ふくおかサポートねっと

福岡の美術館・博物館での 展覧会・イベント

見る 石橋正二郎記念館 ぺりかんくらぶ 記念館で楽しむ特別な9か月 岡田三郎助と辻永

2022年1月22日(土)~4月17日(日)
福岡県/久留米市/石橋正二郎記念館

このたび久留米市美術館は、トラックヤード新設工事などのため、2022年10月28日(金)まで、約10カ月間休館することとなりました。

久留米市美術館は、休館中も石橋正二郎記念館を舞台に活動を続けます。

正二郎の人と歩みの紹介や、石橋財団コレクションの絵画展示にくわえ、ワークショップや講座などさまざまなイベントを行います。

それらをひっくるめて「ぺりかんくらぶ」と名付けます。

石橋文化センター開園時からずっと園内を見守ってきた「ペリカンプール」(現在は「ペリカン噴水」)にちなんだ名称です。

休館中ならではの楽しい時間を記念館でお過ごしください。

【絵画展示について】
絵画展示コーナーでは、石橋財団コレクションの中から、正二郎とかかわりのある作品を選んで紹介しています。
9か月間のプログラムは下記のとおりです。
岡田三郎助と辻永(つじひさし)/1月22日(土)~4月17日(日)
黒田清輝と藤島武二/4月23日(土)~7月18日(月・祝)
松田諦晶と古賀春江/7月23日(土)~10月23日(日)

岡田三郎助と辻永(つじひさし)
岡田三郎助は辻永の東京美術学校時代の師ですが、二人は、近所に住居を構え、共に写生に出かけるなど、師弟関係を超えて親しく交流しました。また、二人の作品のいくつかは、早い時期に正二郎コレクションとなっています。
現在、佐賀県立博物館東隣に移築・公開されている岡田のアトリエは、岡田没後辻が受け継いだものです。
【会期】 1月22日(土)~4月17日(日)

=関連イベント=
美術講座 「岡田三郎助と辻永(つじひさし)」
【日時】 1月29日(土)14:00~15:30
【会場】 多目的ルーム
【講師】 森山秀子
【定員】 先着30名
連続講座 「正二郎とコレクション」
【会場】 多目的ルーム
【日時】 2月19日(土)・26日(土)、3月7日(土) 各日とも14:00~15:00
【定員】 先着30名
ワークショップ
1)走りきったタイヤでキーホルダー作り
【日時】 2月23日(水・祝) 受付=10:30~15:30(随時参加可、申込不要)
【会場】 2階ロビー
2)花いっぱい 春の折紙教室
講師の先生の考案による折図を使ったお花作り。折り紙は各自用意。
【日時】 3月21日(月・祝)
     10:00~12:00 プチブーケを作ろう(初級・どなたでも)
     14:00~16:00 ミユキローズに挑戦(中級・鶴が楽に折れる方)
【講師】 川村みゆき氏(折紙作家・日本折紙学会評議員)
【参加方法】  対面・オンライン(要事前申込)
【募集人数と参加条件】
   対面/定員各4組(8名)、小学生以上(小学生は保護者と一緒にお申込みください)
   オンライン/定員各80名、zoomを使える環境をお持ちの方のみ
【用意するもの】
   プチブーケ/7.5センチ四方の折紙10~20枚 *ペットボトルの蓋に飾れます
   ミユキローズ/15センチ四方の折紙5枚程度、7.5センチ四方の緑の折紙2~3枚
   *ピンセットがあると綺麗に仕上がります。
【申込方法】
   対面/氏名、住所、電話番号を記入の上、ハガキまたはFAXで。2月25日必着。結果は3月4日(金)までに応募者全員に通知。
   オンライン/氏名、電話番号にメールアドレスを添えてWebにて申込み。定員になり次第修了。参加者にはメールにて必要事項をお送りします。
ギャラリートーク
【日時】 2月6日・20日、3月6日・20日、4月3日・17日 14:00~14:20(第1・3日曜日)
【集合】 2階ロビー

【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
【休館日】  月曜日(ただし祝日は開館)・展示替期間
【入場料】  無料

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131

ご参考・・久留米市美術館Webサイトへ、石橋正二郎記念館Webサイト

 
地図

Googleマップ

 

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る