美術館・博物館 

ふくおかサポートねっと

◆福岡県立美術館

見る コレクション展Ⅱ 夏休み特集「アートたんけん アートたいけん」

2018年6月16日(土)~8月30日(木)
福岡市/福岡県立美術館(中央区)

おもしろいをみつけたい!今からアートたんけん/たいけんたい!探検するような気持ちで展示室をめぐると、作品に対していろんな感想や気持ちが湧き上がってきます。そんなアート体験へと誘います。

【休館日】  月曜日 *ただし、祝休日の場合はその翌平日
【開館時間】 10:00~18:00(入場は17:30まで )
【観覧料】  一般210円 (160円)、高大生140円 (100円)、小中生60円 (50円)
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:福岡県立美術館 TEL 092-715-3551
詳細は・・福岡県立美術館Webサイト

◆福岡市博物館

見る 戦争とわたしたちのくらし27

御茶附上等御弁当

御茶附上等御弁当

2018年6月12日(火)~8月26日(日)
福岡市/福岡市博物館2階 企画展示室4(早良区)

6月19日の「福岡大空襲の日」にちなみ、館蔵の戦時関係資料を展示します。
今回は、さまざまな印刷物に掲載された標語から、戦争の時代を振り返ります。

【休館日】  月曜日 *月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
       *8月13日(月)は開館、8月16日(木)は休館
【開館時間】 9:30~17:30(入場は17:00まで)
       *7月21日(土)~8月26日(日)の期間中、
        金、土、日と8月13日(月)~15日(水)は20:00まで開館延長します。
        (入場は19:30まで)
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 博多祇園山笠展18 -藩主と家族の山笠上覧ー

博多祇園山笠展

2018年6月26日(火)~8月26日(日)
福岡市/福岡市博物館2階 企画展示室1(早良区)

福岡藩主やその家族の見物記録から、山笠と黒田家のつながりを紹介します。

【休館日】  月曜日 *月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
       *8月13日(月)は開館、8月16日(木)は休館
【開館時間】 9:30~17:30(入場は17:00まで)
       *7月21日(土)~8月26日(日)の期間中、
        金、土、日と8月13日(月)~15日(水)は20:00まで開館延長します。
        (入場は19:30まで)
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 市美×市博 黒田資料名品展IX 黒田家と禅

江月宗玩墨蹟

江月宗玩墨蹟(福岡市美術館蔵)

2018年7月3日(火)~9月2日(日)
福岡市/福岡市博物館2階 企画展示室2(早良区)

黒田資料にのこされた墨蹟や藩主の肖像画などから、黒田家と禅宗との関わりを紹介します。

【休館日】  月曜日 *月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
       *8月13日(月)は開館、8月16日(木)は休館
【開館時間】 9:30~17:30(入場は17:00まで)
       *7月21日(土)~8月26日(日)の期間中、
        金、土、日と8月13日(月)~15日(水)は20:00まで開館延長します。
        (入場は19:30まで)
【観覧料】  一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料
       *( )内は団体料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信

福岡市博物館 ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信

2018年7月7日(土)~8月26日(日)
福岡市/福岡市博物館(早良区)

鈴木春信(1725-1770)は優美で洗練された作風が人気の浮世絵師です。また錦絵で技術革新をおこし、たった10年で浮世絵の歴史を塗り替えた人物でもあります。本展では世界一の春信コレクションを誇るアメリカ・ボストン美術館から、選りすぐりの150点を展観します。

【休館日】  月曜日(ただし7月16日・8月13日は開館、7月17日・8月16日は休館)
【開館時間】 9:30~17:30(入場は17:00まで)
       *7月21日から閉幕までの金・土・日曜日、および8月13日・14日・15日は
        20:00まで開館(入場は19:30まで)
【観覧料】  一般1,300円(1,100円)、高大生800円(600円)、小中生500円(300円)
       *( )内は前売、20人以上の団体、満65歳以上、外国の方の割引料金
        (証明できるものを提示)

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
詳細は・・公式Webサイト
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

【関連イベント】
山田全自動とめぐる!春信展みどころダイジェスト
“現代の浮世絵師”としてインスタグラムで大人気の山田全自動さんと、春信展の見どころを学びながら会場内を巡る、面白楽しいツアー。
【日時】 8月17日(金) 18:30~19:30
【料金】 無料(本展の観覧券が必要) *申込不要

見る 福岡市博物館所蔵 幽霊・妖怪画の世界

福岡市博物館所蔵 幽霊・妖怪画の世界

百鬼夜行絵巻

2018年7月7日(土)~8月26日(日)
福岡市/福岡市博物館(早良区)

円山応挙や伊藤若冲の作品を含む、館蔵の幽霊・妖怪画コレクション約50点を公開します。
先人たちの豊かな想像力が生み出した世界をお楽しみください。

【休館日】  月曜日(ただし7月16日・8月13日は開館、7月17日・8月16日は休館)
【開館時間】 9:30~17:30(入場は17:00まで)
       *7月21日から閉幕までの金・土・日曜日、および8月13日・14日・15日は
        20:00まで開館(入場は19:30まで)
【観覧料】  小学生以上500円 *当日券のみ会場にて販売
       *春信展の半券を持参すると、300円割引

