ふくおかサポートねっと

福岡の展覧会

◆福岡県立美術館


【開館時間】 10:00~18:00 (入場は17:30まで)
【休館日】  月曜日 *祝休日の場合はその翌平日

 問合せ先:福岡県立美術館 TEL 092-715-3551

 詳細は・・福岡県立美術館Webサイト

見る 1964—福岡県文化会館、誕生。

2021年7月23日(金・祝)~9月2日(木)
福岡県/福岡市(中央区)/福岡県立美術館 4階展示室

1964年といえば、前回の東京オリンピック開催年ですが、実は福岡県立美術館の前身である福岡県文化会館の開館年でもあります。

スポーツと文化の年であった1964年の福岡の美術を、オリンピック関連の作品や資料、そして文化会館を彩った作品とともに振り返ります。

【観覧料】 一般800円(600円)、高大生500円(300円)、小中生300円(200円)
*( )内は20名以上の団体料金
*土曜日来館の高校生以下の方は無料

◆福岡市美術館


【開館時間】 9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
       *ただし、7月の金・土曜日は20:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】  月曜日 *ただし、8月9日(月・振休)、9月20日(月・祝)は開館、9月21日(火)は休館
【観覧料】  コレクション展・企画展/一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金

 問合せ先:福岡市美術館 TEL 092-714-6051

 詳細は・・福岡市美術館Webサイト
 

見る キングダム展 ‐信‐ KINGDOM exhibition The Road of SHIN

キングダム展キービジュアル

キングダム展 キービジュアル ©原泰久 集英社

2021年8月3日(火)~9月26日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館

「週刊ヤングジャンプ」(集英社)に連載中の大人気漫画『キングダム』。連載開始から15周年にあたる2021年、本作の圧倒的な迫力を体感できる展覧会「キングダム展 -信-」を開催します。
(6月12日~7月25日まで上野の森美術館で開催される東京会場に続き、2会場目。以降全国巡回予定)

第1話「無名の少年」から第438話「雄飛の刻(とき)」までのストーリーで、仲間や敵との出会い・別れを糧に成長を遂げる主人公・信を中心に展示構成する本展では、作者・原 泰久氏全面監修のもと、「信」の物語を再構築。

400点以上の直筆生原画や、本展のために描きおろされたイラストを約20点展示し、感動の名場面を生原稿と巨大グラフィックで再構成してお届けする、これまでにない規模の原画展です。

現在までに61巻が発刊され、累計発行部数8,000万部を突破。第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞。「週刊ヤングジャンプ」の連載でも圧倒的な人気を誇り、TVアニメの放映や劇場版実写映画の大ヒットでも大きな話題となった『キングダム』の作品が持つ圧倒的な迫力と感動をどうぞ、会場にて存分にご体感ください。

【観覧料】 平日/一般1,800円、中高生1,000円、4歳~小学生600円(日時指定不要)
      土日祝/一般2,000円、中高生1,200円、4歳~小学生800円(日時指定推奨)
*グッズセットチケット(ローソンチケット数量限定販売)あり
*一般発売開始は、6月19日(土)10:00
→予約・購入は、 ARTNEチケットオンライン または ローソンチケット(Lコード:88880)

問合せ先・・西日本新聞イベントサービス TEL 092-711-5491(平日9:30~17:30)
詳細は・・福岡会場公式サイト

◆福岡市博物館


【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで) *7月22日~8月26日の金・土・日・祝日は20:00まで
【休館日】  月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日に休館)
【観覧料】  常設展示・企画展示共通/一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料 *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011

ご参考・・福岡市博物館Webサイト
 

見る 特別展「徳川家康と歴代将軍 ~国宝・久能山東照宮の名宝~」

徳川家康と歴代将軍
2021年7月16日(金)~9月5日(日)
福岡県/福岡市(早良区)/福岡市博物館 特別展示室

徳川家康と歴代将軍を祀る久能山東照宮(静岡市駿河区)の名宝のなかから、徳川家康の甲冑3領や晩年の日常生活で愛用した品々をはじめ、歴代将軍の甲冑、歴代将軍の代替わりや参詣に際して奉納した刀剣、将軍の書画など選りすぐりの約150点を公開します。

