ふくおかサポートねっと

イベントレポート!

久留米市美術館 「長谷川利行展」

【開催期間】 2018年9月22日(土)~11月4日(日)
【会場】   久留米市美術館 本館2階(福岡県久留米市野中町1015)

【休館日】  月曜日(ただし、9月24日と10月8日は開館)
【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
【観覧料】  一般1,000円(800円)、シニア700円(500円)、大学生500円(300円)、高校生以下無料 
       *( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上
       *上記料金にて石橋正二郎記念館もご覧いただけます。
       *11月3日(土・祝)文化の日は入館無料

 問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131
 詳細は・・久留米市美術館Webサイト
 ご参考・・福岡の美術館・博物館情報ページ
 

久留米市美術館 長谷川利行展

九州初の大回顧展
長谷川利行展

関東大震災から太平洋戦争直前までの東京を描き続けた画家、長谷川利行(はせかわとしゆき、1891-1940)を紹介します。

「リコウ」の愛称でも親しまれている長谷川利行は、京都に生まれ、小説や短歌に親しむ環境に育ちました。30歳頃に上京した後、画家を志すや、1936年に二科展で樗牛賞(ちょぎゅうしょう)を受賞するなど、一気に画家としての才能を開花させました。
しかし、生来の放浪癖から次第に生活は破綻していき、極貧のうちに養老院で誰にも看取られることなく49歳でこの世を去りました。

関東大震災から復興しつつあった東京の街を、奔放な筆致と明るい色彩で描き出した利行。すばやいタッチで、市井の人や街の喧騒を描き、当時の息づかいをそのまま封じ込めたかのような作品の数々は、美しさと生命力にあふれています。

今回の展覧会では、約40年ぶりの公開となる《夏の遊園地》や、新発見の大作《白い背景の人物》、そのほか代表作を含む油彩、水彩、素描、ガラス絵など約140点によって、絵を描くために生き、生きるために絵を描いた、あまりにも画家すぎる画家、長谷川利行の全貌を紹介します。

【関連イベント】

美術講座①「描くこと、生きること」
利行の紹介を中心に、美術と生活の関係についてお話ししてもらいます。
【日時】 10月13日(土)14:00~15:30(開場13:30)
【会場】 本館1階多目的ルーム
【講師】 原田 光氏(本展監修者、美術史家)
【定員】 先着70名(聴講無料)
美術講座②「利行が歩いた東京 帝都復興の時代」
利行について、東京の地理的・歴史的視点をからめてお話ししてもらいます。
【日時】 10月27日(土)14:00~15:30(開場13:30)
【会場】 本館1階多目的ルーム
【講師】 小林真結氏(府中市美術館学芸員)
【定員】 先着70名(聴講無料)

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る