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
詳細は・・公式Webサイト
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 浄土九州-九州の浄土教美術-

浄土九州-九州の浄土教美術-

2018年9月15日(土)~11月4日(日)
福岡市/福岡市博物館(早良区)

日本人の生き方に深い影響を及ぼした浄土信仰は、今から約1000年前の平安時代、末法思想の流行とともに盛んになりました。その中心となった西方極楽浄土のほとけ、阿弥陀仏は苦しみの多いこの世を生きる人々の心の拠り所となり、様々な形に表されてきました。
日本列島の西に位置する九州にも長い浄土信仰の歴史があり、他の地域とは異なる特色を持っています。本展覧会ではこうした九州の浄土信仰に注目し、その中で生み出された多彩な絵画や彫刻など約200点を展示します。
燦然と輝く極楽浄土の情景や来迎の姿をあらわす阿弥陀像、信仰の力を象徴する名号などを通じて、来世に願いを託した先人たちの心に触れてください。

<展示構成>
テーマ1.地獄と極楽

平安時代後期には末法思想が広まり、人々は地獄へ落ちる怖れと同時に極楽浄土への憧れを強め、阿弥陀如来に救いを求めました。その強烈なコントラストを伴うイメージは、多くの人々を信仰の世界に導きました。
テーマ2.九州の浄土信仰と聖光上人
平安時代後期、九州では末法思想の広がりとともに浄土信仰が広まり、各地で阿弥陀如来像が造られました。また、鎌倉時代になると筑前香月出身の弁長(べんちょう=聖光上人/1162~1238)が浄土宗を開いた法然上人の専修念仏(せんじゅねんぶつ)の教えを受け継ぎ、筑後や肥後地方を中心に念仏を弘めました。
テーマ3.来迎するみほとけ
阿弥陀如来は極楽に往生したいという人々の願いを反映して様々な姿にあらわされました。多くの菩薩を伴って来迎(らいごう/らいこう)する様子をあらわした来迎図や山越阿弥陀図、阿弥陀如来像など、九州各地に伝わる多彩な浄土教美術を紹介します。
テーマ4.テーマ4 萬行寺の寺宝
九州では戦国時代以降、浄土真宗が大きな広がりをみせ、博多では萬行寺(まんぎょうじ)が蓮如上人の弟子空性(くうしょう)によって開かれました。近年、筑紫女学園大学と福岡市の共同調査で全貌が明らかになった同寺の寺宝を通して九州真宗史の一端を紹介します。

【休館日】  月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合はその翌平日休館)
【開館時間】 9:30~17:30(入場は17:00まで)
【観覧料】  一般1,300円(1,100円)、高大生900円(700円)
       *中学生以下無料
       *( )内は前売、20人以上の団体、満65歳以上、外国の方の割引料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
詳細は・・福岡市博物館Webサイト

【関連イベント】
笑い飯哲夫のおもしろ仏教講座
仏教に強い関心を持ち、奈良国立博物館でも文化大使を務める笑い飯哲夫さんが、独自の視点から「仏教」について語ります!これを聞けば、抱腹絶倒、極楽往生 間違いなし!?
【日時】 9月20日(木)16:30~17:30
【会場】 福岡市博物館1階 講堂
【講師】 中川正法氏(筑紫女学園大学学長)
【定員】 240名
【料金】 トークショー付きチケット2,000円(全席自由席、浄土九州展の入場券付き)
*未就学児の入場不可
【チケット購入方法】 セブン-イレブンのみで購入可。なくなり次第販売終了。
記念講演会「仏教における浄土思想」
【日時】 9月29日(土)14:00~15:30
【会場】 福岡市博物館1階 講堂
【講師】 中川正法氏(筑紫女学園大学学長)
【定員】 240名 *要事前申込
【料金】 無料(ただし本展の観覧券〔半券可〕が必要)
【参加申込締切】 2018年9月14日(金)必着
お坊さんライブシアター「法然上人・聖光上人一代記」
【日時】 9月30日(日)14:00~15:00
【会場】 福岡市博物館1階 多目的研修室
【出演】 浄土宗教師有志の会
【定員】 30名 *事前申込不要
【料金】 無料(ただし本展の観覧券〔半券可〕が必要)
落語「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」
【日時】 10月7日(日)14:00~15:00
【会場】 福岡市博物館1階 講堂
【出演】 川崎亭好朝氏
【定員】 240名 *要事前申込
【料金】 無料(ただし本展の観覧券〔半券可〕が必要)
【参加申込締切】 2018年9月21日(金)必着
記念講演会「救いのほとけ阿弥陀信仰の造形」
【日時】 10月13日(土)14:00~15:30
【会場】 福岡市博物館1階 講堂
【講師】 須藤弘敏氏(弘前大学教授)
【定員】 240名 *要事前申込
【料金】 無料(ただし本展の観覧券〔半券可〕が必要)
【参加申込締切】 2018年9月28日(金)必着
お坊さんライブシアター「浄土教の視点より お釈迦様一代記」
【日時】 10月14日(日)14:00~15:00
【会場】 福岡市博物館1階 多目的研修室
【出演】 浄土宗教師有志の会
【定員】 30名 *事前申込不要
【料金】 無料(ただし本展の観覧券〔半券可〕が必要)
担当学芸員によるギャラリートーク
【日時】 会期中の毎週水・金曜日 14:00~15:00
【会場】 福岡市博物館2階 特別展示室
*事前申込不要(ただし当日の本展入場者が対象)

