福岡の展覧会   

ふくおかサポートねっと

◆福岡市博物館

見る チベットのマンダラ

立体マンダラ

立体マンダラ

2020年1月21日(火)~4月19日(日)
福岡市/福岡市博物館2階 企画展示室3(早良区)

*新型コロナウィルス感染拡大防止のため休館していましたが、3月21日(土)から開館しています。
チベット寺院の本堂を飾る極彩色の仏壇と多彩なマンダラを紹介します。ヒマラヤの自然と人々が生み出した神秘の世界をお楽しみください。

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】  月曜日 *月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 電気紋織-博多織から生まれた技術革新-

電気紋織肖像画

電気紋織肖像画

2020年1月28日(火)~4月12日(日)
福岡市/福岡市博物館2階 企画展示室4(早良区)

*新型コロナウィルス感染拡大防止のため休館していましたが、3月21日(土)から開館しています。
昭和の初め、博多織の町・福岡で、ある織機が誕生します。それは、従来のように型紙を準備することなく、書画や図面はおろか写真の柄まで、その場で織り出す画期的なものでした。

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】  月曜日 *月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 茶人の書

千利休書状

千利休書状

2020年2月26日(水)~4月26日(日)
福岡市/福岡市博物館2階 企画展示室1(早良区)

*新型コロナウィルス感染拡大防止のため休館していましたが、3月21日(土)から開館しています。
桃山時代を代表する千利休・古田織部・小堀遠州や、黒田如水・嶋井宗室など、博多ゆかりの茶人の書を紹介します。

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】  月曜日
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 農耕図

狩野伯寿筆「農耕図鑑」上巻(部分)

狩野伯寿筆「農耕図鑑」上巻(部分)

2020年3月17日(火)~5月17日(日)
福岡市/福岡市博物館2階 企画展示室2(早良区)

*新型コロナウィルス感染拡大防止のため休館していましたが、3月21日(土)から開館しています。
農民のくらしを描いた農耕図は、大きな屏風や金箔を多用した巻物に描かれていることがあります。どうしてこんなに豪華なのでしょうか。その制作目的や絵の細部を解説します。

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】  月曜日 *5月4日~6日は開館し、5月7日休館
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 太刀 吉岡一文字

太刀 吉岡一文字

太刀 銘 一 伝吉岡一文字

2020年4月7日(火)~5月31日(日)
福岡市/福岡市博物館 企画展示室2 黒田家名宝展示(早良区)

黒田家伝来の太刀。銘に「一」字を切る刀工集団を、一文字派という。吉岡一文字は、鎌倉時代後期に備前福岡(岡山県瀬戸内市長船町福岡)から北側の磐梨 郡吉岡(岡山県赤磐市)へ移住した一派。

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】  月曜日 *5月4日~6日は開館し、5月7日休館
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る ふくおか発掘図鑑0巻

子持勾玉

子持勾玉

2020年4月14日(火)~6月14日(日)
福岡市/福岡市博物館 企画展示室4(早良区)

都市化とともに多くの発掘調査がおこなわれてきた福岡。その遺跡と出土品を紹介してきたシリーズ企画の今回は、福岡の考古学の始まりに光を当てます。

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】  月曜日 *5月4日~6日は開館し、5月7日休館
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 手仕事の美と技-博多張子-

博多張子

博多張子

2020年4月28日(火)~7月12日(日)
福岡市/福岡市博物館 企画展示室1(早良区)

博多張子は、端午の節句に贈られる張子のトラ、博多どんたくに欠かせない張子の面など、暮らしの中で愛されてきた玩具です。博多張子の製品のみならず、製作用具や工程などを紹介します。

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】  月曜日 *5月4日~6日は開館し、5月7日休館
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 『日本書紀』の時代の筑紫

「評」と刻まれた瓦

「評」と刻まれた瓦

2020年5月19日(火)~7月19日(日)
福岡市/福岡市博物館 企画展示室2(早良区)

『日本書紀』が奏上されてから今年で1300年。『日本書紀』に書かれている筑紫の姿とその時代の出土品を紹介します。

【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】  月曜日
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 戦争とわたしたちのくらし29

天井板を再利用した弁当箱

天井板を再利用した弁当箱

2020年6月16日(火)~8月10日(月・祝)
福岡市/福岡市博物館 企画展示室4(早良区)

