鹿児島のイベント・祭り情報 

2017年6月~7月

ふくおかサポートねっと
[レンタカーで出かけませんか]ニッポンレンタカーバジェットレンタカー旅ぷらざレンタカー予約タイムズカーレンタル(会員の方)、 タイムズカープラス(これから入会したい方)
[関東・関西発、九州旅行なら]安心の ANAスカイツアーズ

2017年6月

 屋久島の魅力を巡るスタンプラリー

2017年4月1日(木)~12月25日(月・祝)
屋久島町/屋久島環境文化村センター

まずはスタンプ台紙を購入! 島内の各ポイントを巡り、スタンプを5個以上集めてガラポン(抽選)にチャレンジ! 何が当たるかドキドキの瞬間です!
また、29個集めた人には、縄文杉発見50周年オリジナル記念品をプレゼントします。

*縄文杉発見50周年イベント*
今では屋久島のシンボル的存在となっている縄文杉は、 当時の上屋久町職員(現在の屋久島町)であった岩川貞次さんが 1966年5月28日に存在を確認し、 翌1967年1月1日発行の南日本新聞の一面にて 「生き続ける“縄文の春”」と題して掲載され、広く世に知れ渡ることとなりました。 当時取材を担当した南日本新聞の宮本秋弘記者は、 記事を「現代文明が振りかざした斧を収め、 島が無限の安らぎを取り戻すことを願わすにはおれない」と締めくくっています。 発見から50周年を機に、屋久島の観光、林業、縄文杉を巡る歴史など、 縄文杉が我々に言葉なく語ってきたことを改めて考える機会と捉え、 今後50年を見据えた島づくりを目指し、島の魅力を発信していきます。

問合せ先:屋久島環境文化村センター TEL 0997-42-2900
詳細は・・屋久島環境文化財団Webサイト

見る 屋久島環境文化村センター 特別展示「きっかけは縄文杉-それからの50年-」

2017年4月1日(木)~12月25日(月・祝)
屋久島町/屋久島環境文化村センター

今では屋久島のシンボル的存在となっている縄文杉は、 当時の上屋久町職員(現在の屋久島町)であった岩川貞次さんが 1966年5月28日に存在を確認し、 翌1967年1月1日発行の南日本新聞の一面にて 「生き続ける“縄文の春”」と題して掲載され、広く世に知れ渡ることとなりました。
それから50年。屋久島環境文化村センターにて縄文杉をテーマにした特別展示を開催いたします。

【開館時間】 9:00~17:00(展示ホールへの入場は16:30まで)
【休館日】  毎月第3火曜日
       (ただし、火曜日が祝日の場合は翌日。7月1日から10月31日までは休館日なし)
【観覧料】 大人520(420)円、高大生360(290)円、小中生260(210)円、幼児(6歳未満)無料
      *( )内は、20名以上の団体料金

問合せ先:屋久島環境文化村センター TEL 0997-42-2900
詳細は・・屋久島環境文化財団Webサイト

見る 鹿児島県歴史資料センター黎明館 「ウィークリー・ミュージアムガイド」

鹿児島県歴史資料センター黎明館 ウィークリー・ミュージアムガイド

2017年4月2日(日)~2018年3月25日(日)の毎週日曜日
鹿児島市/鹿児島県歴史資料センター黎明館

黎明館の常設展示場を展示解説員の分かりやすい解説を聞きながら、楽しく見学してみませんか。
「歴史コース」と「文化コース」を毎週交互に実施します。

【時間】  11:00~12:00
【休館日】 毎週日曜日 *ただし、12月31日(日)は休館
【観覧料】 一般230円、高校・大学生120円、小中学生60円
      *常設展示団体入館料で入館いただけます。
      *障害者手帳等の提示のあった方と、その介助者1名は無料
      *県内に居住する70歳以上無料(年齢・住所を確認できる書類の提示が必要)
*事前申込不要、1名様から御参加いただけます。

問合せ先:鹿児島県歴史資料センター黎明館 TEL 099-222-5100
詳細は・・鹿児島県歴史資料センター黎明館Webサイト

見る 霧島アートの森 平成29年度 屋内常設展コレクション展

オノ・ヨーコ≪絶滅に向かった種族≫

オノ・ヨーコ≪絶滅に向かった種族≫

2017年4月11日(火)~7月2日(日)
湧水町/霧島アートの森 屋内展示室

屋内収蔵作品42点の中から精選した作品(20点前後)をお楽しみいただく展覧会です。

【開園時間】 9:00~17:00(入園は16:30まで)
【休園日】 月曜(祝日の場合は翌日)*ただし、5月1日(月)は開園
【入園料】 一般310(240)円、高大生200(160)円、小中生150(120)円、幼児無料
      *( )内は、20名以上の団体料金

問合せ先:霧島アートの森 TEL 0995-74-5945
詳細は・・霧島アートの森Webサイト

見る 鹿児島県歴史資料センター黎明館 「大政奉還150年 黎明館企画展「小松帯刀とその時代」」

大政奉還150年 黎明館企画展「小松帯刀とその時代」

2017年5月16日(火)~9月3日(日)
鹿児島市/鹿児島県歴史資料センター黎明館

小松帯刀は、幕末期の薩摩藩における家老の中心的存在として知られている人物です。「国父」として藩の実権を握った島津久光の信頼の下、海軍を充実させるなどの強藩づくりを推進し、政局においては、薩長同盟の締結から大政奉還に至るまでの一連の動きに、藩を代表して深く関わりました。明治維新による新政府成立後も、参与や外国官副知事などの要職に就きながら、病のために若くして亡くなったことから、西郷隆盛や大久保利通に比べると、その知名度や歴史的評価は、これまで高かったとは言えない面があります。
この企画展では、帯刀が藩の家老となり、藩政に深く関わることとなった文久2(1862)年から、帯刀が亡くなる明治3(1870)年までの時期を中心に、政局の中で帯刀が果たした重要な役割や功績に関わる資料を展示します。また、帯刀の人物像やその周囲で活躍した様々な人物などにも焦点を当てながら、彼が生きた激動の時代の様相について紹介します。