家康の愛刀「太刀 切付銘 妙純傳持 ソハヤノツルキウツスナリ」は、筑後国の刀工・三池光世の作で福岡里帰り展示となります。

<みどころ>
過去最大の久能山東照宮展
江戸幕府 歴代全将軍の甲冑を展示
歴代将軍ゆかりの名刀を展示
家康の甲冑 3領を同時公開
家康が晩年愛用した日用の数々
洋時計 400年前の海難救助のお礼

【観覧料】 一般1,500円(1,300円)、高大生900円(700円)、中学生以下無料
*(  )内は20人以上の団体割引料金
*日時指定は不要

詳細は・・公式Webサイト

見る 企画展示 戦争とわたしたちのくらし30 

竹製ヘルメット

竹製ヘルメット

2021年6月15日(火)~9月5日(日)
福岡県/福岡市(早良区)/福岡市博物館 企画展示室1

6月19日の「福岡大空襲の日」前後に毎年開催する企画展。
30回目となる今回は、戦争とモノ不足について改めて考えます。

見る 企画展示 博多祇園山笠展20 ―修羅山にみる武将と勇士たち― 

博多祇園山笠図 「一矢覆船誉」(部分)

博多祇園山笠図 「一矢覆船誉」(部分)

2021年6月22日(火)~8月29日(日)
福岡県/福岡市(早良区)/福岡市博物館 企画展示室4

福岡藩主黒田家に伝わった山笠図を中心に、開国前後の激動の幕末期から明治時代につくられた、勇壮な物語を題材とした山を紹介します。

見る 企画展示 天下取りと黒田孝高・長政 

黒漆塗南蛮鉢歯朶前立兜

黒漆塗南蛮鉢歯朶前立兜

2021年7月6日(火)~9月5日(日)
福岡県/福岡市(早良区)/福岡市博物館 企画展示室2

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の天下取りを大きく左右した黒田孝高と長政親子。
2人の功績をゆかりの刀剣・甲冑・古文書で紹介します。

見る 企画展示 福岡市地下鉄の40年 

水の流れ
2021年7月20日(火)~11月14日(日)
福岡県/福岡市(早良区)/福岡市博物館 企画展示室3

昭和56(1981)年7月に開業した福岡市地下鉄は、今年40年を迎えます。
本展では、ポスターや記念乗車券、出土遺物などから、福岡市と地下鉄の歩みを紹介します。

◆福岡アジア美術館


【開館時間】 9:30~18:00(金曜・土曜は20:00まで) *ギャラリーの入室は閉室の30分前まで
【休館日】  水曜日 *ただし、「おいでよ!絵本ミュージアム2021」は会期中無休
【観覧料】  アジアギャラリー/一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料 *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:福岡アジア美術館 TEL 092-263-1100

ご参考・・福岡アジア美術館Webサイト
 

見る NTT西日本スペシャル おいでよ!絵本ミュージアム2021

おいでよ!絵本ミュージアム2021

© MAYA MAXX ©にしまきかやこ ©大日本タイポ組合 ©かこさとし ©Rieko Nakagawa ©Yuriko Yamawak

2021年7月15日(木)~8月22日(日)
福岡県/福岡市(博多区)/福岡アジア美術館 企画ギャラリーなど

15回目となる今年のテーマは「絵本の力」です。
コロナ禍においても、これまでの絵本ミュージアムの特徴でもある絵本の世界観の中で絵本との出会いやコミュニケーションを安心して楽しめます。
また、「おうちで!絵本ミュージアム」と連動したデジタルコンテンツの展示や、NTTグループの協力のもとに先端技術を活用した展示もお楽しみいただけます。

続きを読む

◆北九州市立美術館 本館


【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】  月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)

