福岡の展覧会   

ふくおかサポートねっと

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止や延期、休館となっている場合があります。問合せ先にご確認の上、お出かけください。
その際、各施設等が行っている感染防止対策にご協力をお願いします。

◆福岡市美術館

見る 東光院のみほとけ 

2020年4月1日(水)~2021年3月31日(水)
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館1階 東光院仏教美術室

薬王密寺東光院(福岡市博多区吉塚)から寄贈された重要文化財を含む仏像を展示します。お寺を思わせる空間へと生まれ変わった展示室で、みほとけの姿をこころゆくまでご堪能ください。
*期間中展示替えあり

【休館日】  月曜日、12月28日~1月4日 *月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日
【開館時間】 9:30~17:30 *7~10 月の金・土曜日は20:00まで開館
       (入館は閉館の30分前まで)
【観覧料】  一般200円、高大生150円、中学生以下無料

問合せ先:福岡市美術館 TEL 092-714-6051
詳細は・・福岡市美術館Webサイト

見る 芸術とパトロン 

焔摩天像

《焔摩天像》(重要文化財)平安時代 天歴6年(952)頃

2020年6月17日(水)~8月30日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館1階 古美術企画展示室

芸術にとってパトロンは必要不可欠な存在です。彼らは作品制作を支援し、また、自らが芸術を嗜むこともありました。
本展は、こうした芸術とパトロンの様々な関係性に注目します。

【休館日】  月曜日 *月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日
【開館時間】 9:30~17:30 *7~10 月の金・土曜日は20:00まで開館
       (入館は閉館の30分前まで)
【観覧料】  一般200円、高大生150円、中学生以下無料

問合せ先:福岡市美術館 TEL 092-714-6051
詳細は・・福岡市美術館Webサイト

見る 仙厓展 

仙厓義梵《子孫繁昌図》

仙厓義梵《子孫繁昌図》 江戸時代 19世紀
(展示期間:6月17日(水)~8月30日(日))

2020年6月17日(水)~11月15日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館1階 古美術企画展示室

仙厓義梵(1750-1837)は、日本最初の禅寺、博多聖福寺の住職を務めた禅僧で、ユーモアあふれる書画で人気を博しました。
本展では、仙厓の多彩な画業を振り返り人気の秘訣を探ります。
*期間中展示替えあり

【休館日】  月曜日 *月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日
【開館時間】 9:30~17:30 *7~10 月の金・土曜日は20:00まで開館
       (入館は閉館の30分前まで)
【観覧料】  一般200円、高大生150円、中学生以下無料

問合せ先:福岡市美術館 TEL 092-714-6051
詳細は・・福岡市美術館Webサイト

見る コプト裂と古代オリエント文物 

赤地人物文綴織裂

《赤地人物文綴織裂》エジプト6-7世紀

2020年6月17日(水)~8月30日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館1階 松永記念館室

松永コレクションには、茶道具だけではなく、東西の様々な美術・工芸品が含まれています。中でも古代エジプトの織物であるコプト裂のコレクションは充実しています。
本展ではインダス文明期の土器など古代オリエント文物と合わせて展示します。

【休館日】  月曜日 *月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日
【開館時間】 9:30~17:30 *7~10 月の金・土曜日は20:00まで開館
       (入館は閉館の30分前まで)
【観覧料】  一般200円、高大生150円、中学生以下無料

問合せ先:福岡市美術館 TEL 092-714-6051
詳細は・・福岡市美術館Webサイト

◆福岡市博物館

見る 手仕事の美と技-博多張子-

博多張子

博多張子

2020年4月28日(火)~7月12日(日)
福岡県/福岡市(早良区)/福岡市博物館 企画展示室1

博多張子は、端午の節句に贈られる張子のトラ、博多どんたくに欠かせない張子の面など、暮らしの中で愛されてきた玩具です。博多張子の製品のみならず、製作用具や工程などを紹介します。

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】  月曜日 *5月4日~6日は開館し、5月7日休館
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 『日本書紀』の時代の筑紫

「評」と刻まれた瓦

「評」と刻まれた瓦

2020年5月19日(火)~7月19日(日)
福岡県/福岡市(早良区)/福岡市博物館 企画展示室2

『日本書紀』が奏上されてから今年で1300年。『日本書紀』に書かれている筑紫の姿とその時代の出土品を紹介します。

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】  月曜日
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 戦争とわたしたちのくらし29

天井板を再利用した弁当箱

天井板を再利用した弁当箱

2020年6月16日(火)~8月10日(月・祝)
福岡県/福岡市(早良区)/福岡市博物館 企画展示室4

6月19日の「福岡大空襲の日」にちなみ、館蔵の戦時資料を展示します。今回は、衣服や日用品、お金などから、戦時の人びとの生活事情を紹介します。

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
       *7月22日(水)~8月26日(水)の金・土・日・祝日と、
        8月13日(木)は20:00まで開館(入館は19:30まで)
【休館日】  月曜日 *ただし8月10日(月・祝)は開館
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る ミイラ 「永遠の命」を求めて

