沖縄のイベント・祭り情報 

2017年5月~6月

ふくおかサポートねっと

2017年5月

見る 浦添市美術館 平成29年度第I期常設展 「技あり!琉球漆器」PART-2

浦添市美術館 外観

浦添市美術館 外観

2017年4月29日(土)~9月10日(日)
浦添市/浦添市美術館

漆器の表面に文様をつける加飾技法はいくつもありますが、琉球漆器には沈金・螺鈿・箔絵・漆絵・密陀絵・堆錦が主に用いられています。また、一つの技法だけでなく、複数を組み合わせた漆器も多く見られ、様々な技法が織り成す多彩な表情は、琉球漆器の魅力の一つでもあります。
今回の常設展では、琉球漆器に用いられた「技法」をテーマにします。その技と美について、より分かりやすくさらに深く迫ります。
また、本展覧会では浦添市指定文化財7点を含む約80点の作品を展示します。夏頃にはこれらの技法について学べる関連講座を予定していますので、この機会にぜひ足をお運びください。

【休館日】  月曜日
【開館時間】 9:30~17:00
       *ただし金曜日は19:00まで開館。入館は閉館の30分前まで
【観覧料】  一般200円(160円)、大学生130円(100円)、65歳以上160円、高校生以下無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:浦添市美術館 TEL 098-879-3219
ご参考・・浦添市美術館Webサイト

見る 国立劇場おきなわ 組踊公演「二山和睦の巻(にざんわぼくのまき)」

国立劇場おきなわ 組踊公演「二山和睦の巻」

2017年5月27日(土) 14:00開演
浦添市/国立劇場おきなわ

仇討物が多い組踊の中で、南山と北山の「不戦平和」を描いた珍しい内容で、摩文仁親方の作品といわれています。北山の智将謝名の大主が主人である北山の按司を説得する場面や、南山の与座の大主と謝名の大主との問答により和睦を迎える場面等、劇中繰り広げられる問答は見どころ・聴きどころ満載です。上演機会の少ない本作品をこの機会にぜひお楽しみください。

(あらすじ)
南山の頭役与座の大主は、南山の按司の使いで北山に行ったまま帰ってこず、約十年の月日が流れている。与座の大主の子、千代松と亀千代は父親を助けるため、北山へ行くことを決意する。父親が健在であることを知った二人は、北山の按司の元へ行き、父親を帰して欲しいと懇願するが・・・親子の運命はいかに。

【料金】 一般3,100円 *全席指定

問合せ先:国立劇場おきなわチケットカウンター TEL 098-871-3350
詳細は・・国立劇場おきなわWebサイト

2017年6月

見る 浦添市美術館 平成29年度第I期常設展 「技あり!琉球漆器」PART-2

浦添市美術館 外観

浦添市美術館 外観

2017年4月29日(土)~9月10日(日)
浦添市/浦添市美術館

漆器の表面に文様をつける加飾技法はいくつもありますが、琉球漆器には沈金・螺鈿・箔絵・漆絵・密陀絵・堆錦が主に用いられています。また、一つの技法だけでなく、複数を組み合わせた漆器も多く見られ、様々な技法が織り成す多彩な表情は、琉球漆器の魅力の一つでもあります。
今回の常設展では、琉球漆器に用いられた「技法」をテーマにします。その技と美について、より分かりやすくさらに深く迫ります。
また、本展覧会では浦添市指定文化財7点を含む約80点の作品を展示します。夏頃にはこれらの技法について学べる関連講座を予定していますので、この機会にぜひ足をお運びください。

【休館日】  月曜日
【開館時間】 9:30~17:00
       *ただし金曜日は19:00まで開館。入館は閉館の30分前まで
【観覧料】  一般200円(160円)、大学生130円(100円)、65歳以上160円、高校生以下無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:浦添市美術館 TEL 098-879-3219
ご参考・・浦添市美術館Webサイト

動く ヨロン島物産と観光フェア inイオンモール沖縄ライカム店

ヨロン島物産と観光フェア inイオンモール沖縄ライカム店

2017年6月2日(金)~4日(日)
北中城村/イオンモール沖縄ライカム店 2階アースコート

沖縄に限りなく近い奄美群島のはじっこ・ヨロン島より、現地でしか手に入らない特産品をはじめ、よりすぐりの品々が沖縄に集結! ヨロン島出身のミュージシャンを迎えてのステージイベントもお楽しみな3日間!
干潮時にしか現れない幻のサンドバー・百合ヶ浜など絶景たっぷり、今注目の観光地「ヨロン島」で夏の旅行計画を立てませんか。
観光案内コーナーもありますので、ご家族そろってぜひお越しください!

