ふくおかサポートねっと

福岡の展覧会

◆福岡県立美術館

見る 没後70年 吉田博展

2020年10月16日(金)~12月13日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/福岡県立美術館 4階展示室

福岡生まれ。ダイアナ妃にも愛された稀代の画家 吉田博。
ゆらぎ、光、うつろい。木版画が写し出す色彩の世界。

明治、大正、昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博(1876-1950)。本展では、近年急速に再評価が進み、高い人気を誇る吉田博の木版画を一挙に公開します。
福岡県久留米市に生まれた吉田は、県立中学修猷館(現・修猷館高等学校)の図画教師に見込まれたことで、若き日から洋画の修業に専念し、当時の日本人としては稀な、幾度もの海外経験を通して、己の技に磨きをかけていきました。
吉田は、分業を主とする伝統的な木版画の制作方法を踏襲しつつも、自身でも彫りや摺りの技術を知り尽くしたうえで彫師や摺師を指揮し、超絶技巧とも呼べる版画作品を次々と発表しました。なつかしさの漂う日本的な情景を主題としただけではなく、水の流れや光の移ろいを繊細かつ大胆に表現した彼の木版画は、国内外でも人気を博し、かのダイアナ妃にも愛されました。
没後70年の節目に開催する本展では、木版画約200点とともに、初公開の版木や写生帖も展観します。常に世界に挑み続け、新しい木版画の創造を目指した吉田博の画業を、心ゆくまでお楽しみください。

【開館時間】 10:00~18:00 (入場は17:30まで)
【休館日】  月曜日 ただし11月23日(月・祝)は開館、11月24日(火)は休館
【観覧料】  一般1,200円 (1,000円)  高大生800円 (600円)、小中生500円 (300円)
*( )内は20名以上の団体料金及び前売料金
*65歳以上の方は一般の団体料金(年齢を証明できるものを要提示)

 問合せ先:福岡県立美術館 TEL 092-715-3551
 詳細は・・公式Webサイトへ、福岡県立美術館Webサイト

◆福岡市美術館


【開館時間】 9:30~17:30 *7~10 月の金・土曜日は20:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】  月曜日、12月28日~1月4日 *月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日
【観覧料】  コレクション展・企画展/一般200円、高大生150円、中学生以下無料

 問合せ先:福岡市美術館 TEL 092-714-6051
 詳細は・・福岡市美術館Webサイト
 

見る 東光院のみほとけ

2020年4月1日(水)~2021年3月31日(水)
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館1階 東光院仏教美術室

薬王密寺東光院(福岡市博多区吉塚)から寄贈された重要文化財を含む仏像を展示します。お寺を思わせる空間へと生まれ変わった展示室で、みほとけの姿をこころゆくまでご堪能くたさい。
*期間中展示替えあり

見る 仙厓展

仙厓義梵《蜆子和尚図》

仙厓義梵《蜆子和尚図》江戸時代 文政3年(1820)
(展示期間:9月1日(火)~)

2020年6月17日(水)~11月15日(日) *後期の展示が9月1日(火)よりスタート
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館1階 コレクション展示室 古美術企画展示室

仙厓義梵(1750-1837)は、日本最初の禅寺、博多聖福寺の住職を務めた禅僧で、ユーモアあふれる書画で人気を博しました。
本展では、仙厓の多彩な画業を振り返り人気の秘訣を探ります。
*期間中展示替えあり

見る アンティークどうぶつ園

焔摩天像《コブウシ土偶》

《コブウシ土偶》パキスタン・紀元前2000年頃

2020年9月1日(火)~11月15日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館1階 コレクション展示室 古美術企画展示室

アジア各地の古美術(絵画、彫刻、工芸)に描かれ、造形された動物たちが大集合。リアルなカワウソの描写が見どころの狩野探幽筆《獺図》、明治期ならではの超絶技巧による大作《九貢象唐子文屏風》など、見どころ満載のどうぶつ園です。

見る 秋の名品展

尾形乾山《花籠図》

尾形乾山《花籠図》(重要文化財)江戸時代 18世紀

2020年9月1日(火)~11月15日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館1階 コレクション展示室 松永記念館室

松永耳庵が秋に開く茶事の定番として用いた尾形乾山筆≪花籠図≫(重要文化財)や《柿蔕茶碗 銘白雨》をはじめ、秋の情趣に相応しい作品を精選して展示します。

見る コレクションハイライト

2020年4月28日(火)~2021年3月31日(水)
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館2階 コレクション展示室 近現代美術室A・C

