ふくおかサポートねっと

福岡県のイベント・祭り

見る 第363回 筑後川花火大会

2022年8月5日(金) 19:40~20:10 *荒天時は7日に延期
福岡県/久留米市ほか/小森野・篠山・鳥栖・長門石・京町・みやき会場(6会場)

筑後川花火大会

筑後川花火大会は慶安3年(1650年)久留米藩2代藩主忠頼公が水天宮に社殿社地を寄進、その落成にあたり発揚したのに始まり、その後水天宮奉納花火大会として続いてきたものです。

昭和40年に「筑後川花火大会」と名前が変わり、現在では全国でも指折りの花火大会として多くの見物客で賑わう久留米で最大規模のイベントです。

筑後川の川面を鮮やかに彩る大輪の花火は、今や筑後地区の夏の一大ページェントとして多くの観客を集めています。

*今年は、打ち上げ数を約9,000~10,000発程度に減らし、時間も90分から30分に短縮されます。仕掛け花火は行われません。

問合せ先:実行委員会事務局(水天宮内) TEL 0942-32-3207

ご参考・・久留米観光サイト「ほとめきの街 久留米」

 
地図

Googleマップ

 

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る