沖縄のイベント・祭り情報   

2019年7月~8月

ふくおかサポートねっと

2019年7月~

動く 宮古島夏祭り

宮古島夏祭り

2019年7月19日(金)~20日(日)
宮古島市/市内3商店街(西里通り・下里通り・市場通り)(宮古島)

宮古島夏の夜を彩る子供から大人まで楽しめる最大のイベント。市内3商店街をメインに歩行者天国を実施。ステージを使ったダンスパフォーマンスやミス宮古島の発表・東西大綱引きなど観光客も一緒に楽しめます。

問合せ先:実行委員会事務局 TEL 0980-72-2779
詳細は・・宮古島商工会議所Webサイト

動く エイサーナイト 2019

2019年7月20日(土)・27日(土) 19:00~または19:30~
沖縄市/コザ・ミュージックタウン音市場ほか

沖縄市が「エイサーのまち宣言」を行った記念日である6月13日を皮切りに、「全島エイサーまつり」が行われる旧盆まで、市内各地で毎週末エイサーを楽しめます。 コザ・ミュージックタウン音楽広場、一番街商店街、 プラザハウスショッピングセンターなどを会場とし、毎週3〜6つの青年会が集結、まつり本番に向けてムードを盛り上げます。

問合せ先:一社)沖縄市観光物産振興協会 TEL 098-989-5566
詳細は・・沖縄市観光ポータルサイト

動く 第5回 金武ダムまつり

金武ダムまつり

2019年7月21日(日) 10:00~17:00
金武町/金武ダム

金武ダムまつりはカヌーや水牛体験の他、流しもずくや取ったうなぎをその場でさばくうなぎつかみ取り競争等、楽しめる体験がたくさんあります。
また、スタンプラリーを実施しており、4種類以上の体験に参加すると自転車やバーベキューセット等夏休みに重宝するアウトドアグッズが当たる抽選会に参加できます。

問合せ先:金武町企画課 TEL 098-968-6262
詳細は・・金武町観光情報Webサイト

 黒島豊年祭

2019年7月21日(日)
竹富町/宮里海岸(黒島)

ミルクが登場し、種々の奉納芸能が行われます。なかでも「ウーニ・パーレー競漕」は祭りの一番の見所です。
*ウーニとは・・各村から選ばれた足の速い青年
*パーレーとは・・爬龍船

問合せ先:竹富町観光協会 TEL 0980-82-5445

動く 2019 鯨海峡とかしきまつり

鯨海峡とかしきまつり

2019年7月26日(金)~27日(土)
渡嘉敷村/渡嘉敷小中学校グラウンド(渡嘉敷島)

渡嘉敷島最大の夏祭りイベント。島内外の団体による太鼓・エイサー演武やアーティストによるライブが行われるほか、屋台の出展もあり賑わいます。両日花火が打ち上げられ、最終日の花火はレーザーショーと特殊効果で迫力満点です。渡嘉敷ならではの壮大な星空に打ち上げられる花火は圧巻の見ごたえです。

問合せ先:とかしきまつり実行委員会(渡嘉敷村商工会内) TEL 098-987-2430
詳細は・・渡嘉敷村商工会Webサイト

 オリオンビアフェスト2019 in 宮古

花火

2019年7月27日(土) 15:30~21:00 *予備日=7月28日(日)・8月3日(土)・4日(日)
宮古島市/ (宮古島)

沖縄のビール会社・オリオンビールが主催するビール祭り。工場直送の新鮮なビールが味わえるほか、ステージイベントも開催。ラストには花火も打ち上げられます。

【入場料】 無料  *未成年者だけでの入場はできません

問合せ先:オリオンビールお客様相談室 098-877-5050
詳細は・・オリオンビールWebサイト

動く 第41回 名護夏祭り!~青空市とビールまつり~

名護夏祭り

2019年7月27日(土)~28日(日) 13:00~21:00 *花火打上=両日20:00~
名護市/名護漁港内

本島北部最大の町、名護市の夏祭り。多数の飲食店や物販が立ち並び、多彩なステージイベントが繰り広げられる子どもから大人まで楽しめるイベントです。
両日とも、フィナーレを締めくくる盛大な花火は見応えがあります。