ダリ、ウォーホル、草間彌生といった、20世紀の美術史を彩った作家たちの代表作に加え、新収蔵されたインカ・ショニバレCBE《桜を放つ女性》も合わせて展示。充実の所蔵品でモダンアートの100年をたどります。

見る 藤田嗣治と彼が愛した布たち

2020年10月17日(土)~12月13日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/福岡市美術館2階 特別展示室

近年ますます再評価の高まる画家、藤田嗣治(1886-1968)。
彼が、生涯工芸品を愛したことはよく知られていますが、なかでも染織品や衣装ほど、絵のモティーフとして重要な役割を果たしてきたものはありません。むしろ、彼が描いた染織品こそが、パリでの人気を不動にし、節目の時期には、必ず染織品を描くことで新しい道を開こうとしたともいえます。
本展は、描かれた染織品を通して藤田の画業を検証する初の試みです。
藤田がパリで名声を勝ち得た1920年代の作品から、中南米旅行を経て日本に帰国していた時代の作品を中心に、画中に描かれた布や衣装について解き明かし、彼の画業に新しい光を当てます。特に日本滞在期の作品については、メゾン=アトリエ・フジタ所蔵の、藤田が愛蔵した染織品を作品とともに展示し、作品制作の秘密に迫ります。
一方、画家として世に出る前から、布に並々ならぬ関心を寄せていた藤田は、布を集めるだけでなく、針仕事にも熱心であったことが知られています。本展ではここにも注目し、彼が収集した布や、自ら製作した衣服や小物を展示します。藤田のフランスでの生活、日本への思いを、彼の針仕事から読み解きます。

=関連イベント=
講演会「フジタよ眠れー菊畑茂久馬の戦争画論を読む」
菊畑茂久馬と交流があった当館学芸員が、藤田が画家として戦争とどう向き合ったのか、戦争画を通じて読み解きます。
【日時】 11月8日(日)14:00~
【会場】 ミュージアムホール
【講師】 山口洋三(福岡市美術館 学芸係長)
【定員】 先着84名
【料金】 無料

【開館時間】 9:30~17:30 *10 月の金・土曜日は20:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】  月曜日 *ただし、11月23日(月・祝)は開館し、11月24日(火)は休館
【観覧料】  一般1,300円、高大生800円 *前売り券はありません。

 問合せ先:福岡市美術館 TEL 092-714-6051
 詳細は・・福岡市美術館Webサイト

◆福岡市博物館


【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【休館日】  月曜日(祝休日にあたる場合は翌平日)
【観覧料】  常設展・企画展共通/一般200円(150円)、高大生150円(100円)、中学生以下無料 *( )内は団体料金
       11月3日(火・祝)は、すべての展示室の観覧無料

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
ご参考・・福岡市博物館Webサイト
 

見る 第32回新収蔵品展 ふくおかの歴史とくらし

第32回新収蔵品展 ふくおかの歴史とくらし
2020年9月15日(火)~11月29日(日)
福岡県/福岡市(早良区)/福岡市博物館 企画展示室1~4

福岡市博物館は、市民の皆様からの寄贈・寄託や購入によって多彩な資料を収集しています。
本展では、平成29年度に収集し、整理と調査を終えた、考古・歴史・美術・民俗の各分野にわたる資料を、初めて一般公開します。

見る 福岡市博物館開館30周年記念展 ふくおかの名宝-城と人とまち-

ふくおかの名宝-城と人とまち-
2020年10月10日(土)~11月29日(日)
福岡県/福岡市(早良区)/福岡市博物館 特別展示室

福岡市博物館は、本年度、開館30周年を迎えます。これを記念する展覧会として、これまで市民の皆さまをはじめ多くの方々の協力を得て収集した17万件以上の収蔵品の中から、選りすぐりの名品を一堂にご覧いただける「ふくおかの名宝」を開催いたします。
福岡市博物館が所蔵する国指定文化財をはじめ、福岡という都市が長い歴史の中で培ってきた技術や産業を伝える品々、福岡の先人たちが生み出した文化遺産など、多角的に博物館コレクションを堪能していただける内容です。
なかでも福岡藩主・黒田家に伝来した名宝は、本展における大きな柱です。
例年、それぞれ1月と2月に期間限定公開する刀 名物「圧切長谷部」(国宝)と太刀 名物「日光一文字」(国宝)も2口揃いで、通常より長い期間の公開となります。