【開館時間】 9:00~18:00(入館は17:30まで)
【休館日】  月曜日(祝日の時は翌日) *ただし、8月14日(月)は臨時開館
       毎月25日(土・日曜日の時は開館)
【観覧料】  一般310(230)円、高校・大学生190(120)円、小中学生120(60)円
       *( )内は、団体20名以上の団体料金
       *障害者手帳等の提示のあった方と、その介助者1名は無料
       *県内に居住する70歳以上無料(年齢・住所を確認できる書類の提示が必要)

問合せ先:鹿児島県歴史資料センター黎明館 TEL 099-222-5100
詳細は・・鹿児島県歴史資料センター黎明館Webサイト

見る 長島美術館 コレクションによる小企画 マルク・シャガール版画展「ダフニスとクロエ」

マルク・シャガール版画展「ダフニスとクロエ」

マルク・シャガール「ダフニスとクロエ」より「扉絵」

2017年5月21日(日)~7月17日(月・祝)
鹿児島市/長島美術館

長島美術館のコレクションの中から、約2年ぶりにシャガールの版画集「ダフニスとクロエ」を紹介します。
色彩の魔術師といわれ、その鮮やかな色彩を用いた作品で現在もなお多くの人々に愛され続けているシャガールは、油彩と同様、版画作品も多く発表しています。
「ダフニスとクロエ」は、2‐3世紀のギリシアの詩人ロンゴスが書いた物語で、エーゲ海に浮かぶ美しい島レスボス島を舞台に、山羊飼いと羊飼いの牧人に拾われ育てられた少年ダフニスと少女クロエの純情な愛の物語です。その物語にシャガールが挿絵として42点の版画を制作し、版画集として出版しました。季節を巡りながら進んでいくストーリーに沿って描かれたシャガールの作品は、色彩豊かに彩られ、光に溢れたギリシアの風景を表しています。
シャガールは、この版画制作のためにギリシアを取材して廻りました。その時に滞在したアテネ、ボロス島、オリンピアなどの風景や地中海の光は、シャガールに鮮烈な印象を残しました。20色以上の色を用いて表現した物語は、色彩の魔術師と称されるシャガールの芸術が凝縮されています。
物語の持つ古代ギリシアの牧歌的風景と、シャガールの色彩が放つ、カラーリトグラフの明るく幻想的な世界をぜひご覧下さい。

【開館時間】 9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】  火曜日
【入場料】  一般1,000円、高大生800円、小中生400円、シニア(65歳以上)500円
       *団体20名様以上は2割引(シニア除く )

問合せ先:長島美術館 TEL 099-250-5400
詳細は・・長島美術館Webサイト

見る 第2回霧島ロビープロジェクト アジア作家招へい事業 Agi CHEN(アジ・チェン)

第2回霧島ロビープロジェクト アジア作家招聘事業「アジ・チェン」

公開制作=2017年6月10日(土)~24日(土)
展覧会期=2017年6月10日(土)~7月2日(日)

湧水町/霧島アートの森 展示ロビー

キャラクターの配色を基に作品を制作するアジが、鹿児島のキャラクター達をデザイン化した絵画にします。好きなキャラクターに投票して作品にしてもらおう! 抽選で台湾行き往復航空券が当たる!
本年度、アジア作家を招へいする霧島ロビープロジェクトでは、アジ・チェンが公開制作やワークショップを行います。アジの作品では、世界中に流通しているアニメ等のキャラクターが、同じ配色をした同心円のフォルムに変換されます。
今回、鹿児島のマスコットキャラクターの中から、作品化する10体程度を投票で選び、アジが公開制作をします。皆様が選んだキャラクターを基にアート作品ができあがっていく様子を見ることができます。皆様の投票、ご観覧をお待ちしております。

【開園時間】9:00~17:00(入園は16:30まで)
【休園日】 月曜(祝日の場合は翌日)
【観覧料】 常設展入場料に含む
      一般310(240)円、高大生200(160)円、小中生150(120)円、幼児以下無料
      *( )内は20人以上の団体料金
      *70歳以上の鹿児島県民は無料(要:年齢・住所を確認できる書類)

問合せ先:霧島アートの森 TEL 0995-74-5945
詳細は・・霧島アートの森Webサイト

2017年7月

 屋久島の魅力を巡るスタンプラリー 

2017年4月1日(木)~12月25日(月・祝)
屋久島町/屋久島環境文化村センター

まずはスタンプ台紙を購入! 島内の各ポイントを巡り、スタンプを5個以上集めてガラポン(抽選)にチャレンジ! 何が当たるかドキドキの瞬間です!
また、29個集めた人には、縄文杉発見50周年オリジナル記念品をプレゼントします。

*縄文杉発見50周年イベント*
今では屋久島のシンボル的存在となっている縄文杉は、 当時の上屋久町職員(現在の屋久島町)であった岩川貞次さんが 1966年5月28日に存在を確認し、 翌1967年1月1日発行の南日本新聞の一面にて 「生き続ける“縄文の春”」と題して掲載され、広く世に知れ渡ることとなりました。 当時取材を担当した南日本新聞の宮本秋弘記者は、 記事を「現代文明が振りかざした斧を収め、 島が無限の安らぎを取り戻すことを願わすにはおれない」と締めくくっています。 発見から50周年を機に、屋久島の観光、林業、縄文杉を巡る歴史など、 縄文杉が我々に言葉なく語ってきたことを改めて考える機会と捉え、 今後50年を見据えた島づくりを目指し、島の魅力を発信していきます。