問合せ先:名護市商工会 TEL 0980-52-4243
詳細は・・名護市商工会Webサイト

動く 本部海洋まつり

2019年7月27日(土)~28日(日)
本部町/茶花公園、渡久地港

メイン会場の谷茶公園では、本部ナークニー大会、オリオンビール美味飲み大会、ステージイベントなどが楽しめ、渡久地港では、県内から集まった強豪のチームが爬竜船を競漕するハーリー大会などが行われます。

問合せ先:本部まつり実行委員会(本部町商工観光課内) TEL 0980-47-2700

動く 第36回 うんなまつり

花火

2019年7月27日(土)~28日(日)
恩納村/コミュニティー広場

毎年恒例の恩納村の夏の大イベント「うんなまつり」。
青年エイサーや村民芸能などが繰り広げられる他、魚・くだものつかみ取り大会、ステージイベントなど、大人も子どもも楽しめます。また、両日とも打ち上げ花火で盛り上がります。

問合せ先:恩納村商工観光課 TEL 098-966-1280

 第12回 豊見城ハーリー大会

2019年7月28日(日) 9:00~18:00
豊見城市/豊崎海浜公園(豊崎美らSUNビーチ北側)

「豊見城ハーリー大会」は、約600年前に豊見城城主が伝えたとされる貴重な文化遺産を、時空を超えて再現することで広く県内外にアピールし続けています。

問合せ先:豊見城龍船協会(赤嶺) TEL 090-8291-4909

動く 第26回 漢那ダムまつり

漢那ダムまつり

2019年7月28日(日) 10:00~17:00
宜野座村/漢那ダム湖畔公園

水や自然と触れ合えるカヌー体験や木工教室などの体験イベントが盛りだくさん! 遊具コーナーもあり、家族で満喫できます。

問合せ先:宜野座村観光商工課 TEL 098-968-5125(平日)、宜野座村観光協会 TEL 098-968-8787(土日)
詳細は・・道の駅ぎのざWebサイト

2019年8月~

動く 第37回 与那原大綱曳まつり

2019年8月3日(土)~4日(日)
与那原町/中央通り・御殿山青少年広場ほか

与那原大綱曳は豊年祈願の神事として、琉球王国の尚永王代(1573年~1588年)に始まったといわれ、東西に分かれた雄雌2本の結合によって実りを予祝し、勝敗によって豊凶を占う伝統ある行事です。東西合わせて90メートル、重さは5トンあり、支度(したく)を乗せた大綱が街を練り歩く様は、竜神のうねりを思わせ勇壮。大綱が合わさりカナチ棒が入った瞬間、綱が地面に叩き付けられて綱曳がスタート。東西に引き合いながらの攻防は見る人を魅了し、曳く人の心を熱くさせます。
大綱曳に参加すると無病息災、子孫繁栄のご利益があるといわれ、毎年、町内外から多くの人々が訪れます。大綱曳の他、エイサーやライブ、花火なども開催予定です。

問合せ先:与那原大綱曳まつり運営委員会(与那原町観光商工課)  TEL 098-945-5323
詳細は・・与那原町観光情報Webサイト

動く 第26回 沖縄こどもの国 エイサー夏まつり 2019

2019年8月3日(土)・4日(日)
沖縄市/沖縄こどもの国

毎年夏休みに行われる、こどもの国エイサーまつり!
沖縄のお盆の風物詩「エイサー」をテーマとした夏まつりが、沖縄こどもの国で開催。
地元の青年会や子ども会らが出演し華麗な演舞を披露します!
ぜひ家族で、沖縄こどもの国に遊びにきてね。

【入園料】 大人500円、中高生200円、子ども(4歳~12歳)100円、3歳以下無料
      *沖縄子どもの国の入園料が必要です。

問合せ先:一社)沖縄市観光物産振興協会 TEL 098-989-5566
詳細は・・沖縄市観光ポータルサイトへ、ご参考・・沖縄こどもの国Webサイト

動く 第20回 いぜな尚円王まつり

花火

2019年8月3日(土)~4日(日)
伊是名村/臨海ふれあい公園(伊是名島)