若い男性のミイラ

<若い男性のミイラ>ミュンスター大学附属考古学博物館
ARCHÄOLOGISCHES MUSEUM DER WESTFÄLISCHEN WILHELMS-UNIVERSITÄT MÜNSTER

2020年7月4日(土)~9月22日(火・祝)
福岡県/福岡市(早良区)/福岡市博物館 特別展示室

*新型コロナウィルス感染拡大によるさまざまな影響により、開催延期(来春を予定)となりました。
最新科学によって明らかになったミイラの実像。
本展では世界各地の様々なミイラを一堂に会し、人類がもつ多様な死生観と文化を紹介します。
*一部、衝撃的な展示品を含みます。ご注意ください。

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
       *7月22日(水)~8月26日(水)の金・土・日・祝日と、
        8月13日(木)は20:00まで開館(入館は19:30まで)
【休館日】  月曜日
       *ただし8月10日(月・祝)・9月21日(月・祝)は開館し、8月11日(火)は休館
【観覧料】  一般1,600円(1,400円)、中高生1,200円(1,000円)、小学生600円(400円)
       *( )内は前売り、団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイトへ、RKB Webサイト

見る 戦国時代の博多展9 “筑前表錯乱” ~1550年代の動乱

「大村家文書」大内氏奉行人連署奉書(部分)

「大村家文書」大内氏奉行人連署奉書(部分)

2020年7月14日(火)~9月13日(日)
福岡県/福岡市(早良区)/福岡市博物館 企画展示室1

九州の戦国時代の大転換期となった1550年代。大内氏と大友氏が対立する二元的政治体制が崩れ、新たな体制が生まれる過程で戦乱が相次ぎました。古文 書を中心にこの歴史のうねりを紹介します。

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
       *7月22日(水)~8月26日(水)の金・土・日・祝日と、
        8月13日(木)は20:00まで開館(入館は19:30まで)
【休館日】  月曜日 *ただし8月10日(月・祝)は開館し、8月11日(火)は休館
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る ダルマさん大集合

達磨図

達磨図

2020年7月21日(火)~9月13日(日)
福岡県/福岡市(早良区)/福岡市博物館 企画展示室2

禅宗の祖、達磨を描いた絵画や工芸作品を紹介します。一見コワそうでもどどこかユーモラスで見ようによってはカワイイ、様々なダルマさんにご注目!

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
       *7月22日(水)~8月26日(水)の金・土・日・祝日と、
        8月13日(木)は20:00まで開館(入館は19:30まで)
【休館日】  月曜日
       *ただし8月10日(月・祝)は開館し、8月11日(火)は休館
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 発掘された戦争の痕跡 

山王遺跡「防衛食容器」

山王遺跡「防衛食容器」

2020年8月12日(水)~9月13日(日)
福岡市/福岡市博物館 企画展示室4(早良区)

発掘調査では、近現代の遺構や遺物も出土します。
今年は戦後75年、福岡市内で発掘された戦争に関連する遺構や遺物の一部を旧陸軍の連隊があった福岡城跡出土遺物を中心に展示します。

【休館日】  月曜日
【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
       *7月22日(水)~8月26日(水)の金・土・日・祝日と、
        8月13日(木)は20:00まで開館(入館は19:30まで)
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

◆久留米市美術館

見る 白馬のゆくえ 小林萬吾と日本洋画50年

久留米市美術館 白馬のゆくえ

 

2020年6月20日(土)~8月23日(日)
福岡県/久留米市/久留米市美術館 本館2階

香川県に生まれ、黒田清輝のもとで白馬会に出品し、日本洋画が成長していく時代を生きた小林萬吾(1868-1947)。
彼の生涯と交友関係を通して、明治から昭和へと至る日本洋画の流れを、名作の数々とともにご覧いただきます。

【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
【休館日】  月曜日 *ただし、8月10日(月・祝)は開館
【観覧料】  一般1,000円(800円)、シニア700円(500円)、大学生500円(300円)、
       高校生以下無料
*( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上
*上記料金にて石橋正二郎記念館もご覧いただけます。

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131
ご参考・・久留米市美術館Webサイト

◆北九州市立美術館 本館

見る コレクション展Ⅰ 特集 シュルレアリスムを感じる7つの要素

金山明《作品》

金山明《作品》 1957年 板にインク 北九州市立美術館蔵
©Kanayama Akira and Tanaka Atsuko Association

2020年5月19日(火)~7月26日(日)
福岡県/北九州市(戸畑区)/北九州市立美術館 本館

特集では、20世紀初頭にヨーロッパで生まれた芸術運動をヒントに、コレクションの新たなみかたを探ります。

【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
【休館日】  月曜日
【観覧料】  一般300(240)円、高大生200(160)円、小中生100(80)円
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:北九州市立美術館本館 TEL 093-882-7777
ご参考・・北九州市立美術館Webサイト