6月19日の「福岡大空襲の日」にちなみ、館蔵の戦時資料を展示します。今回は、衣服や日用品、お金などから、戦時の人びとの生活事情を紹介します。

【休館日】  月曜日 *ただし8月10日(月・祝)は開館
【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
       *7月22日(水)~8月26日(水)の金・土・日・祝日と、
        8月13日(木)は20:00まで開館(入館は19:30まで)
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る ミイラ 「永遠の命」を求めて

若い男性のミイラ

<若い男性のミイラ>ミュンスター大学附属考古学博物館
ARCHÄOLOGISCHES MUSEUM DER WESTFÄLISCHEN WILHELMS-UNIVERSITÄT MÜNSTER

2020年7月4日(土)~9月22日(火・祝)
福岡市/福岡市博物館 特別展示室(早良区)

最新科学によって明らかになったミイラの実像。
本展では世界各地の様々なミイラを一堂に会し、人類がもつ多様な死生観と文化を紹介します。
*一部、衝撃的な展示品を含みます。ご注意ください。

【休館日】  月曜日
       *ただし8月10日(月・祝)・9月21日(月・祝)は開館し、8月11日(火)は休館
【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
       *7月22日(水)~8月26日(水)の金・土・日・祝日と、
        8月13日(木)は20:00まで開館(入館は19:30まで)
【観覧料】  一般1,600円(1,400円)、中高生1,200円(1,000円)、小学生600円(400円)
       *( )内は前売り、団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 戦国時代の博多展9 “筑前表錯乱” ~1550年代の動乱

「大村家文書」大内氏奉行人連署奉書(部分)

「大村家文書」大内氏奉行人連署奉書(部分)

2020年7月14日(火)~9月13日(日)
福岡市/福岡市博物館 企画展示室1(早良区)

九州の戦国時代の大転換期となった1550年代。大内氏と大友氏が対立する二元的政治体制が崩れ、新たな体制が生まれる過程で戦乱が相次ぎました。古文 書を中心にこの歴史のうねりを紹介します。

【休館日】  月曜日 *ただし8月10日(月・祝)は開館し、8月11日(火)は休館
【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
       *7月22日(水)~8月26日(水)の金・土・日・祝日と、
        8月13日(木)は20:00まで開館(入館は19:30まで)
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る ダルマさん大集合

達磨図

達磨図

2020年7月21日(火)~9月13日(日)
福岡市/福岡市博物館 企画展示室2(早良区)

禅宗の祖、達磨を描いた絵画や工芸作品を紹介します。一見コワそうでもどどこかユーモラスで見ようによってはカワイイ、様々なダルマさんにご注目!

【休館日】  月曜日
       *ただし8月10日(月・祝)は開館し、8月11日(火)は休館
【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
       *7月22日(水)~8月26日(水)の金・土・日・祝日と、
        8月13日(木)は20:00まで開館(入館は19:30まで)
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

◆福岡市科学館

見る ストリートファイター「俺より強いやつらの世界展」

ストリートファイター メインビジュアル

展覧会メインビジュアル
©CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

2020年3月14日(土)~5月24日(日)
福岡市/福岡市科学館(中央区)

*新型コロナウィルス感染拡大防止のため開催を見合わせていましたが、3月25日(水)から開催しています。
約400点の原画と貴重な資料を大公開!
世界中の子どもだけでなく大人も夢中にさせている“ゲーム”。かつてのアーケードゲームは、家庭用ゲーム機、オンラインゲームへと驚異的な技術的進化を遂げました。世界的なゲーム人口の増加に伴い、高度な対戦技術を積み重ねてきた愛好者の技は、オリンピックの公式競技になるのではないかと話題を呼んでいる「eスポーツ」にもつながっています。
それらの熱狂のルーツの一つが、カプコンが開発した「ストリートファイター」シリーズです。1987年に業務用ゲーム機として第1作目が発売され、1991年の「ストリートファイターII」において画期的な対戦システムが話題を呼び大ヒットを記録、社会現象を巻き起こしました。家庭用ゲーム機では、格闘対戦ゲームというジャンルを確立し、現在に至る「ストリートファイターV」まで、世界中で人気を博しています。

本展は、カプコンの協力・監修により、企画書や背景下絵などの秘蔵資料・原画などの展示に加え、最新技術を使った体験型のデジタルコンテンツ、ゲーム制作工程の紹介やキャラクター作りの紹介、歴代シリーズのゲーム体験、ワークショップなど、ゲームファンだけではなく、子どもたちやその親も含めたファミリーにお楽しみいただける展覧会になっています。
科学の技術を使ったデジタルコンテンツを通して、ストリートファイターの世界を体感してみましょう。