*申込方法は、//museum.city.fukuoka.jp/exhibition/pure_land.html をご確認ください。

◆福岡アジア美術館

見る 福岡アジア美術館 「NTT西日本スペシャル おいでよ!絵本ミュージアム2018」

おいでよ!絵本ミュージアム2018

© 三浦太郎

2018年7月19日(木)~8月19日(日)
福岡市/福岡アジア美術館 企画ギャラリーなど(博多区)

今回は「こどもの時間」をテーマに、企画ギャラリーでは、国語の教科書にも掲載され広く親しまれている『スイミー』をはじめ、カラフルな色使いで世界中で愛されている『おばけのバーバパパ』、子どもの心の揺らぎやしぐさのリアルさが繊細に描き出され、多くのファンを魅了してきた林明子さんの『はじめてのおつかい』、ユーモアとナンセンスとファンタジーに溢れる長新太さんの『そらとぶアヒル』、絵本を通して親子の楽しいコミュニケーションの時間を描いた『くっついた』、勘違いから始まった恐竜親子の愛情物語『おまえ うまそうだな』などを中心に、絵本の世界が飛び出したような空間展示をいたします。
また、画面を指でなぞると文字がゆっくり出てきて消えて行き、物語を指で読むことができる「Yu bi Yomu(ユビヨム)」や、子ども一人ひとりの発達段階や興味に「ピッタリ」の絵本を見つけるための絵本探しシステム「ぴたりえ」など先端のデジタル技術を活用した展示や、自由に手に取って読むことができる約1,000冊の絵本も展示いたします。
7階イベント会場では、ワークショップなどの体験型イベントや絵本の読み聞かせも実施し、子どもから大人までお楽しみいただけます。

【休館日】  会期中無休
【開場時間】 10:00~18:00(入場は17:30まで)
【観覧料】  一般1,000(800)円、高大生700(500)円、小中生500(300)円、
       未就学児無料
       *( )内は20人以上の団体、前売料金
       *この料金で、アジアギャラリーの展示もご覧いただけます。

問合せ先:福岡アジア美術館 TEL 092-263-1100
関連イベントなど、詳細は・・公式Webサイト
ご参考・・福岡アジア美術館Webサイト

◆九州国立博物館

見る 京都・仁和寺観音堂 千手観音像とその仲間たち

2018年7月3日(火)~9月2日(日)
太宰府市/九州国立博物館

この夏。文化財を未来へ受け渡すことの大切さを知る。
真言宗御室派総本山仁和寺は、仁和4年(888)の創建以来1130年の歴史を誇る京都有数の古刹です。
金堂の手前西側に建つ観音堂は延長6年(928)に建立され、現在の建物(重要文化財)は寛永21年(1644)に再建されました。ここは仁和寺で最重要儀式とされる「伝法灌頂」がおごそかに行われる重要な場所であり、内部は非公開となっています。
近年建物の傷みが進んでいたことから、平成24年度から半解体修理が実施されました。それに先立ち堂内の諸仏像も九州国立博物館まで運ばれ、館内の保存修復施設で彩色の剥落止めなどの修理が行われました。
平成30年度中に保存修理事業がすべて完了します。これを記念して本尊千手観音像をはじめ二十八部衆など全33体を一堂に公開し、文化財を未来へ受け渡すことの大切さを広く伝える機会としたいと思います。

【休館日】  月曜日 *ただし8月13日(月)は開館
【開館時間】 9:30~17:00(入館は16:30まで)
       金曜日・土曜日=9:30~20:00(入館は19:30まで)
【観覧料】  大人430円(220円)、大学生130円(70円)
       高校生以下、18歳未満および満70歳以上の方は無料
       *( )内は有料の方が20名以上の場合の団体料金
       *障害者手帳等をご持参の方とその介護者1名は無料
       *キャンパスメンバーズの方は無料

問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(8時~22時)
詳細は・・九州国立博物館Webサイト

