ふくおかサポートねっと

ふくおかサポートねっと読者プレゼント!

久留米市美術館「熊谷守一 いのちを見つめて」招待券

応募フォーム

【開催期間】 2019年11月16日(土)~2020年1月13日(月・祝)
【会場】   久留米市美術館 本館2階(福岡県久留米市野中町1015)

【休館日】  月曜日、年末年始(12月28日~1月3日)
【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
       *11月23日(土・祝)、12月21日(土)は19:00まで延長開館(入館は18:30まで)
【観覧料】  一般1,000円(800円)、シニア700円(500円)、大学生500円(300円)、高校生以下無料
       *( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上
       *前売りあり(600円)(Pコード769-563、Lコード86695)
       *11月19日は、開館記念日のため入館無料

 問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131
 ご参考・・久留米市美術館Webサイトへ、豊島区立熊谷守一美術館Webサイト

 

熊谷守一展

小さないのちをみつめる画家

岐阜に生まれた熊谷守一(くまがいもりかず 1880-1977)。

子どもの頃から絵を描くことが好きだった守一は、東京美術学校(現 東京藝術大学)に入学し、黒田清輝らに指導を受けながら、同級生の青木繁とも親交を結びました。97歳まで続く長い画業の中で、身近な動植物や風景を描き続けながら守一の画面はゆるやかに変貌を遂げます。

70歳を過ぎて、簡潔な色彩とはっきりした輪郭線による「モリカズ様式」と呼ばれるスタイルを確立してからも、その生涯を終えるまで、年を追う毎に形態や構図は洗練されていきました。

本展では、油彩画を中心に、書や日本画・素描も含めた約150点の作品によって、初期から晩年まで守一の画業の全貌をたどるとともに、花や虫などの愛らしい作品に注目して、小さないのちをみつめる画家の眼差しとその造形性に迫ります。
  

映画「モリのいる場所」予告編

【関連イベント】

映画上映会「モリのいる場所」
熊谷守一とその妻秀子の生活を描いた沖田修一監督作品(2018年公開)を上映します。
担当学芸員による見どころレクチャー付き。
【日時】 11月21日(木)、11月24日(日) いずれも14:00~16:00
【会場】 久留米市立中央図書館視聴覚ホール
【定員】 120名 *申込不要
【料金】 無料
ご参考・・映画「モリのいる場所」Webサイト

美術講座「熊谷守一の世界」
【日時】 12月7日(土) 14:00~15:30
【会場】 本館1階多目的ルーム
【講師】 藤森 武 氏(写真家)
【定員】 先着70名 *電話申込可
【料金】 無料

美術講座「熊谷守一の空間」
【日時】 12月21日(土) 14:00~15:30
【会場】 本館1階多目的ルーム
【講師】 森 智志(久留米市美術館学芸員)
【定員】 先着70名 *電話申込可
【料金】 無料
=美術講座の申込方法=
電話もしくは本館2階受付にてお申し込みください。TEL 0942-39-1131

ギャラリートーク
【日時】 土曜日(12/7、12/21をのぞく)、日曜日(11/24をのぞく) 14:00~14:20
【集合】 本館2階エントランス
【料金】 無料 *申込不要、要展覧会チケット
 

映画「モリのいる場所」特別映像

映画「モリのいる場所」メイキング映像

2018年公開された映画「モリのいる場所」で、初めて熊谷守一の名前を知ったという人もいるのではないでしょうか。
今回は、関連イベントとして、映画「モリのいる場所」上映会も行われますので、映画を観ていない方は、ぜひ展覧会をご覧いただく前に観ていただきたいと思います。
熊谷守一の“眼差し”の先に広がる世界を体感する一助になるものと思います。

<あらすじ> TSUTAYA MOVIE CHANNELより
山崎努と樹木希林という、ともに日本映画界を代表するベテランが初共演を果たし、伝説の画家・熊谷守一夫妻を演じた人間ドラマ。30年間もの間、ほとんど家の外へ出ることなく庭の生命を見つめ描き続けたという熊谷守一=モリのエピソードをベースに、晩年のある1日をユーモラスに描いていく。

昭和49年の東京・池袋。守一が暮らす家の庭には草木が生い茂り、たくさんの虫や猫が住み着いていた。それら生き物たちは守一の描く絵のモデルであり、じっと庭の生命たちを眺めることが、30年以上にわたる守一の日課であった。

そして妻の秀子との2人で暮らす家には毎日のように来客が訪れる。守一を撮影することに情熱を傾ける若い写真家、守一に看板を描いてもらいたい温泉旅館の主人、隣に暮らす佐伯さん夫婦、近所の人々、さらには得体の知れない男まで。老若男女が集う熊谷家の茶の間はその日も、いつものようににぎやかだった。

<ご参考>
映画「モリのいる場所」
ご参考・・映画「モリのいる場所」Webサイト
2018年・日本
出演:山崎努、樹木希林、加瀬亮、吉村界人、光石研、青木崇高ほか

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る