沖縄本島北部・今帰仁村にある運天港からフェリーで約1時間の距離にある離島・伊是名島。
その伊是名島の首見邑(現在の伊是名村字諸見)で、1415年、百姓の子どもとして生まれた北の松金(後の「金丸」、「尚円王」)は、24歳で島を旅立ち、その後尚巴志の五男、越来王子(後の「尚泰久王」)に見出され、琉球王府の役人となりました。直ちに頭角を現し、38歳で黄冠、40歳で内間領主(現在の西原町)、45歳で当時の王府の財政と外交を担当し、御物城御鎖側(貿易長官)に就任し、みるみるうちに出世をしていきました。
その後王位を継いだ尚徳王と相容れず、内間御殿(現在の西原町字嘉手苅)に隠遁しましたが、尚徳王が亡くなった後、群臣達から推され1470年王位に就きました。その綺羅星の如く輝く才能と人々から愛される人徳で、その後明治5年の琉球藩、明治12年の廃藩置県まで、19代約410年間の永きに亘り琉球国第二尚氏王統の基礎を築きました。
豊かな才能と万人から愛された人徳により、小さな島の百姓から琉球国の国王まで昇りつめ、彗星の如く輝いた稀代の偉人を称え、毎年行われている「いぜな尚円王まつり」。
当日は、キャラクターショーやアーティストライブ、打ち上げ花火等を行います。

問合せ先:いぜな尚円王まつり実行委員会 TEL 0980-45-2534

動く 南の島の星まつり2019

2019年8月3日(土)~12日(月・休)
石垣市/南ぬ浜緑地公園ほか(石垣島)

日本最南端の八重山地方は赤道に近く、ほとんどの星座を見ることができます。また、八重山地方では300年ほど前から星座観測を行い農耕を営んでいたことを示す「星図」と呼ばれる古文書も現存し、古謡や言い伝え等の「星の伝説」があることから「星文化の宝庫・八重山」といわれています。
今年も、島の灯りを消して満天の夜空をよみがえらそうという星空観望会が行われます。
3日(土)には、ライトダウン星空観望会&夕涼みライブ(出演:夏川りみ、Skoop On Somebody、ケイスケサカモト)が開催。その他、VERA観測局特別公開や星まつり記念講演会、天体観望会等が開催されます。

問合せ先:南の島の星まつり実行委員会運営事務局(石垣市観光文化課内)  TEL 0980-82-1535
詳細は・・公式Webサイト

動く 第25回 一万人のエイサー踊り隊 伝統 VS 創作

2019年8月4日(日) 13:00~20:00
那覇市/国際通り

毎年8月の第1日曜日に那覇国際通りで行われる、県内最大級のエイサーのお祭りです。
1995年から始まったこのイベントは、今や那覇の夏の風物詩。
一般公募で集まった1,000人の踊り手によるパフォーマンスをはじめ、県内各地の約70の青年会や子供会による勇壮な舞いが那覇国際通りを埋め尽くします!

問合せ先:夏祭りin那覇実行委員会 TEL 098-863-2755
詳細は・・公式Webサイト

 第41回 名護市長杯争奪 全島ハーリー大会

2019年8月4日(日) 8:30~18:00 *予備日18日(日)
名護市/名護漁港(予定)

通称「ハーリー甲子園」と呼ばれる名護市の「名護市長杯争奪 全島ハーリー大会」は、県内最多の参加数を誇る180チームが参加します。大会では、予選から決勝まで白熱した勝負が見所です。

問合せ先:全島ハーリー大会実行委員会事務局(名護市観光協会内) TEL 0980-53-7755
詳細は・・名護市観光協会Webサイト

動く 第39回 大青協夏まつり・第29回 大宜味村ふるさとまつり

花火

2019年8月10日(土)~11日(日) 10日=11:00~21:00、11日=14:00~21:00
大宜味村/塩屋漁港

ライブイベントや水風戦、まーさむん食べ飲み大会、マグロ解体ショー、綱引き大会、打上花火など、もりだくさんの内容です!(昨年の内容)

問合せ先:大宜味村 企画観光課 TEL 0980-44-3007

 波照間島ムシャーマ

2019年8月14日(水)
竹富町/波照間公民館前広場(波照間島)

先祖を供養し、豊年と島民の安全を祈る島最大の行事です。各集落から「ミチサネー」と呼ばれる仮装行列で、大旗とミルクをを先頭に公民館に向かい、全てが揃ったところで太鼓や棒、狂言や舞踊、獅子舞など多彩な芸能が奉納されます。

