ふくおかサポートねっと

イベントレポート!

九州国立博物館 特別展「皇室の名宝-皇室と九州をむすぶ美-

【会期】  2021年7月20日(火)~8月29日(日) *期間中、展示替えあり(前期7月20日~8月9日、後期8月11日~29日)
【会場】  九州国立博物館(福岡県太宰府市石坂4-7-2)

【開館時間】 9:30~17:00(入場は16:30まで)
*夜間開館の実施状況については九州国立博物館Webサイト等でご確認ください。
【休館日】  月曜日 *ただし、8月9日(月)、8月16日(月)は開館。8月10日(火)は休館
【観覧料】  一般2,000円(1,800円)、高大生1,200円(1,000円)、小中生800円(600円)
*( )内は前売り料金です。販売期間は5月15日(土)~7月19日(月)
*上記の料金で4階「文化交流展(平常展)」もご覧頂けます。
*団体料金はありません。
*大学生以下の方は展示室入口にて学生証や生徒手帳等をご提示ください。

*マスク着用のうえご入館ください。
*37.5度以上の発熱、また風邪などの症状がある場合はご入館いただけません。

展示に関する問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(9:00~20:00)
チケットに関する問合せ先:皇室の名宝展事務局 TEL 092-711-5491(平日9:30~17:30)

詳細は・・九州国立博物館Webサイト

ポスター

九州でまとめて公開する初めての機会
~皇室コレクションの数々~

新元号「令和」ゆかりの地、太宰府において、皇室の名宝をご紹介する展覧会を開催します。

本展では、宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵する皇室のコレクションの中から、皇室の御慶事に際して九州各地から献上された品々や、各時代の日本美術の名品を通して、皇室の文化継承、皇室と九州の深いつながりをご紹介します。

時代を越えて皇室が守り伝えてきた貴重なコレクションが、九州の地でまとまって公開される初めての機会です。

(展示数=68件、103点)

《鳳凰図花瓶》

《鳳凰図花瓶》二代海野美盛、海野清 大正6年(1917)

九州各地から皇室に献上された品々が、初めて里帰り

島津家第30代当主島津忠重から献上された銀製の花瓶《鳳凰図花瓶》や、和洋折衷の明治宮殿を飾った九州陶磁の大作、薩摩焼《色絵金彩菊貼付花瓶》や有田焼《色絵葡萄栗鼠図花瓶》など、九州ゆかりの作品をご覧いただけます。

折々に皇室にささげられた美術品、伝統工芸品は、その誉れにふさわしく、敬意と祝意が込められ、技術の粋を集めて制作されました。

平成の御即位に際しての大嘗祭では、主基(すき)地方の中で大分県が選ばれ、「大饗の儀」を飾る《平成度主基地方風俗歌屏風》を大分出身の高山辰雄が描きました。

《平成度主基地方風俗歌屏風》には宇佐神宮や耶馬渓の紅葉、九重連山、日田の杉林といった、特に九州の方には馴染みある大分の風景が描かれています。

通常、献上された品々を、献上後に目にする機会はほとんどありません。本展にて、初めて九州に里帰りを果たす品々を、ぜひご覧ください。

また今回は、皇室による伝統美術の保護について、パリ万博に出品された七宝の精華《七宝四季花鳥図花瓶》や、天皇そして日本の前途に対する祝意が込められた横山大観の作品《龍蛟躍四溟》など、帝室技芸員の名作を通してご紹介します。

《動植綵絵》

左:《動植綵絵 老松孔雀図》伊藤若冲 江戸時代・宝暦11年(1761)以前 [後期展示]
中央:《動植綵絵 芙蓉双鶏図》伊藤若冲 江戸時代・宝暦11年(1761)以前 [前期展示]
右:《動植綵絵 梅花群鶴図》伊藤若冲 江戸時代・明和2年(1765)以前 [前期展示]

7世紀から20世紀までの日本美術の名品が一堂に!

飛鳥時代から現代に至るまでの書画や伝統工芸品の名品が、一堂に集まります。

歴代天皇や貴顕が愛蔵した平安・鎌倉時代の名筆や、モンゴル襲来(元寇)の事績を描いた《蒙古襲来絵詞》、やまと絵の代表作《春日権現験記絵》、伊藤若冲の《動植綵絵》など、わが国屈指の名品をご紹介します。

これらの貴重なコレクションを通して、日本文化の継承に皇室が果たしてきた役割を見つめます。

*《動植綵絵》は全30幅のうち12幅を、前期後期それぞれ6幅ずつ展示します。《動植綵絵》は平成11年から6年間をかけて修理されました。そのうちの一部の青色彩色には、ベルリンで作られたプルシアンブルーが早い時期に使用されていたことなど、修理事業によって新たな魅力が発見されました。

特別公開!
御物 聖徳太子二王子像と法華義疏

本展では、日本の古代史を彩る希代の名品として有名な、最古例の肖像画「聖徳太子二王子像」と「法華義疏(ほっけぎしょ)」が特別公開されます。(後期展示)

黎明期の日本仏教文化の基礎を築いた聖徳太子ゆかりの御物(ぎょぶつ)をご覧いただけます。

*御物とは、天皇家の御所蔵品に対する敬称。

《蒙古襲来絵詞》

上:《蒙古襲来絵詞(前巻 部分)》 鎌倉時代・13世紀 [前期展示]
下:《蒙古襲来絵詞(後巻 部分)》 鎌倉時代・13世紀 [後期展示]

宮内庁三の丸尚蔵館 とは・・・

皇室に代々伝えられてきた美術品類6,000余点は、平成のはじまりに、日本の文化遺産として、国民にも公開できるようにとの上皇陛下のご配慮によって、国に寄贈されました。

宮内庁三の丸尚蔵館(しょうぞうかん)は、この皇室の美術品を大切に保存、研究、そして展示公開することを目的として、平成5年に皇居東御苑内に開館しました。

その後も故秩父宮妃のご遺贈品、香淳皇后のご遺品、故高松宮妃のご遺贈品、三笠宮家のご寄贈品が加わり、現在の収蔵品総数は約9,800点を数えます。

《雪月花》

左:《雪月花(雪)》
中央:《雪月花(月)》
右:《雪月花(花)》
上村松園 昭和12年(1937)[いずれも後期展示]

*掲載作品はすべて宮内庁三の丸尚蔵館所蔵

関連イベント

記念対談「やきもの王国 九州と近代の皇室」
【日時】 7月24日(土)13:30~15:30
【出演】 沈壽官 氏(沈壽官窯十五代・陶芸家)、岡本隆志 氏(宮内庁三の丸尚蔵館・主任研究官)

記念講演会「美を伝えゆく―《動植綵絵》と《春日権現験記絵》の修理をとおして」
【日時】 8月8日(日)13:30~15:00
【講師】 太田彩 氏(宮内庁三の丸尚蔵館・首席研究官)

特別展リレー講座「九州と帝室技芸員」
【日時】 8月1日(日)13:30~14:10
【講師】 望月規史(九州国立博物館主任研究員)
特別展リレー講座「皇室と九州・沖縄をむすぶ美」
【日時】 8月1日(日)14:20~15:00
【講師】 原田あゆみ(九州国立博物館文化財課長)

***************
【会場】 ミュージアムホール
【定員】 140名(*変更する場合があります)
【料金】 聴講無料、ただし本展観覧券もしくはQRチケット画面の提示が必要
【参加申込〆切】 2021年7月9日(金)必着
申込フォーム → ARTNE(アルトネ)Webサイト

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る