ふくおかサポートねっと

福岡の美術館・博物館での 展覧会・イベント

見る 久留米市美術館 開館5周年記念 九州洋画Ⅱ:大地の力-Black Spirytus

2021年9月18日(土)~12月12日(日)
福岡県/久留米市/久留米市美術館 本館2階
久留米市美術館 九州洋画Ⅱ

日本の油絵は九州出身の画家たちがリードし、その後も多くの出身者が中央画壇で活躍しました。

一方、福岡の八女で制作を続けた坂本繁二郎のように、あえて地方にとどまり己の画業を追求した者たちも少なくありません。

開館5周年記念となる本展では、固有の風土や文化の記憶をどこかに宿した表現、たとえば、ざらざらとした土の触感や、大地の内発的なエネルギーを感じさせるような作品を明治から現代まで紹介することで、力強く魅力的な九州洋画の系譜を辿ります。

【出品作家】
青木繁、荒井龍男、池田龍雄、池田学、伊藤研之、伊東静尾、糸園和三郎、井上三綱、牛島憲之、宇治山哲平、内野秀美、瑛九、海老原喜之助、大塚耕二、岡田三郎助、尾花成春、風倉匠、片多徳郎、上川伸、菊畑茂久馬、北島浅一、黒田清輝、古賀耕児、古賀春江、児島善三郎、彭城貞徳、坂本善三、坂本繁二郎、佐藤敬、下川都一朗、鱸利彦、曽山幸彦、髙島野十郎、田崎廣助、田中千智、田淵安一、田部光子、築山節生、寺田政明、東郷青児、床次正精、中間冊夫、中村研一、野見山暁治、浜田知明、百武兼行、平岡春治、平野遼、藤島武二、俣野衛、松井富民夫、松田諦晶、三浦洋一、御厨純一、森山安英、山口長男、山口亮一、山下耕平、幸寿、吉井淳二、吉田博、吉村益信、和田英作

=関連イベント=
トークイベント「行くか戻るかとどまるか 〜それぞれの上京ものがたり」
坂本繁二郎や海老原喜之助からネオ・ダダまで、作家と故郷とのかかわりについてシンポジウム形式でお話をうかがいます。
【日時】 10月23日(土)13:30~16:00
【会場】 共同ホール(石橋文化センター内)
【出演】 菅章氏(大分市美術館館長)、林田龍太氏(熊本県立美術館学芸課参事)、森山秀子(久留米市美術館副館長)
【参加申込〆切】 2021年10月5日(火)必着 *ハガキまたはFAXで

【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
       10月2日(土)・3日(日)は18:00までの延長開館(入館は17:30まで)
【休館日】  月曜日 *9月20日(月・祝)は開館
【入館料】  一般1,000円(800円)、シニア700円(500円)、大学生500円(300円)、高校生以下無料
*( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上
*上記料金にて石橋正二郎記念館もご覧いただけます。
*文化の日11月3日(水・祝)、開館記念日11月19日(金)は入館無料

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131

詳細は・・久留米市美術館Webサイトへ、招待券プレゼントページ応募フォーム

 
地図

Googleマップ

 

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る