ふくおかサポートねっと

佐賀県のイベント・祭り

見る 佐賀県立名護屋城博物館 2022年5月の展覧会・イベント

2022年5月
佐賀県/唐津市(鎮西町)/佐賀県立名護屋城博物館

豊臣秀吉画像(部分)

豊臣秀吉画像(部分)佐賀県重要文化財

 

テーマ展「館蔵名品展2022」
朝鮮通信使や唐津・東松浦の歴史に関する新規収蔵資料のほか、会期中にオープンを迎える「黄金の茶室」にちなみ、豊臣秀吉や黄金・名護屋城に関する名品を紹介します。
【期間】 3月4日(金)~5月22日(日)
【会場】 佐賀県立名護屋城博物館 企画展示室
「黄金の茶室」公開開始!
豊臣秀吉が名護屋城内で組み立てて使ったとされる「黄金の茶室」を復元し、一般公開を始めます。
肥前名護屋の地にあった本物の歴史文化をご堪能ください。
【日時】 3月27日(日)13:00~
【会場】 佐賀県立名護屋城博物館 常設展示室

特別史跡「名護屋城跡並びに陣跡」は・・
豊臣秀吉による文禄・慶長の役(1592年~1598年)の出兵拠点でした。
名護屋城は1591年から1592年にかけてわずか5ヶ月で完成した広さ17ヘクタールの巨大な城で、当時は大坂城に次ぐ全国2番目の規模でした。また、全国から集まった武士と商人で人口20万人を超える城下町ができました。
名護屋城跡を中心に半径3キロメートルの範囲に広がるこの遺跡群は、全国から160を超える大名が集結し陣屋を構築して在陣するという、日本の歴史上にも類を見ない、広域かつ特異な遺跡群です。
現在、名護屋城跡と23箇所の陣跡が国の特別史跡に指定されています。

佐賀県立名護屋城博物館は・・
特別史跡「名護屋城跡並びに陣跡」の保存整備事業と、文禄・慶長の役(壬辰・丁酉倭乱)及び日本列島と朝鮮半島との長い交流の歴史を調査・研究・展示紹介し、日韓の学術・文化の交流拠点となることを目的として1993年10月に開館しました。

【開館時間】 9:00~17:00
【休館日】  月曜日(ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日)
【観覧料】  無料

問合せ先:佐賀県立名護屋城博物館  TEL 0955-82-4905

詳細は・・佐賀県立名護屋城博物館Webサイト

 
地図

Googleマップ

 

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る