問合せ先:屋久島環境文化村センター TEL 0997-42-2900
詳細は・・屋久島環境文化財団Webサイト

見る 屋久島環境文化村センター 特別展示「きっかけは縄文杉-それからの50年-」

2017年4月1日(木)~12月25日(月・祝)
屋久島町/屋久島環境文化村センター

今では屋久島のシンボル的存在となっている縄文杉は、 当時の上屋久町職員(現在の屋久島町)であった岩川貞次さんが 1966年5月28日に存在を確認し、 翌1967年1月1日発行の南日本新聞の一面にて 「生き続ける“縄文の春”」と題して掲載され、広く世に知れ渡ることとなりました。
それから50年。屋久島環境文化村センターにて縄文杉をテーマにした特別展示を開催いたします。

【開館時間】 9:00~17:00(展示ホールへの入場は16:30まで)
【休館日】  毎月第3火曜日
       (ただし、火曜日が祝日の場合は翌日。7月1日から10月31日までは休館日なし)
【観覧料】 大人520(420)円、高大生360(290)円、小中生260(210)円、幼児(6歳未満)無料
      *( )内は、20名以上の団体料金

問合せ先:屋久島環境文化村センター TEL 0997-42-2900
詳細は・・屋久島環境文化財団Webサイト

見る 鹿児島県歴史資料センター黎明館 「ウィークリー・ミュージアムガイド」

鹿児島県歴史資料センター黎明館 ウィークリー・ミュージアムガイド

2017年4月2日(日)~2018年3月25日(日)の毎週日曜日
鹿児島市/鹿児島県歴史資料センター黎明館

黎明館の常設展示場を展示解説員の分かりやすい解説を聞きながら、楽しく見学してみませんか。
「歴史コース」と「文化コース」を毎週交互に実施します。

【時間】  11:00~12:00
【休館日】 毎週日曜日 *ただし、12月31日(日)は休館
【観覧料】 一般230円、高校・大学生120円、小中学生60円
      *常設展示団体入館料で入館いただけます。
      *障害者手帳等の提示のあった方と、その介助者1名は無料
      *県内に居住する70歳以上無料(年齢・住所を確認できる書類の提示が必要)
*事前申込不要、1名様から御参加いただけます。

問合せ先:鹿児島県歴史資料センター黎明館 TEL 099-222-5100
詳細は・・鹿児島県歴史資料センター黎明館Webサイト

見る 霧島アートの森 平成29年度 屋内常設展コレクション展

オノ・ヨーコ≪絶滅に向かった種族≫

オノ・ヨーコ≪絶滅に向かった種族≫

2017年4月11日(火)~7月2日(日)
湧水町/霧島アートの森 屋内展示室

屋内収蔵作品42点の中から精選した作品(20点前後)をお楽しみいただく展覧会です。

【開園時間】 9:00~17:00(入園は16:30まで)
【休園日】 月曜(祝日の場合は翌日)*ただし、5月1日(月)は開園
【入園料】 一般310(240)円、高大生200(160)円、小中生150(120)円、幼児無料
      *( )内は、20名以上の団体料金

問合せ先:霧島アートの森 TEL 0995-74-5945
詳細は・・霧島アートの森Webサイト

見る 鹿児島県歴史資料センター黎明館 「大政奉還150年 黎明館企画展「小松帯刀とその時代」」

大政奉還150年 黎明館企画展「小松帯刀とその時代」

2017年5月16日(火)~9月3日(日)
鹿児島市/鹿児島県歴史資料センター黎明館

小松帯刀は、幕末期の薩摩藩における家老の中心的存在として知られている人物です。「国父」として藩の実権を握った島津久光の信頼の下、海軍を充実させるなどの強藩づくりを推進し、政局においては、薩長同盟の締結から大政奉還に至るまでの一連の動きに、藩を代表して深く関わりました。明治維新による新政府成立後も、参与や外国官副知事などの要職に就きながら、病のために若くして亡くなったことから、西郷隆盛や大久保利通に比べると、その知名度や歴史的評価は、これまで高かったとは言えない面があります。
この企画展では、帯刀が藩の家老となり、藩政に深く関わることとなった文久2(1862)年から、帯刀が亡くなる明治3(1870)年までの時期を中心に、政局の中で帯刀が果たした重要な役割や功績に関わる資料を展示します。また、帯刀の人物像やその周囲で活躍した様々な人物などにも焦点を当てながら、彼が生きた激動の時代の様相について紹介します。

【開館時間】 9:00~18:00(入館は17:30まで)
【休館日】  月曜日(祝日の時は翌日) *ただし、8月14日(月)は臨時開館
       毎月25日(土・日曜日の時は開館)
【観覧料】  一般310(230)円、高校・大学生190(120)円、小中学生120(60)円
       *( )内は、団体20名以上の団体料金
       *障害者手帳等の提示のあった方と、その介助者1名は無料
       *県内に居住する70歳以上無料(年齢・住所を確認できる書類の提示が必要)

問合せ先:鹿児島県歴史資料センター黎明館 TEL 099-222-5100
詳細は・・鹿児島県歴史資料センター黎明館Webサイト

見る 長島美術館 コレクションによる小企画 マルク・シャガール版画展「ダフニスとクロエ」

マルク・シャガール版画展「ダフニスとクロエ」

マルク・シャガール「ダフニスとクロエ」より「扉絵」

2017年5月21日(日)~7月17日(月・祝)
鹿児島市/長島美術館

長島美術館のコレクションの中から、約2年ぶりにシャガールの版画集「ダフニスとクロエ」を紹介します。
色彩の魔術師といわれ、その鮮やかな色彩を用いた作品で現在もなお多くの人々に愛され続けているシャガールは、油彩と同様、版画作品も多く発表しています。
「ダフニスとクロエ」は、2‐3世紀のギリシアの詩人ロンゴスが書いた物語で、エーゲ海に浮かぶ美しい島レスボス島を舞台に、山羊飼いと羊飼いの牧人に拾われ育てられた少年ダフニスと少女クロエの純情な愛の物語です。その物語にシャガールが挿絵として42点の版画を制作し、版画集として出版しました。季節を巡りながら進んでいくストーリーに沿って描かれたシャガールの作品は、色彩豊かに彩られ、光に溢れたギリシアの風景を表しています。
シャガールは、この版画制作のためにギリシアを取材して廻りました。その時に滞在したアテネ、ボロス島、オリンピアなどの風景や地中海の光は、シャガールに鮮烈な印象を残しました。20色以上の色を用いて表現した物語は、色彩の魔術師と称されるシャガールの芸術が凝縮されています。
物語の持つ古代ギリシアの牧歌的風景と、シャガールの色彩が放つ、カラーリトグラフの明るく幻想的な世界をぜひご覧下さい。