【開場時間】 9:30~18:00 *入場は17:30まで
【休館日】  火曜日 *ただし3月31日と5月5日は開館
【観覧料】  一般1,100円(900円)、中高生800円(600円)、
       4歳以上小学生以下500円(400円)、4歳未満は無料
       *( )は前売料金及び30名以上の団体料金

問合せ先:福岡市科学館 TEL 092-731-2525
詳細は・・公式Webサイトへ、福岡市科学館Webサイトへ、イベントレポート

◆九州国立博物館

見る  特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展

古代エジプト展

2020年4月25日(土)~6月21日(日)
太宰府市/九州国立博物館

世界初公開! CTスキャンで見えたミイラの秘密
世界で最も古い博物館の一つ、オランダのライデン国立古代博物館(1818年設立)のエジプト・コレクションは約2万5千点にのぼり、ヨーロッパの5大エジプト・コレクションのひとつに数えられています。同館は今日にいたるまで60年以上にわたり、エジプトでの発掘調査を行っていることでも知られており、世界をリードする研究も多数進められています。
今回は、そのライデン国立古代博物館から、人のミイラ5体、動物のミイラ8体、10数点の棺などを含む、厳選された約250点が来日します。
見どころの一つが、本展覧会において世界で初めて公開される、ミイラのCTスキャンによる研究結果です。CTスキャンは、2019年7月にアムステルダム・メディカル・センターで行われ、今回、オランダに先立ち日本で世界初公開されます!
本展では、3000年にわたった古代エジプト文明を時代ごとに区分し、当時の死生観や世界観、技術の発展、色や形の意味合い、象形文字の読解による研究成果といった、これまで知られていなかった側面も解き明かします。
従来のエジプト展とは一線を画した、新たな展覧会をお楽しみに!

*「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」は、2020年4月~2022年2月にかけて全国8会場で開催される巡回展です。その記念すべきスタート会場となるのが九州国立博物館です。

【開館時間】 9:30~17:00(入館は16:30まで)
       *毎週金・土曜日は20:00まで(入館は19:30まで)
【休館日】  月曜日
       *ただし、4月27日(月)、5月4日(月・祝)は開館。5月7日(木)は休館
【観覧料】  一般1,600円(1,400円)、高大生1,000円(800円)、小中生600円(400円)
       *( )内は前売り、夜間割引および団体料金(有料の方が20名以上の場合)。
       *上記料金で九州国立博物館4階「文化交流展(平常展)」もご観覧いただけます。
       *満65歳以上の方は前売り一般料金でご購入いただけます。
       *夜間割引料金のチケットは、夜間開館当日17:00以降に館内券売所で販売。
        夜間割引料金で購入されたチケットで17:00以前に入場することはできません。

問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(8時~22時)
詳細は・・九州国立博物館Webサイトへ、公式Webサイトへ、イベントレポート

【関連イベント】
記念講演会「太宰府とライデン:学問の地から探る古代エジプト文明の世界」
【日時】 2020年4月25日(土) 13:30~15:00
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【講師】 中野智章 氏(本展監修者、中部大学教授)
【定員】 280名 *要事前申込
【料金】 無料 *ただし、本展の観覧券もしくは半券の提示が必要。
【参加申込締切】 2020年3月31日(火)必着
古代エジプトのやきものを作ってみよう!
古代エジプトの幻の素材「ファイアンス」で作られた護符や装飾品は、焼くと綺麗な青色に変わります。九博で、自分だけのファイアンス製品を作ってみませんか?
【日時】 2020年5月4日(月・祝) 13:30~15:30
【会場】 九州国立博物館1階 研修室
【講師】 田澤恵子 氏(古代オリエント博物館主任研究員)、
     高見妙 氏(古代オリエント博物館教育普及員)
【定員】 20名 *要事前申込
【料金】 無料
【参加申込締切】 2020年4月3日(金)必着
ミイラ作り体験教室
等身大の人形を使い、内臓を取り出したり包帯を巻いたりして、ミイラの作り方を体験してみよう!
【日時】 5月5日(火・祝)①10:00~12:00 ②14:00~16:00
     5月6日(水・休)③10:00~12:00 ④14:00~16:00
【会場】 九州国立博物館1階 研修室
【講師】 田澤恵子 氏(古代オリエント博物館主任研究員)、
     高見妙 氏(古代オリエント博物館教育普及員)
【対象・定員】 ①小学生20名、②中学生以上20名、③小学生20名、④視覚障がい者10名
     (各1名同伴可) *要事前申込
【料金】 無料
【参加申込締切】 2020年4月3日(金)必着
申込方法は、九州国立博物館Webサイトでご確認ください。

◆久留米市美術館

見る 久留米市美術館のコレクションing 絵かきになりたい! 