見る 特別展 「オークラコレクション」 

重要文化財 銹絵寿老図六角皿 尾形光琳・乾山合作 江戸時代・18世紀 東京・大倉集古館蔵

2018年10月2日(火)~12月9日(日)
太宰府市/九州国立博物館

本展では、明治維新による激動の時代、日本の近代化に貢献し、美術文化の保護・発展に寄与した実業家・大倉喜八郎(1837-1928)と、父の意志を継ぎ、日本文化の海外発信に尽力した大倉喜七郎(1882-1963)が、精力的に収集したコレクションをご紹介します。
喜八郎は、さまざまな近代事業を展開した大実業家で、廃仏毀釈による寺院の荒廃、仏教美術品の散逸や海外流出を憂い、みずから日本・東洋の古美術を収集し、大正6年(1917)、わが国初の私立美術館、大倉集古館を設立しました。
喜八郎の長男で、ホテル・オークラの創業者としても有名な喜七郎は、その意志を継ぎ、近代日本画を中心に収集し世界へ紹介するなど、日本文化の海外発信に尽力しました。父子が収集したコレクションは、高い美術的価値と同時に、当時の社会情勢を反映した重要な歴史的意義を有しているのです。
本展では、膨大なコレクションを今日に伝え、満100歳を迎えた大倉集古館の所蔵品から、厳選の名品を一堂に公開します。そして、これらの名品を通し、大倉喜八郎が行った文化財保護の志、アジア諸国にわたる多様な収集、喜七郎による海外への日本文化発信といった歴史的意義を紹介します。
明治維新から150年目の節目に開催される本展は、近代の幕開け以後の日本と海外の交流の歴史をとらえる絶好の機会となるでしょう。

<ここに注目!>
圧倒的な質の高さ
明治維新後の海外流出から救われた名品など約110件(国宝3件、重要文化財10件、重要美術品16件を含む)で構成される展覧会です。
眼でたどる日本美術史
平安時代から近代まで「日本美術の王道」をしめすラインナップ。「眼でたどる日本美術史」を体験できる格好の機会となるでしょう。
目を見張るその幅の広さ
大倉喜八郎が集めたコレクションは、アジア諸国の美術にまでおよびます。目を見張るその幅の広さを満喫いただきます。
日本の伝統美を西洋に発信
長男の喜七郎は、イタリア政府がローマで開催した「日本美術展覧会」で、後に「近代日本画の巨匠」と呼ばれる画家たちの力作を多数紹介し、日本の伝統美を西洋に発信しました。その一部を、再現風にご覧いただきます。

【休館日】  月曜日(ただし10月8日(月・祝)は開館。10月9日(火)は休館)
【開館時間】 日曜日・火曜日~木曜日=9:30~17:00(入館は16:30まで)
       金曜日・土曜日=9:30~20:00(入館は19:30まで)
【観覧料】  一般1,500円(1,300円)、高大生1,000円(800円)、小中生600円(400円)
       *( )内は前売り、夜間割引および団体料金(有料の方が20名以上の場合)。
       *上記料金で九州国立博物館4階「文化交流展(平常展)」もご観覧いただけます。
       *障害者手帳等をご持参の方とその介護者1名は無料です。
       *満65歳以上の方は前売り一般料金でご購入いただけます。
       *夜間割引料金のチケットは、夜間開館当日午後5時以降に館内券売所で販売。
        夜間割引料金で購入されたチケットで17時以前に入場することはできません。

問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(8時~22時)
詳細は・・九州国立博物館Webサイト

【関連イベント】
記念講演会「大倉集古館の近世絵画 -狩野派、琳派など魅力の作品群をめぐって- 」
【日時】 10月8日(月・祝) 13:30~15:00
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【講師】 山下善也(九州国立博物館主任研究員)
【定員】 280名(事前申込不要、当日受付)
【料金】 無料(本展観覧券もしくは半券の提示が必要)
記念講演会「大倉集古館 -日本最初の美術館はなぜできた? - 」
【日時】 10月13日(土) 13:30~15:00
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【講師】 小泉惠英(九州国立博物館学芸部長)
【定員】 280名(事前申込不要、当日受付)
【料金】 無料(本展観覧券もしくは半券の提示が必要)
オークラウロ・コンサート
男爵・大倉喜七郎が作った楽器「オークラウロ」を九博で演奏!
【日時】 11月4日(日) 14:00~15:00
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【出演】 小湊昭尚氏(オークラウロ)、大河内淳矢氏(オークラウロ)、土屋雄作氏(ヴァイオリン)、齋藤純一氏(ギター)
【定員】 280名(事前申込不要、先着順)
【料金】 無料(本展観覧券もしくは半券の提示が必要)

関連イベントに関する問合せ先:西日本新聞イベントサービス内「オークラコレクション展」係 TEL 092-711-5491(平日9:30~17:30)

◆久留米市美術館

見る 名画が奏でる8つのフーガ 青木・セザンヌ・ルノワール —ブリヂストン美術館コレクション展

ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》

ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》1876年 石橋財団ブリヂストン美術館蔵

2018年7月14日(土)~9月9日(日)
久留米市/久留米市美術館 本館2階

西洋の近現代美術、そして明治以降の日本洋画の記念碑的作品を所蔵する石橋財団。その名品の数々を、この夏、久留米市美術館で公開いたします。
セザンヌ、モネ、ルノワール、九州では初の公開となるカイユボットといった印象派から、国の重要文化財である青木繁《わだつみのいろこの宮》、藤島武二《天平の面影》、そして、野見山暁治、ザオ・ウーキーら今世紀の絵画まで、代表的な画家8人の作品を核に約100点を展示します。
現在、2019年秋の再オープンに向けてブリヂストン美術館が休館中のため、館所蔵品による質量ともに充実した名画をまとめて見られる、おそらく最後の貴重な機会です。どうぞお見逃しなく。