【開館時間】 9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】  火曜日
【入場料】  一般1,000円、高大生800円、小中生400円、シニア(65歳以上)500円
       *団体20名様以上は2割引(シニア除く )

問合せ先:長島美術館 TEL 099-250-5400
詳細は・・長島美術館Webサイト

見る 第2回霧島ロビープロジェクト アジア作家招へい事業 Agi CHEN(アジ・チェン)

第2回霧島ロビープロジェクト アジア作家招聘事業「アジ・チェン」

展覧会期=2017年6月10日(土)~7月2日(日)
湧水町/霧島アートの森 展示ロビー

キャラクターの配色を基に作品を制作するアジが、鹿児島のキャラクター達をデザイン化した絵画にします。好きなキャラクターに投票して作品にしてもらおう! 抽選で台湾行き往復航空券が当たる!
本年度、アジア作家を招へいする霧島ロビープロジェクトでは、アジ・チェンが公開制作やワークショップを行います。アジの作品では、世界中に流通しているアニメ等のキャラクターが、同じ配色をした同心円のフォルムに変換されます。
今回、鹿児島のマスコットキャラクターの中から、作品化する10体程度を投票で選び、アジが公開制作をします。皆様が選んだキャラクターを基にアート作品ができあがっていく様子を見ることができます。皆様の投票、ご観覧をお待ちしております。

【開園時間】9:00~17:00(入園は16:30まで)
【休園日】 月曜(祝日の場合は翌日)
【観覧料】 常設展入場料に含む
      一般310(240)円、高大生200(160)円、小中生150(120)円、幼児以下無料
      *( )内は20人以上の団体料金
      *70歳以上の鹿児島県民は無料(要:年齢・住所を確認できる書類)

問合せ先:霧島アートの森 TEL 0995-74-5945
詳細は・・霧島アートの森Webサイト

動く 平川動物公園 7月のイベント

2017年7月
鹿児島市/平川動物公園

平川動物公園は、総面積が31.4万平方メートルの自然動物公園で約130種・1000点の動物が飼育されています。

2017平川動物公園テンダーナイト
障がいをお持ちのお子様たちとその家族を動物公園に招待し、気兼ねなく楽しいひとときを過ごしてもらいます。
【日時】 7月16日(日) 18:00~20:00
【対象】 障がいをお持ちの子どもとその家族
【定員】 100組
【募集期間】 2017年6月1日(木)~6月30日(金)
サマースクール
動物公園の飼育係のお仕事体験ができます。
【日時】 7月30日(日)、8月16日(水)・17日(木)
【対象】 小学校5・6年生
【定員】 3日で200名
【募集締切】 2017年7月14日(金) *必着
【開園時間】 9:00~17:00(入園は16:30まで)
【入園料】  一般500(400)円、小・中学生100(80)円
       *( )内は20人以上の団体料金
       *年間パスポート(一般1,000円、小・中学生200円)もあります。

問合せ先:平川動物公園 TEL 099-261-2326
ご参考・・平川動物公園Webサイト

動く かごしま水族館 7月のイベント

2017年7月
鹿児島市/かごしま水族館

かごしま水族館では、「黒潮浪漫海道」をメインテーマに、黒潮のたどる南西諸島の海から鹿児島の海に暮らす魚たち約500種3万点を、多彩な水槽で紹介します。鹿児島湾(錦江湾)につながる「イルカ水路」ではイルカを間近で見ることができます。
そのかごしま水族館が平成29年度に開館20周年を迎えるのを機に、今年3月、3階に「クラゲ回廊」がリニューアルオープンしました。多彩なクラゲの魅力を紹介する癒しと安らぎの空間をお楽しみください。

特別企画展「見てる聞いてる感じてる~魚たちの五感にせまる~」
魚に世界はどう見えているのかな? 耳はあるの? 匂いはわかるの? 味は感じているの?
みなさんが一度は考える素朴な疑問を解き明かす、夏の特別企画展が始まります!!
魚ならではの第六感?!電気を使う魚たちもご紹介。この夏、魚の五感を感じてみませんか?
【期間】 7月15日(土)~9月24日(日)
夏休みスペシャルバックヤードツアー
飼育員が生きものの話や水族館の裏話を交えながら水槽やバックヤードを案内します。
【日時】 夏休み期間中の土日祝日 15:00~15:50
【受付】 9:30~ 1F総合案内所
【定員】 先着10名
星砂を探そう!
砂の中からすてきな星砂を見つけてみよう。(見つけて小ビンに詰めた星砂はプレゼント)
【日時】 夏休み期間中の月曜日(8月14日(月)を除く) 13:00~15:00
【会場】 1階レクチャールーム
紙粘土で海の生きものをつくろう!
紙粘土で水族館の生きものを作ります
【日時】 7月26日(水)ジンベエザメ、8月2日(水)イルカ
     8月9日(水)ゴマフアザラシ、8月16日(水)クラゲ
     各日とも14:40~15:40
【受付】 13:30~14:00 1階エントランスホール
【会場】 1階レクチャールーム
【定員】 各日30名(超えたら抽選)
黒潮大水槽バックヤード一般公開
普段見ることができない大水槽の裏側を見ることができます。
【日時】 夏休み期間中の土日祝日・お盆期間(8月19日(土)を除く) 19:30~20:30
サマーナイトミニコンサート
ジンベエザメが泳ぐ黒潮大水槽の前で生演奏を行います。
【日時】 7月29日(土)、8月5日(土)、8月26日(土)
     各日とも17:30~、18:30~、19:30~(約25分間)
【会場】 2階黒潮大水槽前
ピラルクーに餌やり体験
世界最大の淡水魚ピラルクーにエサをあげることができます。
【日時】 夏休み期間中の火曜日(8月15日(火)を除く) 12:45~13:00
【受付】 11:30~12:00 1階エントランスホール
【定員】 各回30名(超えたら抽選)
アザラシのトレーナー体験
アザラシに触れたり、合図を出してみよう。
【日時】 夏休み期間中の土曜日(8月12日(土)、19日(土)を除く) 20:00~20:30
【受付】 18:30~19:00
【定員】 各回小学生8名(超えたら抽選)
自由研究応援!「ちりめんモンスター図鑑を作ろう」
おなじみの食材「ちりめんじゃこ」の中に隠れているモンスターの正体は何?
調べて図鑑を作ろう!
【日時】 7月29日(土)・30日(日) 11:00~14:00
【開館時間】 9:30~18:00(入館は17:00まで)
       *夏休み期間中の土曜・日曜・お盆期間などは9:00~21:00
【休館日】  12月の第1月曜日から4日間
【入館料】  高校生以上1,500(1,200)円、小・中学生750(600)円、4歳以上350(280)円
       *( )内は20人以上の団体料金
       *お得な年間パスポートあり

