含まれることもわかってきています。

◆エコファームよこみぞ園=1キロ1,500円(ドーフィン・ほうらい・バナーネ)
◆星光ファーム旬=8/10~31 1キロ1,200円、9/1~終了まで 1キロ1,000円(ドーフィン)  

問合せ先:公財)久留米観光コンベンション国際交流協会 田主丸事務所 TEL 0943-72-4956

 泊りがけで、出かけませんか。

一棟貸別邸 満天の庭(ペット可)
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。
 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
いちじく狩り(星光ファーム)
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 有馬記念館 「大名有馬家臣団Ⅱ‐家臣の家と古文書‐」

2017年8月19日(土)~10月30日(月)
久留米市/有馬記念館(篠山町)

大名家臣の家には、家筋や来歴を示す系譜、主君から与えられた文書、職務に関する記録などが伝来しています。そうした古文書をもとに、有馬家家臣の家とその歴史を紐解きます。

【休館日】   火曜日(祝日の場合翌日)
【開館時間】  10:00~17:00 *入館は16:30まで
【料金】    高校生以上200円(150円)、小中学生100円(50円)
       *( )内は15名以上の団体料金
       *毎週土曜日は高校生以下無料

問合せ先:公財)有馬記念館保存会事務局 TEL 0942-39-8485
詳細は・・有馬記念館Webサイト

動く 中間市フェア「新なかま展なかまさんじょう!!」

2017年9月13日(水)~10月20日(金) 平日8:30~17:15
福岡市/福岡県庁11階 福岡よかもんひろば(博多区)

中間市をPRする「新なかま展なかまさんじょう!!」。
期間中は、フットパス、世界遺産、中間市で活躍されている人の紹介等を行い、同フロアにあるレストランでは、中間市の学校給食レシピを再現したメニューが登場します。
開催初日の9月13日(水)は、同会場でシトラススノーによるミニコンサートが行われます。
皆様、ぜひご来場下さい。

問合せ先:中間市総合政策部 世界遺産推進室 観光政策係 TEL 093-245-4665

動く 水辺のくに博覧会~見つかる。感じる。好きになる。

水辺のくに博覧会

2017年9月23日(土)~12月7日(木)
中間市・芦屋町・水巻町・岡垣町・遠賀町/

遠賀・中間地域の1市4町(中間市・芦屋町・水巻町・岡垣町・遠賀町)と福岡県で構成する遠賀・中間広域連携プロジェクト推進会議では、地域の魅力を体験していただく、「水辺のくに博覧会」を開催します。今年は新たなプログラムの担い手が加わり、食、自然、ものづくり、スポーツなど、まだ知られていない遠賀・中間地域の魅力を発見できる59のプログラムを集めることができました。昨年好評だったプログラムもパワーアップして登場し、ますますにぎやかになってきました。水辺のくにで皆様をお待ちしています!
料金や定員等は、プログラムごとに異なりますので、詳細はHPをご確認ください。
*9/19(火)10:00から受付開始

プログラムのお問合せは、各お申込み先にお尋ねください。
その他問合せ先:福岡県企画・地域振興部 広域地域振興課 TEL 092-643-3210
詳細は・・福岡県Webサイト

見る 九州歴史資料館 企画展 「発掘成果展2017 五ヶ山-山のくらし、いのり、そして埋蔵銭-」

埋蔵銭と墨書土器

埋蔵銭と墨書土器

2017年9月26日(火)~12月24日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第2・4展示室

毎年、発掘調査の最新成果を速報で展示する発掘速報展、今回は那珂川町の五ケ山ダム建設関係の調査成果を取り上げます。発掘調査と民俗調査によって得られた成果の中で、最も豊富な内容をもつ中近世をテーマに、埋蔵銭や巨石祭祀、中世館跡の展示のほか、お茶生産の故地であったことなど、当時の「くらしといのり」について紹介します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】   無料

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

動く  ホテル日航福岡 歴史と文化と食材の島「秋の対馬フェア」

歴史と文化と食材の島「秋の対馬フェア」

2017年9月29日(金)~10月31日(火)
福岡市/ホテル日航福岡(博多区)

ホテル日航福岡の全レストラン・バーにて対馬の食材をふんだんに使用した料理が楽しめる、秋の対馬フェアを開催します。9月29日(金)15:30~16:10には本館1Fメインロビーにて、つしまソムリエの「王 理恵」さんをお迎えしてオープニングイベントを予定しています。

問合せ先:一社)対馬観光物産協会  TEL 0920-52-1566
ご参考・・ホテル日航福岡Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

ホテル日航福岡
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 九州芸文館 「鉄道の日展2017」

九州芸文館 鉄道の日展

2016年9月30日(土)~10月15日(日)
筑後市/九州芸文館

鉄道の日に絡めた企画を中心に、子ども達も楽しめるイベントです。
見どころはダンボール工芸家・島英雄氏が制作する、蒸気機関車C62(原寸大段ボール模型)の展示です。その他には動く鉄道模型の展示、旧矢部線・旧佐賀線写真展、船小屋今昔写真展などが予定されています。
*9/28(木)、9/29(金)は段ボールSLの公開組立が行われます。
*10/8(日)、10/9(月・祝)はミニSLがやってきます。(乗車料100円)

【開場時間】 10:00~17:00 *入場は16:30まで
【休館日】  10月2日(月)、10日(火)
【入場料】  大人300円、小人100円  

問合せ先:九州芸文館 TEL 0942-52-6435
ご参考・・九州芸文館Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

船小屋温泉 ホテル樋口軒 国民宿舎 筑後船小屋 公園の宿
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 北九州市立小倉城庭園 10月のイベント

団子をなくしたおばあさん

The Old woman who lost her dumpling(団子をなくしたおばあさん) 梅花女子大学図書館蔵

2017年10月
北九州市/北九州市立小倉城庭園

梅花女子大学図書館コレクション ちりめん本の魅力 ~文章を彩る挿絵~
明治の頃、日本の昔話を様々な言語に翻訳し、さらに美しい挿絵を加え、海外の人々に人気を集めたちりめん本。その魅力を紹介します。
【日時】 9月16日(土)~11月23日(木・祝)
=関連イベント=
ちりめん本にまつわる落語&歌
【日時】 10月15日(日)14:00~15:30
【噺家】 川崎亭好朝&カナリヤ婦人会
【演目】 「ももたろう」「頭山」など
(有料、先着30名 *要申込、9/15より受付)
作品解説
【日時】 10月21日(土)14:00~14:30
(申込不要)

十六夜庭園 ~夜間特別開園~
園内各所をライトアップし、書院から見る日本庭園では音楽に合わせて幻想的な灯りで魅了します。
【日時】 10月14日(土)・15日(日)18:00~20:30 (最終入館は20:00)
(有料、呈茶付 *予定)
【開館時間】 4月~10月まで9:00~18:00 (受付は閉館30分前まで)
【入館料】  一般300円、中高生150円、小学生100円

問合せ先:北九州市立小倉城庭園 TEL 093-582-2747
詳細は・・北九州市立小倉城庭園Webサイト

動く 平尾台自然観察センター 10月のイベント

平尾台

2017年10月
北九州市/平尾台自然観察センター(小倉南区)

フォトクラブ「華蓮」写真展
写真家・児島宏氏が率いるフォトクラブ「華蓮(かれん)」の写真展。 季節ごとに移り変わる平尾台の様々な表情を楽しめます。
【日時】 10月1日(日)~29日(日)
晩秋の野草観察会
ウメバチソウなど、晩秋の野草を観察しながらハイキング。
【日時】 10月29日(日) 9:30~15:00 *小雨決行
【対象】 小学生以上 *中学生以下は要保護者同伴
(無料、30名、要事前申込。申込多数の場合は抽選)
【参加申込締切】 10月19日(木)必着
【開館時間】 9:00~17:00
【休館日】  月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始 ただし夏休み期間中は無休
【入館料】  無料

問合せ先:平尾台自然観察センター TEL 093-453-3737
詳細は・・平尾台自然観察センターWebサイト

動く 平尾台自然の郷 10月のイベント

平尾台

2017年10月
北九州市/平尾台自然の郷(小倉南区)

ヒーローショー
本格アクション! 福岡のご当地ヒーロー登場
【日時】 10月22日(日)11:00~11:30、14:00~14:30
【開館時間】 9:00~17:00 (12月~2月は10:00~16:00)
【休館日】  火曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始
【入園料】  無料

問合せ先:平尾台自然の郷 TEL 093-452-2715
詳細は・・平尾台自然の郷Webサイト

 コスモス園

コスモス園

2017年10月上旬~中旬
水巻町/遠賀川河川敷

遠賀川河川敷を中心にいたるところにコスモスが咲き誇り、水巻がもっとも美しい“花の都”になる10月。
花の鑑賞、ウォーキング、ピクニックなどが楽しめる「コスモス園」に、家族や友人とふらっと出かけてみませんか。

問合せ先:水巻町産業環境課 環境係 TEL 093-201-4321

動く 筑後製麺所食べめぐり 

2017年10月1日(日)~31日(火)
久留米市、うきは市/田中の麺家(久留米市)、 小林製麺工業 ・ちくご手作り村(うきは市)

作りたて、自慢の麺をその場で美味しく食べていただきたい!
昔から麺作りがさかんな筑後地方。なかでも直営店舗を営む製麺所3店舗が、「出来たての美味しい麺をその場で食べていただきたい!」という想いで企画した贅沢なイベントです。ぜひ各店舗自慢の麺をお召し上がりください。
スタンプラリーも同時開催!

問合せ先:田中の麺家 TEL 0942-62-2014(久留米市城島町六町原795 )
     小林製麺工業  TEL 0943-77-2249(うきは市浮羽町古川989 )
     ちくご手作り村 TEL 0943-75-2153(うきは市吉井町191-3)

動く 第13回 久留米まち旅博覧会

久留米まち旅博覧会

2017年10月1日(日)~11月30日(木)
久留米市内と定住広域圏(小郡市、大川市、うきは市、大刀洗町、大木町)

久留米まち旅博覧会は、地元に暮らす人が手作りした体験交流型の旅プランです。
6つのテーマからなる80のプログラムをお楽しみいただけます。●出会うは美とその心 芸術のまち旅 ●美しきものづくり 伝統の技のまち旅  ●太古から今へ 繋がりゆく歴史のまち旅  ●美味しくて幸せいっぱいな 農のまち旅  ●地酒に店々の至福の味 グルメなまち旅  ●知恵が何より これからも健やかなまち旅
その道の「通」がご案内する「まち旅」は、毎回大好評! 毎回人気のプログラム●梅林寺で一日修行僧となる 本格坐禅体験  ●世界のブリヂストン 社長室から社食まで特別な社会科見学  ●田舎遊びと石釜ピザにぺったん餅つき、などのほか、今回も、ここでしかできない体験が待っていますよ! この秋、素敵な久留米をご体験ください。

問合せ先:同事務局 TEL 0942-31-1730
ご参考・・まち旅Webサイトへ、公式ブログへ、公式facebook

 泊りがけで、出かけませんか。

久留米ホテル エスプリ ホテルマリターレ創世 久留米 旅館 錦水
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 九州歴史資料館 パネル展 「日本列島の城」

2017年10月3日(火)~12月17日(日)
小郡市/九州歴史資料館 文化情報広場

日本列島には現在でも、多くの城が残されており、天守閣をもついわゆる近世城郭が著名ですが、その他にも北海道の「チャシ」や沖縄県の「グスク」など、多様な城が築かれてきました。こうした日本列島の城は、日本の土木・建築の歩みと、その城が築かれた土地の歴史を伝える、貴重な文化遺産です。今回の展示では、同時期に開催する企画展「福岡県の城―戦国乱世の城から幕藩体制の城へ―」にあわせて、西谷正名誉館長が撮影された日本列島各地の城を、写真パネルや分布図で紹介します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】   無料

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

 キリンビール福岡工場 コスモスフェスタ2017

キリン花園のコスモス

2017年10月7日(土)~11月5日(日)
朝倉市/キリンビール福岡工場 キリン花園

広大な土地にコスモス約1,000万本が咲き乱れます。キリン花園は手入れが行き届き、一度訪れた人はあまりの見事さに、何度も訪れるほどすばらしいと言われ、多くの見学者で賑わいます。
期間中はフードエリアや物販販売、情報発信エリアを設置すると共に、近隣市町村や地元観光協会などとの協同イベントや、JAとのコラボレーションによる地域新鮮野菜類の展示即売会、イベント等を行います。
*キリンビール福岡工場では工場見学も可能(要予約)
*見頃は10月中旬~下旬

問合せ先:キリンビール福岡工場(総務広報) TEL 0946-23-1111
ご参考・・キリンビール福岡工場Webサイト

 柿狩り

柿狩り

2017年10月7日(土)~11月下旬 9:00~17:00 *状況次第で変動
久留米市/観光柿園9軒(田主丸町)

田主丸町の柿は耳納山の麓に広がる農園で栽培され、県下で初めて栽培された「富有柿」などがあります。柿の美しさ、甘さは古来から歌に読まれるほどの歴史があります。柿は、1個に約1日分のビタミンCを含み、その色はベータカロチンによるもので、古来から「柿が赤くなれば医者が青くなる」といわれています。血圧を下げるタンニンやカリウムを含み疲労回復、かぜの予防、老化防止や二日酔いに効果があるといわれており、柿若葉に柿紅葉と目を楽しませてくれる柿の葉も、ビタミンC・Kを大量に含み、木陰にいるだけで効き目があるといわれています。品種については、「西村早生」「伊豆」や1個が500グラムほどにもなる「太秋」なども栽培されています。

【料金】 1キロ当たり550円(観光コンベンション田主丸事務所調べ)
     *料金は各農園で設定しています。

問合せ先:久留米観光コンベンション国際交流協会 田主丸事務所 TEL 0943-72-4956

 泊りがけで、出かけませんか。

一棟貸別邸 満天の庭(ペット可)
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 九州歴史資料館 企画展「大宰府を探るサイエンス」 

宝亀十一年具注暦断簡赤外線写真

宝亀十一年具注暦断簡赤外線写真

2017年10月7日(土)~12月3日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第1展示室

約50年にわたる大宰府史跡の調査では、発掘と同時に全国的に先駆けて科学的手法による調査研究が進められてきました。
本展覧会は、X線CTスキャン等、最新の科学機器を駆使して大宰府の出土資料を科学の眼で調査・検討し、古代大宰府の実像に迫るものです。これまでとは違う、「科学」という新しい視点によって、大宰府を検証します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】  第1・3展示室のみ有料
       一般200円(150円)、高大生150円(100円)
       *中学生以下、満65歳以上の方、障害のある方とその介護者1名は無料
       *土曜日は高校生も無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

【関連イベント】
記念講演会「文化財の保存科学100年」
企画展「大宰府を探るサイエンス」の開催を記念し、奈良国立文化財研究所在職時から、高松塚古墳や藤ノ木古墳、平城宮跡をはじめとする史跡・国宝・重要文化財や、イースター島モアイ像など世界の遺跡・遺物の保存方法を開発、指導してきた講師に、文化財保存のはじまりから研究の最先端についてお話いただきます。
【日時】 11月3日(金・祝) 13:30~15:30
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【講師】 澤田正昭氏(東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター長・教授)
【定員】 先着160名(事前申込不要。11:00から整理券を配布し、13:00から番号順に入室。)
【料金】 無料

見る 九州歴史資料館 企画展「福岡県の城―戦国乱世の城から幕藩体制の城へ―」 

久留米城の絵図

久留米城の絵図(延宝八年製図久留米市街図(部分)久留米市蔵)

2017年10月7日(土)~12月3日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第1展示室

戦国時代の福岡県は、筑前の少弐氏、豊後の大友氏、肥前の龍造寺氏など周辺の戦国大名が覇権を争う一方で、秋月氏、宗像氏、草野氏など、各地に有力な国人領主が割拠する戦乱の地でした。また近世に至る過程では、小早川隆景、黒田孝高などの有力大名が登場し、最終的に福岡・小倉・久留米・柳川に四藩が成立しました。
それら戦乱の痕を示すかのように福岡県内に残されている、1,000か所前後もの中近世城館遺跡について、平成24年度から調査の成果と、出土資料、文献史料、絵図資料の展示を通じて、福岡県の中近世城館遺跡の全貌を紹介します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】  第1・3展示室のみ有料
       一般200円(150円)、高大生150円(100円)
       *中学生以下、満65歳以上の方、障害のある方とその介護者1名は無料
       *土曜日は高校生も無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

【関連イベント】
記念講演会「福岡県の城郭の研究のあゆみ」
福岡県内の中近世城館の調査研究を長年携わって来られた第一人者である講師に、福岡県の城郭研究のあゆみについて、研究草創期の思い出話や苦労話なども交えながら概観していただきます。さらに、「福岡県中近世城館遺跡等詳細分布調査」の成果について当館学芸員が解説、講師とのトークセッションも行います。
【日時】 11月5日(日) 13:30~16:00
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【講師】 廣崎篤夫氏(城郭研究者・名誉博士(歴史学))
【定員】 先着160名(事前申込不要。11:00から整理券を配布し、13:00から番号順に入室。)
【料金】 無料

グルメ 朝倉の柿狩り

2017年10月中旬~12月上旬
朝倉市/市内各所

出かけて応援! 食べて応援!
朝倉は果物の産地として知られています。澄んだ空気と豊かな水、降り注ぐ太陽の光、そして作り手の愛情が、おいしい果物を育てます。
7月の豪雨被害のなかでも頑張っている朝倉市で、柿狩りをお楽しみください!