【開館時間】 9:30~17:30(入場は17:00まで)
【休館日】  月曜日 *ただし、11月23日(月・祝)は開館、11月24日(火)は休館
【観覧料】  一般・高大生700円、中学生以下無料
*ご来場に際し、事前予約は必要ありません。
*同料金で常設展・企画展もご観覧いただけます。(会期中に限る)
*10月18日(日)開館記念日、11月3日(火・祝)文化の日は観覧無料
*満65歳以上(年齢を証明できるものを提示)、外国の方(パスポート、在留カードなど国籍を証明できるものを提示)は一般・高大生料金から200円割引。(他の割引との併用はできません)
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳(以上の手帳を提示した人の介護者1人を含む)、及び、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証を提示の場合は無料。

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
詳細は・・福岡市博物館Webサイトへ 

◆福岡アジア美術館

見る アニメ化30周年記念企画 ちびまる子ちゃん展

ちびまる子ちゃん展キービジュアル

©さくらプロダクション/日本アニメーション

2020年10月24日(土)~11月29日(日)
福岡県/福岡市(博多区)/福岡アジア美術館 企画ギャラリーA・B・C

1986年、少女マンガ雑誌『りぼん』(集英社)で連載が開始した「ちびまる子ちゃん」は、1990年にアニメ放送が始まり、2020年に放送開始30周年を迎えました。
1990年、エンディング曲『おどるポンポコリン』はミリオンセールス、そして日本レコード大賞受賞、アニメ部門過去最高視聴率39.9%(1977年以降の測定に基づく/関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録し、国民的アニメとなりました。
現在も、「ちびまる子ちゃん」は日曜夕方にTV放送されており、明るくてユーモアがあるまるちゃんと仲間たちが繰り広げる日常はお茶の間を笑いで包んでいます。
本展では、セル画、スケッチ画、絵コンテ、映像など約350点を展示し、アニメ制作の裏側を紐解きます。また、2018年8月に急逝された原作者さくらももこ先生の直筆脚本やキャラクター設定資料、プライベート作品なども展示し、 アニメへの想いや日々の暮らしに迫ります。

【開場時間】 9:30~18:00 *金・土曜は20:00まで(ギャラリーへの入場は閉室30分前まで)
【休館日】  水曜日
【観覧料】  一般1,300円、高大生1,000円、小中生600円、小学生未満は観覧無料
       *入場にはオンラインによる日時指定チケット(事前予約)が必要です。
       *中学生未満は保護者同伴

 問合せ先:東映 TEL 092-532-1082(平日10:00~18:00)
 詳細は・・公式Webサイトへ、福岡アジア美術館Webサイトへ、イベントレポート

◆久留米市博物館


【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
【休館日】  月曜日 *ただし、11月23日(月・祝)は開館
【観覧料】  一般1,000円(800円)、シニア700円(500円)、大学生500円(300円)、高校生以下無料
*11月3日(火・祝)文化の日、11月19日(木)開館記念日は入館無料
*( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上
*上記料金にて石橋正二郎記念館もご覧いただけます。

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131
ご参考・・久留米市美術館Webサイト
 

見る 没後35年 鴨居玲展 静止した刻

鴨居玲《1982年 私》

鴨居玲《1982年 私》1982年 石川県立美術館蔵

2020年9月12日(土)~12月6日(日)
福岡県/久留米市/久留米市美術館 本館2階

鴨居玲(1928-1985)は石川県金沢市に生まれ、金沢美術工芸専門学校(現 金沢美術工芸大学)で宮本三郎に学びました。1969年の安井賞受賞で一躍脚光を浴びると制作の拠点をフランスやスペインに移し、老人や酔っ払いに自身の姿を重ねる独自のスタイルを確立。1977年に帰国し、神戸にアトリエを構えてからは、裸婦像の制作に本格的に取り組むなど新たな展開を見せますが、突如57歳で自らの人生に幕を下ろしました。
人間の弱さや醜さに目を背けず、ひたすら人間の内面を描き続けた鴨居玲。確かなデッサン力で描かれた老人や酔っ払い、宙に浮かぶ教会やおびただしい数の自画像といった作品の数々は、美醜を超えて人間の極限的なものを私たちに突きつけます。
没後35年の節目に開催する本展では、出世作となった安井賞受賞作《静止した刻》や《1982年 私》などの代表作を含む約100点の作品と資料によって「人間とは何か?」を問い続けた画家、鴨居玲の全貌を紹介します。