問合せ先:ヨロン島観光協会 TEL 0997-97-5151
ご参考・・ヨロン島観光ガイドWebサイト
     ヨロン島観光協会facebook

見る 国立劇場おきなわ 琉球舞踊公演「八重山舞踊」

国立劇場おきなわ 琉球舞踊公演「八重山舞踊」

2017年6月10日(土) 14:00開演
浦添市/国立劇場おきなわ

芸能の宝庫、八重山諸島。歌や踊りが日々の暮らしの中に深く根付き、特に舞踊は儀礼や庶民の娯楽として盛んに踊られ現代に受け継がれています。本公演では琉球舞踊に多大な影響を与えている八重山舞踊をご紹介するとともに、平成27年に新たに沖縄県指定無形文化財「八重山伝統舞踊」保持者になられた先生方の顔見世公演として、至高の技芸を披露します。

【料金】 一般3,100円 *全席指定

問合せ先:国立劇場おきなわチケットカウンター TEL 098-871-3350
詳細は・・国立劇場おきなわWebサイト

見る 国立劇場おきなわ 研究公演「山内盛彬・音楽の世界」

国立劇場おきなわ 研究公演「山内盛彬・音楽の世界」

2017年6月17日(土) 14:00開演
浦添市/国立劇場おきなわ

沖縄県における本格的な音楽学者の先駆けであり、実演家としても活躍した「山内盛彬(1890年-1986年)」。古典音楽から民俗音楽に至るまで幅広く研究し、王府おもろ、クェーナ、御座楽など、盛彬が採譜した多くの民俗音楽は、今日の私達にとって貴重な財産となっています。
本公演の第一部では「盛彬がのこしたもの」と題し、解説を交えてご紹介するとともに、第二部では、盛彬の創作した「ひやみかち節」などの作品や、琉球音楽を世界に披露しようと挑んだ歴史についてご紹介します。

【料金】 一般3,100円 *全席指定

問合せ先:国立劇場おきなわチケットカウンター TEL 098-871-3350
詳細は・・国立劇場おきなわWebサイト

 沖縄全戦没者追悼式

2017年6月23日(金) 11:50~12:40.
糸満市/平和祈念公園

第二次世界大戦末期、沖縄県では住民を巻き込んだ激しい地上戦により、20万人以上が犠牲になりました。沖縄県は、沖縄戦で司令官の自決により組織的戦闘行為が終わった6月23日を“慰霊の日”と定めました。
当日は、戦没者の冥福と世界の恒久平和を願い、最後の激戦地である糸満市摩文仁にある平和祈念公園で式典が行われ、正午には1分間の黙祷が行われます。
また前日には、沖縄全戦没者追悼式前夜祭が行われ、聖火台に祈りを込めて点火をし、7つの海と7つの大陸に向けて【平和の鐘】が打ち鳴らされます。
当日は、沖縄県平和祈念資料館と沖縄平和祈念堂が無料公開されます。
各家庭でも、正午には1分間の黙とうを捧げましょう。

問合せ先:沖縄県子ども生活福祉部平和援護・男女参画課 TEL 098-866-2500
詳細は・・沖縄県Webサイト

見る 国立劇場おきなわ 普及公演「社会人のための組踊鑑賞教室「執心鐘入」」

国立劇場おきなわ 社会人のための組踊鑑賞教室「執心鐘入」

2017年6月24日(土) 14:00開演
浦添市/国立劇場おきなわ

沖縄が世界に誇る伝統芸能「組踊(くみおどり)」(ユネスコ無形文化遺産・国指定重要無形文化財)を、気軽にお楽しみいただけるよう、人気のある組踊作品を解説付きでご覧いただきます。
組踊鑑賞のポイントや見どころなどを、実演を交えて紹介する解説「組踊の楽しみ方」に引き続き、組踊の中でも代表的な作品「執心鐘入」をご覧いただきます。組踊を初めてご覧になる方におすすめの公演です。
琉球芸能の至宝「組踊」の魅力をご堪能ください。

【料金】 一般2,100円、団体1,600円 *全席指定

問合せ先:国立劇場おきなわチケットカウンター TEL 098-871-3350
詳細は・・国立劇場おきなわWebサイト

動く 第40回 座間味ヨットレース

座間味ヨットレース

2017年6月24日(土)
座間味村/宜野湾港マリーナ沖合(沖縄本島)~座間味港沖合(座間味島)

今回で40回目を迎えるヨットレースは、初夏の爽やかな風の中、座間味村内海の美しい島々を背景に開催されます。沖縄本島(宜野湾沖)からスタートし、たくさんの大型ヨットが真夏の海を駆け抜け、座間味島に集結します。
レース後にはヨットの試乗会、夜は座間味港ターミナル広場で表彰式のイベントも予定されています。

問合せ先:座間味村産業振興課 TEL 098-987-2320
詳細は・・座間味村Webサイト

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。
 現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る