・JA筑前あさくら杷木支店 TEL 0946-62-1795

問合せ先:あさくら観光協会  TEL 0946-24-6758

 旧伊藤伝右衛門邸 秋の企画展2017

旧伊藤伝右衛門邸 秋の企画展

2017年10月12日(木)~11月30日(木)
飯塚市/旧伊藤伝右衛門邸

旧伊藤伝右衛門邸は平成19年4月に一般公開を開始し、平成29年4月に開館10周年を迎えました。
今回の企画展では、福岡天神にあった伊藤家別邸「銅御殿」が落成した時の新聞記事や消失した時の新聞記事、また、「銅御殿」に飾られていた貴重な襖絵の写真、今は幻と帰した別府伊藤家別邸の写真や別府伊藤家別邸に残されていた伊藤家ゆかりの着物を展示するとともに、白蓮が愛用した姿見など貴重な品々を展示します。

【休館日】  期間中無休
【開館時間】 9:30~17:00(入館は16:30まで)
【観覧料】  一般 300円(240円)、小・中学生100円(80円)
       *( )内は20人以上の団体料金。土曜日は高校生以下無料
       *身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方は無料(受付で手帳をご提示ください)。また、手帳をご提示された方の介護者も無料となります。

問合せ先:飯塚観光協会 TEL 0948-22-3511

動く 第22回 上野焼秋の窯開き

2017年10月13日(金)~15日(日)
福智町/上野の里ふれあい交流会館(上野焼陶芸館)及び上野焼協同組合加入窯元
*「福智スイーツ大茶会」の会場は、福智町金田ドーム

福岡県に7つある経済産業大臣指定伝統的工芸品の一つである上野焼。
大好評だった昨年に引き続き、今年も町役場の協力を得て、14・15日の両日「福智スイーツ大茶会」を同時開催します。
上野焼の魅力を体感しに、ぜひお越しください。

問合せ先:上野焼協同組合 TEL 0947-28-5864

 泊りがけで、出かけませんか。

楠水閣 杜の七種
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

動く グリッピキャンペーン2017

グリッピキャンペーン

2017年10月14日(土)~15日(日)
福岡市/舞鶴公園西広場(中央区)

都市緑化月間(10月)に合わせて、「ひろげよう 育てよう みどりの都市」をテーマに「グリッピキャンペーン」を開催します。
市民の皆さんが花や緑にふれあい、親しんで、緑のまちづくりに興味を持つきっかけにしてもらうイベントです。
小中学生が制作した約400個の寄せ植えなどを展示した会場で、木登りやパークゴルフの体験、花や草木を使った体験講座などを行います。
また、14日(土)は、日頃より都市緑化にご貢献いただいている緑化功労者等への表彰式を行います。
*入場無料(一部有料)

問合せ先:福岡市都市緑化推進行事実行委員会事務局(公益財団法人福岡市緑のまちづくり協会)
     TEL 092-822-5832 FAX 092-822-5848
詳細は・・グリッピキャンペーンwebサイト

 九州 食の収穫祭in福津 2017

九州 食の収穫祭in福津 2017

2017年10月14日(土)~15日(日) 14日=10:00~17:00、15日=10:00~16:00
福津市/津屋崎漁港

九州の『うまい!』が、福津市の津屋崎漁港に大集合!海鮮、肉、ご当地料理などに加え、地元の水産物をつかった特別メニューの販売も行います。各地域自慢の「食」を思う存分お楽しみ下さい。

問合せ先:ふくつ観光協会 TEL 0940-42-9988
詳細は・・公式Webサイト

動く 第41回 春日奴国あんどん祭り

2017年10月14日(土)~15日(日) *小雨決行.
春日市/県営春日公園

  

問合せ先:春日市民祭り振興会 TEL 092-517-4613
詳細は・・公式Webサイト

 とんこつラーメン誕生祭 ~久留米で生まれて80年~

2017年10月14日(土)~15日(日) 11:00~17:00 *15日は16:00オーダーストップ
久留米市/久留米シティプラザ内 六角堂広場

昭和12年、久留米市の明治通りの屋台が九州で初めて「支那そば」と呼ばれたラーメンを売り出し、80年が経過した今、久留米で生まれたとんこつラーメンが、世界のラーメンの主流となりました。
誕生祭は、その生誕80年を発祥の地でお祝いしようという催しです。
10月14日、15日の2日間、六角堂広場に九州各地よりとんこつラーメンの銘店が集結し、人気のラーメンを提供します。

【イベント】 ・とんこつラーメンの販売(1杯600円予定)
       ・小石原焼ラーメンどんぶり販売

問合せ先:久留米商工会議所(地域振興課)  TEL 0942-33-0212

動く 王塚古墳秋の特別公開&王塚古墳まつりin桂川

王塚古墳秋の特別公開

2017年10月14日(土)~15日(日) 9:30~16:00
飯塚市/王塚古墳

王塚古墳と遠賀川流域の古墳が特別公開されます。
王塚古墳は装飾古墳として国の特別史跡第1号に指定された貴重な宝物です。壁画で有名な高松塚古墳やキトラ古墳より100年も前に「王塚古墳」は作られました。王塚古墳の壁画には、緑・赤・黄・白・黒の5色を使ってさまざまな文様が描かれています。
また、お祭り広場では「王塚古墳まつりin桂川」も同時開催! 体験コーナーや出店があります。
ぜひこの機会にご覧ください。
*王塚古墳は、壁画保存のため春(4月)と秋(10月)の年に2回のみ公開を行っています。
*桂川役場前からシャトルバスを運行していますので、ご利用ください。

【料金】古墳の見学は無料、古墳館=大人320円、中高生160円、小学生100円

問合せ先:王塚装飾古墳館 TEL 0948-65-2900
ご参考・・・王塚装飾古墳館茜Webサイト

花 石橋文化センター 秋のバラフェア2017

石橋文化センター 秋のバラフェア

2017年10月14日(土)~11月12日(日) 10:00~17:00 *月曜休館(庭園は年中無休)
久留米市/石橋文化センター(野中町)

石橋文化センターのバラは、春と秋に見頃を迎えます。
400品種2,600株のバラが彩る園内をゆっくりと散策いただき、ローズガーデンコンサートなどバラにちなんだイベントでバラを存分にお楽しみください。

メインイベント:10月21日(土)~22日(日)
10月14日(土)~11月12日(日)
 バラ苗販売・秋のバラフェア in 楽水亭
10月21日(土)、22日(日)
 ・ローズガーデンコンサートやガイドツアー
 ・バラの植え方、育て方デモンストレーション
 ・石橋文化センターたんけんたい! 
 ・坂本繁二郎旧アトリエ特別公開
10月21日(土)、22日(日)
 オープンカフェ&バザー
10月24日(火)~29日(日)
 第9回ローズフォトコンテスト入賞・入選作品展示
 *10月28日(土)・29日(日):写真教室「写真で楽しむ石橋文化センター」

問合せ先:石橋文化センター TEL 0942-33-2271(月曜休)
ご参考・・石橋文化センターWebサイト

動く 恋のくに企業祭めぐりスタンプラリー

恋のくに企業祭めぐりスタンプラリー

2017年10月14日(土)~11月23日(木・祝)
筑後市/市内各所

筑後市には優良企業がたくさん!
各社が開催する「企業祭」にお出かけして、3つのスタンプを集めると、抽選で企業オリジナルプレゼントなどが当たります。

【対象となる企業祭】
10月14日(土) 第3回ヤンマー建機感謝祭
 【場所】 ヤンマー建機株式会社(筑後市熊野1717-1)
10月29日(日) むぎむぎまつり2017
 【場所】 石橋工業株式会社(筑後市山ノ井141-1)
11月3日(金・祝) 恋ぼたる 秋の大収穫祭
 【場所】 川の駅船小屋恋ぼたる(筑後市尾島310)
11月12日(日) 第22回JA筑後地区農業祭り
 【場所】 JAふくおか八女筑後地区センター(筑後市上北島1217-1)
11月23日(木・祝) マルシェ・陽より子びよりこ(ひよりこびよりこ)
 【場所】 (株)武久・椎茸専門店陽より子(筑後市長浜1529)

問合せ先:筑後市観光協会 TEL 0942-53-4229
詳細は・・筑後市観光協会Webサイト

見る 特別展 「新・桃山展 -大航海時代の日本美術

新・桃山展

2017年10月14日(土)〜 11月26日(日)
太宰府市/九州国立博物館

本展覧会では、倭寇の船で来日したポルトガル人が鉄砲を伝えた1543年(または1542年)から、徳川幕府がキリスト教を禁じ、貿易統制を布いて「鎖国」を完成させた1639年までの約100年間に焦点を当て、「文化交流」という視点からこの激動の時代の美術を改めて見つめ直します。
この時期、世界に目を向ければ、大航海時代の先駆をつとめたポルトガルとスペインがアジアに到達して交易と宣教を推し進め、それに追尾する形でオランダやイギリスも東方貿易に参入しました。
本展覧会では、目まぐるしく変化する時勢と、人、モノの往来に対して異なる外交政策をとった当時の三人の天下人-織田信長、豊臣秀吉そして徳川家康-を各章の案内役にすえ、彼らの時代を彩った名宝を、対外交流という観点から新たに見直します。
<展示構成>
第一章 アジアの海と信長の覇権
16世紀半ばの遣明使の終焉に伴い、次第に西日本の大名や海賊の後期倭寇による私的貿易が盛んになりました。特に東南アジアへのルートに進出した倭寇は、当時の海域交流の主役となり、1543年に鉄砲を伝えたポルトガル人は倭寇の船で種子島に到来し、1549年にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルも密貿易を行う中国の船に乗り鹿児島へ上陸しました。織田信長(1534-82))はキリスト教に寛容で、その信仰も各地に広がり、1582年に九州のキリシタン大名が天正遣欧使節をローマ教皇のもとへ派遣した際の贈り物には、信長が狩野永徳(1543-90)に描かせた「安土城図屏風」が含まれていました。
第二章 秀吉の世界への眼差し
織田信長の没後、豊臣秀吉(1537-98)が覇権を握った十数年は、短い歳月ではありましたが、日本美術の歴史の中でも最も稔り(みのり)豊かな黄金時代でした。狩野永徳の檜図屏風(国宝)や長谷川等伯(1539-1610)の松林図屏風(国宝)など絢爛豪華な屏風絵や、千利休(1522-91)の美意識が生み出した茶陶が、桃山文化の気風を今に伝えてくれます。
秀吉は1587年に筑前国箱崎でバテレン追放令を出し、1597年には秀吉の指示により長崎で26人のキリシタンが殉教するなど、キリスト教を排斥。また、天下を統一し海外を目指した秀吉は、この世紀最大の戦争である文禄・慶長の役(1592~93、1597~98)で名護屋城から朝鮮に攻め入りました。
第三章 徳川幕府と「鎖国」への道
1598年、秀吉が死去し、朝鮮への出兵は終結。徳川家康(1542-1616)は、早くも翌年に朝鮮との国交回復交渉に着手し、1607年に使節の来日が実現しました。また、家康は東南アジア諸国との通商を求めて、朱印船貿易を開始。豊後国臼杵に漂着したオランダ船の乗務員であった、イギリス人航海士のウィリアム・アダムス(三浦按針、1564-1620)を外交顧問に登用し、オランダ・イギリスにも門戸を開きました。こうした政策が功を奏し、諸外国の多彩な文物が日本にもたらされました。
しかし、1612年に駿府でキリスト教の禁令が出され、その弾圧は全国へ拡大。そのころ頂点を極めた南蛮美術も姿を消してゆきました。同時に幕府は出入国の禁止や貿易統制の強化を図り、1639年の「鎖国」完成への道を踏み出しました。

【休館日】  毎週月曜日
【開館時間】 日曜日・火曜日~木曜日=9:30~17:00(入館は16:30まで)
       金曜日・土曜日=9:30~20:00(入館は19:30まで)
【観覧料】  一般1,600円(1,400円)、高大生1,000円(800円)、小中生600円(400円)
       夜間割引料金:一般1,400円、高大生800円、小中生400円
       (夜間開館当日午後5時以降に当館内券売所で販売。
        夜間割引料金で購入されたチケットで17時以前に入場することはできません。)

       *( )内は前売りおよび団体料金(有料の方が20名以上の場合)。
       *上記料金で九州国立博物館4階「文化交流展(平常展)」もご観覧いただけます。
       *障がい者手帳等をご持参の方とその介護者1名は無料です。
        展示室入口にて障がい者手帳等をご提示ください。
       *満65歳以上の方は前売り一般料金でご購入いただけます。
        券売所にて生年月日がわかるもの(健康保険証・運転免許証等)をご提示ください。
       *小中生、高大生は学生証をご提示ください。
       *キャンパスメンバーズの方は団体料金でご購入いただけます。
        券売所にて学生証、教職員証等をご提示ください。

問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(8時~22時)
詳細は・・九州国立博物館Webサイトへ、公式Webサイト

【関連イベント】
リレー講座 「大航海時代の世界と日本」
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【定員】 先着280名(事前申込不要、当日受付)
【料金】 無料 *本展観覧券もしくは半券の提示が必要
<第1回>【日時】 10月21日(土) 14:00~15:30
     【講師】 鷲頭 桂(九州国立博物館主任研究員)「南蛮美術とビオンボ」
          酒井田千明(九州国立博物館研究員)
              「陶磁器に見る文化交流 - 大航海時代がもたらしたもの」
<第2回>【日時】 10月28日(土) 14:00~15:30
     【講師】 松浦晃佑(九州国立博物館研究員)「諸史料に見る『安土城図屏風』」
          伊藤嘉章(九州国立博物館副館長)「桃山の茶陶 - 茶碗を中心に - 」

「黄金の茶室」特別展示
秀吉の美の極致、豪華絢爛な 「黄金の茶室」(復元品・京都市蔵)が九博に登場!
【日時】 10月13日(金)~11月26日(日)
【会場】 九州国立博物館1階 エントランスホール

動く ちくごシアワセ女旅 2017-秋冬版- vol.8

ちくごシアワセ女旅

2017年10月14日(土)~2018年2月24日(土)
筑後市/筑後市内

ちくごシアワセ女旅は、普通なら通り過ぎてしまう「筑後市にある素敵な"ひと""もの""風景"と観光客をつなぐ」をコンセプトに、筑後のいいものを詰め合わせた体験プログラムです。
上記期間中に9プログラムを開催します。
ちくごの「いいもの。」詰め合わせ。ちくごシアワセ女旅だけの、特別体験はいかがですか?
皆様のご参加、お待ちしています!(申し込み日は、公式HPにてご確認ください)