<主な展示予定作品>
●ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》
●クロード・モネ《黄昏、ヴェネツィア》
●ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》
●青木繁《わだつみのいろこの宮》
●坂本繁二郎《放牧三馬》
●アンリ・マティス《画室の裸婦》
●藤島武二《天平の面影》
●ザオ・ウーキー《07.06.85》

【休館日】  月曜日(ただし7月16日・8月13日は開館)
【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
【観覧料】  一般1,000円(800円)、シニア700円(500円)、大学生500円(300円)
       高校生以下無料 
       *( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上
       *上記料金にて石橋正二郎記念館もご覧いただけます。
       *前売券600円あり
       *本館1階で開催する「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」(7/21~9/9開催)との
        共通当日券1,200円、共通前売券1,000円あり。

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131
ご参考・・久留米市美術館Webサイト

【関連イベント】
ギャラリートーク
【日時】 土曜日(7/28、8/25を除く)、日曜日 14:00~14:20
【会場】 本館2階エントランス(参加無料、要本展チケット)
美術講座
「カイユボットと印象派の画家たち」
【日時】 8月25日(土)14:00~15:30
【会場】 本館1階多目的ルーム
【講師】 賀川恭子氏(ブリヂストン美術館 学芸員)
【料金】 無料 *事前申込不要、先着70名
応募フォーム

見る ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま

ミロコマチコ《けもののにおいがしてきたぞ》

ミロコマチコ《けもののにおいがしてきたぞ》金牌

2018年7月21日(土)~9月9日(日)
久留米市/久留米市美術館 本館1階

ブラティスラヴァ世界絵本原画展(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)はスロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年毎に開催される世界最大規模の絵本原画コンクールで芸術性が高い作品、実験的でユニークな作品が集まることで知られています。
第26回を迎えた2017年9月のコンクールには世界各国の国内審査を経て49か国から373組による2,657点の原画が集まりました。
日本人としては荒井真紀が《たんぽぽ》で金のリンゴ賞を、ミロコマチコが《けもののにおいがしてきたぞ》で金牌を受賞しました。
この度の日本巡回展では「BIBで出会う絵本のいま」をテーマに受賞作品、日本からのノミネート作品、そして今注目の4か国として中国、イラン、イスラエル、韓国をとりあげ、絵本原画約200点と絵本および関連資料をご紹介いたします。

<展示構成>
第Ⅰ部 BIB2017 受賞作家
グランプリをはじめとする受賞作品をご紹介します。
第Ⅱ部 BIB2017 日本代表作家 絵本づくりとそのひみつ
日本からノミネートされた15 作家の作品とそれぞれの制作背景がわかる取材メモやスケッチ、試作品などの資料をご紹介します。
第Ⅲ部 いま気になる絵本の国 中国、イラン、イスラエル、韓国
日本巡回展開催館の学芸員がBIB 現地調査で注目した、近年イラストレーションで新たな展開を見せる4 か国の作品を取り上げ、多様化する絵本の広がりを展覧します。

【休館日】  月曜日(ただし8月13日は開館)
【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
       9月1日(土)、8日(土)は19:00まで延長開館 *17:00以降の入館無料
【観覧料】  一般800円(600円)、シニア600円(400円)、大学生500円(300円)
       高校生以下無料 
       *( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上
       *上記料金にて石橋正二郎記念館もご覧いただけます。
       *前売券500円あり
       *本館2階で開催する「名画が奏でる8つのフーガ展」(7/14~9/9開催)との
        共通当日券1,200円、共通前売券1,000円あり。

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131
ご参考・・久留米市美術館Webサイト

【関連イベント】
美術講座「広くて深い絵本のよろこび-BIB と世界の絵本」
【日時】 8月19日(日)14:00~15:30
【会場】 本館1階多目的ルーム
【講師】 広松由希子氏(絵本評論家・BIB2017 国際審査委員長)
【料金】 無料 *事前申込不要、先着70名
ジミンさんとつくろう、自画像の飛び出す絵本
韓国の絵本作家キム ジミンさんと自分の顔を版画にして、飛び出す絵本に仕上げます。
【日時】 8月18日(土)10:00~12:00、14:00~16:00
【会場】 本館1階多目的ルーム
【講師】 キム ジミン氏(BIB2017 金のりんご賞受賞)
【対象】 小学生以上(小学生の場合は保護者の引率が必要)
【定員】 各回16名(申し込み多数の場合は抽選)
【料金】 無料(ただし保護者、大人の参加者は本展チケットが必要)*要事前申込
【参加申込締切】 2018年7月30日(月)必着
tupera tupera 絵本ライブ
「わくせいキャベジ動物図鑑」でBIB 日本代表に選ばれたtupera tupera の亀山達矢さんの絵本ライブを行います。
【日時】 9月9日(日)13:30~ *90分程度
【会場】 本館1階多目的ルーム
【出演】 亀山達矢氏(tupera tupera 絵本作家)
【対象】 どなたでも(小学生の場合は保護者の引率が必要)
【定員】 120名(申し込み多数の場合は抽選)
【料金】 無料 *要事前申込
【参加申込締切】 2018年8月6日(月)必着

