ふくおかサポートねっと

福岡の美術館・博物館での 展覧会・イベント

見る アジア美術館 NTT西日本スペシャル おいでよ!絵本ミュージアム2021

2021年7月15日(木)~8月22日(日)
福岡県/福岡市(博多区)/福岡アジア美術館 企画ギャラリーなど
おいでよ!絵本ミュージアム2021

© MAYA MAXX ©にしまきかやこ ©大日本タイポ組合
©かこさとし ©Rieko Nakagawa ©Yuriko Yamawak

15回目となる今年のテーマは「絵本の力」です。

コロナ禍においても、これまでの絵本ミュージアムの特徴でもある絵本の世界観の中で絵本との出会いやコミュニケーションを安心して楽しめます。

また、「おうちで!絵本ミュージアム」と連動したデジタルコンテンツの展示や、NTTグループの協力のもとに先端技術を活用した展示もお楽しみいただけます。

おいでよ!絵本ミュージアム2021

2019年 会場の様子

「絵本を読むよろこび、描くよろこび」特設展示

『らっこちゃん』や『ちゅっちゅっ』をはじめ、多数の絵本を手がけられている画家のMAYA MAXXさんによる生命力あふれる壮大なペインティング作品を展示。

壁に描かれた色鮮やかなアートを楽しもう。

おいでよ!絵本ミュージアム2021

2019年 会場の様子

わたしのワンピース
作:にしまきかやこ(こぐま社)
お花畑を散歩すると花模様、雨の中では水玉模様と、行く先々でワンピースの模様が変わっていく夢のワンピース!
オリジナルのワンピースの柄をつくって、うさぎさんに着せてみよう。

ぐりとぐら
作:なかがわりえこ 絵:おおむらゆりこ(福音館書店)
ロングセラー「ぐりとぐら」の絵本の世界の中で、たくさんの絵本を楽しもう。

せん
作:スージー・リー(岩波書店)
えんぴつの先から一本のせんが生まれて物語に。
スケートぐつをはいた赤いぼうしの女の子といっしょに、自由なせんを描いてみよう。

からすのパンやさん
作/絵:かこさとし(偕成社)
いずみがもりのからすのまちのパンやさんは、子どもたちの意見を参考にして、すてきな形のパンをどっさり焼きました。かわったかたちの、たのしいパンがいっぱい!会場まで見にきてね。

もじかけえほん かな?
作:大日本タイポ組合(偕成社)
「もじ」の「しかけえほん」で「もじかけえほん」。歩いて楽しい、見て楽しい、「もじ」のしかけがたくさんの空間を体感してみよう。

【開館時間】 9:30~17:30 (入場は17:00まで)
       *一日の入場時間を5ブロックにわけてご案内します。約2時間での入替入場にご協力をお願いします。
【休館日】  会期中無休
【観覧料】  一般1,200円、高大生1,000円、小中生600円、未就学児は無料
       *再入場不可
       *未就学児は要保護者同伴
       *上記料金で、アジアギャラリーの展示もご覧いただけます。
       *ARTNEチケットオンライン、ローソンチケットによる日時指定チケット(事前予約)をおすすめします。
        当日会場でもご購入いただけますが、会場が混雑している場合はお待ちいただく場合があります。

問合せ先:西日本新聞イベントサービス TEL 092-711-5491(平日 9:30~17:30)*会期中は、福岡アジア美術館 TEL 092-263-1100

詳細は・・アジア美術館Webサイトへ、公式Webサイト

 
地図

Googleマップ

 

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る