ふくおかサポートねっと

長崎県のイベント・祭り

見る 長崎県美術館 企画展「長崎 美術 往来!-長崎県美術館コレクションから

2020年10月3日(土)~2021年1月3日(日)
長崎県/長崎市/長崎県美術館

長崎県美術館 企画展「長崎 美術 往来!」

かつて、いわゆる「鎖国」の時代から海外交流の拠点であった長崎は、明治時代をむかえた後も、海の外からもたらされた西洋や中国の文化と日本文化が混淆した独特の風情をもつ都市として、芸術にかかわる人々を惹きつけてきました。

結果として、多くの芸術家たちによって長崎を題材とした作品が生み出され、そして地元の作家たちも、それらに刺激を受けつつ長崎の外へと自らの表現を発信していったのです。

本展では、長崎県美術館コレクションから長崎ゆかりの美術作品をいくつかのテーマに沿ってご紹介します。

長崎を舞台に往き交う美術のエネルギッシュで多彩な煌めきをぜひお楽しみください。

また、数多くの作家の目に映った長崎の姿を見つめることで、私たち自身も複数の時空を旅しながら、長崎の文化的風土を改めて捉え直す機会となるでしょう。

山下南風《浜町本通り》

山下南風《浜町本通り》 1974-75年頃

野口彌太郎《長崎の夕ぐれ》

野口彌太郎《長崎の夕ぐれ》 1950年

【展示構成および出品作家】
ゆめ:夢をもとめて、長崎をとびだした作家たち(彭城貞徳、山本森之助、横手貞美ほか)
まつり:歴史と暮らしが育む祝祭(津上みゆき、大久保玉珉、東松照明ほか)
いのり:信仰と祈りのかたち(小川緑、舟越保武、井上孝治ほか)
ロマン:“エキゾチック”な世界としての長崎(椿貞雄、吉岡憲、中川一政ほか)
くらしと風土:日々の生活に息づく光景(山崎正明、山下南風、野口彌太郎ほか)

【開館時間】 10:00~18:00、1月2日を除く金・土曜日は10:00~20:00 *展示室への最終入場は、閉館の30分前まで
【休館日】  第2・第4月曜日(祝日の場合は火曜日)、12月29日~1月1日
【観覧料】  一般 800(600)円、大学生・70 歳以上 600(400)円、高校生以下無料
       *長崎県美術館にて当日券のみ販売
       *( )内は 15名以上の団体割引料金
       *障害者手帳等の提示者および介護者1名は無料
       *会期中、本展観覧券でコレクション展にも入場可

問合せ先:長崎県美術館 TEL 095-833-2110
詳細は・・長崎県美術館Webサイト

=関連イベント=
長崎×ヒロスケさん×美術館
長崎の歴史に詳しいヒロスケこと山口広助さんをお招きし、まちや祭りの歴史など長崎の魅力について 存分に語っていただきます。
【日時】 10月25日(日)14:00~15:00
【会場】 長崎県美術館 ホール
【講師】 山口広助氏
【定員】 50名 *要事前申込、応募多数の場合は抽選
【料金】 無料
【参加申込締切】 2020年10月12日(月)必着

 
地図

Googleマップ

 

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る