◆北九州市立美術館 分館

見る フジフイルム・フォトコレクション展

木村伊兵衛/秋田おばこ\

木村伊兵衛/秋田おばこ 秋田・大曲/1953年

2020年6月1日(土)~7月26日(日)
福岡県/北九州市(小倉北区)/北九州市立美術館 分館(リバーウォーク北九州5F)

*当初、4月11日(土)~6月14日(日)に開催予定でしたが、会期が変更されました。
明治~平成に国内外で高い評価を受けた日本の写真家の代表作101点を紹介します。

【開館時間】 10:00~18:00 *入館は17:30まで
【休館日】  会期中無休
【観覧料】  一般1,000(800)円、高大生600(400)円、小中生400(300)円
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:北九州市立美術館分館 TEL 093-562-3215
ご参考・・展覧会特設サイト

◆三菱地所アルティアム

見る 絵本原画ニャー!mini 猫が歩く絵本の世界 

“絵本原画ニャー!mini 猫が歩く絵本の世界

本展メインビジュアル

2020年6月27日(土)~8月2日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/三菱地所アルティアム(イムズ8F) 

100%ORANGE、きくちちき、馬場のぼる、石黒亜矢子などの絵本に登場するユニークな猫たちの原画が大集合!
絵本にはたくさんの動物が登場します。なかでも猫は人気者です。
本展では、誰もが知っている絵本作家から2010年代にデビューした新しい絵本作家まで、8組によるユニークな絵本の中の猫たちを紹介します。絵本の猫たちはいろんな形をしています。太い線で描かれたり、細い線で描かれたり様々です。
リアルだったり、シンプルだったり、一匹たりとも同じ猫はいません。約140点におよぶ原画やスケッチ、制作資料からは、作家の息づかいまで感じることができます。さまざまな色や形に表現された猫たちを通して、「絵」のおもしろさ、 豊かさをお楽しみください。
<出品作家8組>
100%ORANGE、きくちちき、馬場のぼる、石黒亜矢子、片岡まみこ、牧野千穂、きむらよしお、大道あや

*本展は、尾道市立美術館(2019年7月6日~9月1日)および高松市美術館(2020年 4月18日~6月14日)に巡回した「絵本原画ニャー! 猫が歩く絵本の世界」の出品作家15組のうち、8組の絵本作家の作品を抜粋して展示するものです。

【時間】  10:00~20:00
【休館日】 会期中無休
【入場料】 一般400(300)円、学生300(200)円
*高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
*( )は前売料金/チケットぴあ
*アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員は無料
*再入場可

問合せ先:三菱地所アルティアム TEL 092-733-2050
ご参考・・三菱地所アルティアムWebサイト

見る 最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。 

“最果タヒ展

本展メインビジュアル

2020年8月8日(土)~9月27日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/三菱地所アルティアム(イムズ8F)

数々の新しい詩の運動をまきおこしてきた現代詩人・最果タヒによる言葉を体験するインスタレーション!
スマートフォンで詩を書き、現代の感情を繊細かつ鋭く表現する最果タヒの作品発表の場は、本はもちろん、インターネット上にもとどまりません。
今回は「詩の展示」。読者が会場を歩き回り、空間全体で言葉を体感するインスタレーションです。
なかでも、天井から多数の言葉が書かれたモビールを吊るす《詩になる直前の、アルティアムは。》は重要な作品の一つ。表裏に異なる詩の断片が記された、静かに揺れ動くモノトーンの紙片はいくつもの言葉の連なりを生み出し、その偶然から詩を切り取るのは読者自身です。
この展示を始め、最果タヒは書き下ろし作品を含む自らの詩を大胆に断片化し、空間いっぱいに展開させます。つまり会場にあるのは、作品があなたに読まれ、初めて意味を持つものであってほしいと願う、最果タヒによる「詩になる直前」の言葉たち。
それらを追いかける体験を通して、自分の心が動く言葉やその瞬間、あるいは、目が「無意識に読んでいる」感覚に気付くような、言葉との新たな出会いが生まれるでしょう。

【時間】  10:00~20:00
【休館日】 会期中無休
【入場料】 一般400(300)円、学生300(200)円
*高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
*( )は前売料金/チケットぴあ
*アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員は無料
*再入場可

問合せ先:三菱地所アルティアム TEL 092-733-2050
ご参考・・三菱地所アルティアムWebサイト

*催事名や催事日時などが、変更になる場合があります。詳しくは、各施設へお問合せください。
*催事の最終日は、閉館時間が変更になることがありますので、各施設へご確認ください。

一番上に戻る