【プログラム】
●10月14日(土)/お月見ヨガ~お月さまに届け!~
●10月15日(日)/地元食材「大豆」づくしの日*~おもてなしランチをいただきます!~
●10月29日(日)/幸せを運ぶ多肉女子会しませんか?~マイ寄せ植え体験~
●12月9日(土)/日本庭園で 茶・ちゃ・Cha !! ~お茶の淹れ方+茶殻の活用法とは?~
●1月20日(土)/世界に一つ!大切な人におくる久留米絣を使った革のコインケース作り
●1月27日(土)/野菜ソムリエproが教えるパーティーメニュー
~インスタ映え間違いなし!野菜と果物の可愛いカッティング技術&チョコベジ~
●1月28日(日)/海苔活で恋勝!~バレンタインに作りたいインスタ映えする飾り巻きレッスン~
●2月11日(日・祝)/「あの」恋木神社で巫女体験!~思いを込めたお守り作りで恋愛運UP~
●2月24日(土)/「焼酎初心者におすすめ!酒蔵直伝おいしいお酒の飲み方」

問合せ先:ちくご恋たびプロジェクト委員会事務局(筑後市観光協会内) TEL 0942-53-4229
詳細は・・ちくごシアワセ女旅Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

船小屋温泉 ホテル樋口軒 国民宿舎 筑後船小屋 公園の宿
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

 山家岩戸神楽

山家岩戸神楽

2017年10月17日(火) 13:00~16:00
筑紫野市/山家宝満宮

筑紫野市の無形民俗文化財に指定されている山家宝満宮(やまえほうまんぐう)の山家岩戸神楽(やまえいわとかぐら)は450年の伝統を持つ、幻想的な神楽舞です。
この神楽は山家岩戸神楽保存会により毎年10月17日の宮座の日に境内の神楽殿で奉納され、五穀豊穣を祈願・感謝する祭りです。
演目18番は神供・祝詞・手草・敷蒔・天神・両刀・榊舞・御弓・高処・四神・荒神・荒振神・事代・笹舞・問答鬼・神相撲・磯羅・天岩戸です。

問合せ先:山家宝満宮 TEL 092-926-1459

見る 映画 「人生フルーツ」

2017年10月18日(水) 10:30~、13:30~、16:30~
宗像市/宗像ユリックス

2016年/日本
(出演:津端修一、津端英子 他)

「名古屋近郊の高蔵寺ニュータウンに夫婦で50年間暮らす90歳の夫・修一さんと、87歳の妻・英子さんの津端夫婦。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。
夫婦で手掛ける庭は、四季折々70種の野菜と50種の果実が実り、英子さんの手で美味しいごちそうとなり食卓を彩る。戦後から高度経済成長、そして現在へゆっくり、コツコツ、ふたりで時をためてきた津端夫婦の人生から、本当の豊かさを見つめなおす。
2016年3月、東海テレビにより放送されたドキュメンタリー作品を映画化。

【料金】 前売/一般900円、当日/一般1,000円、会員700円、未就学児入場不可

問合せ先:宗像ユリックス TEL 0940-37-1311
詳細は・・宗像ユリックスWebサイトへ、公式Webサイト

 王子神社秋祭り (しりかかえ)

2017年10月19日(木)
朝倉市/王子神社

「しりかかえ」とは胴上げの事で、賑わい興し。秋祭りを取り仕切る座元交代行事で、直会(なおらい)の後お謡があげられ盃を回し胴上げを行います。

問合せ先:王子神社 TEL 0946-22-5893

 みかん狩り

2017年10月下旬~11月下旬 9:00~17:00 *状況次第で変動
久留米市/吉祥園(田主丸町)

耳納山麓の恵まれたロケーションに位置するみかん園「吉祥園」でみかん狩りを楽しめます。斜面がなくお子様からお年寄りまで気軽においでいただけ、また、バーベキュー台の貸し出しもできますので、一日中家族連れで楽しめます。

【料金】 入園無料、量り売り/1キロ当たり300円

問合せ先:久留米観光コンベンション国際交流協会田主丸事務所  TEL 0943-72-4956

動く 第23回 博多灯明ウォッチング 2017

博多灯明ウォッチング

2017年10月21日(土) 18:00~21:00  *小雨決行
福岡市/博多部一帯(大浜・御供所・奈良屋周辺地域、櫛田神社周辺、博多リバレイン、博多駅前広場、博多千年門、東長寺、ベイサイドプレイス博多~博多港国際ターミナル、旧冷泉小学校)

博多部周辺で300年近くも継承され続けている地域の祭り「千灯明祭」をヒントに、名所、旧跡、寺社、仏閣、太閤町割りの細路地等を幻想的な灯明の灯りで照らし出す博多の秋夜の恒例イベント。
灯明で描かれる巨大な地上絵や、細い路地に並ぶ灯明が見どころで、博多のまち一帯が灯明の優しい灯りで包まれます。是非、幻想的な雰囲気をお楽しみください。

問合せ先:博多部まちづくり協議会(奈良屋公民館) TEL 092-271-4461(当日不在)
詳細は・・公式Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

ドーミーイン博多祇園 ホテルフォルツァ博多駅博多口 ロイヤルパークホテル ザ 福岡 JR九州ホテル ブラッサム博多中央
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 秋月博物館 開館

秋月博物館 開館

2017年10月21日(土)
朝倉市/秋月博物館

筑前の小京都と呼ばれ800余年の歴史を誇る秋月。静かにたたずむ街並みは、積み重ねてきた歴史と文化を今に伝えています。その秋月の地に、平成29年秋、秋月を含む朝倉市の歴史や文化に触れる場所として「朝倉市秋月博物館」が開館いたします。
新しい博物館は、現在まで秋月の歴史を発信する役割を担っていた「秋月郷土館」が所蔵する貴重な資料を総て受け継ぎつつ、新たな視点に基づいた展示をご覧いただけます。秋月博物館は2つの展示コーナーに分かれ、第1展示室では秋月藩の時代から現代までの朝倉市の歴史を概観いただけるコーナー。特に秋月藩の時代は、秋月黒田家ゆかりの品々を展示します。また、秋月の切支丹資料を通して、南蛮文化もご紹介します。第2展示室は、土岐コレクションを中心とした近代美術の名品をご覧いただけます。
当博物館は杉の馬場に面した、秋月稽古館跡に立地しています。秋月藩が文武を奨励した精神を受け継ぎ、温故知新を実践する秋月博物館の開館にご期待ください。

【休館日】   月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、その翌平日が休館。年末年始)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】   無料

問合せ先:朝倉市教育委員会 文化・生涯学習課 TEL 0946-22-0001

 蜷城くんち

蜷城くんち

2017年10月21日(土) 神事10:00~、お下り13:00~(予定)
朝倉市/蜷城美奈宜神社

蜷城(ひなしろ)地区の美奈宜神社の秋の大祭です。奉納される「蜷城の獅子舞」は 、舞楽を伴わない芸能化される前の古い形を残す獅子舞として有名です。シュロを装束に用いた珍しいもので、県の指定無形民俗文化財にもなっています。

問合せ先:蜷城美奈宜神社 TEL 0946-22-5358

見る 映画 「聖の青春」

聖の青春

2017年10月21日(土) 10:00~、14:00~
春日市/春日市ふれあい文化センター

2016年/日本
(出演:松山ケンイチ、東出昌大、染谷将太、安田 顕、柄本時生 他)

負けるのは死ぬほど悔しい―
生きる時間を削ってでも勝ちたい。

幼い頃から、ネフローゼという難病を抱えていた村山聖(さとし)は、入退院を繰り返す中、父に教わった将棋に夢中になる。やがてプロ棋士を目指すようになった彼は、15歳で森信雄に弟子入り。将棋界最高峰のタイトル「名人」の夢を叶えるべく、快進撃を続けていた。そんな聖の前に立ちはだかったのは、同世代の天才棋士・羽生善治だった。すでに新名人となっていた羽生との対局で、必死に食らいつくも、敗れる聖。「羽生の側で将棋を指したい」と、周囲の反対を押し切って上京した聖は、並み居る先輩棋士を下し、いよいよ羽生を射程圏内に収める。しかし、聖の命の期限は、刻一刻と迫っていた・・・。

【料金】 施設利用券/1枚300円

問合せ先:春日市ふれあい文化センター TEL 092-584-3366
詳細は・・春日市ふれあい文化センターWebサイトへ、公式Webサイト

動く 第59回 小倉城まつり

2017年10月21日(土)~22日(日) 10:00~17:00
北九州市/小倉城(小倉北区)

お茶会やいけばな展、おいしいもの市を開催します。また、ステージでは昨年好評だった郷土芸能祭を行います。

問合せ先:小倉城 TEL093-561-1210
ご参考・・小倉城Webサイト

花 第32回 久留米市コスモスフェスティバル

コスモスフェスティバル

2017年10月21日(土)~22日(日) 10:00~17:00 *小雨決行
久留米市/コスモスパーク北野(北野町)

10月に開催される久留米市の秋を代表するイベントの一つ。満開を迎えたコスモス街道沿いの公園で様々な催し物が行われます。また、園内には出店が立ち並び、例年多くの人で賑わいます。
*コスモス開花期間は10月上旬~11月上旬。要問い合わせ

問合せ先:同実行委員会事務局(久留米東部商工会 北野事務所) TEL 0942-78-3311 FAX 0942-78-4873

 コスモスまつり

コスモスまつり

2017年10月21日(土)~22日(日) 21日=10:00~18:00、22日=10:00~16:00
水巻町/みどりんぱぁーく

遠賀川河川敷を中心にいたるところにコスモスが咲き誇り、水巻がもっとも美しい“花の都”になる10月。緑のじゅうたんがピンク・赤と色が変わりはじめ、何となく街がそわそわしてきたらもうすぐコスモスまつり。
多くの出店・イベントなど楽しめる「コスモスまつり」に、家族や友人とふらっと出かけてみませんか。
また、10月上旬から中旬にかけて、会場に隣接する遠賀川河川敷にはるコスモスが咲き誇り、まつり当日を華やかに彩るのはもちろん、秋の定番スポットとなっています。あわせてお楽しみください。

●司会
21日(土)岡本 啓、22日(日)小雪
●キャラクターショー
21日(土)それいけ!アンパンマン 
22日(日)宇宙戦隊キュウレンジャー
●ステージショー
21日(土)友希天星イリュージョンマジックショー 
22日(日)九州男児新選組スーパーダンスパフォーマンス、ロボットのぞみパントマイムショー

問合せ先:水巻町産業環境課 産業振興係 TEL 093-201-4321

動く 秋月博物館開館記念 秋月時代まつり

秋月鎧揃え

秋月鎧揃え

2017年10月21日(土)~22日(日) *雨天時は内容の変更の場合あり
朝倉市/秋月地区

出かけて応援!
初代藩主黒田長興公が島原の乱に出陣前、正月3日に鎧揃え(軍事演習)を執り行ったことに由来する「秋月鎧揃え」。22日(日)には、正午から目鏡橋を出発し、杉の馬場通り~秋月城跡まで武者行列が行われます。
秋月鎧揃えの他、光月流太鼓・林流抱え大筒など、秋月ならではの式典が2日間に渡り繰り広げられます。
また、21日(土)には、杉の馬場に面した秋月稽古館跡に秋月博物館が開館します。秋月藩の時代から現代までの朝倉市の歴史や秋月黒田家ゆかりの品々、秋月の切支丹資料などもぜひご覧ください。

問合せ先:秋月コミュ二ティ TEL 0946-25-0458

 泊りがけで、出かけませんか。

ホテルパーレンス小野屋 六峰舘 花水木
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

 則松金山川コスモスまつり

則松金山川コスモスまつり

2017年10月22日(日) 10:00~16:00
北九州市/則松金山川花のボランティア公園周辺(八幡西区)

則松金山川(のりまつきんざんがわ)花のボランティア公園や周辺の金山川両岸は、四季を通じて花を楽しむことができます。この時期は、秋のコスモスの開花にあわせコスモスまつりが開催され、各種ステージイベントや手づくりバザー等が予定されています。

問合せ先:NPO則松金山川コスモス会 TEL 093-602‐8417

 コスモスまつり

コスモスまつり

2017年10月22日(日) 10:00~14:00 *雨天中止
福津市/西郷川花園

コスモスが満開の西郷川花園で、出店やステージイベントをお楽しみ頂けます。
コスモス風味のソフトクリームや、松ヶ枝餅などの出店があります。フワフワ(空気でふくらませた大型遊具)やクイズラリー、ロバのロンメルくんのエサやり体験など、企画が満載です。
唐津街道畦町宿祭りも同日開催していますので、ぜひ福津市へお越し下さい。
*当日は、西郷川花園から畦町宿まで無料巡回バスあり。

問合せ先:福津市地域振興課 TEL 0940-62-5014

動く 唐津街道畦町宿祭り

2017年10月22日(日) 9:00~15:30 *雨天決行
福津市/畦町旧宿場町沿道、畦町公民館など

旧唐津街道畦町宿で、今年も畦町宿祭りが開催されます。ガイド付ツアーや宿馬車巡り、舞台イベントやバンコ市(出店)などで大いに賑わいます。
前日21日(土)の19時からは、灯籠前夜祭が行われ、昼とは違った雰囲気の畦町宿が楽しめます。

問合せ先:唐津街道畦町宿保存会事務局 TEL 080-9244-5128

動く 筑前の國いいづか街道まつり

筑前の國いいづか街道まつり

2017年10月22日(日) 10:00~17:00
飯塚市/中心商店街界隈

祭りの会場である飯塚市中心商店街は、かつて長崎街道の宿場町「飯塚宿」として栄えました。
お祭りでは、恒例の時代仮装行列をはじめ、ステージライブ、ストリートダンス、飲食・物販のバザーコーナーなど多彩な催しが繰り広げられます。

問合せ先:飯塚観光協会 TEL 0948-22-3511

動く 天空棚田の稲刈り会

天空棚田の稲刈り会

2017年10月22日(日) 10:00集合 *雨天(小雨)中止
八女市/集合:ふるさとわらべ館(上陽町)

掛け干し体験参加者募集!&100機の紙コプターを飛ばそう!
下横山の雄大な景色を眺めながら、地元の農家の方に指導していただき、稲刈りと昔ながらの掛け干しまで行います。また、昼食後は近くの「おぼろ大橋」から参加者全員で作った紙コプター100機を飛ばします。

【参加料】 800円(昼食・保険料込み)

問合せ先:ふるさとわらべ館 TEL 0943-54-2442
詳細は・・ふるさとわらべ館Webサイト

動く 正助ふるさと村 秋のよくばり祭り

2017年10月22日(日) 9:00~16:00
宗像市/正助ふるさと村

秋の味覚をよくばろう! 出店のほかダンスやゲームのステージイベント、餅まきなどが行われます。
新そば祭りも同時開催します。

問合せ先:正助ふるさと村 TEL 0940-35-1100
ご参考・・正助ふるさと村Webサイト

 三奈木おくんち

三奈木くんち

2017年10月22日(日) 神事=10:00~、お下り=13:30~
朝倉市/寺内美奈宜神社

10月22日の寺内美奈宜神社の秋の大祭(おくんち)に奉納されます。
まつりに奉納される御神幸行列は朝倉市指定無形民俗文化財です。奉納行列の中の羽熊の振込みは参勤交代を模したもので、参勤交代が定められた寛永12年(1635年)以降のことと思われますが、祭りに使用されていた面に文政9年(1826年)の記述がありますので、その頃にはこの行列も成立していたと思われます。
御神幸行列の構成は、獅子3対・はぐま(毛槍)4組・鬼8匹・恵比須・大黒・猿・大太鼓・小太鼓・旗流・楽・御輿から成り、総勢なんと約200人。

問合せ先:三奈木地区コミュニティ協議会 TEL 0946-22-3114

 大己貴神社秋季大祭 (おくんち)