 問合せ先:北九州市立美術館 TEL 093-882-7777

 詳細は・・北九州市立美術館Webサイト
 

見る ザ・フィンランドデザイン展―自然が宿るライフスタイル―

アルヴァ・アアルト「41 アームチェア パイミオ」

アルヴァ・アアルト「41 アームチェア パイミオ」 1940年代 アルヴァ・アアルト財団蔵 Photo/ Maija Holma

2021年6月26日(土)~8月29日(日)
福岡県/北九州市(戸畑区)/北九州市立美術館 本館

豊かな自然と美しいデザインの宝庫である北欧フィンランド。その優れたデザイン・プロダクツは、フィンランドの人々の暮らしに寄り添い、長く愛されてきました。

本展では、アルヴァ・アアルトら巨匠たちのガラス工芸や家具など、日本で根強い人気を誇るデザイン・プロダクツや作品を一堂に展示。

作品約250点と関連資料約80点を通じて、フィンランドの人々の豊かなライフスタイルと、彩りに溢れ創造に満ちたデザインの数々を紹介します。

【観覧料】一般1,300(1,100)円、高大生800(600)円、小中生600(400)円
*( )内は前売りおよび20名以上の団体料金

見る コレクション展Ⅱ 特集 動物たちのいるところ(前期) 

動物たちのいるところ
2021年7月31日(土)~10月24日(日)
福岡県/北九州市(戸畑区)/北九州市立美術館 本館

生誕110周年を迎える香月泰男の作品を中心に、動物をモチーフにした多様な作品を紹介します。
ほか、「guest room」シリーズ第6弾として、石井勢津子のホログラム作品を公開します。

【観覧料】一般300(240)円、高大生200(160)円、小中生100(80)円
*( )内は前売りおよび20名以上の団体料金

◆北九州市漫画ミュージアム


【開館時間】 11:00~19:00 *ただし8月7日(土)~15日(日)は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】  火曜日 *ただし8月10日(火)・17日(火)・24日(火)は特別開館
【入館料】  一般800円、中高生400円、小学生200円、未就学児無料
       常設展とのセット券/一般1,000円、中高生500円、小学生250円、未就学児無料

問合せ先:北九州市市民文化スポーツ局 漫画ミュージアム TEL 093-512-5077

ご参考・・北九州市漫画ミュージアムWebサイト
 

見る 企画展「BEASTARS展」

北九州市漫画ミュージアム 企画展「BEASTARS展」

©板垣巴留(秋田書店)2017

2021年7月10日(土)~8月29日(日)
福岡県/北九州市(小倉北区)/ 北九州市漫画ミュージアム 企画展示室

2016年に『週刊少年チャンピオン』にて連載開始するや読者から圧倒的な支持を得た、若手漫画家・板垣巴留(いたがきぱる)による漫画作品・・・

続きを読む

見る 一条ゆかり展 

©一条ゆかり/集英社

2021年9月18日(土)~11月21日(日)
福岡県/北九州市(小倉北区)/ 北九州市漫画ミュージアム 企画展示室

1968年に「りぼん」でデビューしたのち、ドラマチックなストーリーと華やかな画風で人気を獲得し続ける少女漫画のクイーン・一条ゆかり。一条ゆかり先生の代表作を中心に、美しくまた迫力溢れる原画をご紹介・・・

続きを読む

◆久留米市美術館


【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
【休館日】  月曜日 *8月9日(月)は開館

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131

ご参考・・久留米市美術館Webサイト
 

見る 没後70年 南薫造

没後70年 南薫造
2021年7月3日(土)~8月29日(日)
福岡県/久留米市/久留米市美術館 2階

明治末から昭和にかけて日本洋画壇の中心作家として活躍した南薫造(1883—1950)は、東京美術学校卒業後にイギリスへ留学して清新な水彩画に親しみ、帰国後は陽光を捉えた明るい色彩とのびやかな筆致による油彩画を次々と発表、晩年は郷里の広島県呉市安浦町で愛する瀬戸内海の風景を描きました。

本展は、現存する代表作とイギリス留学時代の水彩画などを含む、南薫造の画業の全貌を九州で初めて紹介するものです。

【観覧料】一般1,000円(800円)、シニア700円(500円) 、大学生500円(300円)、高校生以下無料
*( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上
*上記料金にて石橋正二郎記念館もご覧いただけます。
ご参考・・イベントレポート

◆九州国立博物館


【開館時間】 9:30~17:00(入場は16:30まで)
*夜間開館の実施状況については九州国立博物館Webサイト等でご確認ください。
【休館日】  月曜日 *ただし、8月9日(月)、8月16日(月)は開館。8月10日(火)は休館
*マスク着用のうえご入館ください。
*37.5度以上の発熱、また風邪などの症状がある場合はご入館いただけません。