古賀春江《散歩》

古賀春江《散歩》 1932年頃
石橋財団アーティゾン美術館蔵

2020年4月4日(土)~5月31日(日)
久留米市/久留米市美術館 本館2階

*新型コロナウィルス感染拡大防止のため、当分の間、臨時休館を延長(開幕を延期)することとなりました。
久留米市美術館の所蔵作品を中心として、九州ゆかりの洋画家たちの作品を新たな切り口で紹介する「久留米市美術館のコレクションing」展。第3弾となる今回は、制作時の画家の年齢に注目し、10代から80代までの年齢順に作品を紹介します。
20代の青木繁の勢いのある筆致のデッサンから、80代の坂本繁二郎の静謐な静物画まで、物心ついた時から絵が好きだった少年たちが「絵かきになりたい!」と志を立て、それぞれに多様な画家人生を歩んでいった様を、新収蔵作品を含む約120点の作品により概観します。
画家たちの各世代の作品を、自分や身近な人の年齢と重ねて見ていくことで、きっと作品と画家をより身近に感じていただく機会となることでしょう。
個性豊かな絵かきたちによる、その時々の生が刻まれた作品の数々をぜひご覧ください。

【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
【休館日】  月曜日 *ただし、5月4日(月・祝)は開館
【観覧料】  一般500円(400円)、シニア300円(200円)、大学生300円(200円)、
       高校生以下無料
*障害者の方は手帳のご提示で、ご本人と介護者1名は一般料金の半額
*( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上
*上記料金にて石橋正二郎記念館もご覧いただけます。

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131
ご参考・・久留米市美術館Webサイトへ、イベントレポート

【関連イベント】
ギャラリートーク
【日時】 土曜日(4月25日、5月9日・23日を除く)、日曜日 14:00~ *20分程度
【集合】 本館2階エントランス
【料金】 無料 *要本展チケット
ミニレクチャー
本展や作品にまつわるエピソードなどを、当館学芸員がお話します。
少年たちが目指した、絵かきという仕事
【日時】 4月25日(土) 14:00~15:00
【会場】 本館1階多目的ルーム
【話し手】中山景子
【定員】 70名 *聴講無料
学びて時に ー 美術教師メモリアル
【日時】 5月9日(土) 14:00~15:00
【会場】 本館1階多目的ルーム
【話し手】佐々木奈美子
【定員】 70名 *聴講無料
昭和をのりこえた絵かきたち
【日時】 5月23日(土) 14:00~15:00
【会場】 本館1階多目的ルーム
【話し手】森智志
【定員】 70名 *聴講無料

◆北九州市立美術館 本館

見る コレクション展III 特集「鉄」

四宮佑次 《The Document:Frank Stella and YAWATA WORKS,Kitakyushu 1993》

四宮佑次 《The Document:Frank Stella and YAWATA WORKS,Kitakyushu 1993》 1993/2013年 ゼラチン・シルヴァー・プリント 北九州市立美術館蔵

2020年2月22日(土)~5月6日(水・祝)
北九州市/北九州市立美術館 本館(戸畑区)

*新型コロナウィルス感染拡大防止のため、2月28日(金)~当分の間、臨時休館となりました。
鉄の都として発展してきた八幡、北九州をめぐる作品や、鉄が使われた作品を展示します。

【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
【休館日】  月曜日(ただし5月4日(月・祝)は開館)
【観覧料】  一般300円(240)円、高大生200(160)円、小中生100(80)円
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:北九州市立美術館本館 TEL 093-882-7777
ご参考・・北九州市立美術館Webサイト

見る 再興第104回院展

國司華子(同人)《来迎ノ図》

國司華子(同人)《来迎ノ図》 内閣総理大臣賞

2020年4月22日(水)~5月17日(日)
北九州市/北九州市立美術館 本館(戸畑区)