問合せ先:かごしま水族館 TEL 099-226-2233
詳細は・・かごしま水族館Webサイト

花 フラワーパークかごしま 7月のイベント

ハワイアンリボン

ハワイアンリボン

2017年7月
指宿市/フラワーパークかごしま

「フラワーパークかごしま」は鹿児島県の薩摩半島南端に位置し、天然の松林に囲まれた地形を生かした、世界各地の植物が楽しめる植物公園です。
36.5ヘクタールの広大な敷地には、開聞岳を背景にした花広場や、錦江湾を一望できる展望回廊、ウインドスルー形式の屋内庭園などがあり、温室では世界一大きな花が咲くショクダイオオコンニャクや、色鮮やかなヒメショウジョウヤシなどの熱帯植物が楽しめます。

ハワイアンリボンクラフト展
【日時】 7月15日(土)~8月15日(火)
フォトコンテスト入賞作品展
【日時】 7月15日(土)~8月31日(木)

園芸教室「コケ玉作り」
【日時】 7月16日(日) 13:30~15:30(有料、先着30名)
カルチャー教室「プリザーブドフラワー」
【日時】 7月23日(日) 13:30~15:30(有料、先着40名)
植物観察と標本作り
【日時】 7月26日(水) 10:00~15:00(無料、先着50名)
【開園時間】 9:00~17:00(入園は16:30まで)
【入園料】  高校生以上620円、小中学生300円、幼児無料
       *年間パスポート(年会費:高校生以上1,030円)もあります。

問合せ先:フラワーパークかごしま TEL 0993-35-3333
詳細は・・フラワーパークかごしまWebサイト

 第5回 世界遺産「屋久島」オープンウォータースイミング

2017年7月1日(土)
屋久島町/一湊海水浴場

世の中を上手に泳ぐより、こっちの海が気持ちいい。
コバルトブルーの一湊海岸でのOWSは格別で、毎年ウミガメの目撃例があります。全員参加の一湊漁港でのフェアウエルパーティーは、食べきれないほどのおもてなし料理が出てきます。
屋久島OWS恒例のハイタッチ入場や、五輪メダリスト親善大使の活躍に加え、白谷雲水峡などのトレッキング、ダイビングやカヤックなどシーアクティビティ、ウミガメの産卵、満天の星空など、魅力に溢れた大会です。
今年は縄文杉発見50周年記念となります。ぜひ大会翌日の日曜日に縄文杉にチャレンジしてください。

【参加申込締切】 2017年6月5日(月)

問合せ先:大会事務局 TEL 03-6205-7591
詳細は・・公式Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

コテージ 森のこかげJRホテル屋久島
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。
 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
初心者でも安心のカヤック体験!ウミガメ産卵・孵化観察ツアー
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

 仙巌園 ・尚古集成館 世界遺産2周年ウィーク 

反射炉跡

反射炉跡

尚古集成館 本館

尚古集成館 本館

2017年7月1日(土)~9日(日)
鹿児島市/仙巌園

2017年7月、仙巌園・尚古集成館は、世界文化遺産登録から2周年を迎えます。
登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産には、28代島津斉彬時代の近代化を伝える遺構である旧集成館(反射炉跡)、29代島津忠義と実父久光の時代に建てられた旧集成館機械工場(現 尚古集成館本館)など、斉彬とその遺志を継いだ人々が築いた集成館事業の遺跡や遺構が入っています。
期間中は、世界遺産ガイドツアーや講座、謎解き、斉彬、食などに関する様々な催しを行い、世界文化遺産の価値や魅力に迫ります。
*7月9日(日)は、「鹿児島県民 入場料無料デー」!(鹿児島県民を証明するものの提示が必要)この機会にぜひお越しください。
仙巌園は・・・
江戸時代初期に19代島津光久によって築庭され、中国の龍虎山仙巌に景観が似ていることから「仙巌園」と名付けられました。四季折々の美しさに加え、桜島と錦江湾を景観に取り入れた雄大な風景が楽しめる大名庭園です。