◆三菱地所アルティアム


【時間】  10:00~20:00
【休館日】 10月20日(火)、11月10日(火)、12月31日(木)、1月1日(金・祝)
【入場料】 一般400(300)円、学生300(200)円
*高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
*( )は前売料金/チケットぴあ
*アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員は無料
*再入場可

問合せ先:三菱地所アルティアム TEL 092-733-2050
ご参考・・三菱地所アルティアムWebサイト
 

見る jikijiki展 料理家 広沢京子 食のつながり▷食のひらめき

“料理家 広沢京子 jikijiki展

本展メインビジュアル Photo: Kiyoshi Nakamura

2020年10月3日(土)~11月1日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/三菱地所アルティアム(イムズ8F)

その時期時季に採れた素材を、作り手さんから直々に分けていただき、
直々にココロして仕込み、直々にお届けしたいー

福岡在住の人気料理家・広沢京子が、こよなく思いをこめて立ち上げた食のレーベル「jikijiki」。生産者から直に仕入れた野菜やくだものの良さをぎゅっと、ジャムやピクルスなどのびん詰めに。教室やワークショップなどを通じ、食べ手と作り手をつなぐ活動をしています。
本展では、活動のきっかけとなった作り手たちの味わいや、彼らの育てる作物のこの上ない美しさ。そこから得たひらめきをキッチンで形にし、食卓にふるまうまでのプロセス。舌も心もおどる!楽しい食のアイデアを、ストーリー仕立てで繰り広げます。
「出会って、好きになる人の作るものはやっぱりおいしいし、おいしいものは、いろんな人に熱をこめて伝えたくなる」。そうして、受け手ひとりひとりが自分なりの「食のつながり▷食のひらめき」の物語を紡いでいく、そんな展示となっています。

=関連イベント=
POP UP SHOP
本展会期中、アートショップ・ドットジー(アルティアム併設ショップ)にて、jikijikiの商品や、本展オリジナル商品、選りすぐった美味しいものなどが並びます。

見る 高木正勝個展 星の時間

“高木正勝個展 星の時間

本展メインビジュアル

2020年11月7日(土)~12月13日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/三菱地所アルティアム(イムズ8F)

音楽家・映像作家の高木正勝による、7年ぶりの個展開催
初期から現在までの映像作品を展示

音楽家・映像作家である高木正勝の7年ぶりの個展「星の時間」を開催します。
高木正勝は2001年より、ピアノを中心とした音楽と、自ら撮影し加工した映像に音楽を組み合わせた映像作品を制作してきました。映画音楽やCM等の楽曲も多数手がけています。
2013年に拠点を小さな里山に移して以降は映像作品を作ることなく、音楽活動に専念していきました。2017年からは「Marginalia」と題したシリーズで、その日その時の天候や鳥虫の音と響き合うように奏でた楽曲を、不定期にウェブで公開しています。2018年にいくつかの「Marginalia」の曲に映像をつけ、5年ぶりとなる映像作品を作りました。
本展では、これまでの変遷をたどるように、2003年の初期作品から現在までの映像作品約10点を展示します。
月の引力による潮汐、人類とともにある動物、生命、宇宙など、より根源的なテーマを遡りながら鋭い感覚で描 き出した映像と生命力に満ちた音楽による映像作品群は、その大きな世界観で見る者を強く引き込みます。

見る 編みものけものみち 三國万里子展

編みものけものみち 三國万里子展

本展メインビジュアル
題字:ミロコマチコ 写真:長野陽一 デザイン:DICTOM DESIGN

2020年12月19日(土)~2021年1月31日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/三菱地所アルティアム(イムズ8F)

ニットデザイナー三國万里子の九州初展覧会
ニット作品から、アクセサリーや書籍などのコレクションまで一挙大公開!

数々の手芸本を出版し、編みものキットのお店「Miknits」を展開する、ニットデザイナー三國万里子の九州初展覧会を開催します。
三國万里子の作品は、チャーミングでユーモラス、そして懐かしい心地良さが漂うニットたち。その魅力は、図柄の見立ての面白さ、サイズ感や着心地の良さだけでなく、編み飽きないための工夫もあいまって、「見る」「着る」「編む」といった複数の観点からバランス良く生み出されているからかもしれません。
ときには、豊かな物語が始まりそうな情景が込められた作品もあり、三國万里子というニットデザイナーの、編みものの枠にとらわれない感性の豊かさがうかがえます。
また、昨年は、ヨーロッパで買い付けたアンティーク・ビンテージアイテムの展示販売会「MYFAVORITE(OLD)THINGS」(ほぼ日曜日)を開催するなど、古いものを見る目そのものにも定評があります。
本展では、三國万里子のニット作品や愛用道具、ニットとともに楽しむ洋服やアクセサリーのコレクション、そして貴重な所蔵書籍や資料なども展示します。幅広い関心とチャレンジングな姿勢で、ニットの独自の楽しみ方を伝え続けてきた三國万里子。彼女が生み出した豊かな創造とその道のりをお楽しみください。