2017年10月23日(月) 神事=10:30~、お下り=13:30~
筑前町/大己貴神社

大己貴(おおなむち)神社で行われている伝統の祭りで、700~800年前から続いているといわれています。祭りのハイライトは、秋月藩の大名行列を模した「おくだり」と、神社で奉納される「浦安の舞」。いつもは静かな神社界隅が、多くの人出で賑わいます。

問合せ先:大己貴神社 TEL 0946-24-5805
ご参考・・筑前町Webサイト

 第10回 がんばる黒崎 はしご酒大会

2017年10月25日(水) 18:30~21:00
北九州市/黒崎中央公園(三角公園)(八幡西区)

受付時に配布する「ラリーカード」に記載してある4店の飲食店を2時間以内で回ります(各店1ドリンク・1チャームが原則)。4店でスタンプを集めた方は、抽選会に参加できます。
*20歳未満の方の参加はご遠慮ください。飲酒運転は絶対におやめください。

【料金】 前売券3,000円、当日券3,500円
     *先着1,000名限定
     *チケット販売場所:一ゝ堂(黒崎中央公園横)

問合せ先:同実行委員会 TEL 093-631-3471

 御自作天満宮御開扉

御自作天満宮御開扉

2017年10月25日(水) 11:00~
筑紫野市/御自作天満宮

武蔵寺(ぶぞうじ)というお寺の横にある御自作天満宮(ごじさくてんまんぐう)には、菅原道真公が自らの姿を刻んだ坐像が奉ってあり、扉が開かれるのは年に3回しかありません。
道真公が自ら彫られた坐像は全国的にみても珍しいとのこと。ぜひ一度、道真公の姿をご覧になってはいかがでしょうか。

問合せ先:二日市八幡宮 TEL 092-922-3301

 水田天満宮稚児風流

水田天満宮稚児風流

2017年10月25日(水) 10:00~17:00
筑後市/水田天満宮

毎年10月25日に奉納されている約600年以上の伝統をもつ神芸能で、俗称「ドンキャンキャン」。6~12才くらいまでの子ども(稚児)たちが頭にシャグマを被り、きらびやかな衣装を身にまとって町内を練り歩きます。大太鼓や連、鉦、鼓、笛のリズムに合わせて舞う氏子の姿は、とても愛らしく沿道からは声援がとびます。福岡県無形文化財に指定されている、五穀豊穣を祈願する神事です。

問合せ先:水田天満宮 TEL 0942-53-8625

 小石原千灯明 ~灯りと神楽舞~

2017年10月28日(土) 点灯=17:30~
東峰村/ 高木神社境内

小石原地区にある高木神社で行われる祭りです。竹筒のろうそくが本堂までの階段にずらりと並ぶ光景は幻想的です。年に一度だけ奉納される夜神楽は、厳かに繰り広げられ、見る人を魅了します。

問合せ先:東峰村 農林観光課 TEL 0946-72-2313

 泊りがけで、出かけませんか。

ホテルパーレンス小野屋 六峰舘 花水木
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

動く 第2回 恋のくに♡てくてくちくご

恋のくに♡てくてくちくご

2017年10月28日(土) 10:00~
筑後市/集合:コースによって異なります

筑後市観光ボランティアガイド「ちくご♡恋のくに案内人の会」では、市内外の方に筑後市の魅力を発信するために、まち歩きイベントを開催します!
まち歩きは3つのコースに分かれており、同日の同時間に出発します。お好きなコースを選んで、お申込みください。爽やかな秋空の下、みんなで筑後市を散策しましょう。各コースとも、ちょっぴりお土産やおもてなしがついています。

Aコース:芸術と伝統の郷「みぞくち」を散策しよう
【集合場所】 溝口竈門神社(筑後市溝口1553)
【見どころ】 溝口竈門神社、福王寺、溝口城跡、井上三綱壁画、公民館でのおもてなし
【距離と時間】1.6キロ、90分
【募集定員】 15人
【参加料】  500円
Bコース:篤姫も通ったと言われる羽犬塚宿場町の中心を訪ねる
【集合場所】 筑後市役所正面玄関前(筑後市山ノ井898)
【見どころ】 六所宮、宗岳寺、羽犬像
【距離と時間】2.8キロ、90分
【募集定員】 15人
【参加料】  500円
Cコース:筑後下妻で菅原道真公のルーツを探る
【集合場所】 老松神社(筑後市下妻392-3)
【見どころ】 老松神社、福部神社、公民館でのおもてなし
【距離と時間】3.9キロ、120分
【募集定員】 20人
【参加料】  700円

【参加申込締切】 2017年10月25日(水)

問合せ先:筑後市観光協会 TEL 0942-53-4229
詳細は・・筑後市観光協会Webサイト

動く 津屋崎千軒 手づくり市

津屋崎千軒 手作り市

2017年10月28日(土) 10:00~16:00(雨天時は15:00まで)
福津市/波折神社とその周辺

福津の小さな港町「津屋崎千軒」。
その氏神様の境内と周辺の古民家で、一日だけの市を開きます。
大切な素材で、食べる人や使う人を思いながら作られたものたち。しみじみおいしいもの、使い込んで美しくなっていくもの、そんなたくさんの「うれしい」に会いにきてください。

問合せ先:手づくり市実行委員会(はた) TEL 0940­52­4664(前日まで)
詳細は・・・公式Webサイト

動く フェスタ羽犬塚 2017

フェスタ羽犬塚

2017年10月28日(土)~29日(日) 10:00~17:00  *29日は16:00まで
筑後市/筑後市役所駐車場

羽犬塚は、薩摩街道沿いの宿場町として栄えた商人の町。現在も多くある商店のみなさんが一堂に集まって、二年に一度のフェスタを開催します。特価品や抽選会など、お得な二日間です。ステージでは、地元高校ブラス部の演奏やものまねショーなどが披露され賑わいます。

問合せ先:筑後商工会議所 TEL 0942-52-3121

動く 九州クリエイターズマーケットvol.11

九州クリエイターズマーケット

2017年10月28日(土)~29日(日) 10:00~17:00  *29日は16:00まで
筑後市/筑後広域公園体育館

九州クリエイターズマーケットは、プロ、アマ、ジャンルを問わずオリジナルにこだわる“つくりびと”による「ものづくりパフォーマンスの祭典」です。
個性豊かな作品を見たり、買ったりするだけでなく、クリエイターと交流できるのも九クリならではの醍醐味。「キッズエリア」「音楽エリア」「グルメエリア」なども登場し、一日居ても飽きさせない内容です。

問合せ先:同実行委員会  TEL 0942-27-5277

動く 第37回 全国豊かな海づくり大会 福岡大会

2017年10月28日(土)~29日(日)
宗像市/宗像ユリックス屋外施設等

宗像市をメイン会場に、福岡県や宗像市の水産業の特色や漁法の紹介、放流魚種をはじめとしたミニ水族館、環境保全の取組みの展示を通じて、豊かな海を守り育て将来に引き継いでいくことの大切さを発信します。
福岡県の伝統芸能の披露、タレントトークショーなど農林水産物や加工品、特産品などを販売します。

問合せ先:全国豊かな海づくり大会福岡県実行委員会事務局 TEL 092-643-3576
詳細は・・公式Webサイト

動く 世界チャンピオンの折り紙飛行機教室 in 上陽

紙飛行機

2017年10月29日(日) 10:00~
八女市/上陽北汭学園体育館(上陽町)

折り紙飛行機の滞空時間、世界記録保持者である戸田拓夫さんをお迎えして、折り紙ヒコーキ教室・デモンストレーション・飛距離と滞空時間の競技会を開催します。

【参加料】 500円

問合せ先:ふるさとわらべ館 TEL 0943-54-2442
詳細は・・ふるさとわらべ館Webサイト

2017年11月

見る 芦屋歴史の里 企画展「引き札展」

2017年7月19日(水)~11月26日(日)
芦屋町/芦屋歴史の里

ポスター・チラシの源流で、伝統的絵柄の美しい印刷物「引き札」を展示します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:00~17:00(入館は16:30まで)
【入館料】   大人200(100)円、小学生100(50)円、未就学児無料
       *( )内は15人以上の団体料金

問合せ先:芦屋歴史の里(芦屋町教育委員会) TEL 093-222-2555
ご参考・・芦屋町Webサイト

見る 筑前町立大刀洗平和記念館 企画展「少年飛行兵と予科練生」

筑前町立大刀洗平和記念館 企画展「少年飛行兵と予科練生」

2017年7月22日(土)~12月13日(水)
筑前町/筑前町立大刀洗平和記念館

戦中、優秀な航空機搭乗員の早期育成のため若年のうちから教育する制度が設けられ、厳しい訓練が行われていました。
少年飛行兵(陸軍)は約4万5千人、予科練生(海軍)は約24万人を数えましたが、航空特攻において前者は約430人、後者は約1,600人が命を落としています。
大空に憧れを抱いて軍に志願し、航空機搭乗員を目指した少年たち。今に残る資料から「少年飛行兵と予科練生」の存在と軌跡を伝え、二度とこのような悲劇が繰り返されないよう後世に語り継ぎます。

【開館時間】 9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】  会期中無休
【入館料】  大人500円、高校生400円、小中学生300円
       *15名様以上団体割引(各100円引)
       *障がい者割引あり

問合せ先:筑前町立大刀洗平和記念館 TEL 0946-23-1227
詳細は・・筑前町立大刀洗平和記念館Webサイト

見る 久留米市美術館 「じっと見る ブリヂストン美術館収蔵作品より」

関根正二《子供》

関根正二《子供》1919年 ブリヂストン美術館蔵

2017年7月29日(土)~11月5日(日)
前期=7月29日(土)~9月24日(日)、後期=9月28日(木)~11月5日(日)

久留米市/久留米市美術館 本館2階

本展では、画家・彫刻家が時に厳しく、時に悩み、時に楽しく、時に静かにじっと見つめて熱心に表現したものを、「人物」「自然」「馬」「静物」「都市」「見えないもの」の6つのグループに分けてご紹介します。ギリシア陶器から日本と西洋の近現代美術まで、石橋財団の幅広いコレクションより約130点を展示します。

<展示構成>
人物(第1、2、3室)
画家の自画像、ロダン、ムアの彫刻家による人物表現に始まり、ルノワール、ローランサン、モディリアーニ(後期)、藤島武二、藤田嗣治、岡田三郎助、安井曾太郎など特長的な肖像画をめぐり、山下新太郎、岸田劉生、関根正二らの子どもの名作を展示します。
自然(第4室)
コローの「森」、岡鹿之助の「雪」、酒井抱一(前期)やエミール・ガレの「植物」、モネ、シスレー、藤島武二の「水」の風景などを展示します。
馬(第5室)
古今東西、古来より人間の営みの近くにいた馬のさまざまな表情を、エトルリア《泉水に向かう二頭の馬》、中国の《三彩馬》、マリノ・マリーニ、坂本繁二郎など東西の作品を集めます。後期には、ゴーガン《馬の頭部のある静物》やピカソ《馬》が加わります。
静物(第6室)
セザンヌ、デュフィ、ピカソ、安井曾太郎、梅原龍三郎、坂本繁二郎。そして浜口陽三など。野菜や果物といった、どこにでもある身近な題材を扱いながら、画家たちがそれぞれ独特の技法を生み出していることに注目します。
都市(第7室)
長くパリで活動した藤田嗣治、岡鹿之助。またユトリロ、およびその影響も受けてパリを描いた佐伯祐三。フランスを代表する銅版画家シャルル・メリヨンと梅原龍三郎によるノートルダム大聖堂によりパリを。ゲオルゲ・グロッスにより両大戦間のベルリンを。猪熊弦一郎により戦後のニューヨークを紹介します。
見えないもの(第8室)
エジプトの神々、ギリシャ神話、が描かれた古代美術。聖書に由来するレンブラント、ルオーらの作品。そしてさまざまなモチーフを切り貼りし、独自の世界観を表す古賀春江を展示し、写実によらない画家たちのまなざしを紹介します。

【休館日】  月曜日 *ただし、8月14日、9月18日、10月9日は開館
【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
【観覧料】  一般1,000円(800円)、65歳以上700円(500円)、大学生500円(300円)
       高校生以下無料、前売券600円
       *( )内は15名以上の団体料金
       *上記料金にて、石橋正二郎記念館もご覧いただけます。

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131
ご参考・・久留米市美術館Webサイト

【関連イベント】
ギャラリートーク
【日時】 毎週土曜日(9月23日、9月30日、10月7日を除く)、日曜日 14:00~14:20
【会場】 本館2階エントランス
【料金】 無料 *ただし、本展覧会のチケットが必要

動く フルーツ王国開国

フルーツ詰合せ

2017年8月2日(水)~
うきは市/道の駅 うきは

フルーツ王国うきはに今年もフルーツ狩りの季節がやってきました。ぶどう、梨、柿と続くフルーツ狩りが始まります。 皆様お誘いの上、ぜひお越しください。

問合せ先:うきは市観光協会 TEL 0943-77-5611
ご参考・・道の駅うきはWebサイト

 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
ぶどう狩り・梨狩り
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

グルメ 朝倉のりんご狩り

2017年8月中旬~11月下旬
朝倉市/朝倉地区

出かけて応援! 食べて応援!
朝倉は果物の産地として知られています。澄んだ空気と豊かな水、降り注ぐ太陽の光、そして作り手の愛情が、おいしい果物を育てます。
7月の豪雨被害のなかでも頑張っている朝倉市で、りんご狩りをお楽しみください!

アップルランド果樹園 TEL 0946-52-0374
林檎と葡萄の樹 TEL 0946-52-0913
秋月観光りんご・ナシ狩り園 TEL 0946-25-1933

問合せ先:あさくら観光協会  TEL 0946-24-6758

グルメ いちじく狩り

いちじく狩り

2017年8月10日(木)~11月中旬  9:00~17:00
久留米市/2軒のいちじく園(田主丸町)

歳月をかけて取り組んできた自然農法・無農薬栽培の美味しいいちじくが、町内2箇所の農園で楽しめます。
いちじくの原産地はアラビアで、アダムとイヴの物語にも登場し、紀元前三千年頃から栽培される不老長寿の果物として知られています。「無花果」の名のごとく実の中に無数の白い花を咲かせます。いちじくには夏果と秋果があり赤褐色に色づき、頭が割れたものが食べごろとなります。バナナやごぼうの3倍といわれる食物繊維(ペクチン)を含み、消化促進、便秘解消などに効き、世界中で薬として珍重されてきました。最近ではガン抑制成分が含まれることもわかってきています。

◆エコファームよこみぞ園=1キロ1,500円(ドーフィン・ほうらい・バナーネ)
◆星光ファーム旬=8/10~31 1キロ1,200円、9/1~終了まで 1キロ1,000円(ドーフィン)  

問合せ先:公財)久留米観光コンベンション国際交流協会 田主丸事務所 TEL 0943-72-4956

 泊りがけで、出かけませんか。

一棟貸別邸 満天の庭(ペット可)
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。
 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
いちじく狩り(星光ファーム)
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

動く 水辺のくに博覧会~見つかる。感じる。好きになる。

水辺のくに博覧会

2017年9月23日(土)~12月7日(木)
中間市・芦屋町・水巻町・岡垣町・遠賀町/

遠賀・中間地域の1市4町(中間市・芦屋町・水巻町・岡垣町・遠賀町)と福岡県で構成する遠賀・中間広域連携プロジェクト推進会議では、地域の魅力を体験していただく、「水辺のくに博覧会」を開催します。今年は新たなプログラムの担い手が加わり、食、自然、ものづくり、スポーツなど、まだ知られていない遠賀・中間地域の魅力を発見できる59のプログラムを集めることができました。昨年好評だったプログラムもパワーアップして登場し、ますますにぎやかになってきました。水辺のくにで皆様をお待ちしています!
料金や定員等は、プログラムごとに異なりますので、詳細はHPをご確認ください。
*9/19(火)10:00から受付開始

プログラムのお問合せは、各お申込み先にお尋ねください。
その他問合せ先:福岡県企画・地域振興部 広域地域振興課 TEL 092-643-3210
詳細は・・福岡県Webサイト