世界遺産宝さがし
尚古集成館を舞台に、リアルな脱出ゲームを開催。さまざまなヒントをもらいながら謎解きに挑戦しよう!
【日時】 7月1日(土)、2日(日) 各日とも10:00~、14:00~
【場所】 尚古集成館 本館
【定員】 各回45名 *要事前電話予約
【参加料】 1,500円(入場料別)
世界遺産ガイドツアー
通常のガイドツアーとは異なり、「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である「旧集成館」に特化したガイドツアーです。学芸員が分かりやすく、楽しく案内します。
【日時】 7月3日(月)、4日(火)、6日(木)、7日(金)、9日(日)
     各日とも10:30~、14:30~
【場所】 仙巌園、尚古集成館
【定員】 各回20名 *事前予約不要。開催時間前に仙巌園受付にお越しください。
【参加料】 300円(入場料別)
仙巌園大学
尚古集成館及び仙巌園の学芸員3名による特別講座。
学芸員がそれぞれ違う切り口から、世界遺産に関する講座を行います。
【日時】 7月9日(日) 13:00~16:00
【場所】 尚古集成館 本館
【定員】 各回40名 *要事前電話予約
【参加料】 300円(資料代)
「明治日本の産業革命遺産」講座と「斉彬の祝い膳」を食す
仙巌園と世界遺産の関わりを学芸員が解説しながら園内を散策します。世界遺産に関する講座では、「明治日本の産業革命遺産」について「旧集成館」と他の構成資産との関係性について紹介します。
講座後、島津家縁の料理(斉彬の祝い膳)を召し上がっていただきます。
【日時】 7月8日(土) 10:00~
     見学10:00~10:30、講座10:30~11:30、昼食11:40~
【場所】 仙巌園(見学)、秀成荘(講座)、桜華亭(昼食)
【定員】 20名 *要事前電話予約
【参加料】 3,500円(入場料・食事代込)
鹿児島県民 入場料無料デー
【日程】 7月9日(日) *鹿児島県民を証明するものの提示が必要
【開園時間】8:30~17:30
【料金】  入場券/大人(高校生以上)1,000円、小中学生500円
      御殿共通券/大人(高校生以上)1,600円、小中学生800円
      *乳幼児は無料

問合せ先:仙巌園 TEL 099-247-1551
詳細は・・仙巌園Webサイト
ご参考・・明治日本の産業革命遺産Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

ホテル法華クラブ鹿児島天然温泉サウナ ホテルニューニシノオリエンタル鹿児島ドーミーイン鹿児島ホテルグランセレッソ鹿児島城山観光ホテル
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。
 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
錦江湾観光クルージング(桜島フェリー帆船型遊覧船クイーズしろやま
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

 月酔祭2017

月酔祭2017

2017年7月8日(土) 開場16:00~、開演18:30頃(日没)~
与論町/茶花海岸ステージ

与論島の真っ白な美しいbeachにて、お月様の光に包まれ開催される音楽とアートの祭典です。
第4回目を迎える今年は7月8日(土)、満月へ向かう夜に開催。
満月の光に照らされた浜辺。ゆらめく炎舞、波と響き和う音、魂の唄にのせて踊絵師 神田さおりさんが描き出す一夜限りの幻想世界を味わいに、与論島へのお越しをお待ちしています。

【料  金】 2,000円
【出演予定】 Life Paint/神田さおり、Live/かりゆしバンド、川畑アキラ、宮良牧子、成川正憲、Crystal Nada、Seco.Sunchez、炎舞/Sui Runa、Hula/Ho'opono yunnu Aloha、DJ/Taromix、INCENSeffect/sanga

問合せ先:ヨロン島観光協会 TEL 0997-97-5151
ご参考・・ヨロン島観光ガイドWebサイト
     ヨロン島観光協会facebook

 泊りがけで、出かけませんか。

イチョーキ・ヴィラプリシアリゾートヨロンホテルヨロン島ビレッジ
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

祭り 豊玉姫神社六月灯・水車からくり

豊玉姫神社六月灯・水車からくり

2017年7月9日(日)~10日(月) 9:00~22:00.
南九州市/豊玉姫神社

豊玉姫神社の六月灯では、水車の動力を利用した「からくり人形」が上演されます。全国でも薩摩半島南部の万之瀬川流域にのみ伝わる民俗芸能で、中でも豊玉姫神社の六月灯(7月9日・10日)に上演されるからくりは、多くの人形で構成され人形の手足が動きストーリー性のあるものです。
毎年異なる演目で上演され、知覧地域の夏の風物詩として多くの見物客で賑います。
*今年の演目は「那須の与一 扇の的」。

問合せ先:豊玉姫神社 からくり仕事処 TEL 0993-83-4335
詳細は・・南九州市知覧観光協会Webサイト

花 都市農業センターのヒマワリ

2017年7月中旬~8月上旬
鹿児島市/都市農業センター

都市農業センターのほぼ中央に位置する「四季の花園」は、一年に3回、季節の花を植栽する広さ約 8,000平方メートルの大花壇です。
今年の夏も約9万本のヒマワリが見頃になります。夏空の下、花壇一面のヒマワリは圧巻です。

【開園時間】 8:30~17:00
【入園料】  無料

問合せ先:鹿児島市都市農業センター TEL 099-238-2666
ご参考・・鹿児島市都市農業センターWebサイト

見る 鹿児島県霧島アートの森 特別企画展「森本千絵×中島信也『森の中』展 ~広告デザインの現場~」

CDジャケットの美術セット(森本千絵)

CDジャケットの美術セット(森本千絵) 絢香/THIS IS ME ©photo Masahiro Ahoda

2017年7月13日(木)~9月18日(月・祝)
湧水町/霧島アートの森 屋内展示室

現在、広告やデザインの世界を中心に活躍する森本千絵と中島信也による二人展。舞台美術やコマーシャルデザインなどの「広告デザインの現場」を広く普及するものです。従来のグラフィック・デザインやエディトリアル・デザインの領域に限らず、様々なメディアを駆使した表現と洗練された構成力に着目し、広く社会に伝わるまでの制作のプロセスを展観します。
本園を舞台に2人の個性が引き起こす様々な化学反応によって、観覧者が楽しく鑑賞したり参加したりすることができるような展示空間を生み出すこととなるでしょう。

【開園時間】 9:00~17:00(入園は16:30まで)
       7月20日~8月31日の土日祝日は19:00まで開園(入園は18:30まで)
【休園日】 月曜(祝日の場合は翌日)*ただし、8月14日(月)は開園
【入園料】 一般800(600)円、高大生600(400)円、小中生400(300)円
      *( )内は、前売りまたは20名以上の団体料金

問合せ先:鹿児島県霧島アートの森 TEL 0995-74-5945
詳細は・・鹿児島県霧島アートの森Webサイト

動く 鹿児島カップ2017 火山めぐり外洋ヨットレース

鹿児島カップ2017 火山めぐり外洋ヨットレース

2017年7月14日(金)~17日(月・祝).
鹿児島市/鹿児島湾、大隅群島

世界有数の活火山・桜島、イルカの棲む波静かな錦江湾、夕陽の美しい南西諸島など雄大なロケーションを舞台に繰り広げられるヨットレース!

