ふくおかサポートねっと

読者プレゼント! 5組10名様に。応募締切は 12月8日(火)

長島美術館「デビュー50周年記念 萩尾望都 ポーの一族展」招待券プレゼント

【開催期間】2020年12月12日(土)~2021年1月17日(日)
【会場】  長島美術館(鹿児島市武3丁目42-18)

【開館時間】 9:00~17:00(入館は16:30まで) *元日は11:00開館、1月16日(土)は19:00まで(入館は18:30まで)
【休館日】  期間中無休
【入館料】  一般1,000円(前売800円)、高大生700円、小中生500円 *団体20名様以上は2割引

 問合せ先:長島美術館 TEL 099-250-5400
 詳細は・・長島美術館Webサイト
 
応募フォーム

長島美術館 萩尾望都 ポーの一族展

©萩尾望都/小学館

代表作 「ポーの一族」を中心に、半世紀の軌跡を辿る

日本の漫画表現に革新をもたらした萩尾望都(はぎお・もと)氏は、1949年に福岡に生まれ、1969年に「ルルとミミ」でデビュー。1972年に「ポーの一族」シリーズ連載開始。多数の人気作品を発表し、2019年には、少女漫画家としては初めて文化功労者に選出されました。

バンパネラ(吸血鬼)の一族に加えられ、少年の姿のまま永遠の旅を続ける主人公・エドガーの哀しみを描いた「ポーの一族」は、1972年に発表された第1作から多くの読者を魅了してきました。

2016年には、40年ぶりにシリーズの新作が発表され大きな反響を呼び、2018年には宝塚歌劇団が舞台化するなど、現在も世代の垣根を超えて読み継がれています。

本展ではデビュー50周年を記念し、代表作「ポーの一族」を中心に、新シリーズや本展のための描き下ろしを含む原画、予告カットなど300点以上によりこれまでの名作の数々をご紹介します。

さらに、執筆風景や作品制作資料なども公開し、少女漫画にとどまらず他分野にも多大な影響を及ぼした「萩尾望都の世界」の魅力に迫ります。

◆「ポーの一族」の世界を存分に

第1作「すきとおった銀の髪」から「エディス」まで、 1972~1976年に連載された15のエピソードを発表順にご紹介。
カラー扉絵、予告カットなど200点以上を展示します。

◆宝塚歌劇コーナー

2018年に舞台化され、大人気を博した宝塚歌劇団花組公演『ポーの一族』を写真や映像などで振り返ります。

◆「トーマの心臓」のルーツを辿る

ドイツの全寮制ギムナジウム(ヨーロッパの中等教育機関)を舞台に、少年たちの葛藤と成長を繊細に表現した名作「トーマの心臓」(1974年)。その習作や短編「11月のギムナジウム」(1971年)から、本編の前後に連なる「湖畔にて」(1976年)と「訪問者」(1980年)、さらに自己最長の連載となった「残酷な神が支配する」(1992~2001年)まで、少年たちをめぐる物語を紹介します。連載当時のプレゼント企画で読者の手に渡った「トーマの心臓」の扉ページのうち、デビュー50周年を機に所在が判明した8点の原画も展示します。

◆デビュー50周年の軌跡を原画と映像で

デビュー作「ルルとミミ」(1969年)から最新作まで、主要作品を原画で振り返るとともに、デビュー前の作品や、本展のために撮り下ろした萩尾先生の執筆風景・貴重なインタビュー映像も公開します。
また、2016年、40年ぶりに発表された「ポーの一族」新シリーズの「ポーの一族 春の夢」、そして「ポーの一族 ユニコーン」のほか、本展のための描き下ろしを含む原画も展示します。

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る