見る 九州歴史資料館 企画展 「発掘成果展2017 五ヶ山-山のくらし、いのり、そして埋蔵銭-」

埋蔵銭と墨書土器

埋蔵銭と墨書土器

2017年9月26日(火)~12月24日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第2・4展示室

毎年、発掘調査の最新成果を速報で展示する発掘速報展、今回は那珂川町の五ケ山ダム建設関係の調査成果を取り上げます。発掘調査と民俗調査によって得られた成果の中で、最も豊富な内容をもつ中近世をテーマに、埋蔵銭や巨石祭祀、中世館跡の展示のほか、お茶生産の故地であったことなど、当時の「くらしといのり」について紹介します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】   無料

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

動く 第13回 久留米まち旅博覧会

久留米まち旅博覧会

2017年10月1日(日)~11月30日(木)
久留米市内と定住広域圏(小郡市、大川市、うきは市、大刀洗町、大木町)

久留米まち旅博覧会は、地元に暮らす人が手作りした体験交流型の旅プランです。
6つのテーマからなる80のプログラムをお楽しみいただけます。●出会うは美とその心 芸術のまち旅 ●美しきものづくり 伝統の技のまち旅  ●太古から今へ 繋がりゆく歴史のまち旅  ●美味しくて幸せいっぱいな 農のまち旅  ●地酒に店々の至福の味 グルメなまち旅  ●知恵が何より これからも健やかなまち旅
その道の「通」がご案内する「まち旅」は、毎回大好評! 毎回人気のプログラム●梅林寺で一日修行僧となる 本格坐禅体験  ●世界のブリヂストン 社長室から社食まで特別な社会科見学  ●田舎遊びと石釜ピザにぺったん餅つき、などのほか、今回も、ここでしかできない体験が待っていますよ! この秋、素敵な久留米をご体験ください。

問合せ先:同事務局 TEL 0942-31-1730
ご参考・・まち旅Webサイトへ、公式ブログへ、公式facebook

 泊りがけで、出かけませんか。

久留米ホテル エスプリ ホテルマリターレ創世 久留米 旅館 錦水
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 九州歴史資料館 パネル展 「日本列島の城」

2017年10月3日(火)~12月17日(日)
小郡市/九州歴史資料館 文化情報広場

日本列島には現在でも、多くの城が残されており、天守閣をもついわゆる近世城郭が著名ですが、その他にも北海道の「チャシ」や沖縄県の「グスク」など、多様な城が築かれてきました。こうした日本列島の城は、日本の土木・建築の歩みと、その城が築かれた土地の歴史を伝える、貴重な文化遺産です。今回の展示では、同時期に開催する企画展「福岡県の城―戦国乱世の城から幕藩体制の城へ―」にあわせて、西谷正名誉館長が撮影された日本列島各地の城を、写真パネルや分布図で紹介します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】   無料

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

 キリンビール福岡工場 コスモスフェスタ2017

キリン花園のコスモス

2017年10月7日(土)~11月5日(日)
朝倉市/キリンビール福岡工場 キリン花園

広大な土地にコスモス約1,000万本が咲き乱れます。キリン花園は手入れが行き届き、一度訪れた人はあまりの見事さに、何度も訪れるほどすばらしいと言われ、多くの見学者で賑わいます。
期間中はフードエリアや物販販売、情報発信エリアを設置すると共に、近隣市町村や地元観光協会などとの協同イベントや、JAとのコラボレーションによる地域新鮮野菜類の展示即売会、イベント等を行います。
*キリンビール福岡工場では工場見学も可能(要予約)
*見頃は10月中旬~下旬

問合せ先:キリンビール福岡工場(総務広報) TEL 0946-23-1111
ご参考・・キリンビール福岡工場Webサイト

 柿狩り

柿狩り

2017年10月7日(土)~11月下旬 9:00~17:00 *状況次第で変動
久留米市/観光柿園9軒(田主丸町)

田主丸町の柿は耳納山の麓に広がる農園で栽培され、県下で初めて栽培された「富有柿」などがあります。柿の美しさ、甘さは古来から歌に読まれるほどの歴史があります。柿は、1個に約1日分のビタミンCを含み、その色はベータカロチンによるもので、古来から「柿が赤くなれば医者が青くなる」といわれています。血圧を下げるタンニンやカリウムを含み疲労回復、かぜの予防、老化防止や二日酔いに効果があるといわれており、柿若葉に柿紅葉と目を楽しませてくれる柿の葉も、ビタミンC・Kを大量に含み、木陰にいるだけで効き目があるといわれています。品種については、「西村早生」「伊豆」や1個が500グラムほどにもなる「太秋」なども栽培されています。

【料金】 1キロ当たり550円(観光コンベンション田主丸事務所調べ)
     *料金は各農園で設定しています。

問合せ先:久留米観光コンベンション国際交流協会 田主丸事務所 TEL 0943-72-4956

 泊りがけで、出かけませんか。

一棟貸別邸 満天の庭(ペット可)
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 九州歴史資料館 企画展「大宰府を探るサイエンス」 

宝亀十一年具注暦断簡赤外線写真

宝亀十一年具注暦断簡赤外線写真

2017年10月7日(土)~12月3日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第1展示室

約50年にわたる大宰府史跡の調査では、発掘と同時に全国的に先駆けて科学的手法による調査研究が進められてきました。
本展覧会は、X線CTスキャン等、最新の科学機器を駆使して大宰府の出土資料を科学の眼で調査・検討し、古代大宰府の実像に迫るものです。これまでとは違う、「科学」という新しい視点によって、大宰府を検証します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】  第1・3展示室のみ有料
       一般200円(150円)、高大生150円(100円)
       *中学生以下、満65歳以上の方、障害のある方とその介護者1名は無料
       *土曜日は高校生も無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

【関連イベント】
記念講演会「文化財の保存科学100年」
企画展「大宰府を探るサイエンス」の開催を記念し、奈良国立文化財研究所在職時から、高松塚古墳や藤ノ木古墳、平城宮跡をはじめとする史跡・国宝・重要文化財や、イースター島モアイ像など世界の遺跡・遺物の保存方法を開発、指導してきた講師に、文化財保存のはじまりから研究の最先端についてお話いただきます。
【日時】 11月3日(金・祝) 13:30~15:30
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【講師】 澤田正昭氏(東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター長・教授)
【定員】 先着160名(事前申込不要。11:00から整理券を配布し、13:00から番号順に入室。)
【料金】 無料

見る 九州歴史資料館 企画展「福岡県の城―戦国乱世の城から幕藩体制の城へ―」 

久留米城の絵図

久留米城の絵図(延宝八年製図久留米市街図(部分)久留米市蔵)

2017年10月7日(土)~12月3日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第1展示室

戦国時代の福岡県は、筑前の少弐氏、豊後の大友氏、肥前の龍造寺氏など周辺の戦国大名が覇権を争う一方で、秋月氏、宗像氏、草野氏など、各地に有力な国人領主が割拠する戦乱の地でした。また近世に至る過程では、小早川隆景、黒田孝高などの有力大名が登場し、最終的に福岡・小倉・久留米・柳川に四藩が成立しました。
それら戦乱の痕を示すかのように福岡県内に残されている、1,000か所前後もの中近世城館遺跡について、平成24年度から調査の成果と、出土資料、文献史料、絵図資料の展示を通じて、福岡県の中近世城館遺跡の全貌を紹介します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】  第1・3展示室のみ有料
       一般200円(150円)、高大生150円(100円)
       *中学生以下、満65歳以上の方、障害のある方とその介護者1名は無料
       *土曜日は高校生も無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

【関連イベント】
記念講演会「福岡県の城郭の研究のあゆみ」
福岡県内の中近世城館の調査研究を長年携わって来られた第一人者である講師に、福岡県の城郭研究のあゆみについて、研究草創期の思い出話や苦労話なども交えながら概観していただきます。さらに、「福岡県中近世城館遺跡等詳細分布調査」の成果について当館学芸員が解説、講師とのトークセッションも行います。
【日時】 11月5日(日) 13:30~16:00
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【講師】 廣崎篤夫氏(城郭研究者・名誉博士(歴史学))
【定員】 先着160名(事前申込不要。11:00から整理券を配布し、13:00から番号順に入室。)
【料金】 無料

グルメ 朝倉の柿狩り

2017年10月中旬~12月上旬
朝倉市/市内各所

出かけて応援! 食べて応援!
朝倉は果物の産地として知られています。澄んだ空気と豊かな水、降り注ぐ太陽の光、そして作り手の愛情が、おいしい果物を育てます。
7月の豪雨被害のなかでも頑張っている朝倉市で、柿狩りをお楽しみください!

・JA筑前あさくら杷木支店 TEL 0946-62-1795

問合せ先:あさくら観光協会  TEL 0946-24-6758

 旧伊藤伝右衛門邸 秋の企画展2017

旧伊藤伝右衛門邸 秋の企画展

2017年10月12日(木)~11月30日(木)
飯塚市/旧伊藤伝右衛門邸

旧伊藤伝右衛門邸は平成19年4月に一般公開を開始し、平成29年4月に開館10周年を迎えました。
今回の企画展では、福岡天神にあった伊藤家別邸「銅御殿」が落成した時の新聞記事や消失した時の新聞記事、また、「銅御殿」に飾られていた貴重な襖絵の写真、今は幻と帰した別府伊藤家別邸の写真や別府伊藤家別邸に残されていた伊藤家ゆかりの着物を展示するとともに、白蓮が愛用した姿見など貴重な品々を展示します。

【休館日】  期間中無休
【開館時間】 9:30~17:00(入館は16:30まで)
【観覧料】  一般 300円(240円)、小・中学生100円(80円)
       *( )内は20人以上の団体料金。土曜日は高校生以下無料
       *身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方は無料(受付で手帳をご提示ください)。また、手帳をご提示された方の介護者も無料となります。

問合せ先:飯塚観光協会 TEL 0948-22-3511

花 石橋文化センター 秋のバラフェア2017

石橋文化センター 秋のバラフェア

2017年10月14日(土)~11月12日(日) 10:00~17:00 *月曜休館(庭園は年中無休)
久留米市/石橋文化センター(野中町)

石橋文化センターのバラは、春と秋に見頃を迎えます。
400品種2,600株のバラが彩る園内をゆっくりと散策いただき、ローズガーデンコンサートなどバラにちなんだイベントでバラを存分にお楽しみください。

メインイベント:10月21日(土)~22日(日)
10月14日(土)~11月12日(日)
 バラ苗販売・秋のバラフェア in 楽水亭
10月21日(土)、22日(日)
 ・ローズガーデンコンサートやガイドツアー
 ・バラの植え方、育て方デモンストレーション
 ・石橋文化センターたんけんたい! 
 ・坂本繁二郎旧アトリエ特別公開
10月21日(土)、22日(日)
 オープンカフェ&バザー
10月24日(火)~29日(日)
 第9回ローズフォトコンテスト入賞・入選作品展示
 *10月28日(土)・29日(日):写真教室「写真で楽しむ石橋文化センター」

問合せ先:石橋文化センター TEL 0942-33-2271(月曜休)
ご参考・・石橋文化センターWebサイト

動く 恋のくに企業祭めぐりスタンプラリー

恋のくに企業祭めぐりスタンプラリー

2017年10月14日(土)~11月23日(木・祝)
筑後市/市内各所

筑後市には優良企業がたくさん!
各社が開催する「企業祭」にお出かけして、3つのスタンプを集めると、抽選で企業オリジナルプレゼントなどが当たります。

【対象となる企業祭】
10月14日(土) 第3回ヤンマー建機感謝祭
 【場所】 ヤンマー建機株式会社(筑後市熊野1717-1)
10月29日(日) むぎむぎまつり2017
 【場所】 石橋工業株式会社(筑後市山ノ井141-1)
11月3日(金・祝) 恋ぼたる 秋の大収穫祭
 【場所】 川の駅船小屋恋ぼたる(筑後市尾島310)
11月12日(日) 第22回JA筑後地区農業祭り
 【場所】 JAふくおか八女筑後地区センター(筑後市上北島1217-1)
11月23日(木・祝) マルシェ・陽より子びよりこ(ひよりこびよりこ)
 【場所】 (株)武久・椎茸専門店陽より子(筑後市長浜1529)

問合せ先:筑後市観光協会 TEL 0942-53-4229
詳細は・・筑後市観光協会Webサイト

見る 特別展 「新・桃山展 -大航海時代の日本美術

新・桃山展

2017年10月14日(土)〜 11月26日(日)
太宰府市/九州国立博物館

本展覧会では、倭寇の船で来日したポルトガル人が鉄砲を伝えた1543年(または1542年)から、徳川幕府がキリスト教を禁じ、貿易統制を布いて「鎖国」を完成させた1639年までの約100年間に焦点を当て、「文化交流」という視点からこの激動の時代の美術を改めて見つめ直します。
この時期、世界に目を向ければ、大航海時代の先駆をつとめたポルトガルとスペインがアジアに到達して交易と宣教を推し進め、それに追尾する形でオランダやイギリスも東方貿易に参入しました。
本展覧会では、目まぐるしく変化する時勢と、人、モノの往来に対して異なる外交政策をとった当時の三人の天下人-織田信長、豊臣秀吉そして徳川家康-を各章の案内役にすえ、彼らの時代を彩った名宝を、対外交流という観点から新たに見直します。
<展示構成>
第一章 アジアの海と信長の覇権
16世紀半ばの遣明使の終焉に伴い、次第に西日本の大名や海賊の後期倭寇による私的貿易が盛んになりました。特に東南アジアへのルートに進出した倭寇は、当時の海域交流の主役となり、1543年に鉄砲を伝えたポルトガル人は倭寇の船で種子島に到来し、1549年にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルも密貿易を行う中国の船に乗り鹿児島へ上陸しました。織田信長(1534-82))はキリスト教に寛容で、その信仰も各地に広がり、1582年に九州のキリシタン大名が天正遣欧使節をローマ教皇のもとへ派遣した際の贈り物には、信長が狩野永徳(1543-90)に描かせた「安土城図屏風」が含まれていました。
第二章 秀吉の世界への眼差し
織田信長の没後、豊臣秀吉(1537-98)が覇権を握った十数年は、短い歳月ではありましたが、日本美術の歴史の中でも最も稔り(みのり)豊かな黄金時代でした。狩野永徳の檜図屏風(国宝)や長谷川等伯(1539-1610)の松林図屏風(国宝)など絢爛豪華な屏風絵や、千利休(1522-91)の美意識が生み出した茶陶が、桃山文化の気風を今に伝えてくれます。
秀吉は1587年に筑前国箱崎でバテレン追放令を出し、1597年には秀吉の指示により長崎で26人のキリシタンが殉教するなど、キリスト教を排斥。また、天下を統一し海外を目指した秀吉は、この世紀最大の戦争である文禄・慶長の役(1592~93、1597~98)で名護屋城から朝鮮に攻め入りました。
第三章 徳川幕府と「鎖国」への道
1598年、秀吉が死去し、朝鮮への出兵は終結。徳川家康(1542-1616)は、早くも翌年に朝鮮との国交回復交渉に着手し、1607年に使節の来日が実現しました。また、家康は東南アジア諸国との通商を求めて、朱印船貿易を開始。豊後国臼杵に漂着したオランダ船の乗務員であった、イギリス人航海士のウィリアム・アダムス(三浦按針、1564-1620)を外交顧問に登用し、オランダ・イギリスにも門戸を開きました。こうした政策が功を奏し、諸外国の多彩な文物が日本にもたらされました。
しかし、1612年に駿府でキリスト教の禁令が出され、その弾圧は全国へ拡大。そのころ頂点を極めた南蛮美術も姿を消してゆきました。同時に幕府は出入国の禁止や貿易統制の強化を図り、1639年の「鎖国」完成への道を踏み出しました。

【休館日】  毎週月曜日
【開館時間】 日曜日・火曜日~木曜日=9:30~17:00(入館は16:30まで)
       金曜日・土曜日=9:30~20:00(入館は19:30まで)
【観覧料】  一般1,600円(1,400円)、高大生1,000円(800円)、小中生600円(400円)
       夜間割引料金:一般1,400円、高大生800円、小中生400円
       (夜間開館当日午後5時以降に当館内券売所で販売。
        夜間割引料金で購入されたチケットで17時以前に入場することはできません。)