展示に関する問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(9:00~20:00)
 

見る 特別展「皇室の名宝-皇室と九州をむすぶ美-

皇室の名宝 ポスター
2021年7月20日(火)~8月29日(日)
*期間中、展示替えあり(前期7月20日~8月9日、後期8月11日~29日)
福岡県/太宰府市/九州国立博物館

宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵する皇室のコレクションの中から、皇室の御慶事に際して九州各地から献上された品々や、各時代の日本美術の名品をとおして、皇室の文化継承、皇室と九州の深いつながりをご紹介します。

時代を越えて皇室が守り伝えてきた貴重なコレクションが、九州の地でまとまって公開される初めての機会です。

第一章 皇室の近代を彩る
近代における皇室のコレクションのうち、九州ゆかりの作品を中心にご覧いただきます。折々に皇室に献じられた美術品、工芸品は、その誉れにふさわしく、敬意と祝意が込められ、技術の粋を集めて制作されました。また、皇室による伝統美術の保護について、帝室技芸員の名作を通してご紹介します。

第二章 皇室聚宝
歴代天皇や貴顕が愛蔵した平安・鎌倉時代の名筆や、モンゴル襲来(元寇)の事績を描いた《蒙古襲来絵詞》、やまと絵の代表作《春日権現験記絵》、伊藤若冲の《動植綵絵》など、わが国屈指の名品をご紹介します。この貴重なコレクションを通して、日本文化の継承に皇室が果たしてきた役割を見つめます。

【観覧料】  一般2,000円(1,800円)、高大生1,200円(1,000円)、小中生800円(600円)
*( )内は前売り料金です。販売期間は5月15日(土)~7月19日(月)
*上記の料金で4階「文化交流展(平常展)」もご覧頂けます。
*団体料金はありません。
*大学生以下の方は展示室入口にて学生証や生徒手帳等をご提示ください。

チケットに関する問合せ先:皇室の名宝展事務局 TEL 092-711-5491(平日9:30~17:30)
詳細は・・九州国立博物館Webサイトへ、イベントレポートページ

◆三菱地所アルティアム


【時間】  10:00~20:00
【休館日】 なし

問合せ先:三菱地所アルティアム TEL 092-733-2050

ご参考・・三菱地所アルティアムWebサイト
 

見る 絶望を覆すことができない恋を正義とせよ、きみが、死んでも残る花。

絶望を覆すことができない恋を正義とせよ、きみが、死んでも残る花。

本展メインビジュアル

2021年7月14日(水)~8月31日(火)
福岡県/福岡市(中央区)/三菱地所アルティアム(イムズ8F)

アルティアム最後の展覧会
過去にアルティアムで展示し、さらなる活躍を続ける7名によるグループ展

三菱地所アルティアムは、最後の展覧会「絶望を覆すことができない恋を正義とせよ、きみが、死んでも残る花。」を開催します。

本展は、過去にアルティアムで展示し、さらなる活躍を続ける作家7名によるグループ展です。タイトルは、出品作家の一人である最果タヒが、アルティアム閉館前最後となる本展に寄せて書き下ろした詩の一文です。

アルティアムは、1989年の開館以来、“時代の新しい表現”を紹介する場所として、美術、デザイン、建築、文学、映画、演劇、ファッション、食など、幅広いジャンルの展覧会を開催してきました。特に、現代美術においては、中堅作家の個展や地元作家の紹介に力を入れてきました。

芸術作品には、様々な解釈を可能にする豊かさがあります。個人的体験である鑑賞が、深い内省を伴う時、私たちの世界観は広がります。視野が広がり、着眼点が増え、言葉にならない感覚や考えを認識する機会にもなります。

アルティアムがなくなっても、来場者それぞれが獲得した鑑賞体験が、各々の心に長く留まることを願って、本展を開催します。

【入場料】 一般400(300)円、学生300(200)円
*高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
*( )は前売料金/チケットぴあ
*アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員は無料
*再入場可

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*催事の最終日は、閉館時間が変更になることがありますので、各施設へご確認ください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る