日本美術院同人作家の新作、受賞作品、九州ゆかりの入選作品まで66点が一堂に揃います。

【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
【休館日】  月曜日、5月7日(木)(ただし5月4日(月・祝)は開館)
【観覧料】  一般1,100(900)円、高大生600(400)円、小中生400(300)円
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:北九州市立美術館本館 TEL 093-882-7777
ご参考・・北九州市立美術館Webサイト

見る コレクション展Ⅰ 特集 シュルレアリスムを感じる7つの要素 

金山明《作品》

金山明《作品》 1957年 板にインク 北九州市立美術館蔵
©Kanayama Akira and Tanaka Atsuko Association

2020年5月16日(土)~7月26日(日)
北九州市/北九州市立美術館 本館(戸畑区)

特集では、20世紀初頭にヨーロッパで生まれた芸術運動をヒントに、コレクションの新たなみかたを探ります。

【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
【休館日】  月曜日
【観覧料】  一般300(240)円、高大生200(160)円、小中生100(80)円
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:北九州市立美術館本館 TEL 093-882-7777
ご参考・・北九州市立美術館Webサイト

◆北九州市立美術館 分館

見る フジフイルム・フォトコレクション展

木村伊兵衛/秋田おばこ\

木村伊兵衛/秋田おばこ 秋田・大曲/1953年

2020年4月11日(土)~6月14日(日)
北九州市/北九州市立美術館 分館(リバーウォーク北九州5F)(小倉北区)

明治~平成に国内外で高い評価を受けた日本の写真家の代表作101点を紹介します。

【開館時間】 10:00~18:00 *入館は17:30まで
【休館日】  会期中無休
【観覧料】  一般1,000(800)円、高大生600(400)円、小中生400(300)円
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:北九州市立美術館分館 TEL 093-562-3215
ご参考・・展覧会特設サイト

◆三菱地所アルティアム

見る 小さなデザイン 駒形克己展 

“駒形克己『Little Tree』 ワンストローク 2008年

『Little Tree』 ワンストローク 2008年

2020年4月1日(水)~5月10日(日)
福岡市/三菱地所アルティアム(中央区 イムズ8F)

*新型コロナウィルス感染拡大防止のため開催を見合わせていましたが、4月1日(水)から開催しています。
造本作家 駒形克己のグラフィックデザインや絵本制作などこれまでの足跡をたどる展覧会を九州初開催。
駒形克己(1953年生)は『Little Eyes』『Little Tree』などの絵本で知られる造本作家/デザイナーです。日本デザインセンターで永井一正のもと初期のキャリアを積んだ後、アメリカに渡り、ニューヨークでは CBS本社やシェクターグループでグラフィックデザイナーとして活躍しました。1983年に帰国してからはオフコースや安全地帯などのレコードジャケット、コムデギャルソンなどのファッションブランドの招待状などのデザインを手がけています。1989年に誕生した長女の成長に向き合うことから絵本を作り始め、新しいタイプの絵本として注目を集めました。現在は絵本に加え、ワークショップ活動で国際的に活躍しています。また、九州では、九州大学病院小児医療センター病棟の環境デザインを手がけています。
本展は、アメリカ時代の実験的な試作から、音楽、ファッションでの仕事、絵本の試作やスケッチまで、駒形の初期から現在までの足跡をたどる初めての展覧会です。特に、普段は見ることのできないアイディアやスケッチ、絵本の試作品の数々は、作品の制作過程と駒形の思考を辿ることのできる貴重な資料です。また、駒形の絵本表現の特徴である切抜きや変形ページの魅力を立体的な展示で紹介します。
駒形は「小さなこと」を大切にしてきました。手に収まる小さなサイズ、少数の人々とささやくような関係性から生まれた作品にご注目ください。

【時間】  10:00~20:00
【休館日】 4月21日(火)
【入場料】 一般400(300)円  学生300(200)円
*高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
*( )は前売料金/チケットぴあ・10名以上の団体料金
*アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員は無料
*再入場可

問合せ先:三菱地所アルティアム TEL 092-733-2050
ご参考・・三菱地所アルティアムWebサイト

*催事名や催事日時などが、変更になる場合があります。詳しくは、各施設へお問合せください。
*催事の最終日は、閉館時間が変更になることがありますので、各施設へご確認ください。

一番上に戻る