=関連イベント=
三國万里子があなたのニットと対話する会
あなたが自分でデザインして編んだニットを見せてください!
棒針で編んだものなら、セーターでも小物でも何でもOK。アピールポイントを添えて、まずは写真をお送りください。写真選考をさせていただき、選ばれたニット作品は、三國さんがじっくり見てコメントします。
【応募方法】 以下内容をアルティアム までメールでお送りください。
お一人様で複数のご応募も可能ですが、メール1件につき1作品としてください。
①オリジナルニットの写真(棒針限定) ②自作のアピールポイント ③ニックネーム ④年齢 ⑤氏名 ⑥住所・郵便番号 ⑦電話番号(あれば携帯) ⑧メールアドレス(必ず連絡がつくもの)
【送付先】amimono-kemonomichi(a)artium.jp
*(a)は@に置き換えてください。件名を「ニットと対話する会」としてください。
【締切】 2020年11月22日(日)必着
【当選者発表】写真選考で選ばれた方のみ、11月末までにアルティアム より連絡いたします。当選者にはニットの実物を送料負担で送っていただきますが、詳細は当選後にお伝えいたします。当選者の①オリジナルニットの写真 ②アピールポイント ③ニックネーム ④年齢は、三國万里子さんのコメントと一緒に、アルティアムのウェブサイトで公開されます。
2Daysワークショップ「目薬ポーチで編みもの入門」
編みものの基礎を身につけて、2日間で小さなポーチをつくります。
【日時】 12月19日(土)10:30~12:00(10:15受付開始)
     12月20日(日)10:30~12:00(10:15受付開始)
【会場】 会議室(イムズ8F)
【講師】 三國万里子
【参加費】 2,000円(道具・材料費込)
【定員】 6名
【参加条件】 両日参加可能な方、編みもの未経験の方。
【応募方法】 ハガキまたは封書に、以下内容を書いてアルティアムまでお送りください。
①応募動機(必ず本人が書いてください) ②氏名 ③年齢 ④住所・郵便番号 ⑤電話番号(あれば携帯) ⑥メールアドレス(必ず連絡がつくもの)
【送付先】 〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11イムズ8F 三菱地所アルティアム「三國万里子展ワークショップ」係
【締切】 2020年11月27日(金)必着
【当選者発表】応募者多数の場合は抽選のうえ、12月4日(金)までに当選者にのみ連絡いたします。

◆西鉄ホール

見る 進撃の巨人展FINAL ver.福岡 

進撃の巨人展

©諫山創・講談社/進撃の巨人展FINAL製作委員会

2020年11月28日(土)~12月27日(日)
福岡県/福岡市(中央区)/西鉄ホール(ソラリアステージビル6階)

残酷な世界が、加速する。
圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いた ダークファンタジーバトル漫画「進撃の巨人」。まもなく近づく最終話に向け、物語の核心に迫る衝撃の「進撃の巨人展FINAL」がついに福岡に上陸します。作品の集大成として様々な角度や視点から物語の歴史や原作の世界観をご体感いただける展覧会です。
福岡会場ではこれまで他会場では展示されなかった諌山創先生の新規原画も登場。
この衝撃を、見逃すな。

応募フォーム

【時間】  12:00~20:00(最終入場19:30)
【観覧料】 一般・大学生 1,300円、高校生・中学生1,000円、4歳~小学生600円
      *3歳以下無料
      *小学生以下のお子様は必ず保護者同伴でご入場ください。
      *中高生の方は日時指定チケットとあわせて学生証等を入場の際にご提示ください。
      *感染症予防のため、日時指定チケット(事前予約)が必要です。
      *無料入場対象の方を含め、全てのお客様がオンラインによる事前予約が必要です。

 問合せ先:進撃の巨人展FINAL ver.福岡事務局(西日本新聞イベントサービス内) TEL 092-711-5491
      (平日9:30~17:30)
 詳細は・・公式Webサイトへ、西鉄ホールWebサイトへ、招待券プレゼントページ

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*催事の最終日は、閉館時間が変更になることがありますので、各施設へご確認ください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る