       *( )内は前売りおよび団体料金(有料の方が20名以上の場合)。
       *上記料金で九州国立博物館4階「文化交流展(平常展)」もご観覧いただけます。
       *障がい者手帳等をご持参の方とその介護者1名は無料です。
        展示室入口にて障がい者手帳等をご提示ください。
       *満65歳以上の方は前売り一般料金でご購入いただけます。
        券売所にて生年月日がわかるもの(健康保険証・運転免許証等)をご提示ください。
       *小中生、高大生は学生証をご提示ください。
       *キャンパスメンバーズの方は団体料金でご購入いただけます。
        券売所にて学生証、教職員証等をご提示ください。

問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(8時~22時)
詳細は・・九州国立博物館Webサイトへ、公式Webサイト

【関連イベント】
リレー講座 「大航海時代の世界と日本」
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【定員】 先着280名(事前申込不要、当日受付)
【料金】 無料 *本展観覧券もしくは半券の提示が必要
<第1回>【日時】 10月21日(土) 14:00~15:30
     【講師】 鷲頭 桂(九州国立博物館主任研究員)「南蛮美術とビオンボ」
          酒井田千明(九州国立博物館研究員)
              「陶磁器に見る文化交流 - 大航海時代がもたらしたもの」
<第2回>【日時】 10月28日(土) 14:00~15:30
     【講師】 松浦晃佑(九州国立博物館研究員)「諸史料に見る『安土城図屏風』」
          伊藤嘉章(九州国立博物館副館長)「桃山の茶陶 - 茶碗を中心に - 」

「黄金の茶室」特別展示
秀吉の美の極致、豪華絢爛な 「黄金の茶室」(復元品・京都市蔵)が九博に登場!
【日時】 10月13日(金)~11月26日(日)
【会場】 九州国立博物館1階 エントランスホール

動く ちくごシアワセ女旅 2017-秋冬版- vol.8

ちくごシアワセ女旅

2017年10月14日(土)~2018年2月24日(土)
筑後市/筑後市内

ちくごシアワセ女旅は、普通なら通り過ぎてしまう「筑後市にある素敵な"ひと""もの""風景"と観光客をつなぐ」をコンセプトに、筑後のいいものを詰め合わせた体験プログラムです。
上記期間中に9プログラムを開催します。
ちくごの「いいもの。」詰め合わせ。ちくごシアワセ女旅だけの、特別体験はいかがですか?
皆様のご参加、お待ちしています!(申し込み日は、公式HPにてご確認ください)

【プログラム】
●10月14日(土)/お月見ヨガ~お月さまに届け!~
●10月15日(日)/地元食材「大豆」づくしの日*~おもてなしランチをいただきます!~
●10月29日(日)/幸せを運ぶ多肉女子会しませんか?~マイ寄せ植え体験~
●12月9日(土)/日本庭園で 茶・ちゃ・Cha !! ~お茶の淹れ方+茶殻の活用法とは?~
●1月20日(土)/世界に一つ!大切な人におくる久留米絣を使った革のコインケース作り
●1月27日(土)/野菜ソムリエproが教えるパーティーメニュー
~インスタ映え間違いなし!野菜と果物の可愛いカッティング技術&チョコベジ~
●1月28日(日)/海苔活で恋勝!~バレンタインに作りたいインスタ映えする飾り巻きレッスン~
●2月11日(日・祝)/「あの」恋木神社で巫女体験!~思いを込めたお守り作りで恋愛運UP~
●2月24日(土)/「焼酎初心者におすすめ!酒蔵直伝おいしいお酒の飲み方」

問合せ先:ちくご恋たびプロジェクト委員会事務局(筑後市観光協会内) TEL 0942-53-4229
詳細は・・ちくごシアワセ女旅Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

船小屋温泉 ホテル樋口軒 国民宿舎 筑後船小屋 公園の宿
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

 みかん狩り

2017年10月下旬~11月下旬 9:00~17:00 *状況次第で変動
久留米市/吉祥園(田主丸町)

耳納山麓の恵まれたロケーションに位置するみかん園「吉祥園」でみかん狩りを楽しめます。斜面がなくお子様からお年寄りまで気軽においでいただけ、また、バーベキュー台の貸し出しもできますので、一日中家族連れで楽しめます。

【料金】 入園無料、量り売り/1キロ当たり300円

問合せ先:久留米観光コンベンション国際交流協会田主丸事務所  TEL 0943-72-4956

見る 北九州市立小倉城庭園 11月のイベント

団子をなくしたおばあさん

The Old woman who lost her dumpling(団子をなくしたおばあさん) 梅花女子大学図書館蔵

2017年11月
北九州市/北九州市立小倉城庭園

梅花女子大学図書館コレクション ちりめん本の魅力 ~文章を彩る挿絵~
明治の頃、日本の昔話を様々な言語に翻訳し、さらに美しい挿絵を加え、海外の人々に人気を集めたちりめん本。その魅力を紹介します。
【日時】 9月16日(土)~11月23日(木・祝)
=関連イベント=
講演会「ちりめん本」力―惹きつける魅力―
その姿かたち、挿絵や仕掛けなど、さまざまな魅力があるちりめん本・・・学芸員の視点からその魅力を探ります。
【日時】 11月11日(土)14:00~15:30
【講師】 寺前公基氏(日本習字教育財団観峰館学芸員)
(先着30名 *要申込)

香を聞く会
数種類の香木を炷いて聞き当てる「組香(くみこう)」という競技形式で行います。
【日時】 11月23日(木・祝)10:00~、11:30~、13:00~、14:30~
(有料、各席先着20名、香席・呈茶付 *要申込、11/1より受付)
【開館時間】 11月~3月まで9:00~17:00 (受付は閉館30分前まで)
【入館料】  一般300円、中高生150円、小学生100円

問合せ先:北九州市立小倉城庭園 TEL 093-582-2747
詳細は・・北九州市立小倉城庭園Webサイト

動く 平尾台自然観察センター 11月のイベント

平尾台

2017年11月
北九州市/平尾台自然観察センター(小倉南区)

カルスト文化祭
一般から応募された作品の展示。 絵画、俳句、写真など、「平尾台」をテーマに創られた様々な作品が集まる作品展。
【日時】 11月1日(水)~2018年1月28日(日)
ガイド散歩
特にテーマを決めず、その時々の自然との出会いを大切に、センタースタッフと共に2時間程度の散歩をするミニ観察会です。ハイキングが初心者の方もお気軽にご参加ください。
【日時】 11月1日(水) 9:30~、13:30~
【対象】 小学生以上
(有料(イベント保険料)、各回先着10名、事前申込不要)
晩秋のきのこ観察会
晩秋のきのこ観察会晩秋の森に発生するきのこを観察します。
【日時】 11月5日(日) 9:30~14:00 *小雨決行
【対象】 小学生以上 *中学生以下は要保護者同伴
(無料、30名、要事前申込。申込多数の場合は抽選)
【参加申込締切】 10月26日(木)必着
塔ヶ峯紅葉登山(中級)
平尾台の紅葉と絶景を満喫する登山です。
【日時】 11月12日(日) 8:30~15:30 *雨天中止
【対象】 小学4年生以上 *中学生以下は要保護者同伴
(無料、20名、要事前申込。申込多数の場合は抽選)
【参加申込締切】 11月2日(木)必着
アートフラワー講座
平尾台の野草を、布や針金で本物そっくりに作ります。絹布を型紙に合わせて切り、染め、成型してボンドで張り合わせていきます。 アットホームな教室で、楽しくおしゃべりしながら可愛いお花を作りましょう。
【日時】 11月17日(金) 10:00~14:00
(有料、10名、要事前申込。申込多数の場合は抽選)
【参加申込締切】 11月7日(火)必着
森の散策と落ち葉絵作り
落葉した森を散策した後で、落ち葉を使って絵を描きます。
【日時】 11月26日(日) 9:30~14:00 *雨天時は散策は中止
【対象】 小学生以上 *中学生以下は要保護者同伴
(無料、20名、要事前申込。申込多数の場合は抽選)
【参加申込締切】 11月16日(木)必着
【開館時間】 9:00~17:00
【休館日】  月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始 ただし夏休み期間中は無休
【入館料】  無料

問合せ先:平尾台自然観察センター TEL 093-453-3737
詳細は・・平尾台自然観察センターWebサイト

 第64回 菊花展 

2017年11月1日(水)~6日(月) 9:00~17:00
久留米市/月読神社

月読神社で毎年開催される歴史ある菊花展で、菊朋会会員が丹精を込めた作品が並びます。ひと言で菊といっても種類は豊富で、懸崖や大輪など形もいろいろで、見ごたえのある展覧会です。
期間中に品評会が行われます。

問合せ先:久留米市田主丸総合支所 産業振興課  TEL 0943-72-2110

 西日本菊花大会 

2017年11月1日(水)~22日(水)
宗像市/宗像大社

西日本で最大の菊花展で、境内には全国の菊花愛好家が丹精込めて作り上げた大輪、懸崖、盆栽など約3,000鉢が展示されます
期間中は宗像観光ボランティアによる無料境内案内も行われます。

問合せ先:宗像大社 TEL 0940-62-1311
ご参考・・宗像大社Webサイト

動く 肥前やきもの圏フェア

肥前やきもの圏フェア

2017年11月3日(金・祝) 13:00~
福岡市/ライオン広場(中央区・福岡三越北側)

佐賀県と長崎県にまたがる「肥前やきもの圏」は、400年にわたり魅力的なやきものを生み出し続けています。
そんな「肥前やきもの圏」で作られたぐい呑みと日本酒を楽しめるイベントが、バルウォーク福岡メイン会場で開催されます。
バルウォーク福岡のチケットをお持ちの方なら、無料で参加可能です。
ぜひ会場で、お気に入りのぐい呑みとお酒を探してみませんか?

問合せ先:バルウォーク福岡実行委員会 TEL 092-401-0877
ご参考・・肥前やきもの圏Webサイトへ、バルウォーク福岡Webサイト

動く 恋木神社 良縁成就祭

恋木神社 良縁成就祭

2017年11月3日(金・祝) 11:00~12:00
筑後市/水田天満宮・恋木神社

水田天満宮境内の中にある末社の一つ・恋木神社は、全国でただ一つ「恋命(コイノミコト)」を祀った神社。菅原道真公が都に残してきた妻子を恋偲ぶ心をお祀りした神社です。現在は、恋愛成就の神様として親しまれ、全国から特に若い女性が参拝に訪れます。この日は良縁成就の特別祈願を行い、特別にご祈祷したお守りを授与します。

問合せ先:水田天満宮 TEL 0942-53-8625
詳細は・・水田天満宮Webサイト

動く 秋色マルシェ 恋びより

秋色マルシェ 恋びより

2017年11月3日(金・祝) 10:00~15:00
筑後市/水田天満宮・恋木神社

オリジナルの雑貨やイラスト、お菓子など作る筑後市で人気のハンドメイドクリエイター、約20店が恋木神社境内に集合。
この日、恋木神社では「良縁成就祭」が行われ、出逢いを求める男女で賑わいます。
是非、活気に溢れたマルシェへ!

問合せ先:筑後市観光協会 TEL 0942-53-4229

動く 花立山 秋の収穫祭

新鮮な野菜

2017年11月3日(金・祝) *雨天時は5日(日)に順延
小郡市/城山公園

爽やかな秋晴れの中、「花立山を楽しむ会」の呼びかけによって行われる秋の収穫祭。地元で収穫された新鮮な野菜や花、観葉植物、手作りの食品や漬け物、味噌など特産品を売る店が城山公園の広場にずらりと並びます。
また即売コーナーや子どもたちと一緒に巣箱を作るコーナーなど、大人から子どもまで一日中遊べる催し物が開かれます。

問合せ先:事務局 TEL 090-8768-6757

動く おごおりんぐ Walking×おごおり

おごおりんぐ Walking×おごおり

2017年11月3日(金・祝) 受付9:00~10:00 *雨天時は5日(日)に順延
小郡市/タート:小郡運動公園、ゴール:城山公園

小郡の魅力を味わえるウォーキングイベント「おごおりんぐ」。
今秋は、秋晴れの田園風景と花立山周辺にある史跡をめぐるコースです。

【参加費】 500円(保険料含む・未就学児無料) *要事前申込

問合せ先:小郡市観光協会 TEL 0942-72-4008

動く みかん狩り交流会

みかん狩り交流会

2017年11月3日(金・祝) 10:00~14:00 *小雨決行、みかんがなくなり次第終了
福津市/内殿みかん畑(JA上西郷支店近く)

今年もやります! 毎年恒例のみかん狩り交流会!
会場内はみかん食べ放題! 豚汁、ぜんざい、フランクフルトの屋台もあります。
抽選会では、地元の新鮮な野菜や商品券をプレゼント。

【入場料】 大人(20歳以上)100円、子ども無料
*持ち帰りは1キロ150円
*事前申込不要
*なまずの郷(臨時駐車場)からみかん狩り会場そばまで、無料送迎バスが運行します(最終発車時刻は13:15)

問合せ先:一財)むなかた地域農業活性化機構 TEL 0940-36-7883

動く 秋をたずねて田主丸 来て見てん山苞の道 

来て見てん山苞の道

2017年11月3日(金・祝) 9:00~16:00 *雨天決行
久留米市/山苞の道周辺(田主丸町)

耳納山の麓に全長5キロにわたる「山苞(やまづと)の道」という道があります。「苞」は、ワラに包まれたみやげものという意味があり、源氏物語の中にも「山苞にもたせ給えり紅葉」という句があります。山苞の道とは、山に包まれた道、そしておみやげの多い道を意味しており、山里をゆっくり歩いて見てもらいながら、手に心におみやげを持ち帰ってもらおうというイベントです。
いろんな歴史・旧跡とともに絵画、陶芸、染物、手作り家具など、そこに暮らす人々の手によるものがギャラリーとなり、お店となって訪れる人を温かく迎えます。また、巨峰ワイナリーや紅乙女酒造耳納蒸留所の見学のほか、手作りのパンやジャムなどの美味しいものとの出会いがあります。

問合せ先:久留米観光コンベンション国際交流協会 田主丸事務所 TEL 0943-72-4956

 くるめ街かど音楽祭 2017 

2017年11月3日(金・祝)~4日(土) 10:00~17:00 *会場により時間が異なります。
久留米市/両替町公園会場、その他10会場(久留米シティプラザ・六角堂広場会場など)

「街に音楽があふれる」をテーマに開催される「くるめ街かど音楽祭」。
5年目となる今年も、ロック、ポップス、ジャズ、クラシック、邦楽など様々なジャンルのプロ・アマチュアミュージシャン約100組が久留米に集結。観覧無料のコンサートを実施します。

【メインステージ出演ミュージシャン】
・ASTERISM・ISEKI ・植田真梨恵 ・奥華子 ・Official髭男dism ・THE FOREVER YOUNG ・田中菜緒子 ・藤田麻衣子
*昨年のくるめライブチャレンジ年間チャンピオン「百音(もね)」や、今年の「くるめライブチャレンジ2017」ベストパフォーマー4組も出演予定。
*アマチュアミュージシャンは一般公募により募集
【飲食販売コーナー(10:00~17:00)】
両替町公園:やきとり、お好み焼き、スイーツ、ビール、カクテル、ソフトドリンクなど
六角堂広場:軽食、コーヒーなど
【無料楽器演奏・製作体験コーナー(10:00~16:00)】
両替町公園:お筝に触れてみよう!楽器を作ろう!
六角堂広場:バイオリンやウクレレを弾いてみよう!