問合せ先:同実行委員会 TEL 099-261-9910
詳細は・・・公式Webサイト

見る 第22回 知覧ねぷた祭

知覧ねぷた祭

2017年7月15日(土) 祇園祭15:00~、ねぷた運行19:00~、 *雨天時は翌日に順延.
南九州市/知覧まち商店街(知覧町)

高さ5メートル、縦横4メートルの勇壮な武者絵が描かれた扇形ねぷた大小7基が、夜のちらんまち商店街を練り歩きます。笛や太鼓の囃子が響きわたり、威勢のいい掛け声に合わせ、観客も引き手の子どもたちも一体となりねぷたを運行します。
また、当日は、豊玉姫神社の水カラクリの特別上演(13時~21時))も行われます。

問合せ先:同実行委員会 TEL 0993-83-2511
詳細は・・南九州市知覧観光協会Webサイト
シャトルバス(鹿児島中央駅発着)情報は・・南薩観光(株)Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

ホテル法華クラブ鹿児島天然温泉サウナ ホテルニューニシノオリエンタル鹿児島ドーミーイン鹿児島ホテルグランセレッソ鹿児島城山観光ホテル
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。
 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
錦江湾観光クルージング(桜島フェリー帆船型遊覧船クイーズしろやま
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

動く 錦江レゲエ浜祭り2017

錦江レゲエ浜祭り

2017年7月15日(土) 15:00~21:00.
錦江町/神川海岸

海岸沿いには200本のフラッグが立ててあり、会場ではステージによるレゲエライブや特産品販売(地元のお茶と焼酎を使ったお茶割や、地元の飲食店による販売など)があります。

問合せ先:同実行委員会 (錦江町観光交流課内) TEL 0994-25-2511
詳細は・・・錦江町Webサイト

 九本寺の6月灯

2017年7月15日(土)
屋久島町/久本寺(宮之浦)

法華宗(本門流)久本寺にて『六月燈』(ろっがっとう)が行われます。
子供達が描いた絵提灯が境内に飾られ、暗くなると提灯と灯籠の光がとても幻想的に浮かび上がります。また、本堂では法要が行われます。どなた
でもお気軽に御参詣できます。

問合せ先:公社)屋久島観光協会 TEL 0997-49-4010

動く 「西郷どん」史跡めぐりバスツアー

2017年7月15日(土)、9月16日(土)、10月21日(土)、11月18日(土)、12月16日(土) 9:00~17:00 *雨天決行
鹿児島市/集合:維新ふるさと館

明治維新150周年を迎える平成30年1月から大河ドラマ「西郷どん」が始まります。西郷隆盛が単独で主人公となる設定は今回が初めてでとても期待が高まります。
“「西郷どん」史跡めぐりバスツアー”では、維新ふるさと館スタッフの詳しい解説付きで鹿児島市内にある西郷隆盛ゆかりの地をめぐり、その魅力に迫ります。
大河ドラマ「西郷どん」放送前に、西郷隆盛についての認識をさらに深めてみませんか。

【行程】 維新ふるさと館→ 南洲寺→ 野屋敷→ 西郷家の墓→ 武公園(徳の交わり像)→ 寿庵(昼食)→ 西郷隆盛銅像(車窓から)→ 城山(西郷洞窟)→ 南洲墓地・西郷南洲顕彰館(講話)→ 維新ふるさと館
【定員】 各回20名 *応募者多数の場合は抽選
【参加費】 2,500円(昼食代、保険代、施設入館料、資料代ほか) *事前勉強会時に徴収
【事前勉強会日時】 実施日の前週土曜日16:00~17:00(予定)/会場は維新ふるさと館
          *事前勉強会は必ず出席してください。
【参加申込締切】 実施月の前月末日前まで(必着)
*申込方法は、Webサイトをご覧ください。

問合せ先:維新ふるさと館 TEL 099-239-7700
詳細は・・維新ふるさと館Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

ホテル法華クラブ鹿児島天然温泉サウナ ホテルニューニシノオリエンタル鹿児島ドーミーイン鹿児島ホテルグランセレッソ鹿児島城山観光ホテル
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。
 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
錦江湾観光クルージング(桜島フェリー帆船型遊覧船クイーズしろやま
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

祭り 照国神社六月灯

花火

2017年7月15日(土)~16日(日).
鹿児島市/照国神社

照国神社は城山の麓にある島津家28代斉彬公を祀る神社です。境内には色鮮やかな絵が描かれた灯籠が奉納され、様々な夜店が立ち並び、大勢の人で賑います。両日とも花火が打ち上がる予定です。

問合せ先:照国神社 TEL 099-222-1820
ご参考・・照国神社Webサイト

 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
錦江湾観光クルージング(桜島フェリー帆船型遊覧船クイーズしろやま
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

動く 第31回 桜島・錦江湾横断遠泳大会

桜島・錦江湾横断遠泳大会

2017年7月16日(日) 9:00~14:00(予定)
鹿児島市/桜島小池海岸~鹿児島磯海岸の4.2キロ

舞台は、日本ジオパークに認定された世界に誇る活火山・桜島と、それを抱く美しい錦江湾です。 6人1チーム(監督1人、競技者5人)となり、錦江湾を横断。125チーム750名が参加し、大会を盛り上げます。
また、ゴールの磯海水浴場周辺には、世界遺産登録された「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である「旧集成館」が位置しており、日本の近代化の始まりを肌で感じることができます。

