ふくおかサポートねっと

大分県のイベント・祭り

見る 大分県立美術館 MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮 2020

2020年11月21日(土)~2021年1月17日(日)
大分県/大分市/大分県立美術館 1階 展示室A

大分県立美術館 MANGA都市TOKYO

イラストレーション:吉成曜
©Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
©カラー ©Naoko Takeuchi ©武内直子・PNP・東映アニメーション
©秋本治・アトリエびーだま/集英社 ©創通・サンライズ
TM & © TOHO CO., LTD. ©TOKYO TOWER

国立新美術館が2018年パリで開催した「MANGA⇔TOKYO」展が、装いを新たに日本巡回!

本展は、日本のマンガ、アニメ、ゲーム、特撮作品を、大都市・東京を軸に横断的に紹介するかつてない展覧会です。

パリの観客を驚かせた圧巻の映像、貴重なオリジナルの原画や制作資料など、今も多くのファンに親しまれている約90タイトルをご紹介します。

国内では国立新美術館と当館、2会場のみの開催です。

お見逃しなく!

【展示構成】
イントロダクション
都市<東京>を舞台にした作品の映像が巨大なビデオウォールに投影された大迫力のインスタレーションによって展覧会のコンセプトを知ることができます。
セクション1 破壊と復興の反復
東京という都市は天災や戦禍に遭いながらも、奇跡的な復興を遂げ発展してきました。このセクションでは、フィクションの中に都市の「破壊と復興」の要素を取り入れた作品をご紹介します。
セクション2  東京の日常
「プレ東京としての江戸」「近代化の幕開けからポストモダン都市まで」「世紀末から現在まで」と3つの区分に分け、日常生活を描写した作品群を通して、人々の生活の場としての東京の姿とその変遷をご紹介します。
セクション3  キャラクターvs.都市
現実の都市空間に召喚されたキャラクターたちをご紹介します。生身の人間とキャラクターが共存する街〈東京〉の魅力を、インスタレーション等で再現します。

【開館時間】 10:00~19:00 *金曜日・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
【休展日】  12月21日(月)
【観覧料】  一般1,400(1,200)円、大学・高校生1,000(800)円、小中学生500(300)円、未就学児は無料
*( )内は前売、コスプレ割および有料入場20名以上の団体料金
*障がい者手帳等をご提示の方とその付添者(1名)は無料
*学生の方は入場の際、学生証をご提示ください。
*お得なペア割はコンビニ限定販売
*本展の会期中に限り、本展の半券提示でコレクション展を1回無料でご覧いただけます。

問合せ先:大分県立美術館 TEL 097-533-4500

ご参考・・大分県立美術館Webサイト

 
地図

Googleマップ

空路
大分空港から 空港特急バスエアライナー乗車約1時間、大分駅前下車
電車
JR大分駅府内中央口(北口)から 徒歩15分
バス
○JR大分駅前7番乗り場から
大分交通バス 青葉台線(田室町経由)23番、24番/県立図書館線(田室町経由)3番/スカイタウン高崎線(西春日町経由)8番に乗車、「オアシスひろば前」下車徒歩すぐ
○JR大分駅府内中央口7番乗り場、またはJR大分駅上野の森口前から
中心市街地循環バス「大分きゃんばす」に乗車、「オアシスひろば前(県立美術館南)」下車 ペデストリアンデッキ 徒歩1分

大分ICから 10分(施設内に駐車場あり)
 

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る