【申込方法】①参加希望イベント名(ワークショップの場合1 回目・2 回目の希望) ②参加者人数・全員の氏名(ふりがな)と年齢・学年(小中学生の場合) ③郵便番号・住所 ④電話番号 ⑤引率者氏名(ワークショップ参加者が小学生のみの場合)を記入の上、FAXまたはハガキで久留米市美術館まで。
【申込先】〒839-0862 久留米市野中町1015 久留米市美術館 イベント係 FAX 0942-39-3134

◆北九州市立美術館 本館

見る 写真展 岩合光昭の世界ネコ歩き

岩合光昭の世界ネコ歩き

©Mitsuaki Iwago

2018年7月14日(土)~8月26日(日)
北九州市/北九州市立美術館 本館企画展示室(戸畑区)

NHK BSプレミアムの人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」が写真展になりました。「ネコは人間とともに世界に広まった。だからその土地のネコはその土地の人間に似る」と語る動物写真家・岩合光昭。
本展は、岩合氏がヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、アジアなど世界15地域で出会ったネコたちの写真作品を中心に、およそ200点で構成します。ネコたちの愛らしい表情や仕草、一瞬の動きをとらえた写真は、多くの人々を魅了することでしょう。番組ファンはもちろん、ファンならずとも楽しめる“イワゴーワールド”をご覧いただきます。

◎岩合光昭
1950年東京生まれ。地球上のあらゆる地域をフィールドに活躍する動物写真家。その美しく、想像力をかきたてる作品は世界的に高く評価される。一方で、身近なネコを40年以上ライフワークとして撮り続けている。2012年からNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」の番組撮影を開始。著書に『ねこ』『ねこの京都』『ネコライオン』『岩合光昭の世界ネコ歩き』『ふるさとのねこ』などがある。

【休館日】  月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館)
【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
【観覧料】  一般1,000円(800円)、高大生600円(400円)、小中生400円(200円)
       *( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
       *障害者手帳を提示の方は無料
        年長者施設利用証(北九州市交付のもの)を提示の方は2割減免

問合せ先:北九州市立美術館本館 TEL 093-882-7777
詳細は・・北九州市立美術館Webサイト

見る コレクション展II 特集 アメリカで活躍したアーティストたち 1960’s-80’s

草間彌生《南瓜》

草間彌生《南瓜》1981年
北九州市立美術館蔵

2018年8月11日(土・祝)~12月16日(日)
前期:8月11日(土・祝)~10月14日(日) 後期:10月16日(火)~12月16日(日)
*前期・後期で作品の展示替えをします。

北九州市/北九州市立美術館 本館 コレクション展示室(戸畑区)

第二次世界大戦後、美術の中心はヨーロッパからアメリカへと移り、それまでにない多種多様な表現や芸術運動が生まれました。「抽象表現主義」をはじめ、60年代に入ると、色彩や形態を極限にまでつきつめた「ミニマル・アート」、大量消費社会を主題とした「ポップ・アート」などが登場し、その後の作家たちに大きな影響を与え発展していきました。
本展では、ジャン=ミシェル・バスキア、ジュリアン・シュナーベル、フランク・ステラら、60年代から80年代にかけてアメリカを拠点に活躍した作家に焦点をあて、戦後アメリカ美術の動向を展望します。
特集のほか、エドガー・ドガ《マネとマネ夫人像》、ピエール=オーギュスト・ルノワール《麦わら帽子を被った女》、クロード・モネ《睡蓮、柳の反影》など当館の主要なコレクション作品も併せて展示します。
*一部、展示作品の写真撮影が可能です。

【休館日】  月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)
       *12月8日(土)は臨時休館
【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
【観覧料】  一般150円(120円)、高大生100円(80円)、小中生50円(40円)
       *( )内は20名以上の団体料金。
        なお障害者手帳、年長者施設利用証(北九州市交付のもの)を提示の方は無料。

問合せ先:北九州市立美術館本館 TEL 093-882-7777
詳細は・・北九州市立美術館Webサイト

【関連イベント】
学芸員によるギャラリートーク
【日時】 8月18日(土)、10月21日(日)、12月9日(日) 各日とも14:00~(30分程度)
【会場】 北九州市立美術館 本館3階 コレクション展示室
*申し込み不要、ただし本展観覧料が必要

見る ゲスト展示 guest room 003 東島 毅-Dual

東島毅 アトリエ

東島毅 アトリエ 2018年

2018年8月11日(土・祝)~12月16日(日)
北九州市/北九州市立美術館 本館 コレクション展示室(戸畑区)

気鋭作家の新作を紹介する「guest room」シリーズ第三弾は、佐賀県武雄市出身の画家・東島毅(1960- )。ロンドン、ニューヨークでの活動を経て1997年に帰国。抽象表現の旗手として時代を疾走してきた東島が、初めて地元九州で大作を公開します。

【休館日】  月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)
       *12月8日(土)は臨時休館
【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
*コレクション展Ⅱの観覧料が必要