問合せ先:公財)久留米文化振興会(石橋文化センター内「くるおん」係) TEL 0942-33-2271

見る 神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展

ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像

ジュゼッペ・アルチンボルド
《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》1591年、油彩・板、スコークロステル城、スウェーデン Skokloster Castle, Sweden

2017年11月3日(金・祝)~12月24日(日)
福岡市/福岡市博物館2階 特別展示室(早良区)

あらゆるジャンルを横断する稀代のコレクター、ルドルフ2世が見つめた、美しく妖しい世界
プラハに宮廷を構え、神聖ローマ帝国皇帝として君臨したハプスブルク家のルドルフ2世(1552-1612)は、稀代の収集家として、また芸術の庇護者として知られています。16世紀末から17世紀初頭、彼の宮廷には世界各地から優れた人物たちが集結し、芸術作品、あるいは科学機器等のあらゆる優れた創作物、更には新たに発見された珍奇な自然物などが集められ、文字通り「驚異の部屋」とでも呼ぶべき膨大なコレクションが形成され、当時のヨーロッパの芸術文化の一大拠点となりました。
本展ではジュゼッペ・アルチンボルドをはじめ、ルドルフ2世が愛好した芸術家たちの作品を中心に、占星術や錬金術にも強い関心を示した皇帝の、時に魔術的ともいえる魅力に満ちた創造と科学の世界を、九州のみならずアジアで観る機会の少ない西洋美術の一級品、絵画、工芸品、当時の科学機器などで紹介します。

九州初上陸! 皇帝に寵愛された画家アルチンボルドが描く異色の肖像画!
出展作品の中でも、謎の肖像画として世界中の注目を集め続けている、アルチンボルド作《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》は、九州初公開となる傑作です。植物や動物など事物を組み合わせ、四季を掌握する力を持つ神として描かれた皇帝の肖像画を特別公開します。
ルドルフ2世は、1583年に帝都をウィーンからプラハに移し、独自の芸術文化をその宮廷に花開かせました。ヨーロッパの人々でも不可解という、魅惑的で魔術的ともいえる世界観を形成しているコレクションを作り上げたことで知られています。

動物、植物、昆虫のオンパレード-繊細な自然観察から生まれた傑作名画の数々
ルドルフ2世のもとには、新たに発見された博物のみならず、新たに発明された科学機器、創造された芸術作品が収集されました。動物、植物、鉱物などの自然物も、皇帝コレクションの一部を構成しました。

絵画だけじゃない! 工芸品、発明品の数々
同時代のあらゆる蒐集家を凌駕し、自身のコレクションに国力が強化された姿を見ようとしたルドルフ2世。そのコレクションには、当時、最先端であった天文学や科学の知識、高い工芸技術力が結晶化した文物が揃っていました。本展では、同時代の美術工芸品をご紹介します。

【休館日】  月曜日 *月曜日が祝日の場合は開館、翌日休館
【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【観覧料】  一般1,500円(1,300円)、高大生900円(700円)、小中生600円(400円)
       *( )内は前売、20人以上の団体、満65歳以上、外国の方の割引料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
詳細は・・公式Webサイト
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

応募フォーム

【関連イベント】
講演会= ルドルフ2世の宮廷で花開いた芸術(仮題)
本展ヨーロッパ側監修者、アラン・タピエ氏が特別来日!
【日時】 11月3日(金・祝) 13:00~14:30
【会場】 福岡市博物館1階 講堂
【出演】 アラン・タピエ(元リール美術館館長) *通訳付
【定員】 240名(要事前申込、応募多数の場合は抽選)
【料金】 無料(ただし本展の観覧券もしくは半券が必要)
【参加申込締切】 10月11日(水)
講演会= 片桐仁による独善的博物館の楽しみ方・アートの魔力
コメディアンであり、不条理粘土アーティストとして活躍中の片桐仁氏が「アートの魔力」と博物館の楽しみ方を語り尽くします。
【日時】 11月22日(水) 16:30~17:30
【会場】 福岡市博物館1階 講堂
【出演】 片桐仁(コメディアン、俳優、彫刻家)
【定員】 240名(要事前申込、応募多数の場合は抽選)
【料金】 無料(ただし本展の観覧券もしくは半券が必要)
【参加申込締切】 10月30日(月)
パフォーマンス= フラワーライブパフォーマンス「伝巧節花」驚異の世界スペシャルver.
植物の生命を多方面から観察しアートの世界と結びつける-福岡市の花屋集団「伝巧節花」が贈る一期一会の舞台。
【日時】 12月3日(日) 14:00~15:00
【会場】 福岡市博物館1階 講堂
【出演】 伝巧節花/猪俣悟、大内田美紀(DOUBLE CROWN)、
     村上康平(October Crutch Flowers)、勝野剛(THE MANGROVE)、
     松下大志(GARGOYLE)
【定員】 240名(要事前申込、応募多数の場合は抽選)
【料金】 無料(ただし本展の観覧券もしくは半券が必要)
【参加申込締切】 11月15日(水)
音楽会= 弦楽アンサンブルコンサート「ウィーン・プラハの調べ」
【日時】 11月18日(土) 11:00~11:30、13:00~13:30
【会場】 福岡市博物館1階 グランド・ホール
【出演】 ヴァイオリン・・齋藤羽奈子(九州交響楽団)、葉石真衣(九州交響楽団)
     ヴィオラ・・細川泉、チェロ・・石原まり(九州交響楽団)
【料金】 無料(申込不要)
学芸員によるギャラリートーク
本展担当学芸員によるギャラリートーク。
【日時】 第2・4水曜日 14:00~
【会場】 福岡市博物館 特別展示室
【料金】 無料(申込不要。ただし本展入場者が対象)
スペシャル・コラボレーション=
 現代美術作家 フィリップ・ハース×ルドルフ2世の驚異の世界展

アルチンボルドの絵画を立体作品として再現!
アメリカの現代美術作家フィリップ・ハースの作品が九州に初上陸します。(撮影可!)

動く 博多券番の芸妓衆とお座敷体験

博多券番の芸妓衆とお座敷体験

2017年11月4日(土) 12:00~14:00
福岡市/料亭 三光園(中央区清川)

博多伝統芸能の担い手、博多芸妓の舞と唄を楽しみながら、老舗料亭の「三光園」で季節のお料理を味わいます。
黒紋付に博多献上帯姿の艶やかな芸妓衆の舞は必見です!
博多芸妓を身近に感じて博多の伝統芸能を堪能してみませんか。

博多券番とは
券番とは、芸妓が所属し、お座敷の取り次ぎを行ったりする事務所のことです。
博多に最初の券番ができたのは明治22年(1889)、現在の博多区旧奈良屋小学校付近の相生町に相生券番が設けられました。その後、中洲券番など5つの券番が存在するようになりました。当時は好景気に後押しされて料亭は大にぎわいだったといいます。その後、戦争で一時中断し、戦後いくつかの券番が復活しますが、最終的にはすべての券番がひとつにまとまって博多券番となりました。券番の誕生は明治になってからですが、博多の芸妓そのものは江戸時代の中頃から存在したと言われており、大阪の芸者が長崎に招かれた帰り道など、博多に定住し博多芸妓になったのがルーツになったといわれています。
最盛期は2,000名を超える芸妓がいたそうですが、時代の移り変わりとともにその数は減ってきており、現在、博多券番には17名の芸妓が所属しています。

【定員】 各日90名 *要事前予約
【料金】 15,000円 

問合せ先:福岡観光コンベンションビューロー TEL 092-733-5050

動く 第12回 TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~

TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~

2017年11月4日(土)~5日(日) 4日=10:00~19:30、5日=11:00~17:00(予定)
田川市/石炭記念公園他

今年で12回目の開催を迎える「炭坑節まつり」。多数の出店が軒を連ねるほか、様々なイベントが盛りだくさん! まつりのクライマックスは、「炭坑節総踊り」。炭坑節の歌詞に歌われる「香春岳」「二本煙突」「竪坑櫓」をバックに、「炭坑発祥の地・田川」ならではの本場の炭坑節が体感できます。

問合せ先:TAGAWAコールマイン・フェスティバル実行委員会(田川市たがわ魅力向上課内)
     TEL 0947-85-7147
詳細は・・公式Webサイト

動く 第24回 草野まちかど博物館 

草野まちかど博物館

2017年11月4日(土)~5日(日) 10:00~16:00
久留米市/草野町一帯

草野町の「伝統的町並み保存地区」を中心に、草野町の有志により古い民家、庭園等を一般開放します。草野町に残る古民家をはじめ社寺、仏閣などでは、普段は見られない貴重な美術・文化資料を展示します。
*久留米市世界のつばき館が「まちかど博物館」総合案内所になります。
 久留米つばきやめずらしい世界のつばきを展示していますので、合わせてお楽しみください。
*期間中は、「まちかど博物館無料巡回バス」、JR久留米駅・西鉄久留米駅より「無料シャトルバス」も運行されます。

問合せ先:同実行委員会事務局(草野校区コミュニティセンター内) TEL 0942-47-0002

動く 第30回 ふるさとみづま祭 

ふるさとみづま祭

2017年11月4日(土)~5日(日) 4日=10:00~18:00、5日=9:30~19:00
*「みづまん市」、「ちっごへその市」は売り切れ次第終了。

久留米市/水沼の里2000年記念の森(三潴町)

YOSAKOIみづま2017や町内23地区の子ども達による「子どもパフォーマンス大会」、キャラクターショー、音楽ステージなど見どころが満載。また、会場内では筑後地区物産展「ちっごへその市」、「みづまん市」が開催され、公園内のテントには約100もの食や物産の店が並びます。
広い芝生の公園内で、ステージイベントやテント巡りで一日中楽しんでいただける祭りです。

問合せ先:同実行委員会事務局(久留米市三潴総合支所 産業振興課内) TEL 0942-64-2315

動く 秋酔の内野 宿場のにぎわい

秋酔の内野 宿場のにぎわい

2017年11月10日(金)~12日(日) 10:00~16:00 *ライトアップは20:00まで
飯塚市/内野宿各所

宿場の面影が残る長崎街道内野宿をワラジで歩いたり、紅葉の名所めぐり、古式七五三詣り、黒田藩陽流抱え大筒、秋のにぎわい市、内野宿ライトアップなど、秋を満喫できるイベントが盛りだくさん!
内野の大銀杏もみなさんのお越しをお待ちしております。

問合せ先:内野宿長崎屋 TEL 0948-72-5581

 第5回 城島郷・酒街道をゆく 

城島郷・酒街道をゆく

2017年11月11日(土)・18日(土) 10:00~16:00
久留米市/筑紫の誉、比翼鶴、瑞穂錦、有薫(18日のみ)

福岡の酒どころ城島で、町並みとお酒を心ゆくまで堪能する2日間!!
飲みくらべおちょこ(300円)を蔵元で購入すると、城島のお酒が最大9杯まで飲める他、飲みくらべカードの提示でもお得なサービスの特典があります。
西鉄大善寺駅から酒蔵を巡回するシャトルバスも運行されます。
ぜひ城島の美味しいお酒を味わいにお出かけください。

【参加蔵元】 筑紫の誉、比翼鶴、瑞穂錦、有薫(18日のみ)

問合せ先:久留米市西部ツーリズム協議会(久留米市城島総合支所 産業振興課) TEL 0942-62-2115

動く 第33回 絣の里巡りin筑後

絣の里巡りin筑後

2017年11月11日(土)~12日(日) 11日=9:00~17:00、12日=9:00~16:00
筑後市/本部:熊野区公民館

筑後市北西部に集中する久留米絣の工房6か所を巡るイベントです。絣の服や小物が産地価格で販売されるほか、藍染・手織体験を行えます。また久富公民館では市内外の窯元が集合した陶器展を開催します。
秋の筑後路の散策やお気に入りの商品を探しに、絣の里巡りへ来てみませんか。
*期間中、JR羽犬塚駅・筑後船小屋駅から巡回無料シャトルバスを運行。

問合せ先:筑後市観光協会 TEL 0942-53-4229
詳細は・・筑後市観光協会Webサイト

動く 第30回 八女上陽まつり

八女上陽まつり

2017年11月11日(土)~12日(日)
八女市/春の山公園(上陽町)

「きんま」に俵400キロ(レディースの部は200キロ)を載せ、42.195メートルを駆け抜けるタイムレースです。
「きんま」は、「木馬」と書き、上陽地区では山から木材を搬出するために利用した木のソリです。このきんまを引いて、県内外のチームが速さやパフォーマンスを競い合って熱戦を繰り広げます!
また、ジュニアきんまレースでは、主催者が準備した「きんま」に俵(小学校4年生以下の部は80キロ、小学校6年生以下の部は120キロ)を載せ、42.195メートルを人力で引いて速さを競います!
優勝賞品、パフォーマンス賞その他、各賞もあります。
11日(土)第17回ジュニアきんまレース
12日(日)第25回全日本きんま選手権大会

出場チーム募集中!
詳細は・・八女市Webサイト
【参加申込締切】 10月16日(月)

問合せ先:同実行委員会事務局(上陽支所建設経済課内) TEL 0943-54-2219

 若竹屋 秋の蔵祭り 

2017年11月11日(土)~12日(日) 10:00~16:00
久留米市/若竹屋酒造場(田主丸町)

創業300年の歴史を持つ若竹屋で、秋の蔵祭りを開催します。通常は販売していない杜氏の隠し酒や、「生あまざけ」の販売、外れなしの「開運くじ引き」があります。試飲処「元禄蔵」では、特別な吟醸酒の量り売りが大人気です。
*入場無料、一部有料試飲あり

問合せ先:若竹屋酒造場 TEL 0943-72-2175
ご参考・・若竹屋酒造場Webサイト

動く 第43回 ふるさとくるめ農業まつり 

ふるさとくるめ農業まつり

2017年11月11日(土)~12日(日) 10:00~16:00
久留米市/久留米百年公園、リサーチセンタービル

久留米の自然・実り・食・農業にふれあうことができる楽しさいっぱいの秋のイベントです。久留米産農産物の販売やここでしか食べられないグルメ、久留米の農業に関する体験イベントなど、一日中楽しめる催しが盛りだくさんです。
また、「くるめ食育フェスタ2017」も会場内で同時開催です。

JAくるめゾーン
 新鮮な農産物の販売や、農業まつり限定メニューなど地元グルメ盛りだくさん!
ミルク広場
 バターなど乳製品の販売、模擬牛による搾乳体験やバター作り体験、子牛とのふれ合いも
催し広場
 ガーデニングに最適な植木や花の販売、キユーピー(株)とのコラボによるおいしい野菜の食べ方提案、九州北部豪雨被災地の物産品販売など
リサーチセンタービル
 フラワーアレンジメント教室をはじめ、食や農に関する体験・展示・情報発信コーナーが充実
その他、 久留米市のゆるキャラ「くるっぱ」のふわふわトランポリンや、スタジオMJによるパフォーマンスライブなど、ご家族揃って楽しめるたくさんの催しがあります。

問合せ先:同実行委員会事務局(久留米市農政課内) TEL 0942-30-9163

 ワールドちゃんぽんクラシック2017 in KURUME 

2017年11月11日(土)~12日(日) 10:00~16:00
久留米市/久留米シティプラザ 六角堂広場

日本全国さらに韓国からも「ご当地ちゃんぽん」が大集結!食べ比べて、美味しい一杯を見つけよう!

