沖縄のイベント・祭り情報 

2017年4月~5月

ふくおかサポートねっと

2017年4月

花 第22回 伊江島ゆり祭り

伊江島ゆり祭り

2017年4月22日(土)~5月7日(日).
伊江村/リリーフィールド公園(伊江島)

伊江島の北海岸にある広々とした公園は、ピクニックや散策にぴったり。
海岸の美しい景観を背景に、世界のゆり約90品種が咲き誇り、辺り一面はゆりの香りに包まれます。その様子は、まさに純白のじゅうたんを敷きつめたように見事です。
公園の東側には、シダ植物群落やカダ原洞穴があり、園内には展望台なども設置されており、一日中楽しめます。

問合せ先:同実行委員会(伊江村商工観光課) TEL 0980-49-2906
詳細は・・・伊江村Webサイト

見る 浦添市美術館 「琉球八景展」

浦添市美術館 外観

浦添市美術館 外観

2017年4月29日(土)~5月14日(日)
浦添市/浦添市美術館

本展覧会は江戸後期に活躍した浮世絵師・葛飾北斎が描いた琉球八景を展示します。
琉球八景は錦絵(多色刷りの木版画)全8枚で構成され、琉球の景勝地が描かれています。
今回は、当館所蔵の「琉球八景」と校合摺りをあわせて展示します。作品保護のため会期を短く設定しております。
どうぞ、お見逃しなく、ご覧ください。

【休館日】  月曜日
【開館時間】 9:30~17:00
       *ただし金曜日は19:00まで開館。入館は閉館の30分前まで
【観覧料】  一般200円(160円)、大学生130円(100円)、65歳以上160円、高校生以下無料
       *( )内は20名以上の団体料金
       *常設展・平成28年度新コレクション展もご覧いただけます。

問合せ先:浦添市美術館 TEL 098-879-3219
ご参考・・浦添市美術館Webサイト

見る 浦添市美術館 「平成28年度新コレクション展」

浦添市美術館 外観

浦添市美術館 外観

2017年4月29日(土)~5月14日(日)
浦添市/浦添市美術館

平成28年度に寄贈や購入により収集した作品を一堂に紹介します。寄贈品は戦前のモダンな沖縄漆器や山田真山画伯の観音菩薩図、中国からヨーロパへ輸出された広東漆器、アジア地図など27件50点、購入作品は琉球王国時代の漆器5点です。この機会に新たな収蔵品をご鑑賞ください。

【休館日】  月曜日
【開館時間】 9:30~17:00
       *ただし金曜日は19:00まで開館。入館は閉館の30分前まで
【観覧料】  一般200円(160円)、大学生130円(100円)、65歳以上160円、高校生以下無料
       *( )内は20名以上の団体料金
       *常設展・琉球八景展もご覧いただけます。

問合せ先:浦添市美術館 TEL 098-879-3219
ご参考・・浦添市美術館Webサイト

見る 浦添市美術館 平成29年度第I期常設展 「技あり!琉球漆器」PART-2

浦添市美術館 外観

浦添市美術館 外観

2017年4月29日(土)~9月10日(日)
浦添市/浦添市美術館

漆器の表面に文様をつける加飾技法はいくつもありますが、琉球漆器には沈金・螺鈿・箔絵・漆絵・密陀絵・堆錦が主に用いられています。また、一つの技法だけでなく、複数を組み合わせた漆器も多く見られ、様々な技法が織り成す多彩な表情は、琉球漆器の魅力の一つでもあります。
今回の常設展では、琉球漆器に用いられた「技法」をテーマにします。その技と美について、より分かりやすくさらに深く迫ります。
また、本展覧会では浦添市指定文化財7点を含む約80点の作品を展示します。夏頃にはこれらの技法について学べる関連講座を予定していますので、この機会にぜひ足をお運びください。

【休館日】  月曜日
【開館時間】 9:30~17:00
       *ただし金曜日は19:00まで開館。入館は閉館の30分前まで
【観覧料】  一般200円(160円)、大学生130円(100円)、65歳以上160円、高校生以下無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:浦添市美術館 TEL 098-879-3219
ご参考・・浦添市美術館Webサイト

2017年5月

花 第22回 伊江島ゆり祭り

伊江島ゆり祭り

2017年4月22日(土)~5月7日(日).
伊江村/リリーフィールド公園(伊江島)

伊江島の北海岸にある広々とした公園は、ピクニックや散策にぴったり。
海岸の美しい景観を背景に、世界のゆり約90品種が咲き誇り、辺り一面はゆりの香りに包まれます。その様子は、まさに純白のじゅうたんを敷きつめたように見事です。
公園の東側には、シダ植物群落やカダ原洞穴があり、園内には展望台なども設置されており、一日中楽しめます。

問合せ先:同実行委員会(伊江村商工観光課) TEL 0980-49-2906
詳細は・・・伊江村Webサイト

見る 浦添市美術館 「琉球八景展」

浦添市美術館 外観

浦添市美術館 外観

2017年4月29日(土)~5月14日(日)
浦添市/浦添市美術館

本展覧会は江戸後期に活躍した浮世絵師・葛飾北斎が描いた琉球八景を展示します。
琉球八景は錦絵(多色刷りの木版画)全8枚で構成され、琉球の景勝地が描かれています。
今回は、当館所蔵の「琉球八景」と校合摺りをあわせて展示します。作品保護のため会期を短く設定しております。
どうぞ、お見逃しなく、ご覧ください。

【休館日】  月曜日
【開館時間】 9:30~17:00
       *ただし金曜日は19:00まで開館。入館は閉館の30分前まで
【観覧料】  一般200円(160円)、大学生130円(100円)、65歳以上160円、高校生以下無料
       *( )内は20名以上の団体料金
       *常設展・平成28年度新コレクション展もご覧いただけます。