問合せ先:竹富町観光協会 TEL 0980-82-5445

 平敷屋エイサーの夕べ

2019年8月16日(金) 18:00~21:30
うるま市/浦ヶ浜公園

100年以上の歴史を持つ演舞を大事に守りつづけている平敷屋エイサー。
シンプルな衣裳と踊りは一見地味ですが、パーランクー(片張り太鼓)の打ち方と返し方、腰の降ろし具合など、静かな迫力が、伝統の重みを感じさせます。

問合せ先:平敷屋青年会 TEL 070-3802-9423

動く 第31回 糸満ふるさと祭り

花火

2019年8月17日(土)~18日(日)
糸満市/糸満漁港北地区

各種団体による伝統芸能、サークル団体によるダンスやアーティストのミニライヴなどを企画しています。同時開催の「第25回南部豊かな海づくり大会」ではお魚のつかみ取りや稚魚の放流が体験でき、「沖縄爬龍舟フェスティバル2019」では各地から集まったハーリーの漕ぎ手によるレースが行われ沖縄No.1が決まります。
祭りの最後は盛大な打ち上げ花火で締めくくります。

問合せ先:糸満ふるさと祭り実行委員会事務局 TEL 098-840-8135

動く 第19回 久米島まつり

花火

2019年8月17日(土)~18日(日)
久米島町/ふれあい公園(久米島)

「つなごう心の絆、広げよう交流の輪」をテーマに2日間にわたり開催されます。17日に3年に一度の大綱曳きが開催されます。フィナーレを飾る大迫力の花火も必見です。

問合せ先:久米島まつり実行委員会 TEL 098-851-9162

 塩屋湾のウンガミ(海神祭)

2019年8月18日(日)~19日(月) 11:00~
大宜味村/塩屋湾 田港アサギ

1997年国指定無形民俗文化財に指定された塩屋湾のウンガミ(海神祭)は、毎年旧盆明けの初亥の日に塩屋湾で行われる豊年祈願行事です。2年に一度、豊年祭も行われています。ウンガミは北部の村々で起こり、時代が進むにつれてその様は変わりつつあるものの、ここでは昔のままの姿を残して盛大に行われています。
塩屋湾のウンガミの一番の見どころは、なんといってもウガンバーリー(船漕ぎ競争)。女性たちが半身海に浸かりながら太鼓を叩いて漕ぎ手の男性を迎える姿は圧巻で、多くの見物客で賑わいます。

問合せ先:大宜味村塩屋区事務所 TEL 0980-44-2453
ご参考・・大宜味村Webサイト

動く 第64回 沖縄全島エイサーまつり

2019年8月23日(金)~25日(日)
沖縄市/コザ運動公園陸上競技場、胡屋十字路周辺

「エイサーまつり」には本島各地から選抜された青年会などの団体や、全国の姉妹都市や協賛団体からのゲストが集結します。会場に鳴り響く三線、歌、太鼓のリズムに酔いしれ、その迫力あるバチさばきに感動しながら、本場のエイサーの醍醐味を思う存分味わうことができる一大イベントです。

問合せ先:沖縄全島エイサーまつり実行委員会 TEL 098-937-3986
詳細は・・公式Webサイト

 第36回 読谷村青年エイサーまつり

2019年8月24日(土)~25日(日)
読谷村/オキハム読谷平和の森球場

中部地域の中でも、エイサーの盛んな読谷村。各地域に伝わる伝統と歴史ある個性溢れるダイナミックなエイサーを村の青年達が力強く演舞します。

問合せ先:読谷村青年団協議会(読谷村役場内) TEL 098-982-9200

動く 第14回 うるま市エイサーまつり

うるま市エイサーまつり

2019年8月30日(金)~9月1日(日)
30日=前夜祭18:50~21:00、31・1日=本まつり17:00~21:00

沖縄市/30日・うるま市役所本庁舎前道路
    31・1日・うるま市与那城総合公園陸上競技場(両日)

伝統エイサーの郷、うるまで見る本物のエイサー!!
各地域に受け継がれているエイサーは、衣装や演舞に各々の特徴があり、それぞれに力強く躍動感溢れる演舞が堪能できます。

問合せ先:うるま市エイサーまつり事務局 TEL 098-978-9404
ご参考・・うるま市Webサイト

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。
 現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る