【料金】 入場無料 *各ちゃんぽんの購入は有料となります。(1杯500円)

問合せ先:久留米商工会議所 TEL 0942-33-0214

動く 呑山観音寺 蚤の市「観音市」

観音市

2017年11月12日(日) 10:00~15:00
篠栗町/呑山観音寺駐車場

観音市は呑山観音寺で開催の蚤の市です。
野菜や食べ物、手作りの品や雑貨、小物、家具、骨董、園芸用品、古着など様々なお店が集まります。
11月は真っ赤に色付いた紅葉とともにお楽しみください(天候により変動します)。
*当日は13:00より、紅葉の森音楽会が開催されます。
*JR福北ゆたか線(篠栗線)篠栗駅より西鉄バスが運行いたします。
*出店者も随時募集中(出店料1,000円)です。

問合せ先:呑山観音寺 TEL 092-947-6384
詳細は・・呑山観音寺Webサイト

動く 平成29年度 第13回 いきいき商工農フェスタ

2017年11月12日(日)
筑紫野市/上古賀グランド

筑紫野市内各商店街の活動を広く市民に知ってもらうと共に、商工農業者と消費者のふれあいの場として開催します。
当日は各商店街・地区から多彩な商品を紹介・販売し、抽選会などの楽しいイベントも開催します!!
・本まぐろ解体ショー ・九州産業高校吹奏楽演奏 ・ちくしの屋台市 ・朝倉東峰復興ブース開設 ・餅まき ・抽選会 ・物産販売 ・飲食コーナー ・足湯など

問合せ先:筑紫野市商工会 TEL 092-922-2361

動く 城島鬼面ウオーキング大会  

城島鬼面ウオーキング大会

イメージ

2017年11月12日(日) 受付8:30~、開会式9:00~  *少雨決行
久留米市/スタート・ゴール:城島町民の森 (城島町)

久留米市城島町は約400年の歴史がある瓦の産地であり、町のあちこちに設置された鬼面のモニュメントをめぐるウオーキング大会です。

【コース】 3キロコース(いきいき健康コース・ノルディック体験コース)
      5キロコース(親子にこにこコース)
      10キロコース(城島鬼面めぐりコース)
      *ノルディック体験コースは、
       身長が130センチ以上の方で、事前申込(11月2日まで)が必要です。
      *ノルディックポールは主催者が準備します。
【参加料】 事前申込300円(11月2日まで)、当日500円(保険料を含む)、中学生以下無料
      *参加者にはすてきな記念品があります。
【持参品】 お茶、帽子、着替え、雨具など

問合せ先:久留米市城島総合支所 市民福祉課 TEL 0942-62-2112
     久留米南部商工会  TEL 0942-64-3649
     当日の問合せ TEL 090-8833-2829
詳細は・・ほとめきの街 久留米Webサイト

見る 大相撲十一月場所(九州場所)

2017年11月12日(日)~26日(日)
福岡市/福岡国際センター

福岡・九州旅行を兼ねて、大相撲十一月場所(九州場所)観戦はいかがでしょうか。

【料金】 タマリ席14,800円、枡席9,500円~、椅子席2,300円~
     椅子自由席(当日販売)/大人2,100円、小人200円

予約先:チケット大相撲予約専用ダイヤル TEL 0570-02-9310
詳細は・・財)日本相撲協会Webサイト

 柿祭り&ヌーボー祭り 

柿祭り・ヌーボー祭り

2017年11月18日(土)~19日(日) 10:00~16:00
久留米市/田主丸町内9軒の観光農園・(株)巨峰ワイン

旬の柿狩りと、巨峰ワインの新酒、柿ワインを楽しむお祭りです。
各農園での柿狩りのほか、9軒の柿農園それぞれが、趣向を凝らしたイベントを実施し、手づくりジャムや農産物のプレゼント、豪華景品が当たる抽選会などを開催します。
ヌーボー祭りでは、巨峰でつくったヌーボーワインの限定販売や、柿ワインの販売、ハズレなしのワインくじや柿の積み上げ競争などが行われます。

問合せ先:柿祭り=久留米観光コンベンション国際交流協会 田主丸事務所 TEL 0943-72-4956
     ヌーボー祭り=巨峰ワイン TEL 0943-72-2382

 きたの総合文化祭 

2017年11月18日(土)~19日(日)
久留米市/北野生涯学習センター(北野町)

2日間にわたり、音楽、踊りなどの芸能発表と、手芸、工芸などの展示発表を行います。出場者、出品者の方の日頃の成果が大いに発揮される発表です。また、食品バザーやお茶席もあります。

問合せ先:同実行委員会事務局(久留米市北野総合支所 文化スポーツ課) TEL 0942-78-2308

動く 第33回 田主丸耳納の市 

田主丸耳納の市

2017年11月18日(土)~19日(日) 18日=9:30~16:00、19日=10:00~16:00  *雨天決行
久留米市/福岡県緑化センター(田主丸町)

植木苗木、フルーツの里・田主丸町の一大イベント。
植木苗木、柿、野菜や食べ物の露店が出店し、楽しいステージイベントも盛りだくさんです。

問合せ先:同実行委員会事務局(久留米市田主丸総合支所 産業振興課内) TEL 0943-72-2110

 柳坂ハゼ祭り 

柳坂のハゼ並木"

2017年11月18日(土)~12月3日(日)
久留米市/柳坂ハゼ並木周辺(山本町)

柳坂曾根の櫨並木は、久留米藩が寛保2年に灯明用の蝋の原料として植樹したもので、「伊吉ハゼ」を中心に約200本、約1.1キロ続く並木道です。 老木のハゼは高さ5~6メートル、幹周り2メートル以上あるものもあり県の天然記念物に指定され、新・日本街路樹100景にも選ばれています。
また、11月18日、19日、23日は歩行者天国になります。沿道は、野菜や果物など地元の産物を売る店で賑わいます。
また、櫨並木を過ぎ、けしけし山の登山道に入ってすぐのところにある日本三大薬師のひとつといわれている「永勝寺」の紅葉も見事です。
*11月18日(土)福岡県資源活用研究センターでは園内が解放され、ふれあいフェスタ久留米会場が実施されます。

問合せ先:同実行委員会 TEL 0942-44-1228

 第13回 くるめ光の祭典「ほとめきファンタジー」 

くるめ光の祭典「ほとめきファンタジー」

2017年11月18日(土)~2018年1月8日(月・祝) 点灯時間=17:00~24:00
久留米市/西鉄久留米駅東口広場、明治通り(六角堂広場周辺)ほか

約30万球のLEDを使い、各会場を華やかな光で彩ります。
また、一番街から六ツ門までの商店街においてもイルミネーションによる演出で、冬の中心市街地に光のプロムナードをつくります。

問合せ先:株)ハイマート久留米 TEL 0942-37-7111、久留米市商工政策課  TEL 0942-30-9134

動く 呑山観音寺 蚤の市「観音市」

観音市

2017年11月19日(日) 10:00~15:00
篠栗町/呑山観音寺駐車場

観音市は呑山観音寺で開催の蚤の市です。
野菜や食べ物、手作りの品や雑貨、小物、家具、骨董、園芸用品、古着など様々なお店が集まります。
11月は真っ赤に色付いた紅葉とともにお楽しみください(天候により変動します)。
*当日は10:30より、観音祭護摩法要が執り行われます。
*JR福北ゆたか線(篠栗線)篠栗駅より西鉄バスが運行いたします。
*出店者も随時募集中(出店料1,000円)です。

問合せ先:呑山観音寺 TEL 092-947-6384
詳細は・・呑山観音寺Webサイト

 第7回 筑後七国まかない飯グランプリ

まかない飯グランプリ

2017年11月19日(日) 9:30~16:00
*8:30~チケット販売開始、9:30~16:00食品提供、15:00投票締切、16:00頃表彰式

筑後市/筑後広域公園

筑後七国(八女市・筑後市・柳川市・大川市・みやま市・広川町・大木町の五市二町)内の食の名店・約30店が「メニューには載っていない隠れメニュー」(まかない飯)を提供し、来場者による投票で、グランプリを決定する食のイベントです。
*福岡県市町村対抗駅伝、ふるさとフェアなどが同時開催。

問合せ先:同実行委員会 TEL 0942-52-3121
ご参考・・公式Webサイト

 宝の山 高良山もみじ狩り 

高良山もみじ狩り"

2017年11月19日(日) 10:30~14:00
久留米市/高良山参道中腹「旧宮司邸日暮庭」

高良山の参道中腹に「もみじ谷」とよばれる、江戸時代から続く紅葉の名所があり、地元の方々が中心となって開催される祭りです。
この場所は高良山十景の1つ「中谷の紅葉」と呼ばれ、モミジの古木が色づく様は圧巻です。もみじ谷は往時の高良山26ヶ寺の中心であった蓮台院御井寺跡(明治に藩主有馬家の邸宅、さらに後には高良大社宮司邸)にあり、今も残る山門とモミジは印象的な景色を見せてくれます。「日暮庭」とは、あまりに景色がすばらしいので時間が経つのを忘れてしまう、という意味で別称されました。澄んだ空気の中で、歴史ある高良山の紅葉を愛でながら、趣のある時間を過ごしてみませんか。

各種催し
子供太鼓、民謡、にわか、タヒチアンダンス、高良山の歌と仲間たち、ひょとこ踊り
御接待(有料)
もみじ茶、ぜんざい、おにぎり、カッポ酒、お餅各種(地場産米)、焼きそば、地元新鮮野菜
*小学生、中学生、高校生、大学生の皆さんと会場で餅つき大会を行います。来場者に飛び入り参加頂く企画もあります。

問合せ先:高良山の森と環境を守る会事務局(御井校区コミュニティセンター内) TEL 0942-44-0516

動く 九州オルレフェア 久留米・高良山コース 「甘くて、紅葉(あま)い高良山」 

御手洗池"

御手洗池

2017年11月19日(日) *雨天決行・荒天中止
久留米市/

高良山の紅葉が見頃を迎える九州オルレ久留米・高良山コース。
オルレフェアでは、「甘くて、紅葉(あま)い高良山」と銘打ち、コース上で様々な甘いおもてなしをお楽しみいただけます。なかには、普段世界のつばき館だけで販売されている「つばきジェラート」や地元ボランティアの手作りスイーツなどもあります。
*同日開催「宝の山高良山もみじ狩り」

【参加料】 1,000円(要事前申込)
【定員】  200名(先着順。10月23日(月)8:30~受付開始

問合せ先:久留米市観光・国際課 TEL 0942-30-9137

動く サイクルファミリーパークフェスタ2017 

サイクルファミリーパークフェスタ

2017年11月19日(日) 9:00~16:00  *雨天決行
久留米市/久留米サイクルファミリーパーク(御井町)

広いスペースに、いろんな自転車で遊ぶコースや楽しい施設がいっぱいの久留米サイクルファミリーパークで秋の恒例「サイクルファミリーパークフェスタ2017」が開催されます。この日は、中学生までは入場無料!
サイクルパン食い競走や、ポニー乗馬体験など、イベント盛りだくさんです。
●サイクルパン食い競走 ●ポニー体験乗馬(1回300円) ●カッパフワフワ(10分200円) ●マウンテンバイク教室 ●リム回し競走 ●模擬店(焼きそば・たこ焼き他)の出店あり。

【入園料】 大人200円 、子ども(4歳~中学生まで)無料
      *自転車や施設の利用料は別途必要です。

問合せ先:久留米サイクルファミリーパーク TEL 0942-45-5656
     久留米観光コンベンション国際交流協会  TEL 0942-31-1717
ご参考・・久留米観光コンベンション国際交流協会Webサイト

 太宰府天満宮 更衣祭

2017年11月20日(月)
太宰府市/太宰府天満宮

天神様がお召しになっている夏の御衣(白羽二重の単衣)を冬の御衣(白羽二重の袷)にお取替えする祭典です。この祭典は春(4月)と秋(11月)の二季に行われます。かがり火を焚き、宮司が御本殿の御内陣に参入し、直接御衣をお取替えいたします。

問合せ先:太宰府天満宮 TEL 092-922-8225
ご参考・・太宰府天満宮Webサイト

動く 第36回 くるめ緑の祭典「緑のハイキング」 

くるめ緑の祭典 緑のハイキング

2017年11月23日(木・祝) 9:00集合  *雨天中止
久留米市/耳納連山(集合:御井小学校)

耳納連山の自然と、美しい紅葉を楽しむ緑のハイキングは、御井小学校から高良大社、森林つつじ公園、兜山、ハゼ並木までのコースと、昼食会場から折り返し集合場所まで戻る2コースで、自然歩道を約7キロ歩きます。
途中、兜山の昼食会場では、豚汁無料配布(マイカップ、マイ箸持参にご協力ください)やゲーム、高良山の昆虫や植物の説明があります。

【参加費】  無料
【参加資格】 健康で山歩きが可能な方(ただし小学生以下は保護者同伴)

問合せ先:久留米みどりの市民会議事務局 TEL 0942-44-6773
     久留米市都市建設部 公園緑化推進課  TEL 0942-30-9087

 麻生大浦荘 紅葉特別公開

麻生大浦荘 紅葉特別公開

2017年11月23日(木・祝)~30日(木) 9:30~17:00 *入場は16:30まで
飯塚市/王塚古墳

春と秋に特別公開される麻生大浦荘は、「筑豊御三家」のひとつに数えられた麻生家の初代、太吉の長男、太右衛門の住宅として建築された麻生一族の住宅のひとつで、数寄を凝らした和風入母屋書院造りが美しい邸宅は大正末期に建てられたと言われています。1階773.4平方メートル(約234坪)2階62.7平方メートル(約19坪)の広さを持つ大浦荘の建材は主に桧と杉、柱は四方柾に製材されており非常に高価な木材が使用されています。
また欄間にも精緻細工が施されており、贅を尽くして建築されたことが伺えます。
この期間だけの美しい庭園の紅葉をお楽しみください。

【入館料】 無料  *雨天時は庭園立入禁止

問合せ先:飯塚観光協会 TEL 0948-22-3511
ご参考・・飯塚観光協会Webサイトへ、麻生グループWebサイト

 旧伊藤伝右衛門邸10周年記念事業 スペシャルトークショー

伊藤伝右衛門 スペシャルトーク

2017年11月25日(土) 12:00~13:30
飯塚市/イイヅカコスモスコモン 中ホール

伊藤伝右衛門ゆかりの人びと、大いに語る
旧伊藤伝右衛門邸は平成19年4月に一般公開を開始し、平成29年4月に開館10周年を迎えました。
旧伊藤伝右衛門邸の開館10周年を記念してスペシャルトークショーが開催されます。
旧伊藤伝右衛門邸や麻生大浦荘が撮影現場となったNHK銀河テレビドラマ「恋の華~白蓮~」(昭和60年放送)において、伊藤伝右衛門役を演じた俳優 中村嘉葎雄氏が、役を通じた伊藤伝右衛門像を語ります。

【ゲスト】 中村嘉葎雄氏(俳優)、伊藤興十郎氏(伊藤伝右衛門の孫)、宮崎黄石氏(柳原白蓮の孫)
      司会・瀬下麻美子氏(飯塚市観光アドバイザー)
【定員】  500名 *全席自由
【料金】  無料 *要事前申込

問合せ・申込先:飯塚観光協会 TEL 0948-22-3511
ご参考・・飯塚観光協会Webサイト

動く 第45回 天拝山ロードレース大会

天拝山ロードレース大会

2017年11月26日(日) 9:00開会 *雨天決行
筑紫野市/筑紫野市総合公園

ゲストランナーに、三津谷 祐さん(トヨタ自動車九州所属)を迎えて開催します。
筑紫路のあふれる紅葉を背景にさわやかな汗を流してみませんか。
走り終わった後は、万葉集にも詠まれた「いで湯の里」二日市温泉で疲れを癒してください。

【コース】 2.5キロ、5キロ、10キロの3コース
【参加料】 500円~2,500円
【参加申込締切】 2017年9月30日(土)必着

問合せ先:同実行委員会事務局 TEL 092-925-4802
詳細は・・筑紫野市Webサイト

 オータムフェスタinおごおり グルメ&スイーツそしてたすけ愛

スイーツ

2017年11月26日(日)
小郡市/小郡市生涯学習センター

小郡秋の一大イベントとなったオータムフェスタ。
今年も、小郡市生涯学習センターを中心に、小郡周辺の菓子店が集まるスイーツコレクションを開催します。館内では、恋人の聖地PRスイーツ限定販売をはじめ、おかしの街の展示やお絵かきケーキコーナー等、スイーツにちなんだイベントが目白押しです。
また、スイーツイベントだけではなく、屋外では、フリーマーケットやおごおり食の祭典(11:00~)も行われ、どなたでも楽しめるイベントとなっています。
さらに、オータムフェスタの後は、17:00~西鉄小郡駅前にて「きらめきの塔」のイルミネーション点灯イベントが行われます。
最高に盛り上がる一日にぜひお越しください。

問合せ先:小郡市観光協会 TEL 0942-72-4008

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。
 現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る