問合せ先:浦添市美術館 TEL 098-879-3219
ご参考・・浦添市美術館Webサイト

見る 浦添市美術館 「平成28年度新コレクション展」

浦添市美術館 外観

浦添市美術館 外観

2017年4月29日(土)~5月14日(日)
浦添市/浦添市美術館

平成28年度に寄贈や購入により収集した作品を一堂に紹介します。寄贈品は戦前のモダンな沖縄漆器や山田真山画伯の観音菩薩図、中国からヨーロパへ輸出された広東漆器、アジア地図など27件50点、購入作品は琉球王国時代の漆器5点です。この機会に新たな収蔵品をご鑑賞ください。

【休館日】  月曜日
【開館時間】 9:30~17:00
       *ただし金曜日は19:00まで開館。入館は閉館の30分前まで
【観覧料】  一般200円(160円)、大学生130円(100円)、65歳以上160円、高校生以下無料
       *( )内は20名以上の団体料金
       *常設展・琉球八景展もご覧いただけます。

問合せ先:浦添市美術館 TEL 098-879-3219
ご参考・・浦添市美術館Webサイト

見る 浦添市美術館 平成29年度第I期常設展 「技あり!琉球漆器」PART-2

浦添市美術館 外観

浦添市美術館 外観

2017年4月29日(土)~9月10日(日)
浦添市/浦添市美術館

漆器の表面に文様をつける加飾技法はいくつもありますが、琉球漆器には沈金・螺鈿・箔絵・漆絵・密陀絵・堆錦が主に用いられています。また、一つの技法だけでなく、複数を組み合わせた漆器も多く見られ、様々な技法が織り成す多彩な表情は、琉球漆器の魅力の一つでもあります。
今回の常設展では、琉球漆器に用いられた「技法」をテーマにします。その技と美について、より分かりやすくさらに深く迫ります。
また、本展覧会では浦添市指定文化財7点を含む約80点の作品を展示します。夏頃にはこれらの技法について学べる関連講座を予定していますので、この機会にぜひ足をお運びください。

【休館日】  月曜日
【開館時間】 9:30~17:00
       *ただし金曜日は19:00まで開館。入館は閉館の30分前まで
【観覧料】  一般200円(160円)、大学生130円(100円)、65歳以上160円、高校生以下無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:浦添市美術館 TEL 098-879-3219
ご参考・・浦添市美術館Webサイト

 第43回 那覇ハーリー

那覇ハーリー

2017年5月3日(水・祝)~5日(金・祝)
那覇市/那覇新港ふ頭

豊漁や海の安全を祈願する祭りで、沖縄のハーリー行事の中でも「那覇ハーリー」は最大規模となっています。
初日に那覇市内の中学生による学校対抗レースと職域対抗レース、二日目に一般体験乗船、最終日に御願バーリーと本バーリーが行われます。
ハーリー競漕のほかにもお笑いステージやライブ、相撲大会、打ち上げ花火など、さまざまなイベントが催されます。
*「ハーリー」とは、中国から伝わったとされる爬竜船(ハリュウセン)競漕で漁の安全と豊漁を祈願するもので、那覇ハーリーは船体の先に竜頭、船尾に竜尾の彫り物が飾られた大型の爬竜船を使うのが特徴です。

問合せ先:(一社)那覇市観光協会 TEL 098-862-1442、那覇市観光案内所 TEL 098-868-4887

 泊りがけで、出かけませんか。

ホテル法華クラブ那覇新都心ホテルルートイン那覇泊港アルモントホテル那覇県庁前沖縄ナハナ・ホテル&スパホテルサン沖縄
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 国立劇場おきなわ 三線音楽公演「島唄の響き~世替りや沖縄~」

国立劇場おきなわ 三線音楽公演「島唄の響き~世替りや沖縄~」

2017年5月13日(土) 14:00開演
浦添市/国立劇場おきなわ

明治・大正・昭和と移りゆく中、それぞれの時代の沖縄で誕生した数々の名曲。その折々の民衆の生活や心情を綴った三線音楽を、沖縄県の本土復帰45年の節目にあたり、沖縄民謡界の重鎮・知名定男、大城美佐子、伊波貞子をはじめ、豪華な顔ぶれでお届けします。味わい深い島唄の世界をご堪能ください。

【料金】 一般3,100円 *全席指定

問合せ先:国立劇場おきなわチケットカウンター TEL 098-871-3350
詳細は・・国立劇場おきなわWebサイト

見る 国立劇場おきなわ 組踊公演「二山和睦の巻(にざんわぼくのまき)」

国立劇場おきなわ 組踊公演「二山和睦の巻」

2017年5月27日(土) 14:00開演
浦添市/国立劇場おきなわ

仇討物が多い組踊の中で、南山と北山の「不戦平和」を描いた珍しい内容で、摩文仁親方の作品といわれています。北山の智将謝名の大主が主人である北山の按司を説得する場面や、南山の与座の大主と謝名の大主との問答により和睦を迎える場面等、劇中繰り広げられる問答は見どころ・聴きどころ満載です。上演機会の少ない本作品をこの機会にぜひお楽しみください。

(あらすじ)
南山の頭役与座の大主は、南山の按司の使いで北山に行ったまま帰ってこず、約十年の月日が流れている。与座の大主の子、千代松と亀千代は父親を助けるため、北山へ行くことを決意する。父親が健在であることを知った二人は、北山の按司の元へ行き、父親を帰して欲しいと懇願するが・・・親子の運命はいかに。

【料金】 一般3,100円 *全席指定

問合せ先:国立劇場おきなわチケットカウンター TEL 098-871-3350
詳細は・・国立劇場おきなわWebサイト

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。
 現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る