問合せ先:北九州市立美術館本館 TEL 093-882-7777
詳細は・・北九州市立美術館Webサイト

見る 没後80年 青柳喜兵衛とその時代

青柳喜兵衛《天翔ける神々》

青柳喜兵衛《天翔ける神々》1937年 北九州市立美術館蔵

2018年9月15日(土)~11月11日(日)
北九州市/北九州市立美術館 本館(戸畑区)

青柳喜兵衛(1904-38)は博多に生まれ、大正末期から昭和初期にかけて活躍した洋画家です。帝展をはじめ槐樹社、旺玄社で作品を発表し、その画風は牧野虎雄、吉村芳松ら官展系作家の影響が見られますが、一方で、玉葱や蓮根などの野菜や郷土玩具などをモチーフにした作品には、軽妙酒脱ともいうべき青柳の個性が早くから表れています。第1回新文展で無鑑査となるなど、若くして高い評価を受けましたが、1938年、34歳で早世しました。
洋画のほか、夢野久作の新聞小説『犬神博士』挿絵をはじめ、火野葦平、劉寒吉、原田種夫ら九州の文士たちとの交流から生まれた多くの装丁・挿絵は、青柳の画業の大きな一角を占めています。
代表作《天翔ける神々》(1937年、北九州市立美術館蔵)をはじめ、挿絵なども含む、青柳の多彩な画業の全容が明らかとなるのは本展が初となります。約200点の作品から、戦前の九州で芸術、文学を横断して花開いた文化の一端をご紹介します。

【休館日】  月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)
【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
【観覧料】  一般1,100(900)円、高大生600(400)円、小中生400(300)円
       *( )内は前売りおよび20名以上の団体料金

問合せ先:北九州市立美術館本館 TEL 093-882-7777
ご参考・・北九州市立美術館Webサイト

◆北九州市立美術館 分館

見る ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男

 

2018年6月23日(土)~8月26日(日)
北九州市/北九州市立美術館 分館(リバーウォーク北九州5F)(小倉北区)

デザイナーが憧れるデザイナーとして知られる、ブルーノ・ムナーリ。20世紀イタリアを代表する芸術家ムナーリの仕事は、絵画・彫刻から、デザイン、絵本、造形教育など幅広いジャンルにわたっています。本展には、国内外から選りすぐりの312点が集結! はじめてムナーリを知る人にも、ムナーリが大好きな人にもおすすめの、ムナーリのすべてが分かる展覧会です。
文字の代わりに紙が語る〈読めない本〉、折りたたんで持ち歩くことのできる〈旅行用の彫刻〉、フォークがコミュニケーションする〈おしゃべりフォーク〉など、その自由な発想力と創造力には、こどもから大人まで魅了されること間違いなし。楽しいムナーリの世界をぜひご覧ください。

問合せ先:北九州市立美術館分館 TEL 093-562-3215
ご参考・・北九州市立美術館Webサイト

見る 石川直樹 この星の光の地図を写す

石川直樹「K2」

「K2」(2015)

2018年9月8日(土)~11月4日(日)
北九州市/北九州市立美術館 分館(リバーウォーク北九州5F)(小倉北区)

世界をフィールドに活躍する写真家・石川直樹(1977- )は、22歳で北極から南極までを人力で踏破、23歳で七大陸最高峰の登頂に成功するなど、過酷な極地から都市の混沌に至るまで縦横に世界を歩き、写真を撮り続けてきました。近年では、国内外を旅して、人類学や民俗学などの視点を取り入れた独自のスタイルで作品を発表しています。北極圏に生きる人々を写した『POLAR』、各地に残る先史時代の壁画を撮影した『NEW DIMENSION』、ポリネシア・トライアングルの島々をとらえた『CORONA』、日本列島の南北に連なる島々を追う『ARCHIPELAGO』、ヒマラヤの西端に位置する世界第2位の高峰に向かう遠征で撮影された『K2』などのシリーズを、本展では写真や映像、石川が実際に使用してきた道具なども含めて、幅広く紹介していきます。また、石川が2008年に撮影した北九州市内の写真も特別展示します。

【休館日】  会期中無休
【開館時間】 10:00~18:00 *入館は17:30まで
【観覧料】  一般1,100(900)円、高大生600(400)円、小中生400(300)円
       *( )内は前売りおよび20名以上の団体料金