問合せ先:同事務局(NPO法人SCC内) TEL 099-229-4222
詳細は・・公式Webサイト

動く 大根占夏祭り

花火

2017年7月16日(日) 19:30~22:00.
錦江町/おおすみ岬漁協広場

舞踊連による踊りやステージショー、和太鼓、露店販売、花火などが行われます。

問合せ先:錦江町商工会 TEL 0994-22-2521

 一湊の浜祭り

2017年7月16日(日)
屋久島町/一湊漁港

当日は、神事や子供達による餅まき、船団パレード、ステージでの演芸、地域海産物・農産物の販売が行われます。「サバのつかみ取り」は全国唯一! 船団パレードはどなたでも乗船できます。

問合せ先:公社)屋久島観光協会 TEL 0997-49-4010

 泊りがけで、出かけませんか。

コテージ 森のこかげJRホテル屋久島
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。
 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
初心者でも安心のカヤック体験!ウミガメ産卵・孵化観察ツアー
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

 第38回 霧島国際音楽祭 2017

霧島国際音楽祭

2017年7月19日(水)~8月6日(日)
霧島市/霧島国際音楽ホール(みやまコンセール)、宝山ホール、かごしま県民交流センター、ザビエル教会ほか

日本でもっとも熱いフェスティバル! 雄大な自然と音楽のハーモニー
鹿児島県・霧島に、国内外のトップアーティストが集結する、今年第38回を迎える霧島国際音楽祭。
森の中の奇跡のホール「みやまコンセール」を中心に約3週間の贅沢な音の夏をお届けします。
*期間中約50公演を予定。

問合せ先:霧島国際音楽ホール(みやまコンセール) TEL 0995-78-8000
詳細は・・公式Webサイト

動く 田代夏祭り

花火

2017年7月21日(金) 19:00~21:30.
錦江町/田代中央運動場

舞踊連による踊りやステージショー、和太鼓、露店販売、花火などが行われます。

問合せ先:錦江町田代商工会 TEL 0994-25-2131

 平内海中温泉祭り

2017年7月22日(土) 18:00~
屋久島町/平内生活館

“屋久島で一番早い夏祭り”をうたい文句に毎年7月に開催している夏祭りです。当日は出店が並び、平内海中温泉の入浴者の安全祈願をし、歌やダンス等のステージイベントやお楽しみ抽選会で盛り上がります。
*平内海中温泉は海際にあり、干潮を挟んで1~2時間くらいの間しか入れない露天風呂として屋久島の主要観光地の一つとなっています。

問合せ先:公社)屋久島観光協会 TEL 0997-49-4010

 2017志布志みなとまつり

志布志みなとまつり

2017年7月22日(土) *雨天時は翌日に順延.
志布志市/しおかぜ公園(新若浜埠頭)

毎年県内外から多くの観光客で賑う、志布志の夏最大のイベント。
さんふらわあクルージングをはじめ、志布志の港にまつわる催しを楽しんだ後は、約1万発の打上花火で色鮮やかに彩られた美しい夜の港をご堪能ください。

問合せ先:志布志市商工会 TEL 099-472-1108

 泊りがけで、出かけませんか。

大黒リゾートホテル国民宿舎ボルベリアダグリ
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 長島美術館 2017年夏小企画展 「花のキルト展」-蜷川宏子のカラフルキルトを中心に- 

長島美術館 花のキルト展

2017年7月22日(土)~9月3日(日)
鹿児島市/長島美術館

今回、長島美術館では平成29年(2017)夏休みの小企画展として、「花のキルト展」を開催する運びとなりました。
この展覧会では、花をテーマにしたキルトの秀作を展示致します。
いつの時代にも人の心を捉える『花』をモチーフにして、カラフルな作品作りで人気のある蜷川宏子さんとそのご友人のみなさんの作品と秀作、約30点を一堂に展示致します。
前回(2015年夏)の「四季のキルト展」とはまた異なったキルトの魅力をお楽しみいただきたいと思います。

【開館時間】 9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】  火曜日
【入館料】  一般1,000円、高大生800円、小中生400円、シニア(65歳以上)500円
       *団体20名様以上は2割引(シニア除く )

問合せ先:長島美術館 TEL 099-250-5400
詳細は・・長島美術館Webサイト

【関連イベント】
ギャラリートーク
【日時】 7月22日(土) 14:00~
【料金】 無料 *ただし入館料が必要
ガイドツアー
美術館スタッフがわかりやすく作品をガイド致します。
【日時】 毎週日曜日 14:00~
【料金】 無料 *ただし入館料が必要

 2017桜島火の島祭り

桜島火の島祭り

2017年7月29日(土) 17:30~20:40 *花火打上=20:00~
鹿児島市/桜島多目的広場

世界有数の活火山・桜島のふもと、桜島多目的広場で開催される祭りです。
会場間近から打ち上げられる迫力ある花火や、夏の夜空に美しく煌めくレーザー音楽花火など、 約6,000発の花火を皆さまにお届けします。また、花火以外にも地域芸能や桜島火の島太鼓の演奏などステージイベントも充実。
波静かな錦江湾と鹿児島市街地の夜景を背景に、鹿児島の桜島の熱い夜をお楽しみください。

問合せ先:鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコールかごしま TEL 099-808-3333
詳細は・・鹿児島市Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

ホテル法華クラブ鹿児島天然温泉サウナ ホテルニューニシノオリエンタル鹿児島ドーミーイン鹿児島ホテルグランセレッソ鹿児島城山観光ホテル
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。
 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
錦江湾観光クルージング(桜島フェリー帆船型遊覧船クイーズしろやま
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。
 現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る