ふくおかサポートねっと

熊本県のイベント・祭り

見る 熊本市現代美術館 段々降りてゆく 九州の地に根を張る7組の表現者

2021年3月27日(土)~6月13日(日)
熊本県/熊本市(中央区)/熊本市現代美術館

段々降りてゆく 九州の地に根を張る7組の表現者

*熊本市の医療非常事態宣言の発出により、4月27日(火)から当面の間、休館となりました。

九州を拠点にし、自らの生きる環境に根差した問題意識を持って主体的な活動を行う同時代の表現者7組を紹介する。

九州には、首都圏のように多くの美術館やギャラリーやアートマーケットがあるわけではない。しかし芸術は、そのような芸術インフラが整った大都市の環境の中でしか生まれないものではない。地方にはその地方ごとの芸術の存在の仕方があるはずである。そしてまた九州で生きる作家の価値観や行動原理は、大都市に住む人々のそれに追従する必要はない。必要なのは、自らの問題意識を持ち、自身を取り巻く環境を見つめて応答していくことであり、その先にこそこの土地が独自の文化を持ち、さらに生み出し続けていく可能性があるのではないだろうか?

本展のタイトルは、熊本出身の詩人・谷川雁の詩論の中の一節を参照している。

「段々降りてゆく」よりほかないのだ。飛躍は主観的には生れない。下部へ、下部へ、根へ、根へ、花咲かぬ処へ、暗黒のみちる所へ、そこに万有の母がある。存在の原点がある。初発のエネルギイがある。
——谷川雁「原点が存在する」1954

自身の存在の核心をなしているものを掴もうと地道な模索を続ける作家の姿勢、あるいは自らのいる環境・状況を見定めた上でそこから自身の表現を立ち上げようとする姿勢を、この「段々降りてゆく」という言葉のイメージに重ねた。

それぞれの場所で展開される作家たちの実践例を通して、九州の環境と状況に即した芸術や表現者のあり方、そして「私たちにとって切実な表現とは何か?」ということを、来場者の皆さんとともに考えられれば幸いである。

【出展者】 加藤笑平、すうひゃん。、畑直幸、オレクトロニカ 、宮本華子、HOTEL ASIA PROJECT、山内光枝

【関連イベント】
山内光枝『つれ潮』上映
*中止となりました。
山内光枝の長編映像作品『つれ潮』を月曜ロードショーで特別上映します。
対馬・曲(まがり)の最後の現役海女が、そのルーツである筑前鐘ケ崎を訪れた数日間。
その一連の過程に寄り添った映像作品です。
【日時】 5月3日(月・祝) 各日とも14:00~15:20、17:00~18:20(一日2回上映。内容は同一)
【会場】 熊本市現代美術館 アートロフト
【定員】 45名 *要事前申込
CAMKレクチャーカレッジ「企画者の東奔西走と右往左往」
*延期(詳細未定)となりました。
本展企画者が展覧会の事前調査の過程なども紹介しながら、本展についてお話します。
【日時】 5月8日(土)14:00~15:30
【会場】 熊本市現代美術館 ホームギャラリー
【出演】 佐々木玄太郎(本展企画者・熊本市現代美術館学芸員)
【定員】 50名 *要事前申込

*熊本市の医療非常事態宣言の発出により、4月27日(火)から当面の間、休館となりました。
【開館時間】10:00~20:00(展覧会入場は19:30まで)
【休館日】 火曜日、5月6日(木) *ただし5月4日(火・祝)は開館
【観覧料】 一般1,100 (900)円、シニア(65歳以上)900 (700)円、学生(高校生以上)600(500)円、中学生以下無料
      *( )内は前売り、20名以上の団体料金
      *前売券販売は3月26日(金)まで

問合せ先:熊本市現代美術館 TEL 096-278-7500

ご参考・・熊本市現代美術館Webサイト

 
地図

Googleマップ

 

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る