問合せ先:北九州市立美術館分館 TEL 093-562-3215
ご参考・・北九州市立美術館Webサイトへ、石川直樹展特設Webサイト

【関連イベント】
森下真樹「ベートーヴェン交響曲第 5番『運命』全楽章を踊る」
【日時】 9月22日(土)・23日(日) 14:00開演
【会場】 北九州芸術劇場 小劇場(リバーウォーク北九州6F)
【振付】 第一楽章 MIKIKO(演出振付家)、第二楽章 森山未來(俳優・ダンサー)、
     第三楽章 石川直樹(写真家)、第四楽章 笠井叡(舞踏家・振付家)
【出演】 森下真樹(振付家・ダンサー)
【料金】 一般3,000円、ユース1,500円(24歳以下・要身分証提示)、 
     高校生〔的〕1,000円(枚数限定、劇場窓口・前売のみ取扱、購入時・入場時要学生証提示)
     *全席自由・税込
*上演後、森下真樹・石川直樹によるアフタートークあり
 問合せ先:北九州芸術劇場 TEL 093-562-2655
 詳細は・・北九州芸術劇場Webサイト
アーティストトーク
【日時】 9月29日(土) 14:00~15:30
【会場】 西日本工業大学小倉キャンパス講義室(リバーウォーク北九州大学棟内)
【講師】 石川直樹
【定員】 100名 *要事前申込。応募者多数の場合は抽選
【参加申込締切】 2018年8月24日(金)必着
学芸員によるギャラリートーク
【日時】 10月14日(日)・28日(日) 各回14:00~(30分程度)
【会場】 展覧会場内 *申込不要
【料金】 無料 *ただし本展観覧料が必要

◆三菱地所アルティアム

見る トンコハウス展 「ダム・キーパー」の旅

『ダム・キーパー』より浮遊する街

『ダム・キーパー』より浮遊する街
© 2017 Tonko House Inc. ALL RIGHTS RESERVED

2018年7月21日(土)~9月2日(日)
福岡市/三菱地所アルティアム(中央区)

ピクサーを飛び出した2人が設立したアメリカ拠点のアニメーションスタジオ「トンコハウス」が九州初上陸!
「一緒に周囲の期待を超えるような挑戦をしてみないか?」
この言葉をきっかけに、ピクサーのアートディレクターだった堤大介とロバート・コンドウの新たな旅がはじまりました。2人が立ち上げたアニメーションスタジオの名は「トンコハウス」。
彼らの初作品となる短編映画『ダム・キーパー』は、「なぜ、つくるのか」というトンコハウスとしての原点に何度も立ち戻りながら、紡ぎだされてゆきました。自身の心、そして仲間との対話を丁寧に重ね完成した作品は、国や年齢を問わず、多くの人の心を揺さぶります。国際映画祭では、20以上もの賞を受賞するなど高評価を集め、2015年には米国アカデミー賞のノミネートへとつながりました。短編映画のほか、2017年には1話5分、全10話のシリーズ作品『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』が発表され、現在は『ダム・キーパー』をもとにした長編映画の制作に取り組んでいます。
本展では、トンコハウスのアニメーションにかける想いに迫りながら、NHK Eテレで放送されたシリーズ作品や制作中の長編映画など、さらに広がり続ける「ダム・キーパー」の世界をスケッチやマケット、映像など新作も交えて紹介します。温かみあるかわいらしいキャラクターデザイン、深く考え抜かれたストーリー設定、光や街が美しい背景デザインなど見どころ満載の旅する展覧会、トンコハウス展をお楽しみください。

【休館日】 会期中無休
【時間】  10:00~20:00
【入場料】 一般400(300)円、 学生300(200)円、高校生以下無料
      *( )内は前売料金/チケットぴあ・10名以上の団体料金
      *再入場可
      *アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD (イムズカード)会員無料

問合せ先:三菱地所アルティアム TEL 092-733-2050
詳細は・・三菱地所アルティアムWebサイト

見る バスキアとNYアーティストたち Roland Hagenberg写真展

ジャン=ミシェル・バスキア

Jean-Michel Basquiat
© Roland Hagenberg

2018年9月8日(土)~10月21日(日)
福岡市/三菱地所アルティアム(中央区)

1980年代ニューヨーク、パワーみなぎるアートシーンを生々しく伝えるローランド・ハーゲンバーグの写真を一挙公開!
80年代、NY。アートシーンは、カオスのパワーでみなぎっていた。そのレジェンドたちの中でも、ジャン=ミシェル・バスキアは、今後没後30年を迎え、作品価値と人気をますます高めている。しかし、彼のライブな生きざまを伝える資料は、ほとんど残されていなかった。
本展では、ニューヨークに渡ったローランド・ハーゲンバーグが、編集者としてともに活動したバスキアのスタジオでの制作中の自然な姿を撮ったショットをはじめ、ライブな様子をとらえた写真を多数展示。併せて、メモやインタビューなども紹介。また、ハーゲンバーグと親交のあったアンディ・ウォーホルやキース・ヘリング、ロバート・メイプルソープ、ルイーズ・ブルジョワなど巨星たちのポートレイト写真も多数展示する。80年代のNYのアートシーンを当時の体温そのままに伝える本展は、まさに、あのよき時代の「証言」となるだろう。

【休館日】 10月16日(火)
【時間】  10:00~20:00
【入場料】 一般400(300)円、 学生300(200)円、高校生以下無料
      *( )内は前売料金/チケットぴあ・10名以上の団体料金
      *再入場可
      *アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD (イムズカード)会員無料

問合せ先:三菱地所アルティアム TEL 092-733-2050
詳細は・・三菱地所アルティアムWebサイト

*催事名や催事日時などが、変更になる場合があります。詳しくは、各施設へお問合せください。
*催事の最終日は、閉館時間が変更になることがありますので、各施設へご確認ください。

一番上に戻る