ふくおかサポートねっと

ふくおかサポートねっと イベントレポート!

九州国立博物館 特別展「オークラコレクション」


【開催期間】 2018年10月2日(火)~12月9日(日)
【会場】   九州国立博物館(福岡県太宰府市石坂4-7-2)

【休館日】  月曜日(ただし10月8日(月・祝)は開館。10月9日(火)は休館)
【開館時間】 日曜日・火曜日~木曜日=9:30~17:00(入館は16:30まで)
       金曜日・土曜日=9:30~20:00(入館は19:30まで)
【観覧料】  一般1,500円(1,300円)、高大生1,000円(800円)、小中生600円(400円)
       *( )内は前売り、夜間割引および団体料金(有料の方が20名以上の場合)。
       *上記料金で九州国立博物館4階「文化交流展(平常展)」もご観覧いただけます。
       *障害者手帳等をご持参の方とその介護者1名は無料です。
       *満65歳以上の方は前売り一般料金でご購入いただけます。
       *夜間割引料金のチケットは、夜間開館当日17:00以降に館内券売所で販売。
        夜間割引料金で購入されたチケットで17:00以前に入場することはできません。

 問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(8:00~22:00、年中無休)
 詳細は・・九州国立博物館Webサイト
 ご参考・・大倉集古館Webサイトへ、福岡の美術館・博物館情報ページ

銹絵寿老図六角皿

重要文化財 銹絵寿老図六角皿 尾形光琳・乾山合作 江戸時代・18世紀 大倉集古館蔵

平安時代から近代まで珠玉のコレクション

本展では、明治維新による激動の時代、日本の近代化に貢献し、美術文化の保護・発展に寄与した実業家・大倉喜八郎(1837-1928)と、父の意志を継ぎ、日本文化の海外発信に尽力した大倉喜七郎(1882-1963)が、精力的に収集したコレクションをご紹介します。

喜八郎は、さまざまな近代事業を展開した大実業家で、廃仏毀釈による寺院の荒廃、仏教美術品の散逸や海外流出を憂い、みずから日本・東洋の古美術を収集し、大正6年(1917)、わが国初の私立美術館、大倉集古館を設立しました。

喜八郎の長男で、ホテル・オークラの創業者としても有名な喜七郎は、その意志を継ぎ、近代日本画を中心に収集して海外へ紹介するなど、日本文化の海外発信に尽力しました。父子が収集したコレクションは、高い美術的価値と同時に、当時の社会情勢を反映した重要な歴史的意義を有しているのです。

本展では、膨大なコレクションを今日に伝え、満百周年を迎えた大倉集古館の所蔵品から、厳選の名品を一堂に公開します。そして、これらの名品を通し、大倉喜八郎が行った文化財保護の志、アジア諸国にわたる多様な収集、喜七郎による海外への日本文化発信といった歴史的意義を紹介します。

明治維新から150年目の節目に開催される本展は、近代の幕開け以後の日本と海外の交流の歴史をとらえる絶好の機会となるでしょう。

圧倒的な質の高さ

明治維新後の海外流出から救われた名品など約110件(国宝3件、重要文化財10件、重要美術品16件を含む)で構成される展覧会です。

【作品紹介】
「銹絵寿老図六角皿(左)」銹絵を描いた作品は角皿がよく知られるが、六角皿は極めて少なく貴重。尾形光琳による軽妙洒脱な筆致の絵と六角形があいまって、京らしい洗練された雰囲気を湛えている。
 

扇面流図屏風 宗達派

重要美術品 扇面流図屏風(左隻) 宗達派 江戸時代・17世紀 大倉集古館蔵 展示期間11月6日~12月9日

眼でたどる日本美術史

平安時代から近代まで「日本美術の王道」をしめす作品群を、次の6つのコーナーに分けてご紹介します。
1.祈りのかたち(仏教絵画)
2.国宝の輝き
3.やまと絵から琳派へ
4.室町水墨から狩野派へ
5.多彩な近世絵画(若冲・四条派・文人画など)
6.日本工芸の美

【作品紹介】
「扇面流図屏風(左)」急流に、無数の扇子が右から左へ流される。左に行くほど扇子は乱れ、密度は濃く、吹き溜まっていく。扇子一つ一つに描かれた種々の草花の表現は豊かですばらしく、力動感あふれる屏風。
 

青磁三足香炉

重要美術品 青磁三足香炉 中国・龍泉窯 南宋~元時代・13~14世紀 大倉集古館蔵

目を見張るその幅の広さ

大倉喜八郎が集めたコレクションは、アジア諸国の美術にまでおよびます。目を見張るその幅の広さを満喫いただきます。

【作品紹介】
「青磁三足香炉(左)」筒型で、胴部に3段の筋をめぐらし、高台を付け、さらに三足を付けた大型の青磁香炉。本作品は黒漆塗の蓋を伴っており、水差しとしても用いられたようである。「千鳥」の銘を持っているのは、三足が地に着かず浮いて見えるためであろう。
 

木菟図

木菟図 小林古径筆 昭和4年(1929) 大倉集古館蔵 展示期間11月6日~12月9日)

日本の伝統美を西洋に発信

長男の喜七郎は、イタリア政府がローマで開催した「日本美術展覧会」で、後に「近代日本画の巨匠」と呼ばれる画家たちの力作を多数紹介し、日本の伝統美を西洋に発信しました。その一部を、再現風にご覧いただきます。

【作品紹介】
「蹴合(左)」東京画壇をリードした横山大観とならび称され、円山四条派の伝統を受け継いで、西の京都画壇をリードした竹内栖鳳の代表作の一つ。金と緑の美しい配色による背景に、力強い鶏の姿が浮かび上がる。
 

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る